野外♀、セット

この前、川口の園芸店で購入してきた雪割草が元気に咲いています。

ykwr_5.jpg
私が好みで選んだのはこちらですが、

ykwr_4.jpg
オマケで貰ったコレの方が万人受けしそうですねw

ykwr_3.jpg
一緒に行った母親が選んだのは赤いヤツ。

実際には濃い赤紫かな?なかなか渋い色合いです。

個人的にキンポウゲ科が好きなので、それに属する雪割草にも興味をソソられまくっています。
クリスマスローズも福寿草もキンポウゲ科なんですよね。
形としては割とシンプルなモノが多いグループですけど、なんか惹かれます。


大宮フェアでゲットした、ペレン島産ヒラタをセットしました。

ペレン島のヒラタは島の東西で歯型が変わり、西側は内歯上がりの、ほぼスラウェシ島中部と同様になります(某採集者の「秘密の離島産」と称するものは、コレじゃないかと。野外で100mmUPになりますし)。
東側はスラウェシ島北部の様な内歯が下がるパターンで、一時期デブヒラタと持て囃されていたタイプですね。

んで、今回の野外♀は後者の東部産。

S巻氏のブースにあったものですが、ランバーでも内歯上がりのペレンヒラタを売っていたので、最初は西側の♀と思いスルーしていたんですよね。
ただ、何となく気になったため、一応確認してみると東側産だそうで、しかも同じ便で来た♂が99mmもあって(こちらは標本で販売)、俄然買う気にw
その♂、東側と西側の中間みたいな変な歯型をしていて、こんなのが飼育で出たら面白いなぁ、と。

dttp_1.jpg
コバシャ中に、植菌カワラ材を埋めてセット。

さぁ、しっかり産んで下さいね。


近所のプラモ屋に、こんなガチャがあったので、トライ。

lop_1.jpg
さすが海洋堂、なかなかリアルなレオパです。

左の「スーパーマックスノー」狙いだったんですが、1発目は右の「ラプター」で、2回目で本命をゲット。
私にしては、珍しく引きが強かったなぁ。

sms_1.jpg
本物は半分水に浸かった状態でグッスリ。

このイキモノ、狭いトコ好きよねw
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

2度目の割り出し

先週のクリロー展ではこんなのを購入していました。

cl_1.jpg
まず、シクラメン・レパンダム

春咲きの原種シクラメンですね。
花弁に軽く捻りが加わる、面白い特徴がありますが、この株はちっこいんで、今年はまだ咲かないかな。

assm_1.jpg
アツバスズキスミレ

スミレばかり何種類も持ってきている業者さんがいて、見てみるとなかなか私好みのものがあったので、つい…。

クリロー売り場もざっと見る限り、あまり良い物が無かったので(チベタヌス交配種の「ヨシノ」は悩んだんですが、ガーデンハイブリッドの特徴の方が強くてイマイチかな、と見送りました。ウチの「ピンクアイス」の方がキレイw)、もう帰るか、と出口に向かう途中、何気なく大手メリクロン業者のブースを覗くと、見つけちゃいました。

cbr_1.jpg
「ブライヤーローズ」

ヴェシカリウスとニゲルの交配種で、去年あたりからメリクロン増殖苗が出回り始めたんですけど、すぐに完売してしまって手に入らなかったんですよね。

cbr_2.jpg
画像の様な、白の花弁にピンクの覆輪が入る品種です。

葉が大きいものを選んできたので、上手く行けば来シーズンには開花するかも?
また期待の一鉢が出来ちゃいましたね。


口永良部島産ミシマコクワの2度目の割り出しをしました。

msmkkw_1.jpg
既に材は食い尽くされてマットと化していたため、割り出しは非常に楽でした。

msmkkw_2.jpg
12頭回収。

msmkkw_3.jpg

自分で前回割り出した分をいくらかストックしてあるので、今度は1ペアのみキープして、余っていた250cc菌糸カップに投入。

残りは既に放出済みだったりして。


ミニ四駆のシャーシの肉抜きに、今までは半田ごてを使っていたんですが、こんな良い物があると知り、さっそく買ってきました。

ehd_01.jpg

さすがにコレ用にインパクトを購入するのはどうかと思っていたんですよね。
1200円ちょいなら安いもんです。

ehd_02.jpg
開けてビックリ、組み立て式だ!

ehd_05.jpg
さすがタミヤ、工具まで自分で作れとな。

ehd_06.jpg
…こういうの好きだなぁw

ehd_07.jpg
サクサクっと完成。

モーターがミニ四駆用のノーマルモーターだったため、余っていたハイパーダッシュモーターに、何となく換装しました。
少しはトルクが上がるかな?

さぁ、シャーシやボディの肉抜きをしまくるぞ!

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

イベント2連発で

20日に池袋サンシャインのクリロー展に行ってきました。

c2015_01.jpg
入り口では、花型や花色などの、基本的な説明。

その後に原種や様々な改良品種の展示がされています。

c2015_02.jpg
トルカータスのダブルいいなぁ。

c2015_04.jpg
ゴールド系のバリエーション。

c2015_05.jpg
可愛い花色。

何気にこういうのも好きです。

c2015_08.jpg
「ピンクアイス」と同じ組み合わせで生まれた、「絹」。

当然ですが、「ピンクアイス」にそっくりですねw

c2015_14.jpg
なんじゃこりゃ、すげえカラフル。

c2015_09.jpg
一般愛好家の手による栽培品もたくさん。

c2015_10.jpg
コンクール的なものもやっていて、今回の入賞花。

c2015_12.jpg
大賞。

去年も同じ様な、花弁がべらぼうにたくさん付いた万重咲きでしたね。

c2015_11.jpg

インパクトが強烈だったのがこちらで、花茎の太さが1cm以上ある、不気味なもの。

画像では何のこっちゃなのが残念。

c2015_13.jpg
花弁が整っていて、キレイな八重咲き。

最近は丸弁に人気が集中している模様ですけど、剣弁もイイですよね。

c2015_15.jpg
原種シクラメンも展示されていました。

c2015_16.jpg
「アン」も8年育てるとこんなんになるのか。

ウチのもデカくなるといいなぁ。

c2015_17.jpg
サンシャイン1Fにて。

1月のらん展から、クリロー展バージョンに。

c2015_18.jpg

会場から池袋駅に戻る途中、サンシャイン通りに寄ってみると、今年も咲いていました。

ここにクリローが植わっている事に気付いているヒトは、どれほどいるんだろうか?

いくつか会場でお買い物をしましたが、それはまた後ほど。


21日は地元大宮でKUWATAフェア。

今回から何やら追加料金で先行入場出来る、ブラックアウト方式になっていましたけど、ああいう詐欺紛いのやり方ってどうなんかね。
いつも通りブースに入れてもらって中から見ていましたが、1時間早く入ったところで、ロクなの出品されてなかったしw

そういえばネット上でちょっとした騒ぎになっている、件の人物は普通にいたな。
個人的にはどうでもいいので、敢えて事実関係を問いただしには行きませんでしたけど。

いつもこの手のイベントって、開場から1時間もすると客足が鈍るというか、半分くらいに減るんですが、今回は何故か、一般入場開始から1時間(先行からだと実質2時間)経っても賑わいがあまり衰えず。
爬虫類が多いせいか?とも思いましたが、買っているお客の姿をあまり見ないので、関係無さそう。
ムシ業界再活性化の兆しか?ってのはちょっと楽天的でしょうかね。

今回のお買い物。

0-2015_3.jpg
ペレン島産ヒラタ野外♀。

以上。

頂き物。

0-2015_2.jpg
ヘルプを出していた、パリーオオクワ・ミンダナオ島亜種の♀。

Takenocoさん、弾数に余裕がないのに、ムリ言って申し訳ありませんでした。
本当に感謝しております。
しっかり採って、バック出来る様、頑張りますね。

0-2015_1.jpg
ホノホシさんからは、カンボジア産パリーオオクワ幼虫。

昨年入荷の野外品からの幼虫ですね。
貴重な品をありがとうございます。
あとで菌糸詰めるか。

会場でお相手して頂いた皆さん、どうもでした。
また今度もお願いしますね。



加藤多佳子さん脅迫されてたのか。
しかも「スカートが短いから」って馬鹿じゃねえのか犯人w
鬼女ならまだ分かりますが、36歳の男なのにな。
私はそれを朝見て、行きたくもない会社に行く元気を貰っているというのに…。

笑顔の裏に、辛い事情があったんですね。
応援しているので、頑張って下さい。
そして負けずにミニスカを貫き通して頂けると嬉しいです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

カズヒサ、割り出しましたが…

クリスマスローズ「ネオン」の蕾がだいぶ膨らんできました。

hhn_3.jpg
あとちょっとかな?

「キメラ絞り」も。

chimera_3.jpg
去年はイマイチな花しか咲きませんでしたが、今年はどうかな?

えげつないベインを狙って、「ネオンダブル」と交配する予定。


金曜からは池袋でクリロー展が開催されるので、今年も初日の朝一に行ってこようかと。
らん展と違ってすげー混むんですよね。
何かイイのがあるといいなぁ。


ずっと放置してあった、パリーオオクワ西ジャワ亜種のセットを割り出すことに。

sk_1.jpg

画像中央の、やや色が違う部分に材があったハズなんですけど、完全に食い尽くされてマットと化しています。

sk_2.jpg
ちょっとほじくってみると、1頭発見。

3齢の♂ですね。

sk_3.jpg
もう1頭、今度は♀が出てきて終了。

一度割り出したセットですし、1ペア追加出来たので良しとするか。

もう1セットあるので、そちらも割り出し。

sk_4.jpg
こりゃダメだ。マットが腐れてる。

sk_5.jpg
一応、1頭回収。

sk_6.jpg
材からは、食痕はあるものの、ゼロ。

2セット割り出して3頭か。

sk_7.jpg

予想では10頭以上いて、とりあえず250ccカップにマットを詰めた後、頭数分の菌糸を注文しようと思っていたんですが、3頭ならまぁいいか、とボトルに生オガ発酵マットを詰めて投入してしまいました。

無事に羽化してくれれば御の字です。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ネブト幼虫、分けました

少し前に、カロコルタス・ウィーディ・ヴェスタスの苗を購入しました。

cau_1.jpg
アメリカ・オレゴン州産の植物で、肌色っぽく、奇妙な形状の花が咲きます。

北米の植物も結構変わったものが多いので、最近気になっているんですよね。
同属のトルミエイなんかもかなりソソられます。

cau_2.jpg
ポットから3.5号深鉢に植え替え。

今年は開花しないっぽいな。
もう一年、じっくり待ちましょう。


ティーノさんから頂いた、伊豆大島産のネブトの幼虫を小分けにしました。

alo_4.jpg
このカップに複数入っている模様。

alo_5.jpg
5頭いました。

ネブトとか、泥食いのクワガタは雌雄判別がイマイチよく分からないため、敢えて判別はしない事に。

alo_6.jpg
パッと見、一番大きそうな幼虫を量ってみると、こんなカンジ。

本土ネブトの野外品としては上等ではないでしょうか?

alo_7.jpg
カップに入っていたマットと産卵一番をミックスし、250ccカップにゆる詰めして幼虫を投入。

そこそこのサイズの大歯が羽化してくれると嬉しいなぁ。


6号機、とりあえず完成。

fj_5.jpg

MAシャーシの欠点というか、シャーシ自体が重く、パーツをポコポコ付けていくとかなり重量がかさんじゃうんですよね。

なので後ほど、シャーシの肉抜きをバリバリにやる予定。

fj_6.jpg
後部から。

ボールリングマスダンパーとやらを付けてみました。
どんなカンジか、走らせてみて検証しないとなぁ。

mp_1.jpg

レアパーツであるらしい、白のスーパーⅡ強化シャーシが売っていたので、特に使い道は考えていませんでしたが購入。

mp_5.jpg
ついでに6号機の元のボディも。

また色々やる事が増えそうですねw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

佐渡島産、セット

今日から川口市内の園芸店にて、雪割草フェアが始まったので、行ってきました。
最近ちょっと興味あるんですよね、雪割草。

いつも通っている山野草店でも今週末から始まるのですが、あちらはガチ過ぎてちと気遅れするので(全国大会優勝とかだし、価格も目ん玉が飛び出る様なのばかりw)、まずはライトそうなこちらに。

平日の昼前なのに、結構な数のお客さんで賑わっており、もちろん雪割草だらけ。
価格帯もお手頃な物が殆どで、安心しましたw

んで、連れ帰ってきたのがこちら。

ykwr_1.jpg

奥2つの標準花を買ったら、値段の安いのを1つサービスしますよ、との事で、手前の複色千重咲きも。

ykwr_2.jpg
こういう色合いが好き。

交配して様々なパターンを作り出せるのが雪割草の魅力ですけど、ウチではそれをやるスペースがないもんで、とりあえず観賞用ですね。
ちっこい割に、種から開花まで結構時間かかるしなぁ。


ペアリングしていた、佐渡島産コクワをセットしました。

s-r_2.jpg
他のコクワセットと同じく、HR-1に細ナラ材埋めで。

大型が狙える産地の様な気がしているため、割り出しが楽しみです。
今度は250ccで交換ナシで羽化させず、ちゃんと800ccにエサ換えする予定ですけど、出来るかな?


「君嘘」、「あんたの存在、海綿体ね」って、JCのセリフかそれw
あやねるに何言わせてんのよ。

しかし毎回いいトコで終わるなぁ。
続きが気になって仕方ないよ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

伊豆大島産、頂きました

真冬だというのに、ベランダではまだペチュニアが咲いています。

ptn_1.jpg

関東の冬場は何とか耐えられるのは分かっていましたが、まさか花まで付けているとはw

ptn_2.jpg

こんなに元気なら、わざわざ室内で挿し芽のストックを作っておかなくても良かったかも。

ptn_3.jpg

同じく屋外、玄関脇のプランターに植えた黒の半八重咲き品種は、ギリギリで耐えている模様。

品種によっても耐寒性に差があるのかねぇ。


日曜にティーノさんから、伊豆大島のお土産を頂いてきました。

alo_1.jpg
なかなかレアな産地のネブト。

alo_2.jpg
もう1ペア♪

alo_3.jpg
幼虫も。

今回も採集風景を写したアルバムを手に、色々解説して頂き、とても楽しいひとときを過ごさせて貰いました。
いつもいつも、ありがとうございます。

春になって、活動を始めたらペアリングする予定。
ですが私、本土ネブトの飼育ってあまり自信がないんですよね。
ブリードが成功すると良いのですけど。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

もう羽化しているとは

ウラシマソウ「白絣」にも芽が出てきました。

ur_4.jpg
こちらはこの前載せた「黒宝」とは対照的に、白っぽいですね。

花色は芽にも反映されるのでしょうか?
まぁ、芋が小さいんで、咲くのは当分先なんですけど。

ur_5.jpg
どちらも開花が待ち遠しい。

葉が展開したらガッツリと肥培しましょうかね。


地元産カブトの幼虫の入ったボトルがやけにガリガリと煩いので、見てみたら…

jmtkbt_01.jpg
まさかもう羽化して、活動開始しているとはね。

加温していると、早いなぁ。

jmtkbt_02.jpg
♂の方を見ると、こちらも蛹室を作っていました。

前蛹から羽化まであっという間なんで、なんとかペアリングは出来るかな?

去年、発生場所が潰されて更地になってしまったもんで、続けられる限りは累代したいんですよねぇ。


6号機、こんなカンジに。

fj_3.jpg
大体イメージ通りにできたかと。

fj_4.jpg
後ろから。

ホイルはあとで交換予定のため、敢えて無塗装(大径ペラタイヤにするので、交換したらそちらを塗ります)。
カスタム終了後にまた載せようかな。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ミンパリ、♂羽化

ヘレボルス・チベタヌスが開花しました。

tibe_3.jpg
今年もこの花色が見られて良かった!

tibe_4.jpg

でも、この前の雪で埋もれたりしたせいか、花茎の伸びが悪くて、ずんぐりしたイメージに。

tibe_5.jpg

チベタヌスといえば、ピンクの花弁と、そこに入ったベイン(ストライプ模様)が魅力的ですね。

…「ネオンダブル」とでも交配してみようかな?
昨年、トルカータスに掛けてみたんですけど、莢はふくらんだものの、マトモな種は出来ませんでした。
オリエンタリス系の交配種となら、イケるかなぁ?


パリーオオクワ・ミンダナオ島亜種の♂が、活動を開始していました。

drs_1.jpg

羽化しているのには気付いていたんですが、取り出さずにそのままにしていたんですよね。
なんかガリガリとビンの蓋を齧る音が聞こえると思ったら、蛹室を崩してマットの上に脱出していました。

サイズは70mmをちょっと切るくらい(割り出しが遅れて、しかもマット飼育ですしね)。
ですが、♀がいないので累代は出来なかったりして。
幼虫が2頭しか採れなかった上に、もう1頭は透明ブヨブヨ病の前兆があって、やっぱり死亡してしまいました。

…これはまた、Takenocoさんにヘルプをお願いするしかないですねw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

伊豆大島産、セット

物置部屋のウラシマソウ「黒宝」に早くも芽が出ていました。

uk_1.jpg
ちょっと早過ぎやしませんかね?

同じ部屋にある他の、地元産やら素心花などは全く出てくる気配もないのに、コレだけなんででしょ?


パラモンガイア・ウェベルバウエリも…

pw_1.jpg

いつも、芽の先端だけは冬場に出てきて、葉が実際に伸び始めるのは暖かくなってから、というパターンだったのに、これも謎。

pw_2.jpg
分球した子株の方も。

耐寒性があまり無い植物なもんで、この時期に葉を展開されても困るんですよね。
自室の棚(加温されてます)に置こうにも、図体がデカくなるんでちょっと厳しいしなぁ。
どうしよっかな。


ペアリングしていた、伊豆大島産コクワをセットしました。

io-r_2.jpg
これも他のコクワと同じく、HR-1で細ナラ材埋め。

s-r_1.jpg
佐渡島産もペアリング。

よし、これをセットすれば、とりあえず予定していたコクワのセットは終了。
佐渡島産は250ccカップで飼っていても♂が軒並み45mmを超えていたため、ひょっとしたら大型が狙える産地なのかも知れません。
800ccの菌糸ボトルに投入して、タイミング良くエサ換えすれば、55mmくらいは出るかも?

…飽きずにちゃんとやれば、の話ですけどね。
飼育頭数が多いもんで、絶対忘れるなw


性懲りも無く…

fj_1.jpg
またなんか塗装中。

fj_2.jpg

Beforeの画像を撮り忘れたんですけど、箱絵を見てお分かりの通り、モチーフはどうみてもランボルギーニのヴェネーノですね(色は黄色ですが)。

なので外装をそれらしくデザインナイフで整え(フロントかなり削ってます)、軽量化も兼ねて窓をくり抜き、車体後部にもスリットを。
この後、画像で黄色く抜けている部分を黒く塗り、車体下部のエッジとテールランプ、ウィングの後端を蛍光レッドで塗る予定。
最近、ミニ四駆を塗装するのが楽しくなってきてしまったぞ。
あとで同じ機種のボディだけもう1つ買ってきて、今度はオープンカー仕様で赤く塗装し、ヴェネーノロードスターもどきでも作ろうかな?w

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット