また青いのが…

以前、失敗したのですが、状態の良さそうなのをホムセンで見かけてしまったので、つい連れ帰ってしまいました。

170711_01.jpg
セファロタス・フォルキュラリス

170711_02.jpg
2.5cm以上ある、やたら立派な補虫葉が付いてたもんで、耐えられませんでしたw

これ、ヘタにイジるとかえってマズい事になるのが分かったため、ピートに植わっているのが若干キモチ悪く感じつつも、植え替えするのはガマン。
涼しくなってからにしましょう。

なんか過酷な環境に晒した株の方が頑丈に育つらしいですし、気難しいらしい、という先入観は捨てた方が良いのかも?


ニジイロ・ブルー系交配その1から、またヤバそうなのが羽化している予感。

170707_02.jpg
カップ越しに青く見えるので、取り出してみましょう。

170707_04.jpg
この前の♂程ではありませんが、これもなかなか良いですね。

170709_01.jpg
頭部、前胸の青みは秀逸。

現時点でのナンバー2ですね。

170709_03.jpg
裏側。

ブルー系に特有の発色が見られます。


件の、ナンバー1の♂ですが、

170709_05.jpg
若干黒みが増してきてしまいました。

ピーク時の発色がずっと続いてくれるといいんですが、なかなか上手くいかないもんです。
この系統の欠点の1つなんですよね、コレ。


…いい加減、ブルー系交配その1だの2だの書くのがダルくなってきたので、お遊びで血統名的なもんでも付けるかぁ、と。
青いニジイロだと既にラピスブルーとかサファイヤブルー(こちらは画像加工で、存在しない様ですけど)なんて、青い鉱石に由来したネーミングがあるので、そこら辺から拾ってみるか、と思い、他にパッと脳裏に浮かんだのはベニトアイト、アウイナイトにエレーメージェバイト。
う~ん、イマイチだな。マイナー過ぎて石マニアしか分からないってのもw

鉱石からいったん離れて、単純にニジイロ→虹→イリス(虹の女神。アヤメの属名の元ネタ)で、イリスブルーってのはどうだろうか?
適度に中二的で良いな。私、平成ガメラ三部作のファンでもありますし(イリスとレギオンのデザインは至高の域だと思います)w

そういえば、イリスアゲート(虹瑪瑙)って鉱石もあったな…。

…ということで今後、今まで「ブルー系交配その1」って呼んでた系統は「イリスブルー」って名前にしときます。
どうせしばらくは外に出す予定が無く、自分でイジって遊ぶだけなんで、どんなネーミングでもいいよね?

あ、「その2」はいわゆるラピスブルーです。販売元でノーマルと交配して、血の入れ替えを行った幼虫を購入したので、正確には傍系なんですけど。
こちらももうちょい完成度を上げるべく、選別交配を繰り返す予定。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

コメント

コメントの投稿