これで十分だったかも?

ラペイロージア・オレオゲナが咲き始めました。

170219_22.jpg
強烈な存在感を放つ1鉢。

170219_23.jpg
濃紫青色の六枚弁がこれでもかと主張しています。

南アフリカ原産の球根植物ですが、南関東の冬くらいならば屋外でも耐えて開花してくれます。
キレイで暑さ・寒さにも耐えるって、良いことづくめですねぇ。


北米オオチャイロハナムグリの成虫をペアリングしたケースに産みつけてあった、数個の卵が孵化しているようなので、取り出してみる事に。

170221_01.jpg
既に初齢後期~2齢になっています。

170221_02.jpg
6頭出てきました。

って、コレだけでもう累代出来そうですね。
わざわざ親♀を産卵セットしなくても良かったかも?w

170221_03.jpg
250ccカップにカブトマットをゆる詰めにして、幼虫を投入しました。



「ようこそジャパリパークへ」はひょっとしたら結構いい曲かも知れない、とあちこちで耳にするたびに思い始めましたw
「けものはいても、のけものはいない」って上手いフレーズだなぁ、なんて。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

コメント

コメントの投稿