ブルー系その2、蛹化

ウチでもようやくクリスマスローズが咲き始めました。

160129_1.jpg
今シーズン第1号はコレ。

なんとも微妙な花ですねw
片親はトルカータスhyb.の名花「ティンカーベル」なんですが、ダブルにすらならず、似ても似つかない…。

160129_2.jpg
花付きだけは良好で、あちこちからポコポコと蕾や花が出ています。


160129_3.jpg
「ネオン」や、

160129_4.jpg
そのダブルももうすぐ。

1ヶ月後が我が家のクリローのピークになりそうですね。


昨年の11月に導入した、ニジイロのもう1つのブルー系幼虫に変化が。

160129_5.jpg
画像では全く分からないと思いますが、♀の蛹。

160129_6.jpg
♂ももうちょいで蛹化しそうですね。

購入先が血の入れ替えで他系統と交配したそうで、いきなり完全なブルーが出てくる可能性は低いと思うのですが、このペアの仔からは出てくれるんじゃないかと期待。
主に上翅が綺麗なブルーに染まる系統なもんで、ウチに元々いるブルー系との交配でどんな姿になるだろうか、とか先の事を色々考えていたりします。



ノイタミナの「僕だけがいない街」が面白く、毎週毎週、次回が気になって仕方がないので…

160131_4.jpg
我慢できませんでしたw

途中まで買ってしまった以上、最後まで集めるしかありませんね。
既刊の7巻まで、今週中に揃えてしまいそうです。


さっきやってたフジの動物モノ、何気に凄かったなぁ(チョウザメ釣りはどうでも良かったので、途中は「ダーウィン」のユキヒョウを見てましたけど)。
ガラパゴスのピンクイグアナを撮影とは驚きました。
NHKでもまだ撮っていない、本当に日本初なんですよねアレ。
希少動物を次々と目の当たりにできて、夏菜が羨ましいなぁ。しかし乳でけぇ。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

「張飛」エサ換え

ラペイロージア・オレオゲナが開花しました。

160125_1.jpg
濃青紫色の艶やかな花。

160125_2.jpg
花弁は反り返り、雄しべが突出しています。

160125_3.jpg
いくつも蕾が上がってきており、しばらくは賑やかな姿を楽しめそうですね。


北峰産ホペイ「張飛」のエサ換えをすることに。

160121_5.jpg

先に何頭かエサ換えをしていて菌糸が尽きたもんで、残りは今度、と思ってすっかり忘れていたパターンです。
もう完全に菌糸が劣化してます。

160121_6.jpg
1頭死亡しており、この3頭は全て♂。

…更に1頭は成長不良ですね。
羽化はしないかも。

160121_7.jpg

見るからに小さいので敢えて体重は量らず(大きいのでも20gは無いな)、全部800cc菌糸ボトルに投入しておきました。



「鉄血のオルフェンズ」
フミたん(´;ω;`)
あまりにも死亡フラグが立ち過ぎていて、これは逆に生存パターンじゃね?なんて思っていた私は甘かった…。

ミカの「それはもう、フミタンじゃない」は、数えきれない程の人間の死を見てきたから言えるセリフなんでしょうけど、お花畑で生きてきたクーデリアにはとても受け入れがたいよなぁ。

…イサリビの後任のオペレーターどうすんのよ。
鉄華団の戦力的にも損失デカいんじゃないの?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

金紋アマノコ、エサ換え

年明けのサンシャインらん展で購入していました。

160108_17.jpg
プテロスティリス・ヌタンス「アルバ」

2週間ほど経過し、変化が。

160121_8.jpg
おおっ、花茎伸びてるw

通常は緑色の花なのが、白花を通り越して半透明な花を咲かせる品種です。
実物を見てみたくてしばらく探していたんですけど、入手後すぐに花が見られそうでラッキーでした。
これは楽しみ♪


金紋アマミノコギリの幼虫のエサ換えをしました。

160121_1.jpg
250ccプリンカップに8頭。

160121_2.jpg
全て生存しており、ちょうど4ペアになりました(画像左が♂)。

160121_3.jpg

♂のうち、2頭は1400cc菌糸ボトル、1頭は800cc菌糸ボトル、残りは1400ccに生オガ発酵マットで。

160121_4.jpg
♀は2頭ずつ、800ccとSのボトルに生オガ発酵マットを詰めて投入。

恐らくこの世代では紋ありの個体は羽化してこないと思います。
同腹同士で交配した、次の世代までやれば出てくるんではないかと予想していますが、それを検証する前に、私が飽きて累代停止しない事を祈るばかりですw



「相棒」
陣川回なのに、こんな鬱な話で良かったの?
ボーダーラインとか、あの辺並みに後味悪いんですけど。
殺されていなければ成就していたと思うと、可哀想過ぎます。
いつか陣川が報われる日は来るのでしょうか?


「ヒガンバナ」
とばっちりでカメラの前でパンツ脱ぐハメになって、実況までされた堀北が今回一番の被害者の様な気がw
しかし人妻でメガネっこJKコスが似合ってしまうとは恐ろしい。
山本耕史裏山


「めざまし」
あ~、ついに今期いっぱいでカトパン退社確定か。
思わず「嫌だァ~~っ!」って叫んでしまいました。

後任誰にすんだろ?
悪いけど、永島さんとか三上さんじゃ数字獲れんぞ。
「グッディ」打ち切られそうだから、ミタパン出戻りでメインに据えるとか?
でもあのヒト、何かのきっかけですぐ寿退社しそうだしなぁ(まだ続いてるみたいですけど、そんなにイイか?野球選手??)。
ルックス的には、宮司さんがイイなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

今度はカンボジア産

いやぁ今朝の雪には参りました。

最寄り駅の路線が朝から運休していたもんで、3~4km離れた別の路線の駅まで朝から雪中行軍するハメに。
無事に着いたと思えばまた電車が動いておらず、復旧して会社に着いたのは3時間後でした。

…その前に、自宅からクルマで行こうと思ったら駐車場を脱出できず、元に戻すにも苦労して1時間ほど格闘してしまったもんで、出勤に4時間近くかかっちまったんですけどねw
会社でも天候の影響で設備トラブルが起きるしで、もういっそ休めば良かったなぁ。


この前の交配シクラメンを注文した際に、1つでは送料が勿体ないなぁ、ともう1つ購入しました。

160117_5.jpg
シクラメン・コウム・コーカシカム

コウムの亜種で、基亜種に比べて葉の先端が尖り気味で、ハート型なのが特徴なんだとか。

今の時期に蕾が付いていないので、開花は来年以降になりそう。


昨日は西ジャワ亜種でしたが、今度はカンボジア産をペアリング。

160118_1.jpg
これ亜種なんだったっけなぁ、と思い出そうとするもさっぱり思い出せず。

調べてみたら、そうそうkhaoyaiensisだわ。
何年か前に記載されたばっかりなんでしたっけね。
かなりムシ知識が抜けてるなぁ。

カワラ材が無いので、明日あたり買ってきましょっと。



「いつかこの恋を思い出して~」
有村架純カワイイ。

以上。

ダメだろこのドラマ。
かすみんを観賞するだけのドラマだなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

西ジャワ亜種、ペアリング

シクラメン・コウム「ピューターリーフ」が開花しました。

160117_2.jpg
可憐なピンクの花。

いよいよ開花シーズンですね。

160117_3.jpg
葉も十分に展開しています。

160117_4.jpg
よく見ると、葉の基部の襟合わせが重なっている、巻き葉ってヤツですねコレ。

あんま見かけない形質のハズなんですけど、昨年まで普通の株だった気がするので、栄養状態にもよるのかも?
バイオゴールドバイタルとかやってたしなぁ。


パリーオオクワ西ジャワ亜種のペアリングをしました。

160117_6.jpg
この代でF6に。

直系の交配でよく続いているなぁ。
サラク山産って、ひょっとしてもうウチにしかいないんじゃないの?

あと2♀♀と、中歯の♂が1頭いるので、全部使って絶えない様にしておかないと。


昨日は母方の親戚一同と、恒例の成田山にお参りへ。

160117_7.jpg
空いてました。

例年より1週遅いんですよね。
混まずに済むんで、今後もこのパターンでいいかも?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ダイトウヒラタ、羽化

昨年末から、一部のマニア間で話題になっているシクラメン交配種を入手しました。

160112_1.jpg
シクラメン・ペルシカムhyb.×ローフシアナム

染色体数の関係で本来は交配不可能な組み合わせらしいんですが、何やら特殊な方法で作出したそうです。
どうせならハイブリッド(園芸シクラメン?)ではなく、原種のペルシカムとローフシアナムで交配して欲しかったとも思うんですけど、春咲きのペルシカムと秋咲きのローフシアナムでは厳しかったんだろうなぁ。

160112_2.jpg

花は大きく、園芸種の血を感じさせますが、雄しべが飛び出しており、コレはローフシアナムの特徴ですね。

160112_3.jpg

葉は形状も含めてローフシアナム似ながら、模様がよりきめ細かく、クリスマスローズのリビダスとか、あの辺の有茎種の改良品種を思わせます。
ホントにシクラメンか?と思う程キレイ。

手に入れる前は正直ゲテモノ扱いしていたんですけど、実際に見てみるとなかなかイイなコレ。
ローフシアナムの血が濃いっぽく、見るからに耐寒性が無さそうなので、夜間は室内に取り込まないとマズいんでしょうけど。


南大東島産ダイトウヒラタが何頭か羽化していたため、掘り出してみました。

160106_1.jpg
250ccカップの6頭と、

160106_2.jpg
800cc菌糸ボトルの3頭。

まずはカップから。

160106_3.jpg
♀が4頭。

いずれも30mmほどの小型♀。

160106_4.jpg
♂2頭は、まぁ分かっちゃいましたが30mm台前半のちっこいの。

160106_5.jpg

大型を出そうと、♂を3頭選んで800cc菌糸ボトルに投入したんですけど、パッと見どうも大きくは見えないw

160106_6.jpg
41~45mmにしかならず。

マヂメに飼って50mm行かないとは…。

昔やってた頃は最初から55mmとか出てたのに、なんで??
どうやって飼育してたっけなぁ…。



朝から晩までSMAPばっかだなぁ。
ベッキーや制服マニアの芸人にしてみりゃ、追及の手を逃れられてラッキーだったかw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

グランはムズい

毎年恒例の、池袋サンシャインのらん展に行ってきました。

160108_1.jpg
今年は2日目の金曜に。

160108_2.jpg
今回の受賞作たち。

160108_3.jpg
一輪が、私の掌より大きなカトレア。

こんなの咲かせたら感激するだろうなぁ。

160108_5.jpg
柔らかい色合いがステキ。

160108_6.jpg
プレウロタリスは奇怪な姿のものが多く、何だか惹かれます。

160108_7.jpg
透き通るようなライムグリーンに目を奪われました。

160108_11.jpg
パステル調もいいな。

160108_12.jpg
会場でもひときわ鮮やかなピンク。

160108_10.jpg
やっぱりマキシマのセルレアはキレイだな。

一度やってみたいとは思うのですが、スペースが無くて育てられないのが残念。

160108_13.jpg
シュスランって大株にするとこんなんなっちゃうのね。

一通り見て回ったところで、販売ブースに出店している、いつもの山野草店さんのところに行き、2点ほどお買い上げ。
他のブースでも1点購入して帰宅しました。

写真は撮りませんでしたが、某所のデンドロビウム・リューコシアナムは凄いなぁ。
栽培難易度の高さから、とても育てられる気がしないし、苗も結構高額で枯らすとショックを受けそうなので手は出せませんでした。
青いランって神秘的でイイですよね。


さて、ここからムシネタ。

中部ベトナム・ダナン市産グランディスの羽化が確認できたため、取り出しました。

160109_1.jpg
第一陣の4頭は、全てが♀なんですよね。

160109_3.jpg

無事に羽化していましたが、揃って43~44mmの、グランにしては小柄の♀ばかり。

これなら今時の国産(?)オオクワの方が全然デカいなw

第二陣の幼虫も確認してみると、♀は既に蛹室を作っており、肝心の♂は…、と見てみると

160109_4.jpg
♀と同時期に蛹室作成w

もうちっこいの確定じゃん(´;ω;`)

見たカンジ、多分70mmそこそこにしかならない気がします。
ウチの環境ではグランを大きくするのはムリみたい。
やっぱり難しいなぁ。


正月にイオン春日部店に行った際、対象期間中5000円以上購入のレシートを提示でお皿プレゼント、なんてキャンペーンをやっており、引き換え日が昨日からだったもんで、受け取ってきました。

160109_5.jpg
埼玉限定だそうな。

160109_6.jpg
また増えてゆく、ぐでたまグッズ。

さぁ、使うかw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

某島ノコギリ、エサ換え

福寿草「四方田家緑花」の花芽が地表に出てきました。

151231_13.jpg

秋の植え替えの際、根の収まりが良い鉢が他になかったもんで、ウィッチフォードのロングトムに植えていました。

151231_14.jpg
でっかい花芽。

実は昨年、不慮の事故で花芽を乾燥させてしまい、マトモな花が拝めなかったんですよね。

今年は大丈夫なハズ。


シコクフクジュソウはまだ出始め。

151231_15.jpg
ってコレ花芽じゃなくて葉芽でしょうか(こんなにちっちゃかったけなぁ…)?

一昨年、昨年と咲いていましたが、今度は開花しないかも…。


某島産ノコギリのエサ換えをしました。

160105_1.jpg
全部で9頭いたハズですが…

160105_2.jpg
250ccカップに入れてあった4頭は、全て♀の模様。

160105_3.jpg
800ccボトルは2頭が死亡し、2♂♂1♀が生存。

こちらは確か反則マットを詰めたんですよね。
やはりリスクあるなぁ。

160105_4.jpg

250ccカップに入っていたものはSビンに、♂のうち1頭は1400ccボトルへ、今度は全て生オガ発酵マットを詰めて投入。

コレとは別に、もう1♂いるんですけど、3♂♂5♀♀か。
結構、累代維持にギリかも?
産まない♀は全く産まないんですよね、コイツら。
コレ以上落ちない事を祈ります。

エサ換えで出た廃マットは…

160105_5.jpg
ツチヤカブトのエサに。

大食漢なので、助かります。



「おそ松さん」
シコ松で爆笑してしまいました。
つーか全員「~松」なんだから、チョロ松に限らず、誰がやっててもシコ松じゃん。

…十四松が「昆虫ずかん」を隠し持っているのは何故?
一番上に置いて他のをカモフラージュする目的なら良いのですが、性癖だとするとブッちぎりでヤバい奴と言わざるを得ないな。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

あけおめです♪


一日遅れましたが、明けましておめでとうございます。

本年も、クワガタブログの体を装った、植物&雑談ブログとしてテキトーにやっていこうと思いますんで(それでいいのか?)、宜しくお願いします。


本当なら、新年一発目という事でトップにキレイめの花の画像を持っていきたかったんですが、現在咲いているものが無いもんで、年末の植え替え風景から。

151231_16.jpg
ハオルチア・ロックウッディーが徒長しまくっていたため、胴切りすることに。

ただでさえビロビロ伸びていたところに、私が犬と遊ぶのにぬいぐるみを投げて、軽くヒットさせてしまったもんで株が傾き、葉もボロボロともげてしまいました。
まぁ、直撃でなかったのは幸いですけど。

適当なところでテグス糸を引っ掛け、一気に切断。

151231_17.jpg
ハオルチアの胴切りって、実はこれが初めて。

上手く行った、かな?

151231_18.jpg
切り口の乾燥を促すため草木灰を塗り、今度は本体を引き抜きました。

151231_19.jpg
ついでに落ちた葉も回収。

151231_20.jpg
元の鉢に用土を入れ替えて植え直し、葉挿しでストックも作る事にします。

頭の方は、切り口が完全乾燥するまで、しばらくそのまま転がしておきました。

葉挿しの成功率が低い種類らしいですが、1つか2つでも芽が出てくれると嬉しいなぁ。


ティーノさん採集の、与那国島産サキシマヒラタのセットを割り出しました。

このセットに関しては放置していたワケではなく、なかなか卵も幼虫も確認できなかったんですよね。
ケース底にようやく幼虫の姿を見つけたもんで、今頃の割り出しとなりました。

160102_1.jpg
が、いきなり3齢(画像右下)。

160102_2.jpg
野外♀も出てきて、手に取るとまだまだ元気そう。

160102_3.jpg
材からも。

って、出てきたのはマットから1頭、材から1頭の、画像にある2頭だけなんですけどね。
なんてこったい。

160102_4.jpg
♀は当然再セット。

キミ、幼虫喰ったろ?

160102_5.jpg
出てきた2頭は800ccボトルに生オガ発酵マットで。

3齢は♀、2齢は恐らく♂の様な気がするのですが、どうかな?
これでペアが揃ってくれたらラッキーなんだけどなぁ。



正月は各局で晴れ着姿のアナが見られて良いですね。
出色なのは、やはり宇垣さんか。
アレはやばい。「カウントダウンTV」のスッチー風衣装でも同僚3人や乃木坂を公開処刑していましたが、晴れ着は更にキレイですね。

なんでこのヒト、「あさチャン」でチョイ役しかやらせてもらえないのか、不思議で仕方ないな。
MCやらせたら「めざまし」の数字かなり奪えると思うんだけどなぁ。春にカトパン抜けるらしいし。
天気予報と7時以降のエンタメのみ、ってのは勿体無さ過ぎます。つーかもっと映せ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット