FC2ブログ

23区内産ヒラタ、セット&ペアリング

昨日22日は有休を取ったので、大手町の標本フェアに行こうと思ったのですが、朝っぱらから大雨が降っていたため断念。
元々、先週から風邪をひいていて体調も万全では無かったんですよね。
気温も低めでしたし、雨に濡れてこれ以上悪化させても、と思い、泣く泣く諦めました。
ムシ仲間と濃い話をしたかったんですけどねぇ、残念。

そんなワケで家に籠っていたため、クリスマスローズの植え替えを始めました。

160923_01.jpg
とりあえずヘレボルス・ヴェシカリウスに、ヘレボルス・チベタヌスと、種間交配品種の「ブライヤーローズ」を。

160923_02.jpg
右から「ブライヤーローズ」、ヴェシカリウス、チベタヌス。

「ブライヤーローズ」はエラくゴツくなったなぁ。ひょっとしたら今期に開花するかも?

160923_03.jpg
植え替え完了。

ヴェシカリウスもそろそろ咲いて欲しいなぁ。
変わった花が見てみたい。


ちょっと前から、23区内産ヒラタをペアリングしていました。

160912_8.jpg
昨年羽化のペアなので、成熟はバッチリのハズ。

数日間同居させて、セット。

160919_6.jpg
いつも通り、コバシャ小にナラ材埋めで。

なかなかレアな産地なので、絶やさずに累代していきたいものです。


「聲の形」を観て来ました。

160919_8.jpg

小学生くらいだったら、自分たちのクラスにとってハンデでしかない障害者に対して、えげつないイジメをするのは分からんでも無いんですが(正しいとは思いませんよ)、高校生にもなって引き摺るか植野さんよ。
まぁ、コイツは主人公の石田にずっと片想い中なんで、石田の寵愛?を一身に浴びる硝子は、眼の上のタンコブなんだろうなぁ、と行動原理がまだ一応理解可能。
理解不能なのは川井さん。なんでそこまでジコチューなんよコイツ。自分の非は一切認めず、泣いて喚けば全てが許されると思ってやがる。ルックスはカワイイのに、完全なるメンヘラだなこええ。

しかし石田、自分が周りに目を向けていなかっただけで(まぁ、酷い裏切りのせいで人間不信になっちゃったんですけど)、人間には恵まれてるよなぁ。
ちょっと前までぼっちだったのが、休日にみんなで遊園地とかねーよ。
立派なリア充に成長したもんだ(い、一応石田将也の成長物語、なんですよね?)。
スポンサーサイト



テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)