FC2ブログ

放置しすぎて…

ようやくシクラメン・コウム「絞り咲き」が開花しました。

180225_11.jpg
1ヶ月前の大雪の影響で、だいぶ開花が遅れた感があります。

180225_12.jpg
しっかりと絞りが入っていますね。美しい…。


産卵セットしたまま放置してあった、黒化型インスラリスのケースのマット上に…

180225_06.jpg
ちょっと前から成虫が出現し始めています。

途中で割り出そうとは思ったんですけど、気付いたら蛹室を作っている個体がいて、どうにもできなかったんですよね。

でも、羽化が確認できたのは確か年明けだったと思うので、この類いにしては休眠期間が異様に早い気がします。

180225_07.jpg
地上にいる、って事はもうエサ食いを始めていて交尾可能ってことですよね?

180225_08.jpg
この♀2頭以前にも、4頭回収済み。

180225_09.jpg
♂。

180225_10.jpg
雌雄ともに、個体差なく全く同じ色で羽化してきますねコレ。

とりあえずペアリングしておくか。



高木さんにからかわれても西片がムカついていないのは(悔しがってはいても)、高木さんがカワイイからだよなぁ。
これがザイアス議長やプレデターみたいな顔してたら(いずれも私が学生の頃の、クラスの女子のあだ名。今考えるとかなりえげつない…)、扱いが全く違ったろうな。

小泉さんがラーメンばっか食べてても迫害されないのも、ルックスの良さゆえだよな。
実際あんな食生活してたら体型崩れるわ顔面吹き出物だらけになるわ、体調もおかしくなりそうですけど。

カワイイは正義か。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ミクラノコギリ、マット換え

甘粛省天水産のヘレボルス・チベタヌスですが、

180225_15.jpg
今年は咲かないっぽい、との予想を覆し、一応開花する模様。

一応、と書いたのは、だいたいチベタヌスの輸入株って、その年は咲かないか、蕾があっても白っぽく縮んだままで開かないでそのうち脱落するんですよね(画像にも映っている、白いのがソレ)。
入荷初年度で開花するであろう蕾が付いているのは珍しいかも?ちゃんと開いてくれると良いのですが。

言われている通り、この産地のものは確かに花色が濃い気がします。
数年前からある、ウチの国内実生株はこんなに蕾の色が濃くならないもんなぁ。

180225_14.jpg
まぁどのみち、本調子になるにはもう1年以上かかるんですけどね。
植え替えを忘れないようにしないと。


ミクラノコギリの幼虫のエサ換えをすることに。

180223_01.jpg
♂3頭に、♀4頭(のハズ)。

まずは♀から。

180223_02.jpg
全頭生存が確認出来てひと安心。

180223_07.jpg
また元通り800ccボトルにマットを詰めて投入。

次は♂。

180223_03.jpg
1頭め。

お、10g越えてる。60mmUPで羽化しそう。

180223_04.jpg
2頭め。

これは微妙。中歯かも?

180223_05.jpg
3頭め。

前回のエサ換え時に一番大きかった個体ですが、しっかり成長してくれていました。
ウチの歴代で最大の♂として羽化するかも?
今までで最も大きかったのが62mmくらいだったもんで、それよりサイズアップしてくれるといいなぁ。

180223_06.jpg

♂も3頭とも今まで入っていた1400ccボトルに、下から4~5cmをガッチガチにマットを詰めて投入。

あまり縮まずに蛹室を作ってくれると嬉しい。
必要以上に大きく蛹室を作らない様に、黒土を詰めようかとも考えましたが、変な事して死なれると精神的なショックがデカいので、やめておきました。



17日の大宮フェアには仕事で行けなかったため、今日の標本フェアにはちょろっと参加。
お相手して頂いた方々、どうもでした。

その後、以前から行きたいと思っていた松戸市のショップさんにお邪魔して、ボルネオでの採集のお話を聞かせて頂き、生体も1点購入。
遠いかと思っていましたが、大宮から松戸って外環使えば1時間もかからんのね。
ついでに同じ市内ということで、かの有名なニーナハッサンでも見て帰ろうかと思ったんですけど、夕方で薄暗くなってきていたので断念。
見に行ったところで普通の民家だしなぁw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

意外と大きかった

クリロー展でのお買い物、つづき。

180221_01.jpg
シクラメン・ペルシカム「ヨコヤマダブル」

通常のピンクのものもありましたが、せっかくなので白花を。

180221_02.jpg

暖房の効いた室内の会場で開花したためか、花弁が縒れて変なカンジに咲いてしまっていますね。

180221_03.jpg
まだ蕾がいくつもあるんで、こちらにキレイに咲いてもらいましょう。


180221_05.jpg
シクラメン・コウム「レイクエフェクト」

ややピンクがかった白花で、他にあまり見た事の無い色合い。

180221_04.jpg
こちらにも蕾がたくさんあります。


この前、羽化したダイスケイがどのくらいのサイズなのか気になって、軽く計測してみることに。

180221_06.jpg
アゴはもう固まっているので、そっと持ち上げるくらいなら大丈夫でしょう。

180221_07.jpg

ボトルの外から定規で測って、100mm弱?なんて書きましたが、ンなことは無く、107~108mmくらいあるっぽい。

実はウチに100mmオーバーのムシを正確に計測できるノギスが無いんですよね。
ヘラクレスとか飼ってないと殆ど必要ないんだもんw

でも、全く期待していなかった一番小さい♂でコレって、あとの♂は110mmオーバー確定ってこと??

180221_08.jpg
数日前に羽化した、2頭めの♂は確かにデカい。

まだ体が曲がっているため、計測ができないんですよね。

もう1頭、更に幼虫体重が重かった♂がいるので、どうしても期待してしまいます。
115mmくらいのが出てくれたら嬉しいな。



Arfakにインプリカートゥスは恐らくいないと思うんですけど、某オクのアレは何だったんでしょうか?
産地がごっちゃになったにしては、♀もそれっぽいのが付いてるんだよなぁ。

というか、某掲示板に晒されていたので見たんですけど、アリストってまだやってたのね。
普段、オークションを全く見ないから知らなかったわw
昔は結構買ったっけなぁ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

「イリスブルー」×「ラピスブルー」、セット

クリロー展から連れ帰った植物たち。

180218_13.jpg
最近、休日出勤に早出残業ばかりでイライラしていたため、結構遣ってしまいました。

180218_14.jpg
前回記事で、キレイな剣弁咲きの株を出展していた業者さんにて、同じ銘柄を。

色合いは同じですが、やはりあそこまで鋭角の剣弁ではありませんね。
セルフで実生したら出てくるかなぁ?ちょっと試してみたい。

180218_15.jpg
何だかんだ好きな、ブラックダブル

青みがかっていて、素敵な色合い。

丸弁のものと剣弁のものがあったのですが、こちらも剣弁のものを選んできました。
一般的には丸弁の方が人気がある様ですが、私はこっちの方が好きw

クリロー以外も。

180218_16.jpg
イングリッシュブルーベル

ホムセンでもこの名前で売られている植物はたくさんあるのですが、その殆ど100%はスパニッシュブルーベルか、それとの雑種だったりします。

これは現地の自生地からの種子由来のものだそうで、ホンモノ。
探していたんですよね。

原種シクラメンはまた今度にしておきましょうか。


ペアリングしておいたニジイロをセットしました。

180220_04.jpg
「ラピスブルー」の♀に、「イリスブルー」を交配してみました。

180220_03.jpg
コバシャ中に砂埋めレイシ材でセット。

どんな色の子孫が得られるのか、非常に楽しみな組み合わせです。
まぁ、F1はほぼ普通色だらけになるとは思いますが、長い目で見ていきましょう。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

2頭め、羽化しました

最終日の日曜に行ってきました。

池袋サンシャインのクリスマスローズ展ですね。

180218_11.jpg
でも、とりあえず直行したのは原種シクラメンコーナーw

180218_01.jpg
大鉢の立派な株だらけ。

180218_03.jpg
エレガンスもいいなぁ。

180218_02.jpg
トレーいっぱいに寄せ植えされたコウム

葉模様も様々ですね。ウチでもやろうかしら?

販売ブースでシクラメン+αを購入し、今度はちゃんとクリローを観に。

180218_05.jpg
斑入り葉いいなぁ。

180218_04.jpg
ここまで白くて、よく成長するな。

キレイだけど、えらい成長遅そう。
殆ど葉緑素無いもんなぁ。

180218_08.jpg
ここ数年流行りのクレオパトラ系は、個人的にはあまり食指が伸びず。

コレはもはやダリアでしょ。

180218_07.jpg
こういうスッキリしたのが好き。

こんなスラっとした剣弁は初めて見たかも?
色合いと花型が凄くマッチしてます。

180218_06.jpg
チベタヌス交配のダブルだったかな?かなり衝撃的。

濃色のベインが妖しい魅力を醸し出しています。
欲しいなぁw

180218_09.jpg
そしてヴェシカリウスの大株。

すんごいわ。ウチのコ、全然開花しないし株も大きくならないもんなぁ。
プロの技術はやっぱり違うのね。

魅力的な株の数々を観て堪らなくなったため、クリローも2株購入し、満足して家路に着きました。


帰宅途中、大宮駅西口にて。

180218_12.jpg
あ、ふっかちゃんだw

献血キャンペーンをしてました。
私も献血をしてやれるものならしてやりたいのですが、喘息持ちで血液が薬漬けなもんで提供できないんですよね。

というわけで許せ。


中部ベトナム産グランディスの、羽化した♂を掘り出しました。

180219_01.jpg
F5の今世代では2頭目になります。

180219_02.jpg
完品で羽化しているのは何よりですけど、アゴを見て分かる通り…

180219_03.jpg
66mmと可愛いサイズw

やっぱり冷やさなきゃダメかこいつらは。
他の種類と同じ室温で飼ってると、♂の3齢から蛹化までの積算温度があっという間に達成されて、みんなちっちゃく羽化してきます。
現地でそこまで寒冷な環境に生息しているワケではないと思うんだけどなぁ。ほとんど不全もせずに羽化してくるし。

今度羽化してくる3頭目の♂はもうちょいマシなサイズのハズですが、それでも75mmにすらならないっぽい。
ワインセラーを導入するか?w



ピョンチャンまだ今週いっぱいやるのか。
正直、もう毎日毎日そればっかテレビで垂れ流されててうんざりなんですけど。
あまりにしつこくて、興味が無い、から憎しみに変わってきたぞw
他国開催の冬季五輪でコレなら、2年後の東京五輪はどうなっちゃうんよ?

我が埼玉県もいくつかの競技で会場を使うみたいですけど、治安や交通の面でも本当にやめて欲しい。
インバウンド?ウチの会社には関係ないから、どうでもええわいw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

パープルメタリフェル、産んでました

私が今週、日中に咲く福寿草「四方田家緑花」を観れない、と母親に話しておいたら、気を利かせて撮影しておいてくれました。

180215_05.jpg
ん?

180215_04.jpg
昨年と全然違うぞw

170129_09.jpg
1年前はこんな絢爛豪華な姿だったのに…。

ヘテロ形質の八重咲きなもんで、作によって同じ株とは思えない様な花が咲いたりする、と分かってはいたのですが。

コレ植え替えをやったかどうか記憶にないんですよねぇ。
植えてある鉢が昨年と一緒なので、していないような気がするんですけど、普通は植え替えをしない方が根がしっかり張って良い花が咲くハズなんだよなぁ。
とりあえず葉が出始めたらしっかり肥培するか…。

170129_10.jpg
これじゃむしろ2年前の花と一緒ですね。

来年はまたゴージャスに咲いて欲しいものです。


パープルメタリフェルのセットを割り出しました。

180213_01.jpg
ちょっと前からケース側面に幼虫の姿がちらほら見えていたので、安心して割り出せます。

180213_02.jpg
ほらね。

180213_03.jpg
マットから20頭。

180213_04.jpg
材からは…

180213_05.jpg
1頭のみか!

1頭だけと分かっていたら、材をバラバラにせずに、そのまま材飼育したのにw

180213_08.jpg

ほぼ間違いなく♂と思われる3頭を、カワラ800ccボトルと、セットのマット+バラした材をHR-1にガチ詰めにしたものに投入。

180213_07.jpg
残り18頭は250ccカップにマットを詰めて投入。

上記の♂3頭の中から、また80mmUPで出てくれないかなぁ。
狙って作ろうとすると大きく出来ないんですよね、メタリフェル。



明日から池袋でクリスマスローズ展かぁ。
金土は仕事で行けないもんで、私は日曜に参加の予定。
原種シクラメン買いたい(併設のシクラメンの展示スペースで)!
最終日まで残ってるといいんだけどなぁ。
そろそろパルビフロルムとか売りに出て来ないものだろうか?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

やっと羽化しました

夏に球根が消滅してしまったシクラメン・コウム「メイデンクリムゾン」を、鉢をそのままにして新居に持ってきたんですが、

180211_03.jpg
気付けば、小さい子株たちがこぼれ種でたくさん芽吹いていました。

親株は死亡しても、子供たちを遺してくれたのね。
固定率があまり高くないうえに、成長の遅い品種ですが、親株の様にその名に恥じぬ、血の様な紅の花を咲かせて欲しいものです。


ギラファ・ダイスケイの♂が羽化しました。

180214_01.jpg
第1号ですね。

180214_02.jpg
キレイに羽化している様で何より。

ボトルの外から大まかに定規を当ててみるに、100mmをちょっと切っているくらいじゃないかなぁ。

この♂は以前に蛹化記事を載せたのとは別の個体。
外から蛹室が見えなかったため、確認のために掘って、窓を開けておいたんですよね。

で、以前の♂はまだ蛹。

180214_03.jpg
恐らくあと1週間以内には羽化すると思います。

先に羽化した個体よりも幼虫時の体重がはるかに重いので、こちらは100mmUPは確実かな。
上手くいけば110mmに届くかも?

しっかし、雌雄で見事に羽化がズレたなぁ。

180214_04.jpg
♀が羽化したのは5ヶ月前。

エサを切らしていないおかげか、今のところすこぶる元気ですけど、♂が成熟する2ヶ月後までキープできるか自信が無いw
ギラファの累代は難しいなぁ。
♂を早期羽化させる手段が知りたいw



チョコ貰いました。

180214_05.jpg
姪っ子からねw

180214_06.jpg
おじちゃん恐竜好きだから、との理由だそう。

おじちゃん涙が出てくるよ、色んな意味でw

真っ当な相手から貰いたいもんですが、平日は家と職場を車で往復して、休日は園芸店かプラモ屋、ムシ屋と本屋くらいにしか出かけないと全く出会いが無くなるなw
よく考えたら家族以外の異性と、10年くらいマトモに会話していない気がする。
廃人まっしぐらだにゃあ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ウッドフォード、再セット

ガランサス・プリカツス「ウェンディ―ズゴールド」が開花。

180210_01.jpg
スノードロップの仲間の、オーレア(アルビノ、もしくはセミアルビノ)の品種。

180210_02.jpg
花弁の付け根の、後に種の莢になる部分が黄色く、可愛らしいですね。

花茎(軸)も同系色になっています。

よく見ると2株に分球している模様。
購入したのが一昨年の秋で、1年ちょっとでようやく倍になってくれました。
たくさん増やしたいんですけど、こういうのに限ってなかなか増殖しないんですよねぇ。
同属のアルピヌスは結構増えたのに。


ウッドフォードネブトの再セットを組みました。

一度目のセットではコバエの大量発生により、マットが短期間でスカスカに劣化して失敗したため、♀を取り出して再度ペアリングしていました。

180205_05.jpg
二度目の今回は、その辺り一応対策しておきましたが、どうかな?

マット自体も違う仕様にしておきました。
これでダメならもう知らんw

高温を好む種なんで、棚の最上段にケースを設置。

180205_06.jpg
爆産してくれてもいいのよ?遠慮なさらずに。


そういえば土曜の大宮フェアには参加できなくなりました。
クソ会社が、狙ったかのようにその日を休日出勤にしてくれやがったおかげです。
つーかフェアも今回は生体・標本と2日連続じゃないんだから、生体も標本同様に日曜にしてくれれば良かったのに。
まったくもう。



「ぼく勉」人気投票か。
メイン3人差し置いて先生が1位になりそうな気がしてならないw
私の予想は1位先生、2位うるか、3位りっちゃんで、4位あたりに成幸が何故か入って、以下文乃、先輩となりそう。
個人的には関城さんも好きなんですけど、最近出番無いなぁ。不人気なのか…。


「ハンタ」
あっさりカミーラ王子捕まって笑ったw
まぁさすがにこの後、守護霊獣の能力で大逆転とか、一波乱はあるのでしょうけど。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ボアローシカ、菌糸換え

福寿草「四方田家緑花」の様子ですが…

180208_01.jpg
も、もうちょいで咲きそう。

来週は昼間に家にいないので、なんとか土日で咲いてくれないものか。
福寿草って日中しか花弁が開かないんですよねぇ。


福寿草「成田」はまだ時間がかかりそう。

180208_02.jpg
鉛筆よりやや細いくらいの、小さな芽。

多分これでも花芽。
普通の福寿草だったら葉芽と判断しますが、なにぶん小さい個体群なんですよね。
早く花が見たいなぁ。


ゲアン省産ボアローシカの菌糸換えをすることに。

180209_01.jpg
コレ用に詰めた菌糸が回るのを待っていたら、随分劣化してしまいました。

菌糸を詰めるタイミングを誤って、本末転倒ですね。

180209_02.jpg
そのうち1頭なんか既に蛹化してるし(♀)。

180209_03.jpg
もう1頭、蛹室を作り始めてるのもいる…。

180209_04.jpg
上記2頭は除き、3頭をエサ換え。

画像下の1頭は♂だとは思うんですけど、なんか成長不良気味なんよねぇ。
他2頭はだいぶ黄色くなってるなぁ。

180209_05.jpg
800ccボトルとMビンのカワラに投入。

成長不良気味の♂には、消化酵素や微生物の補充でなんとか大きくなって貰えないだろうか?との狙いで、成長がマトモな他の個体の喰いカスを入れておきました。

今世代は恐らく3♂♂2♀♀で羽化するハズ。
累代はまだ続けられそうですね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

小宝島産、セットしました

いつもの山野草店さんにて購入。

180205_01.jpg
ナルキサス・ロミエウクシー・メサトランティクス「筑波の花火」

全開している株では無く、これから開くものをチョイスしてきました。

180205_02.jpg

この段階でも分かる通り、スイセン(ナルキサス)とは思えない様な、異様に切れ込んだ細い花弁が特徴。

何年か前に買ってきた、「彩蝶」のベースなんですよね。

んで、ウチの「彩蝶」はといえば…、

180205_03.jpg
まだ蕾。

この前の大雪で1週間以上埋もれていたせいで、ウチのスイセンはまだ全然開花に至っていないんですよねw
まぁこれからのお楽しみという事で。


先日ペアリングした、小宝島産タカラヒラタをセットしました。

180205_07.jpg
コバシャ中に、ナラ材2本埋めで。

交尾自体は確認していませんが、3日間ケースの中で同居させて無事だったんで、多分大丈夫でしょう。
拒否してたらバラバラにされてるだろうし。

180205_08.jpg
成熟は十分なハズ。

しっかり産んでおくれよ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット