何気に苦手なんですが

アグラオネマ・ピクタム・トリカラー「エウレカ」を植え替えました。

DSCF5070.jpg
用土は山野草配合のものが余っていたのでそれに、水苔を刻んで混ぜてみました。

一応、肥料も鉢底に加えましたが、腰水にしているため水に溶け出しそうで、あまり意味がないかも?

鉢はせっかくなので、岩をくり抜いて作られている、ちょっと雰囲気の出そうな鉢に。
表面が軽石状で、水が鉢の内側にも浸み出すので、腰水栽培するには丁度良さそう。
以前、普通に植物を植えたところ、通気が良すぎてすぐ水切れを起こしてしまい、以来封印されていた鉢だったもので、ここで日の目を浴びられて良かったw

無事に大きく、そして美しい葉を展開しながら育って欲しいものです。


この前、エロンガートゥスと同時にワメナ産パプアキンイロクワガタを購入していました。

DSCF5066.jpg
♂はグリーン強め。

DSCF5063.jpg
♀は何とも言えない色合い。

角度によっては前胸がグリーン、上翅がくすんだブルーのツートンカラーにも見えたりします。

DSCF5069.jpg
しっかりエサを食べている様なので、さっそくペアリングしておきました。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

久しぶりに

玄関のミニバラがこの時期になっても花を付けています。

DSCF5052.jpg
パステル調の、柔らかい花色がキレイですね。


この前、久しぶりに行ったショップで、掘り出し物があったのでつい購入。

DSCF5059.jpg
エロンガートゥスフタマタの幼虫ペア(左が♂)。

現地からの入荷が途絶えて久しいですが、まだブリード続けているヒトがいるんですね、コレ。
またやりたいとは思っていただけに、見つけた時は結構嬉しかった。

DSCF5060.jpg

250ccカップで管理されていたので、サイズは見込めないと思いますが、一応♂は1400ccに。
♀は800ccボトルにいつも通り生オガ発酵マットを詰めて投入。

あ、またマット無くなっちゃいました。
買ってこないとなぁ…。


RGストフリが発売された様なので、こりゃマズいと買ったきり放置してあったデスティニーを組むことに。

DSCF5058.jpg

「光の翼」も買ったんですが、ドコに置くかな、コレ。結構横幅取るのよね。
ストフリ用の「天空の翼」も頼んじゃったので、両方飾るとかなりスペース食うなぁ。



先週だったか、某園芸業者からカタログが届いたんですが、ヒスイカズラやスマトラオオコンニャクとか載っていてビビりました。
両方とも巨大な上に、耐寒性の無い植物なので、よっぽどデカい温室でもないと栽培出来ない気がするのですが…。
とても魅力的ではあるのですが、さすがに注文するのを思いとどまりましたw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

こんなちっこいとは…

ニアス島産のアグラオネマ・ピクタム・トリカラー「エウレカ」を購入。

以前、ライフのB氏に熱く語られて以来、気にはなっていたのですが、ここ数年の人気のためか、実物を目にする機会すらありませんでした。

最近になって、市内の大型熱帯魚店にたまに入荷するのを知って、現物をじっくり見てみれば、やはりキレイ。
その時は色々あってスルーしたのですが、また入荷したようなので連れて帰ってしまいました。

DSCF5053.jpg
ごく小さな株のため、ウッドランド迷彩を思わせる、特徴的な斑はまだ出ていません。

DSCF5056.jpg
…というか、アクアソイル単用で植えられているんですが、こんなんでいいの?

あとで水苔混ぜた赤玉+鹿沼とかで植え替えておこうかなぁ。
マグァンプも入れとくか。

DSCF5057.jpg
とりあえず、ショップで腰水で栽培されていたので、プラケに水張って入れておきました。

新芽も展開していますし、これから派手な柄の入った葉が展開してくれることでしょう。


栃木県産オオクワガタの菌糸換えをしました。

DSCF5046.jpg
結構キてますね。限界か。

DSCF5047.jpg
A系統は両方♂…なのか?

