トカラノコギリ、セット

セツブンソウ、こんなカンジで咲いています。

DVC00947_3.jpg
淡く紫がかった白い花色に、青い雄しべがキレイ。

今年は何だか花形が妙に乱れている気がします。
寒すぎるのかなぁ…。


中之島産トカラノコギリをセットしました。

DVC00954_3.jpg
コバシャ小に、ナラ材埋めで。

しっかり産んで下さいな。


南カリマンタン州産オウゴンオニのセットをチェックしてみると…

DVC00925_2.jpg
カワラ材にちゃんと穿孔していました。

これは期待して良いのかな?



森本智子さん、ホントに「WBS」降板かよぉ…。
4月からは夕方の30分ニュース番組のMCだそうですが、4時50分からって、帰宅してねえよそんな時間w

相内優香さんとのカラミとか微笑ましくて好きだったんだけどなぁ。

長年番組に貢献してきた森本さんを差し置いて大江さんをMCに抜擢とか、あんまりだな…。
不憫でなりません。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

愛媛スジ、エサ換え

シコクフクジュソウが開花しました。

DVC00942_3.jpg
阿蘇産で、一般に「アソフクジュソウ」として出回っているもの。

改良の進んだフクジュソウも良いですが、原種もまた良いものですね。
鮮やかな黄金色の花色は、陽を浴びると更に煌めきます。


愛媛県産スジクワガタのエサ換えをしました。

DVC00952_3.jpg
60ccカップに入っていたもの。

9頭いましたが、1頭落ちて、1頭は既に蛹室で、7頭がエサ換え対象。

…真ん中の1頭は成長不良っぽい。
コレだけまた60ccカップに、他の個体が食したマットを詰めて投入。
多分ダメだろうなぁ。

DVC00951_3.jpg
250ccカップに入っていたもの。

…1頭既に蛹になっていました。
これは予想外。

残りの幼虫も60ccカップに入っていたものと比べてひと回り大きい程度で、それほど差が付いていない様なのも意外でした。

DVC00949_3.jpg
全て250ccカップに生オガ発酵マットを詰めて投入。

♂はせめて大歯型になって欲しい。

♀の蛹は人口蛹室に。

DVC00950_3.jpg
ティッシュでちゃちゃっと。

小型種の♀は羽化が上手いので、こんなんでもちゃんと羽化してくれることでしょう。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

アドゥンクス、エサ換え

凍結はマズいと、室内保管していたタモトユリに、もう芽が出ていました。

DVC00948_3.jpg
去年も確か早かったと思いますが、さすがにこの時期には出ていなかったハズ。

今年こそ、その高貴な花姿を見せて欲しいものです。


アドゥンクスフタマタのエサ換えをしました。

DVC00946_3.jpg
250ccカップのまま、3ヶ月ほどつい放ったらかしに…。

DVC00945_3.jpg
1頭落ちて、5頭に。

しかも真ん中の1頭以外全部♀。
また偏ってら…。

DVC00944_3.jpg

♂は1000ccビンに反則マット。
♀は800ccボトルに生オガ発酵マットを詰めて投入。

羽化ズレ防止のため、♀は気温低めの場所で、♂はやや高めのトコに置いておくことに。
♂が1頭しかいないのはキツいなぁ。


ユリつながりで…。

DVC00934_3.jpg
日曜の朝に届きました。

DVC00931_3.jpg
先着特典のサイン入り。

ドコに向かっているんだ、私w

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ダイトウマメ、セット

2Cさんから昨年末にムシと同時に種子も送って頂いていたんですが、1つ発芽しました。

DVC00943_3.jpg
亀甲竜って、最初はこんな葉っぱなのね。

あと4つ種が埋まっているので、そのうち出てくるでしょう。
ユーモラスな根塊の形状で人気の高い植物で、私も大好きなため、いくつあっても嬉しいです。

…同時に蒔いたデビルスハンドツリーと、夏に頂いたデビルキャット・ホワイトバットがまだ出てこないんですが、ちゃんと発芽するのでしょうか?
期待してるんですけどねぇ。


幼虫が沸いて、一気にマットが劣化したため、ダイトウマメのセットを組み直すことに。

DVC00939_3.jpg
マット表面に置いてあった木の皮を取り払うと、成虫の姿が。

DVC00938_3.jpg
ケースをひっくり返し、マットを篩にかけると、19頭回収。

予想よりもだいぶ少ないですが、こいつらどうも共食いしちゃってるみたいで、マットからは成虫の頭やら上翅やらのパーツが多数出てきました。

10mmあるかないかの小型種の割に、蛋白質の要求量がかなり多いようですね。

1つのケースだけで累代を続けると、最悪共食いで全滅しかねないため、分家する事に。

DVC00936_3.jpg

ミニケース2つに、コバシャタイニー。
外見上、雌雄の判別が付かない種なので、テキトーに7頭・6頭・6頭で分け、各ケースに投入。

しっかり増殖して下さいな。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

トカラノコ、ペアリング

クリスマスローズ「ピンクアイス」に蕾が!

DVC00928_1.jpg

ちょうど影になってしまっている、中心部に蕾が出来ています。
花芽なのかどうか、イマイチ確信が持てなかったのですが、これで一安心。

来月中には咲いてくれることでしょう。


中之島産トカラノコギリも、雌雄ともにやたらと活発に動いているため、ペアリング。

DVC00935.jpg
詳細産地も付いた貴重な××なので、しっかり産んで欲しいものです。


アフィニスヒラタ・カオバン省亜種の♀が羽化していました。

DVC00930_1.jpg
前の世代は何故か♀が羽化不全して、累代出来なくなるところでしたっけ。

♂はまだ全て前蛹にもなっていませんが、寿命のそう短い種ではありませんし、何とかなるかな?



高見侑里さん、初の写真集発売おめでとうございます。
握手会に非常に行きたかったのですが、諸事情により不参加。断腸の思いです…。

注文しといたサイン本、土日着を指定していたため、今日届くかと思っていたんですが未達。
明日かねぇ。


皆藤愛子さんもついに三十路か。
ロリロリ具合を未だ維持したままとは驚きです。
併せておめでとうございます。



※画像ファイル名重複のため、過去記事の画像がおかしな事になっていたのに気付き、慌てて修正。
デジカメが使用不能になり、ケータイカメラで撮影しているのが原因でした。
新しいデジカメを買いたいんですが、来月はクリロー展にKUWATAにで、出費が大きそうなんですよね。
もうちょいガマンするか…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

愛媛オニ、セット

ヘレボルス・チベタヌスが開花しました。

DVC00926_1.jpg

ごく淡いピンクの花色はなんとも上品。
東アジアで唯一のヘレボルス属(クリスマスローズ)なだけに、他の原種には無い独特の雰囲気が漂います。

DVC00924_1.jpg

ホムセンでもシーズンになると売ってはいるのですが、中国・湖北省あたりからの現地採集で、テキトーに根っこをブッた切って送られてくるため、殆どは花が咲かずに枯れてしまうんですよね。
何度か購入したものの、あまりにもダメなので、今回は国内実生品にしました(現地での乱獲を抑える意味でも、山採り品は買うべきではありませんね)。

…花粉がよく噴いている様なんで、この前開花した「ゴールド系」の雌しべに受粉してみました。
ちゃんと種できるかな?


愛媛県産オニクワガタのセットを組みました。

2Cさんに昨年末に送って頂いたもので、材割り幼虫が羽化したもの。

DVC00933_1.jpg
活発に活動するようになっていたので、

DVC00932_1.jpg
コバシャ小にてセット。

キンオニ以外のオニクワはブリードが苦手だったりしますが、産んでくれると良いなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

アッチョス、セット

セツブンソウの蕾が出てきました。

DVC00923_2.jpg
6本くらいは花茎が出てきそうですね。

鎌首をもたげる蛇の様な、妖しげな佇まいですが、開花するとその雰囲気は一変します。

あと2日かそこらでしょうか?楽しみに待つことにします。


羽化したアッチョスネブトをタコ飼いしていたケースのマットが劣化していたため、交換することに。
あわよくば、そのまま産んでもらいたかったのですが、黒い泥状になっているのはさすがにマズいw

DVC00921_2.jpg

♂が結構落ちたらしく、1頭しか出てきませんでした。
♀は3頭いるし、累代は大丈夫か?

DVC00920_2.jpg
屋久島ノコギリのエサ換え時に出た使用済みマットと、Maxマットをテキトーにブレンドして、HR-1にゆる詰め。

既に正確な累代数がよく分からなくなっていますが、これも産地柄今後の入荷が見込めないだけに(標本すらも!)、いけるところまでは累代を続けたいものです。



「いいとも」、ミタパンの胸元盛り上がり過ぎじゃないか?
確かにスタイリングの強調されるグレーのニットワンピで、何も盛っていないとヒサンな姿になりそうではありますが…。
すぐバレるんだから、あそこまでやらんでもw


3月いっぱいで打ち切られる「朝ズバ」の、後番組のMCは夏目三久さんだそうですが、TBSはなんで自局の人員活かさないかねぇ。
吉田明世さんが不憫でなりません。
みのがクビになって、セクハラ被害が少しは報われたと思いきや、短い天下だったなぁ。
お天気の美馬怜子さんも一緒に切られそう。
なんだかなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

阿嘉島産、再セット

パラモンガイア・ウェベルバウエリの芽が出てきました。

DVC00925.jpg
この状態で2ヶ月くらい過ごしてから、中心が割れて葉が出てきます。

DVC00924_9.jpg
もう1つ出てました。

今年こそ咲いて欲しいなぁ、コレ。
開花の目安が葉の最大幅3cmらしいんですが、昨年の時点でクリアしているため、そろそろではないかと。
葉が出たら、窒素を含まない、開花促進用のハイポネックスでも与えてみるかな。


マットが劣化して、泥状になった阿嘉島産ルイスツノヒョウタンのセットがあったので、リセットすることに。

DVC00923.jpg
ひっくり返して、成虫回収。

ミンダナオパリーのセットに使った植菌カワラ材がほぼ手つかずだったため、再利用することに。

DVC00922_9.jpg
もと通りHR-1に、ひと回り小さく削ったカワラ材を埋め、完了。

タンパク質補給用のアロワナフードも忘れずに。


…なんか阿嘉島の属する慶良間諸島が国立公園になるそうですね。
必然的に採集も禁止になるワケで、このルイスも更に貴重な品になってしまいます。
まぁ、元よりあの辺でクワガタを狙って採集するのはホノホシさんだけだと思いますが、野外からの追加が得られない以上、しっかり累代しないとなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

やっぱり失敗

クリスマスローズ「ゴールド系」が開花しました。

DVC00918_1.jpg

赤いフラッシュが入るタイプですね。
かなり下向きに咲いてるもんで、変なアングルでの撮影w

黄色一色のものもあったのですが、叔母にあげてしまいました。


クロアチクスダブルの交配種にも蕾が。

DVC00919_1.jpg

昨年2月の、サンシャインでのクリロー展で購入したもの。
一年で株自体が大きく成長し、今年はたくさんの花が咲いてきそうです。


ミンダナオパリーの割り出しをしました。

実は2回目のセットのあと、いくらも経たずに♀が死亡しているのを確認し、全く期待していませんでした。

が、最近になってケースの底面に2齢幼虫が1頭見えていたもので、一応割り出してみることに。

DVC00930_9.jpg
ケースをひっくり返すと、確認済みの2齢。

DVC00927.jpg
マットからは他に初齢が1頭に、

DVC00928_9.jpg
卵が3つ。

材は1ヶ所齧ってあったものの、卵の痕跡すら無く…。

DVC00926_9.jpg

2頭の幼虫は250cc菌糸カップに、卵は1つずつ60ccカップに投入。
卵、無事に孵化してくれると良いなぁ。

…本当にミンパリは相性が悪いですね。
せっかく京四郎さんに野外♂をお借りしたのに、なんたるザマでしょうか。
まぁ、比較的出回っている亜種で、雌雄どちらかに偏ってもすぐ探せるので、焦らなくとも良いのが救いではありますが。



「めざど」、体操のバストアップ効果に食いつく皆藤愛子さんに笑いました。
愛ちゃんとミタパンはぜひやって下さい。


「聖闘士星矢Ω」、アテナエクスクラメーションを使うと「未来永劫にわたって鬼畜にも劣る賊の烙印を押される」という設定が未だに意味分からん。
アテナを守護する黄金聖闘士に相応しくない、卑怯な闘法だから、というのなら、ハイペリオン1人相手に3人がかりの時点で既にアレな気が…。
先代のサガ・カミュ・シュラ・アイオリア・ムウ・ミロの6人がハーデス編で使用していましたが、その後の嘆きの壁破壊のときも黄金聖闘士の資格を剥奪されたような描写は無かったし、単なる作者の設定ミスでしょうか?


「鎧武」、やっぱり来たか、鬱描写。
つーか、仲間と呼ぶほど親しい間柄でしたっけ?初瀬ちゃん。

主人公が一番最初に倒したインベスこそが、探していたリーダーだったとか、かなりヒドい。
まだまだこれからだろうなぁ。幼稚園児にこんなの見せて大丈夫なのか?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

カワラでセット

昨年末に2Cさんから送って頂いたブツです。

DVC00921.jpg
ポリア・コンデンサータ

ブルーメタリックの妖しい果実の生る植物。

DVC00920.jpg
ひと回り大きくなって、脇芽がウネウネと…。

DVC00919.jpg
その上の節からも。

横にも広がるとは聞いていましたが、こんなに早く伸びてくるとはw
成長が楽しみです。


植菌カワラ材を買ってきました。

DSCF5250.jpg

左の細い方は硬くてハズレ。
YGに使いましょう。

右は柔らかめ。
こちらはオウゴンオニに。

やっぱパックのカワラ材は皮剥いでみるまで質が分かりませんね…。

んで、セット。

DSCF5251.jpg
YGはコバシャ小で。

DVC00917.jpg
南カリマンタン州産オウゴンオニはコバシャ中で。

特に後者は何としても産んでもらわないと、累代が終わってしまう…。

YGはもう1♀いるんで、そのうちペアリングします。



「みなおか」の汗かきオンザビーチのミタパンの衣装、以前から何かに似ていると思っていましたが、やっと分かりました。
クラッシャー・バンバンビガロだ…。

しかし日村は役得だな。ビンタまで含めて。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット