FC2ブログ

久しぶりにパリーネタ

ボトルの外から様子が見えないので、掘ってみたら蛹化していました。

DSCF0896.jpg
D. ritsemae ungaiae 南スラウェシ州 ロンポバタン山 F5

毎度思うのですが、ホントこの亜種大きくなりませんね。
この個体も60mm台前半とかだと思います。

♀は既に羽化していました。

DSCF0895.jpg
更にちっこく、36mmほど。

菌糸にちゃんと入れててコレです。
同じパリーでもkazuhisaiあたりだと普通に40mmくらいになるんですが。

とりあえず累代が続けられそうで安心はしました。
野外品はS巻氏が持ってこない限り入荷が見込めないので、可能な限り維持したいです。


セットを組んだまま放置していたら、羽化していました。

DSCF0897.jpg
D. ritsemae astridae 北スラウェシ州 コタモバグ市 F2 36mm

出張で割り出すのを忘れていたんですよね。
気づいた時には3齢後期で、手の施しようが無い状態でした…。

♀も2頭出てきました。

DSCF0900.jpg
ともに30mmちょっと。

片方は♀をお探しのTakenocoさんのところに行ってもらいます。

次世代はちゃんと飼育しないとマズいなぁ…。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは^^

先日は有難うございました^^
ungaiaeは蛹を見る限り、良い顎してますね。
もっと大きく見えますよ^^
astridaeは、飼育者じゃなかったら解らないかも^^;
貴重な♀をすみません。
ふと思ったんですが、最近パリーオオの飼育者って増えてません?
そう言えば「パリーオオクワ同好会」ってブログは何処言っちゃったんでしょう?

Takenocoさん、こんばんは♪

このungaiae、アゴの伸びは良いんですが、ボディがちっこいので多分65mmは全然無いと思います。大きいの出したいんですけどねぇ。

astridaeは私が何年も前に野外品で購入したungaiaeにそっくりです(笑)
ランエボさんが持ち帰ったsetsuroiもこんなんでしたね。

パリーの飼育者、増えてるんですか?良い傾向ですね。
「同好会」はとっくに閉鎖して、代わりに「ほの穴」になってますよ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)