頭幅小さいんで、♀かと思いました。

DSCF5048.jpg
B系統は2♂♂1♀。

うげっ、♀1頭だけか…。

DSCF5050.jpg
♂の最大個体。

YGの♀より小さいんですが…。
混じりっ気無しのオオクワってこういうもんなのね。

DSCF5049.jpg
♀。

まぁこんなもんか。

正直、F2だし楽勝で22g程度にはなっているだろうと思っていたので、1500ccやら1400ccの菌糸をとっておいたのですが、これなら800ccだけでも良かったなぁ。

DSCF5051.jpg
と思いつつ、菌糸がこれしかないのでやむを得ず投入(幼虫体重が大きい順に1500cc、1400cc、800ccに♀がSビン)。

せめて大歯型では羽化して下さい。
なんて、オオクワで書くことになろうとは思いませんでした。



ランバーの亀、すんごいプライスだな。
ISの2.5リッターとほぼ同額とか…。
ウェストウッディーが消費税で買えてしまうぞw
ムシ屋と違って、爬虫類屋のお客はまだまだバブリーなのね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

臥蛇ノコ、エサ換え

クリスマスローズ「ティンカーベル×アトロルーベンス」の葉が展開しました。

DSCF5038.jpg

立派なサイズの葉が出てくれて一安心。
今期は厳しいでしょうが、来年は咲きそうですね。

肉眼で見ると、葉のエッジの赤紫が結構目立つんですが、画像だとよく分からないなぁ。


8月下旬に割り出した、臥蛇島産トカラノコギリのエサ換えをしました。

DSCF5024.jpg
250ccカップに入れた、14頭を…

DSCF5025.jpg
雌雄判別してみると♂5頭に、

DSCF5026.jpg
♀8頭。

DSCF5027.jpg
+成長不良が1頭。

おそらくマトモには成長しないと思われますが、一応この個体だけ他の幼虫の食したマット(腸内細菌やバクテリア的なモノが利用できないかと…)をまた250ccカップに詰めて投入。

DSCF5028.jpg
♂4頭は1400ccボトルとMビンに(1400cc1本だけ生オガ発酵マット、あとは菌糸)。

DSCF5029.jpg
♀6頭は800ccボトルに生オガ発酵マットを詰めて投入。

DSCF5031.jpg
残り1♂2♀♀は某所に飛ばすため、コンパクトに。

他にも回収時期の違う幼虫が何頭か手元にいるので、おいおい交換していく事にします。

♂がそれなりのサイズで羽化してくれると良いんですけどねぇ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

♀いました

また頼んでしまいました…。

DSCF5040.jpg
この時期になると、つい買ってしまうんですよね。クリスマスローズ。

DSCF5042.jpg
トルカータスハイブリッド「ティンカーベル」×交配種

親株がどちらも八重咲きのため、恐らくこの株も八重咲きで開花するものと思われます。

DSCF5043.jpg
届いてすぐ、5号鉢に植え替え。

今ついている葉は夏を乗り越えたものなのでボロいですが、すぐに新しい葉を出してくれるでしょう。

開花は早くて2年後かな?
それまで楽しみに待つことにします。


Tsuyoさんトコのクロシマノコギリが全て♂になってしまったと聞いて、里子して頂いたウチのはどうなったかと気になっていたのですが、エサ換えのタイミングが来たので確認してみました。

DSCF5032.jpg
3♂♂1♀ですね(左下が♀)。

♀がいて良かったとは思いますが、やはり♂に偏っていました。
もう1♀いればバックできたのになぁ。少々気まずいw

DSCF5034.jpg
♂は1400ccボトルとMビンに、♀は800ccボトルに、全て生オガ発酵マットを詰めて投入。

65mm程度にはなってくれると嬉しいですね。


詰めておいた菌糸が回ったので、Takenocoさんから頂いたマナドパリーもようやくエサ換えできました。

DSCF5035.jpg
1♂3♀♀だったため、♂は800ccに、♀はSビンに。

しっかり羽化して欲しいものです。



数日前の深夜番組で紹介されていた「エイリアンVSニンジャ」が気になる。
DVDレンタルされているんだろうか…?



「WBS」、相内優香さんのエプロン姿が化粧まわしにしか見えなくて笑ってしまいました。
出るとこ出てるのは良いのですが、ウェストが無いのはマズいよ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

こちらも不調

八重咲きパンジー「ファビュラス」を購入しました(婦人服ブランドみたいな品種名だ…)。

DVC00902.jpg

最初は「ミルフル」等のフリル咲きと何が違うんだろうかと、売り場で花弁の枚数を数えたりしていたんですが(不審者w)、確かに2~3枚花弁が多く、よりフリフリ感が増しています。
増えた花弁は雄しべが弁化したものなのかなぁ、と思っていたのですが、花の中心からは花粉が吹いている様なので、純粋な多弁化なのでしょうか?


夜間はだいぶ冷え込む様になりましたが、オールドローズ「ルイ14世」がまだ花を付けています。

DVC00900.jpg
さすがにもう小ぶりの花しか咲きませんが、濃厚な香りはそのままです。

「ルイ14世」が咲き終わったらバラの剪定を始めましょうかね。


フォルスターフタマタ原名亜種のセットがこんなカンジになっていたので割り出し。

DSCF5014.jpg
材が結構齧ってあります。

DSCF5015.jpg
幼虫見っけ。

DSCF5016.jpg
卵は結構出てきます。

が、結構な割合で変色しているので、孵化するものは少なそう。

というか、幼虫はさっきの1頭のみでした…。

♀親はまだ元気なのですが、再セットしてもマトモな卵を産んでくれるかどうか、微妙なところ。

まぁ、幼虫1頭だけでは仕方がないので、再セットせざるを得ないんですがね。

回収した幼虫は250ccカップに生オガ発酵マットを詰めて投入。
卵は15個ほど採れたので、60ccカップで3つに分けて保管することに。

早めに再セットしないとなぁ…。



Hさん、奄美情報どうもでした!
まぁ個人的にはあまりにもバカバカしいと思うので、リーガルでもイリーガルでも全く気にしちゃあいなかったんですけどねw
法令を制定した連中、アマミコクワとアマミシカの♀の区別がつくのかよ、と。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

失敗してました

ナルキサス・ザイアニクス・アルブス「羽衣」の葉が立派になってきたなぁ、と眺めていたんですが、

DVC00903.jpg
よく見たら花芽が出てきていました。

咲き始めはクリーム色で、のちに白く色が抜ける、大輪の豪華な印象の花を咲かせるペチコートスイセンの系統です。
来月上旬には開花するかな?


この前購入したヘレボルス属の原種2つをサクっと植え替え。

DVC00901.jpg

左はクロアチクス・ダブル、右はチベタヌスですね。
特にチベタヌスは開花間違いなしの株のため、期待が持てます。
ようやくマトモにチベタヌスの花を手元で拝めそうです。


ヤエヤマコクワのセットを割り出したのですが、植菌カワラ材が硬過ぎたためか全く産んでいませんでした。

DSCF5013.jpg
なので柔らかいナラ材でセットを組み直し。

時期的にもう産まないかな?
せめて来年ちゃんと産んで下さい。



「ガンダムビルドファイターズ」、ママすげえ。さすがマリュー艦長と中の人が同じなだけあります(関係あるのか?)。
チナちゃんはまだまだこれからですよ、きっと(私服の時にそれなりに見えるのは、盛っているとか??)。

…アプサラスとかデストロイを、HGでもいいからプラモ化して欲しいんですが、無理かなぁ。
クシャトリヤが出せたんだから、イケるハズ。
需要あると思うんだけどなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

やっぱりちっこい…

テリミトラ三元交配品種(ヌダ×クリニタ×キアネア)の葉が大分伸びてきました。

DVC00904.jpg

現在20cmほど。
テリミトラ属は一枚しか葉が出ないため、コイツを大事にしなければなりません。

開花見込み株とのことなので、このまま順調に行けば来年の春には爽やかなブルーの花を咲かせてくれるでしょう。

最近、夜間から朝方にかけては随分と冷え込む様になりましたし、そろそろ室内にしまわないとなぁ。

あ、ブルーアマリリスも外に出しっ放しだ…。


この時期になると元気になってくるのが、クリスマスローズこと、ヘレボルス属。

DVC00907.jpg
晩夏に葉が枯れたピンクアイスにも、ようやく芽が出てきました(すげー見辛いですが)。

殆ど花が終わった状態で入手して、ピークの状態を見ていないため、今シーズンの開花にとても期待しています。


スライヤル島産ギラファノコギリの最後の♂が羽化しました。

DSCF5010.jpg
2000ccのビンで飼育していましたが、やはりこんなアゴ。

DSCF5011.jpg
75mmほど。

これでもこの代では最も大きな個体。
デカいビンに入れてギラファが75mmにしかならないって、ちょっと凹みます。
ウチではギラファよりもオオクワの方がデカく羽化してるだなんてw

♂親のサイズは何mmだったかな?と過去記事を読み返してみると、ピッタリ同じでした。
もう小型でしか羽化しないのか…?


ようやくプリンカップやら生オガ発酵マットを購入してきたので、割り出しやマット換えが出来そうです。
まずはヤエコの割り出しでもするかなぁ。



「チューボーですよ」、次のアシスタント全く可愛くねぇな。「不倫は文化」の娘か。番組名にも「新」が付いたのは何だか打ち切りフラグの様な気がします。

つーか、枡田絵理奈さん寿退社でもすんの?番組改変期でもない中途半端な時期に降板って、それしか考えられないんですが。
堺正章の餞の言葉もそんなニュアンスだったしなぁ。
TBSで一番好きだっただけに残念です。

それにしても、後任は吉田明代さんとか古谷有美さんあたりで良かったのになぁ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

停滞中

書くのを忘れていましたが、先週にユリの球根を植えました。

DVC00887.jpg
スカシユリ「ライオンハート」(上)とリリウム・ドゥカートレイ

「ライオンハート」は3つ届いたので、2つはすぐに玄関のプランターに植えました。
画像の球根は鉢に植えて芽が出たら園芸好きの叔母にプレゼント予定。
黒地に黄色い縁取りの入った花を咲かせる、勇ましいイメージの品種です。

ドゥカートレイは中国原産の、白地に紫がかった細かいスポットを散らせた花の咲く原種。

かなり美しい原種ですが、なかなか入手が難しく、今回手に入って非常に嬉しいです。
球根が小さいので恐らくまだ咲かない様な気がしますが(元々こんなものなのかも知れませんけど)、花を間近で目にする日を楽しみにしています。

テコフィレア・キアノクロクス「ライヒトリニー」もついでに植えることに。

DVC00886.jpg

なんか球根すげえデカい。
テコフィレアなのに3cmくらいあるなぁ。
ウチのブルー一色のキアノ、開花株でも直径2cmあるかどうかなのにw

DVC00885.jpg

左からドゥカートレイ、「ライヒトリニー」、「ライオンハート」。
どれも立派に咲いて下さい。


ミンダナオパリーを再セットしました。

DSCF5009.jpg

今度は無精卵産んでくれるなよ!
というかコレでダメなら打つ手ナシだなぁ。


やるべき作業はたくさんあるのですが、割り出しやろうにもプリンカップが無かったり、エサ換えしようにもマットが無かったり(ガス抜き中)、菌糸が無かったり(詰めて菌糸が回るのを待っている最中)で、ちょっと停滞中。
日曜までカップすら買いに行けないしなぁ。もどかしい。



大江麻理子さん、やはり「WBS」のMCか。
嬉しいですが、森本智子さんが代わりに番組降ろされそうなイヤな予感がする。
役職が上の森本さんが今まで通りサブとか、多分無いよなぁ。
大江さん、森本さん、相内さんの3人体制が良いんですが…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ダイスケイ&ミンパリ、ペアリング

また夜勤明けに園芸店を2軒はしごしてきました。

1件目にて。

DVC00899.jpg
パンジー「エンジェルタイガーアイ」

この類いではあまり目にしない、奇抜な柄がツボに。
そう新しい品種ではないようですが、初めて見ました。

この前購入したビオラに交配してみましょっと。


DVC00898.jpg
ポリキセナsp.

同属のコリンボーサによく似た花ですが、葉は針の様に直立しています。
売り場ではまだ開きかけの蕾でしたが、帰宅してみると2つとも開花していました。

2件目。
いつもの山野草店さんで、新たにカタログを発行した様なので貰いに。

DVC00897.jpg
ヘレボルス・チベタヌス

花芽付きのものがこのお店のネット通販に出品されて気になっていたのですが、速攻で品切れになっていました。
んで、在庫がまだあることを期待して訊いてみれば、やっぱりあるとの事で、購入。

DVC00896.jpg

しっかり花芽が付いていますね。
これなら咲くでしょう。
オーナーさん曰く、「ネットに出してたヤツより良いかも?」との事w

色々お話を伺っていると、「こんなのもあるよ」とバックヤードから出して頂いたのが、

DVC00895.jpg
ヘレボルス・クロアチクス・ダブル

現地採集株由来のもので、混じりっ気のないホンモノ。
親株はもちろん、その兄弟も全てダブル(八重咲き)で咲いているそうで、これは期待できます。
相場よりも相当安く、私を含むその場にいたお客さん3人全員が購入していました。

やっぱり直接行くと良い事ありますねw


ギラファ・ダイスケイのもう1♀もペアリング。

DSCF5008.jpg
あまり♀が古くならないうちにセットしないとまた産まなくなるので、早めに使いたいものです。


ミンダナオパリーも再ペアリング。

DSCF5007.jpg
この前セットした♀が、案の定というか、しっかり無精卵を産んでいたため、掘り出しました。

やっぱ不完品♂はダメかぁ。
今度は野外♂との交配なんで、産んでくれるでしょう。

もう1♀ペアリングする予定だったんですが、残念ながら死亡しており、1セットしか組めなくなってしまいました。
好きな亜種ではあるんですが、どうも相性悪いなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット