ようやくダイスケをセット

今年もサウロマタム・ベノーサムの葉が出てきました。

180701_07.jpg
植え替えようと思っていたのですが、忘れてた…。

いい加減狭いな。

180701_08.jpg
掌よりずっと大きく、直径30cm以上あります。

葉脈の亀甲模様が美しい。

180701_09.jpg
根元には子株がたくさん。

180701_10.jpg

春に、何故か地上部に子株の球根が3つほど転がっていたので庭の一角に植えていたんですけど、そちらにもちゃんと葉が出てきました。

今年の1月にさいたま市で観測された、マイナス9.8℃を屋外放置で乗り切っていて、耐寒性があることが判明したため、今後は庭植えか、もしくは家の前の用水路沿いの空き地に植えてしまおうかと考え中。
なんか近所の人たちがこぞって私物化して、勝手に花壇作っちゃってるんですよねw
…自宅の庭で開花しちゃうとニオイがやばそうなんで(ハエを呼び寄せて受粉に使うため、凄まじい腐臭がするとか…)、用水路沿いにしようかな?
子株のみ自宅の庭で栽培、とか。


ペアリングしていた、ダイスケギラファをセットしました。

180701_11.jpg
コバシャ中に、ナラ材埋めで。

180701_12.jpg

どうにか♀の寿命が尽きる前に交配できたものの、フ節が何本かモゲてボロくなってしまいました。
左上翅の開合部あたりには♂に挟まれたキズも確認できますね。

羽化から10ヶ月近く経っているのですが、何とか産んで欲しいものです。
やっぱりギラファは雌雄の羽化ズレがネックだなぁ…。


早売りのジャンプより。

180701_15.jpg
よもやジャンプでこの広告が見られるとはw

絶対行くぜ!

180701_16.jpg
同じ号の、ヤングジャンプの予告。

180701_17.jpg
こちらもまさか、ジャンプで宇垣美里の文字を見ることになるとは思わなかった。

最近干され気味ですけど、「SICK'S」の番宣で女医コスしたり、パラビの宣伝だったり、今後はこっち方面で活躍すんの?(だったらもうちょい露出をだな…)

…来年あたり、TBS辞めてそうだなぁ。本業関係無くなってるもんw
あのルックスなんで、別にせっせと働かなくても人生イージーモードでどうにでもなるんでしょうけどね。
羨ましい。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ボルネオタウルス、ペアリング

ブルーアマリリスが無事に発芽したので、植え替える事に。

180620_01.jpg
ついでに、シクラメン・コルチカムと、

180620_02.jpg
掘り起こしてあったアナカンプティス・パピリオナセアの球根も。

180620_03.jpg

ブルーアマリリスはジフィーポット(自然に分解して土に還る鉢)に蒔いていたため、そのままポットごとプラ鉢に植えます。

180620_04.jpg

コルチカムはあまり根鉢を崩すつもりは無かったのですが、もともとが荒めの配合の土に植えられていたもんで、結局裸に近い状態に…。

180620_05.jpg
コルチカムとパピリオナセア。

180620_06.jpg
加水して完了。

さぁ大きくなぁれ。


ボルネオ・サバ州産タウルスヒラタをペアリング。

180615_08.jpg
ちょっと前に購入していて、成熟を待っていたんですよね。

180615_07.jpg
ボルネオ亜種らしい、細長い体型。

♂が60mm、♀も32mmほどと、大型のペアなので、次世代も期待できそう。
ちゃんと管理できれば、ですけど。



「ブラックペアン」
ほうれんそう(報告・連絡・相談)は大事ですね、という話でした。

なんであの状況で佐伯教授は、ペアン抜いたら大出血するからやめろ、と渡海に言わなかったのかワケが分からん。
実際に抜かなきゃ分からないから、いっそ抜かせてしまえ、って考えならば、患者の命を何だと思っているのかと。
どうも釈然としない最終回でした。



「魔法少女サイト」
原作通り(あちこちでネタバレされて知ってました)、しっかり兄貴が掘られて安心。
汚い最終回だなぁw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

チベットフォルスター、2セット目の割り出し

純白だったミニカラーに色味がついてきました。

180615_10.jpg
フチがピンクがかっていますね。

そういえば色変わるんだったなコレ、と眺めていると、カマキリの子供がいました。

180615_11.jpg
コカマキリかな?害虫駆除に役立ってくれると嬉しい。


チベット産フォルスター2セット目を割り出し。

180618_01.jpg
材は結構齧られている模様。

180618_02.jpg
材をどけたところに、幼虫発見。

180618_03.jpg
さーて、産卵痕をほじくって行きましょう。

180618_04.jpg
産んでありますね。

180618_05.jpg
卵を11個回収。

180618_06.jpg
プラス初齢が3頭。

180618_07.jpg
まだ産むでしょうし、材を元に戻して、再セットしておきます。



MXでガンダムWを見ていたんですが、サンドロックが自爆する切ないシーンのちょうど真裏で、日本代表がコロンビアを破っていたらしい。
視聴率48%超えって凄いな。私、夜勤前で22時まで寝てたのもあって、放送しているのすら知らなかったよw

ありがとう、僕のサンドロック(´;ω;`)

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

パープルメタリ、追加で羽化

蒔いた種が発芽したので、ついでに元からあるブルーアマリリスの近況も。

180615_12.jpg
実生から7年半経ち、随分立派な姿になったなぁ。

180615_13.jpg
株元の直径は9cmくらい。

ここ数年は、年に1cmくらいずつ太くなっています。

180615_14.jpg
葉の覆輪の入り方が、ダブルオーライザーのGNソードⅢみたいでカッコ良い(白と緑が反転してますがw)。

サイズ的には、そろそろ花が咲いても良い頃なんじゃないかなぁ?
肥培しているので、成長は早い方だと思うんですけどね。


追加でメタリフェルの成虫の取り出しを。

180615_01.jpg
もう全部羽化したっぽいと思い、カップをひっくり返します。

180615_02.jpg
…1発目で蛹出しちゃったよ。

次からは慎重に行きます。

180615_03.jpg
ちっこいけど、ちゃんとパープルですね。

180615_04.jpg
♀が5頭に、

180615_05.jpg
♂は3頭。

数頭は幼虫で消えたり、蛹で死亡していましたが、まぁ十分でしょう。

というか、こんなに1人で抱えていても仕方が無いので、来週の大宮フェアで放出しようかなぁ。

180615_09.jpg
実は♂親はまだ全然元気だったりするw

去年の10月末の羽化なんですけど、フ節や触角1本取れずにピンピンしてエサを食べています。
メタリの大型♂ってちゃんと飼ってると、こんなに長生きするのね。驚きました。

180615_06.jpg
カワラで飼育中の1♂も蛹室を作った模様。

親の81mmを超えて欲しい。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ラスト1♂、羽化

ゴールデンウィークに蒔いた、ブルーアマリリスの種が発芽しました。

180613_01.jpg
3粒蒔いて、全部出ました。

良かった良かった。

180613_02.jpg
さぁ長い長い、開花への挑戦が始まりました。

まずは3株とも鉢上げできるサイズに育てましょう。

前回(7年半前)は3粒蒔いて2つ発芽したものの、1つが途中で腐ってしまい、結局1株しか成長しなかったため、今回は気を抜かずに注意深く観察していきたいところ。
ある程度育ってしまえば、かなり頑丈な植物なんですけどね。


4月下旬に羽化していた、最後のギラファ・ダイスケイの♂を取り出してみる事に。

180610_14.jpg
あんまり大きくないかもなぁ、と何となく放ってありましたが、そろそろ活動開始しそう。

180610_15.jpg
無事に完品羽化してくれています。

180610_16.jpg
やっぱりカッコイイですね、ダイスケイ。

180610_17.jpg
全身の、特に上翅のテカテカ感がステキ。

180610_18.jpg
サイズも思ったほど小さくなく、先に羽化した110mmちょいの♂(画像上)とほぼ同サイズの模様。

とりあえず全頭キレイに羽化してくれて安心しました。
こんなデカいムシで羽化不全やられると、精神的なダメージが結構大きいんですよね。



「モンテクリスト伯」
良かった、未蘭生きてた。
医者とグルになって義母から守ってやってたのか。
さすがの真海も、信一朗の事は今でも大事に思っていて、その彼女にまで手を掛けるような事はせず安心しました。
一応、一宿一飯の恩人でもありますしねw

神楽はやっぱり水責めにされてしまいましたね。
「水やめてください…」で笑ってしまいました。クズっぷりといい、中の人の熱演に拍手を送りたいw

入間はたぶん一番悲惨な目に遭ってるなこりゃ。
娘が再起不能になった(との思い込み)時点でかなりキているのに、嫁の悪事を暴いたと思ったら自殺されるし、息子まで殺された(こちらも思い込み)とあっては発狂も止む無しですね。
でも、コイツは仕方ない。完全な悪人だもの。
生き埋めに固執するのも、警察官って立場上、直接的に殺害するのがイヤってだけの理由なんだろうなぁ。そりゃかつての愛人にまで、誰よりも保身のために生きているヒト、なんてなじられるわw
それが原因で破滅するハメになったんですけど。

最後の晩餐での、10数年前のフラッシュモブ上映はヒドいですね。当人たちはこっぱずかしくて見てられんわ。
ヒドいけど、第1話の冒頭でコレを流したのは、最終話と繋げるためだったんだ、と分かるととても凝った演出に思えます。
全てはここから始まっていたんだ…。

すみれへのプロポーズでOKを貰った真海の表情がなんとも言えません。
こんな返事は、幸男や娘にこれ以上危害が及ばないようにするための、茶番にすぎないと分かり切ってはいるものの、それでも嬉しさを隠せない様な、複雑な心境が滲み出ています。

「やっぱり最後に愛は勝つんだ…」の直後にサスティファ~イ♪と主題歌が流れるワケですが、本当に満足しちゃったんだな真海。
復讐対象は全員社会的に抹殺されたし、すみれの心も、もはや自分には無く、あくまで自己犠牲の精神でOKされたと分かってしまって、もう生きる意味を見失ってしまったというか。

幸男と神楽が取り調べで真海に対して悪態をついているのは、演技なんでしょうか?
どうも幸男が燃え盛る屋敷から真海を救出したっぽいし、まさか警察も殺されかけた相手を庇っているハズがない、と思わせるためにわざとやっている??
まぁ八割方は本気でムカついているんでしょうけど、特に神楽は自分のやったことに対して少しは罪悪感を持って、反省したと思いたいw

でも、エデルヴァは幸男の事を許してはいけないと思う。
神楽がやられた拷問の100倍はハードな人生を歩む事になった原因そのものなんだし、いくら娘が幼少期の自分にカブって見えたとはいえ、折角自ら首を括ってくれたのに救けちゃイカンかったよなぁ。
結果的には真海が命拾いして、ラストで二人きりになれたワケではありますが、なんだかモヤっとします。

未蘭と信一朗には明るい未来は来なさそう、と思ったけど、よく考えたら祖父の遺産があったな。
可愛い孫のためなら生前贈与してくれそうだし、父親が発狂、義母は自殺、異母弟と祖父の面倒を見るハメに、という負担はそこまで重くははない、のかも?

そういえば瑛人の今後の人生の方が深刻そう。
目の前で両親が破滅したのを真海に見せつけられて、マトモに生きていけるハズがないよなぁ。
殺意の籠った目つきがヤバかった。復讐はループする、のか…?


あ~面白かった。
1話の「し~んぱ~いないからね~♪」で本気で切ろうかと思いましたが、我慢して見続けて正解でした。
もう2話くらいやってくれても良かったんですけど、フジって毎クールドラマが始まるのが遅い割に、終わるのが早いんですよね。
しょうもない芸人並べた特番ばっかやるくらいなら、ちゃんと1クール12話でドラマ作ってもらいたいなぁ。
できればジャニとか糞ザイル系は排除してw

私が今期見ていたドラマはコレと「おっさんずラブ」と「ブラックペアン」でしたが、今のところ2/3はアタリ。
あとはラスト2週になった「ブラックペアン」の結末がどう転ぶかだな。
正直、スナイプのくだりは本当にいらなかった気がする…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット