FC2ブログ

性懲りもなく…

先週、いつもの山野草店さんにて購入してきた、ネリネ「天狼」が開花しました。

181014_04.jpg
かなり大柄で、存在感抜群。

181014_05.jpg
見事な純白花!

181014_06.jpg

肉眼で見ると、濡れたような艶があるんですけど、また分かんないヤツだわコレ。

恐らくは純白の大柄な花をおおいぬ座α星のシリウスに例えて、その中国名の天狼星に因んだ銘を付けたものと思われますが、その名に恥じぬ立派な花ですね。
ぜひ分球させて増やしてやりたいところ。


BE-KUWAとゼリーを買いにクワカブさんに伺ったところ、出物があったため、購入。

181014_07.jpg
パナイ産ギラファの幼虫。

また性懲りもなくギラファ買ってしまった。
雌雄で羽化ズレするのに懲りてるハズなのにw

181014_08.jpg
とりあえず菌糸に。

元々チベットクルビ用に詰めてあったものなのでボトルの容量が小さいんですけど、とりあえず間に合わせで。

近日中にまたブロックを買ってきて、2リッタービンに詰めます。

しっかしよく続いてるよなぁパナイ産。
ネグロスのは最近なぜか毎年入荷していますが、パナイからはめっきり聞かなくなった、というか採集していたI氏自体の話も聞こえて来なくなりましたね。
もう海外採集は辞めたんかな?


予告通り、またさいたま新都心のヨドバシへ。

181014_09.jpg
コース全長が以前より伸びていました。

とりあえず前回の仕様のままコースに投入すると、ちゃんと完走しました。
が、やはりジャンプの飛距離が出過ぎている感があったため、モーターをHDP2018から両軸最速のマッハに換えて速度を狙いつつも、ヒクオのマスダンをヘビーにし、安定性を図りました。

181014_10.jpg

結果、狙いがちゃんとハマって、ジャンプの飛距離が縮んでスピードも目に見えて上がりました。よしよし。

今度のコース、ある区間で異様に減速するため、何かと思って近寄ってみると、モヒカンが設置されていました。

181014_11.jpg

4~5mmの薄さのウレタンが養生テープで貼ってあるだけなんですけど、車体の底面を擦って、強制ブレーキになってしまうんですよね。

今どきのカスタムって、マシンの最低地上高がレギュレーションギリギリの1mmほどになっているため、ソコを突いた減速セクションになっています。
これはダンガンパッシングシール(車体底面に貼って摩擦抵抗を減らすシールですが、滅多に使わない)の出番かな?今回は持って行きませんでしたが、次回は持参しましょう。
大径タイヤでセクション自体をスルーする手もあるのですが、立体コースはやはり加速重視で25mm以下のタイヤ径じゃないとなぁ。

色々考えてセッティングするのが楽しいんですよね。マシンの制作も、脳味噌の普段は使わない領域がフル稼働している感覚があって刺激的です。
ムシ屋にも現役ミニ四レーサーはいないかなぁ?



「呪術廻戦」
ナナミン生きてて良かったぁ。
先週は回想始まっちゃって、確実にこれは死んだと思ったのですが、予想外に生き延びたのに安堵しましたものの、まだ真人生きてるから来週も油断ならねぇぞ、と気が抜けなかったんですよね。
吉野母子殺されて、ナナミンまで目の前でグニィされたら、虎杖はどんな顔して交流会に出ればいいんだよ、とマヂで心配してました。

順平は転校扱いにされたのね…。
意外にも、クズっぽかった担任が改心していたのが救いでしょうか。
イジメの主犯とはいえ、自分の生徒が左手一本使えなくなったのを「罰」と称してしまうのはちょっと冷酷過ぎる気もしますが…。
スポンサーサイト



テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

コメント

コメントの投稿