FC2ブログ

埼玉県産スジクワ、セット

玄関横に、元は斑入りアガパンサスと何かのリコリス(何年経っても咲かないから種類が分からん)を植えてあった鉢があるんですが、

190624_01.jpg

後に混入してすっかりこの鉢の支配者となってしまったアリアケスミレに紛れて、何やら見かけない顔が…(画像、左の方)。

190624_02.jpg
なんでここにネジバナが?

周りで栽培していたり、自生していれば飛び込むこともあるのでしょうが、ウチの周りには全く無い植物だぞこれ。

実は勤め先の会社の敷地内にも自生していて、こっそり持ち帰ってやろうかと思っていた矢先のことだったので、嬉しい限り。
どこからやってきたのかは分かりませんが、大事に増やしてやりたいものです。


この前、埼玉県中部の採集ポイントにてスジクワの♀を採集してきたもんで、産卵セットを組むことに。

190624_07.jpg
コバシャ小で、ナラ材埋めのいつものセット。

190624_08.jpg

いつも♂ばっかり採れるポイントで、久しぶりに♀を見つけたため嬉しくて持ち帰ったんですけど、産んでくれるかな?

…本当はネブトかミヤマ狙いだったんですけどね。
標高100mほどしかないのにミヤマがいて、ネブトも同所的に産する変なポイントなんですよねぇ。
ほぼ毎年行っていますが、ウチから遠いのでシーズン中、行けても1回、採集時間も2~3時間程度なんで、そりゃ採れんわな。
誰か一緒に行ってくれればもうちょい頑張れるんですが、1人だと気味悪いんよね、あそこ。
アップダウンが激しいので足腰に結構来るしw
スポンサーサイト



テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ペレンヒラタ、孵化してました

先月末に購入して鉢に植え替えた、バラ「ホットココア」が今頃になって咲きました。

190617_01.jpg
やや茶色みを帯びた、濃いめの赤。

確かにホットココアっぽいイメージですね。


ベーサルシュートにわさわさ蕾が付いていた「サマーレディ」の方も…

190617_02.jpg
開花!

なんか例年にないほどたくさん蕾付いてるな。
真夏でも全然弱らずに咲いてそうだなぁ。


回収したペレンヒラタの卵が孵化している様なので、個別に分ける事に。

190617_10.jpg
5つあった卵は…

190617_11.jpg
そのうち4頭が孵化した模様。

まぁ十分か。

さてボトルにマットを詰めるか、と思ったらアクシデント発生。
ガス抜きしたマットが思ったより少なかった…!

190617_12.jpg
800ccボトル2本と250ccカップ2つ分ギリギリで詰められたので、投入。

新たに20リッターのマットをガス抜きし始めたので、終了したら250ccカップの2頭を800ccボトルに移し替えます。



今晩のオールナイトニッポンは宇垣さんがMCか。
明日は有給なので(明日はとある理由で出勤したくなかった)、安心して聴けるな。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

スラウェシ産ヒメヒラタ、割り出し

妹が母の日にマイクロ胡蝶蘭をウチに持ってきたんですけど、

190609_01.jpg
今頃になって満開。

いやぁ、洋ランって開花期間長くていいですね。
マイクロって謳うだけあって、サイズもちっこくて可愛らしい。


190604_04.jpg
こいつなんて1つ1つの花は1日しかもたないのに…。

あ、キペラ・ヘルベルティーね。
今年も咲いてくれて良かった。


スラウェシ島産ヒメヒラタのセットを割り出しました。

190607_01.jpg
ケースをひっくり返すも…すぐには確認できず。

190607_02.jpg
マットを篩って、ようやく1頭。

190607_03.jpg
本命は材ですね。フラス(食痕のカス)が出ているのが確認できます。

190607_04.jpg
割ってみると、やっぱりいました。

190607_05.jpg
材から10頭。

190607_06.jpg
意外な事に、親は雌雄ともにまだ普通に元気でした。

が、十分に幼虫が得られたため、再セットはせず、カップで余生を過ごしてもらいます。
お疲れさまでした。

190607_07.jpg
11頭全て、250ccカップにマットを詰めて投入。

♂親が♀と区別が難しいくらい小さかったもんで、ハッキリ♂と分かるサイズで羽化してもらいたいですね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

クチノエラブノコギリ、エサ換え

バラ「サマーレディ」ですが、

190604_05.jpg
あらかた春の開花は終わったかな?

190604_06.jpg
と思いきや新しくぶっといベーサルシュートが出てきて…

190604_07.jpg
第2ラウンド開始のヤル気マンマンですねw

190604_08.jpg
このベーサル、今までにないほどイカツいトゲが付いてて、ちょっと怖い。

トゲの大きさがまちまちなのも、私のトライポフォビアを刺激してきます。
画像見ただけでゾクゾクしてくる…。

190604_09.jpg
ベーサル更にもう1本。

地植えにするとやっぱり勢いが違うなぁ。
夏場もガンガン咲いてくれそうですね。


クチノエラブノコギリのマット換えを。

190606_01.jpg
何故だかどれもやたらマットが乾いていて、サイズは見込めなさそう。

190606_02.jpg

800ccボトルに投入していたものでさえ、一番大きいので10gあるか微妙なところ(正確に計測する気にならなかった…)。

190606_03.jpg
それぞれ、元のカップ、ボトルに新しいマットを補充して投入。

なんかこの世代、やたら♂に偏っていて、間違いなく♀と判別できる幼虫は3頭くらいしかいなかったりする。
なんてぇこったい。

実は同腹兄弟で、既に羽化しているものも。

190606_04.jpg
測るまでもなく、50mm台のちっこい♂ですね。

ちゃんと大歯型は出てくるんだろうか…?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

不明ノコギリ、割り出し

1ヶ月前に種を蒔いたタマリンド、しっかり発芽してます。

190602_01.jpg
4粒蒔いて、2つは葉が展開。

190602_02.jpg
加えてまた1つ、出てきますね。

発芽率は非常に良いらしい。

190602_03.jpg
羽根状の葉がとても可愛らしいですねぇ。

190602_04.jpg
夕方になるとぴっちり閉じて、就眠します。


昨年9月にセットして、一向に幼虫が見えてこないため放置してあった、ベトナム北部・ハザン省産不明ノコギリのセットを割り出し。

190602_07.jpg
てっきり失敗したと思ってましたが、気付いたらもう3齢ですよ。

190602_08.jpg
マットから6頭。

190602_09.jpg
材の中からも…

190602_10.jpg
4頭。

190602_11.jpg
プラス、羽化した♀が2頭w

190602_12.jpg

マヂかぁ~っ、まぁ小型ノコギリだし、半年以上放置すれば羽化しててもおかしくはないか。

190602_13.jpg

回収した幼虫は6♂♂4♀♀っぽいので、まだ伸びしろのありそうな♂3頭は800ccボトル、残りは250ccカップにマットを詰めて投入しておきました。

あ、不明ノコギリとは書きましたが、そんな大層なもんでは無く、99%の確率でグラキリスやデンティクラトスみたいな、あの辺のヤツです。
単に野外品の親♀の同定ができないからsp.扱いになっていただけですね。
まぁ、1%くらいは得体の知れない種類が羽化してくるかも、なんて。



先週金曜の朝イチで観てきました。

190602_06.jpg
監督のゴジラ愛がひしひしと伝わってくる出来栄えでしたね。

いたるところに本家へのオマージュらしきシーンがあって、気付くととニヤニヤしてしまいます。
しかしギドラカッコイイわ。原点通り、宇宙からの侵略者として描かれていたのも良かったですね。
特撮好きは絶対に行くべき作品です。
出来れば3D以上で観る事をオススメします(私はドルビーとかいう、音響重視のシアターで観ました。すげぇ)。

ネタバレになるので詳しく書けないのがもどかしい。
BGMでも興奮すること受け合いなので、とにかく観に行って下さい(しつこいw)。
前回のギャレス版で出来なかった事をドハティ監督がやってくれてますので。
エンドロール後まで席を立っちゃダメよ。


そして昨晩はコレ。

190603_01.jpg
不条理としか言いようがない。

貞子だからそれでいいんですけどね。
話が通じない、ただひたすらに恨めしい。
関わったヤツみんなぶっ殺す。それが貞子ですw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット