西ジャワ亜種、菌糸換え

パリーオオクワ西ジャワ亜種の菌糸ボトルが2つ、こんな状態になっていたため、慌てて交換。

DSCF4554.jpg
これはマズい。

DSCF4555.jpg
こういう暴れ方をするのは中途半端なサイズの♂かな?と予想していましたが、意外にも両方とも♀。

DSCF4556.jpg
また800ccの菌糸ボトルに投入しておきました。

DSCF4557.jpg

♂のも交換したいなぁ、と投入後2ヵ月半ほど経ってやや劣化した、♂が入っていると思われるボトルを1つ見繕って、開けてみることに。

DSCF4558.jpg
ありゃ?これも♀か…(♀斑出ているの、分かりますかね?)。

こちらも800ccの菌糸ボトルに。

♂のエサ換えの方が楽しいんだけどなぁ、残念。


ヤモリ2号こと、ヒョウモントカゲモドキ「スーパーマックスノー」ですが、ちょっとふっくらしてきたかも?

DSCF4561.jpg
買ってきた時よりも、特に尻尾が太くなった気がします。

DSCF4563.jpg
毎日コオロギやってるからかな?

この缶詰のコオロギ、初めてエサやりするときに「ヤバい、デカ過ぎて食べられるかどうか分からん!と」少々焦ったのですが、心配とは裏腹に与えた瞬間、速攻でかぶりついていて、杞憂に終わりました。

もっとでっぷり太ってくれいっ!



「貞子3D」があまりにもつまらないので驚愕しました。
後半バイオハザードじゃないか。リッカーみたいになってましたが、貞子を何だと思っているのかとw
なんというか、ホラーってのは相手の得体の知れなさこそが恐怖なのであって、鉄パイプで物理的な干渉が可能だったらただのクリーチャーでしかなく、それはもうホラーではなくパニック映画のカテゴリーでしょ(見ていて何だか「IT」を思い出しました。前半は最高なんですけどね)。
続編の公開に合わせた宣伝とはいえ、これじゃセルフネガキャンにしかなっていないんでは?とすら思います(これ見た後、3D2を見る気はしませんよね?)。
1800円払って劇場で見たヒトは、怒り狂って良いレベルですよねえ…。



竹内由恵さん、「Mステ」を来月いっぱいで卒業か。
ゲストで誰が来てもルックス的に敵わない、稀有な司会者だっただけに残念です(&超ミニスカもw)
残り4回、元気に頑張って下さい。
スポンサーサイト

ブータンクルビ、蛹化

ホムセンにて購入。

DSCF4553.jpg
八重咲きコルチカム

ユリ科の植物で、見本写真の通り、ピンクの八重咲きの花を咲かせます。

玄関のプランターの一角が空いていたので、そこに穴を掘って埋めておきました。
来年の春、開花してくれるといいなぁ。


ブータン・ドロカ産クルビデンスが蛹化していました。

DSCF4535.jpg
最終エサ交換時の体重は23gと25gでしたが、恐らくどちらも70mmをやや上回る程度で羽化すると思われます。

…♀がいないんですよね。
そろそろ探さないとなぁ。


「YG」が後食を始めました。

DSCF4539.jpg

♂は羽化直後に82mmありましたが、やはりコンマ数mm縮んで81mm台になっていました。
ちと残念ですが、まぁこんなもんか。

♀は51mm、48mmの2頭が羽化。
来年ブリードしますかね。



帯状疱疹、だいぶ良くなってきて一安心。
とりあえず患部から水泡は消え、見ても吐き気を催さなくて済む様にはなりました。
まだ赤みは無くなりませんが、カサブタに変わってきているため、来週中には完治しそう。

…コレ、主にストレスで体の免疫力が下がった時に発症するらしいんですが、罹ったのはお盆休みの最終日。
よっぽど仕事行きたくなかったんだな、私。そこまで苦痛に思ってたのかw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ミシマイオウノコギリ、また孵化

お盆休み中に購入して、しばらくそのままだった球根を植え替えました。

DSCF4550.jpg
ナルキサス・ブロウソネティー(左)&ヒガンバナ「球磨川」

DSCF4551.jpg

掘り出してみると、こんなカンジ。
右の「球磨川」は根が動き出しているようですね。

DSCF4552.jpg
2つとも、赤玉土・鹿沼土・軽石の配合で4号ラン鉢に。

ブロウソネティー(フランス人名由来なので、ブルソネイの方が発音的には近いかも?)はスイセンの仲間なのに副花冠が退化した、異質な白い花が咲き、「球磨川」は八重咲きの豪華な花が付いたりと、どちらも開花した姿はなかなか見応えがあります。
上手くいけば今秋に咲いてくれるハズ。楽しみですねぇ。


卵で回収したミシマイオウノコギリがまた孵化していたので、エサ換え。

DSCF4546.jpg
下の個体は孵化したばっかりっぽいですね。

DSCF4547.jpg
2齢の個体は800ccボトルに、他は250ccカップに生オガ発酵マットを詰めて投入。

そういえば2セットめにも幼虫が見えているので、そろそろ割り出さなくちゃなぁ。


…またマット無くなっちゃいました。
本来なら一度に2、3袋買いたいんですが、なにぶん重たいマットなんで(ちゃんと袋一杯に詰まっているのは嬉しいんですが)、2袋以上持ち帰りたくないんですよねぇ。
日曜あたり買いに行こうかな。



今週のジャンプ、「暗殺教室」にホワイトアイのミヤマクワガタなんてのが出てて驚きました。
この作者、前作の「魔人探偵脳噛ネウロ」にも妙にリアルなマダラカマドウマを描いていたことがありましたが、昆虫好きなんだろうか?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

臥蛇ノコ、割り出し

ヘレボルス・ムルティフィダス・ヘルツェゴビヌスの葉が枯れてしまいました。

DSCF4531.jpg

もちろん時期的なもので、地下にある根茎に問題は無いのですが、サイズの割に切れ込みの多い、優良な株のため、もうちょい長くその姿を楽しみたかった。
次に出てくる葉は更に立派になってくれると良いなぁ。


一方で、速攻で葉が落ちて休眠するかと思いきや、いくらか焼けはしたものの、葉を保ったまま夏を越してくれそうなのがこちら。

DSCF4530.jpg
ティンカーベル×アトロルーベンス

交配親はどちらも夏場は葉が落ちやすいもので(ティンカーベルはトルカータスハイブリッドの八重咲き)、まさかこの時期まで葉が付いているとは意外でした。

コレ、どんな花が咲くのか、気になって仕方ない株なんですよね。
早くてもあと2年以上はかかりそうなカンジですが。


臥蛇島産トカラノコギリを割り出しました。

DSCF4540.jpg
ケース底は既にこんな状態。

DSCF4541.jpg
まずマットから15頭。

DSCF4542.jpg
材からも…

DSCF4544.jpg
3頭+卵1つ。

DSCF4545.jpg
幼虫18頭は全て、いつも通りに生オガ発酵マットを詰めた250ccカップに。

卵は孵化するかどうか分かりませんが、60ccカップにセット内のマットを詰めて保管。

これは1セットめ。
同じ♀で2セットめも組んであるのですが、そちらからも既に幼虫が確認できているため、上手くいけば計30頭前後は採れそうなカンジです。

…どうすっかコレ。こんなに飼いきれん。
累代進み過ぎて産まなかったり、孵化率悪いって聞いていたから、マジメにセットしてたらフツーに産んだなぁ。

とりあえず何頭かは、最近こちらの世界に戻ってきたアノ人に渡しておくかw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

スペクラリス、羽化

イリス・クマオンエンシスの葉が枯れたなぁ、と思っていたら、また出てきました。

DSCF4529.jpg

しかも2ヶ所から!
殖えてくれたみたいですね。
そのうち株分けしましょっと。


確か同時に購入した、ムカデランはこんな状態。

DSCF4532.jpg

パッと見、入手時と全く変わらず。
生長遅そうだしなぁ、コレ。


スペクラリスノコギリが羽化していました。

DSCF4536.jpg
幼虫回収時に3齢も混じっていたとはいえ、4月の割り出しからあっという間の羽化でしたね。

DSCF4538.jpg

♂は今のところ2頭ですが、カワラに入れた1頭がもうちょいで羽化するので、3頭になる予定。
独特の大アゴの形状が好き。

DSCF4537.jpg
♀。

こんなに大量にはセットしませんが…。

この世代でもう累代はF8になります。
意外と累代に強いっぽいな、この系統。



土曜は夕方から仕事だというのに、朝っぱらからまたお台場に行き、フジテレビ7F屋上庭園(驚いたことに、ここでもアカボシゴマダラを目撃しました)にて侑里ちゃんとめざましじゃんけん。
2年ぶりに生で見ましたが、やっぱメチャクチャ美人だなこのコ。頭ちっちゃくてスタイルも抜群で、完全無欠だと思う。
じゃんけん自体は私はしょっぱなからあいこで脱落(負けとあいこはそこで終了)。そういやこの前のミタパンのときも同じだったな…。

終わって地上に降りると、アナウンサー体操リレーをまだやっていたので途中参加(じゃんけんと同じ、9時半スタートなんですよね)。
担当は斉藤舞子さんと内田嶺衣奈さんでしたが、新人の内田さんがテレビで見るより随分と可愛かったのが意外でした。

その後、神田愛花さんらによるトークショーもあったのですが、勤務時間(というか、その前に仮眠しないとムリっぽかったため)の都合で観覧は断念して家路へ。
色紙千尋さんを見たかったのに、残念でした。


忙しかった昨日とは裏腹に、今日は朝の「スーパーヒーロー大戦」を見てから(酷いクソ映画でした。劇場に観に行かなくて良かった)ぐっすり眠り、目が覚めると夕方18時。
帯状疱疹で脇腹と背中が痛むのでムリして出かける事も無く、何とも勿体ない休日を過ごしましたとさ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

対馬アカアシ、羽化

伊豆大島産ヒラタをペアリングしました。

DSCF4506.jpg

以前、京四郎さんに頂いたものなんですが、♂が53mmほどと結構大きいのに♀がちっこいため(23mmほど)、ちゃんとペアリングできるか不安で、何となく先延ばしになっていました。

物理的に(サイズ的に?)、♂の交尾器が♀に挿入可能なのかすら疑問ではありますが、まぁやってみるしかないか。


対馬産アカアシ、ようやく♀が羽化しました。

DSCF4507.jpg
Uマットで飼育していたら生長不良になってしまい、菌糸に投入し直してようやく羽化したものです。

DSCF4509.jpg
ペア完成!

♂は最初から菌糸で飼育して、随分前に羽化していました(46mm)。

地味に得難い産地のアカアシですし、しっかり累代しないとマズいですね。
親の野外品を渡して下さったT氏に、次世代で50mmUPのデカいのを見せつけたいところです。

…次は最初から全部菌糸入れましょっと。



「WBS」、森本智子さん家のワンコ、もこもこでカワイイな。
しかし犬がいるとガードが緩くなるのか、番組EDではまさかのサービスショットを披露してしまっていました。
…分かっちゃいましたが、あまりにも平べったいなぁ。もうちょい肉付けた方が良いんではなかろうか?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

高知ミヤマ、順調?

高知県産ミヤマクワガタのマット換えをしました。

昨年2Cさんが採集して、送って下さった♀からのF1です。

DSCF4514.jpg
♂。

800ccボトルに投入していましたが、ちゃんと育っていました。
あ、下の1頭だけちっこいのは250ccカップのままだったんですケド。

DSCF4516.jpg
大きいのでこのくらい。

ミヤマは幼虫体重が16gあると70mm前後で羽化するらしいですが、ウチのはまだ足りませんね。

DSCF4517.jpg

同じ様なg数のものがもう1頭いたので、それら2頭は1400ccボトルに。
他は今まで通り800ccボトルに、更にいつも通り生オガ発酵マットをやや緩めに詰めて投入しておきました。

まだ白っぽいので、伸びしろはあるかな?
1頭くらい、70mmに達してくれると嬉しいなぁ。

DSCF4520.jpg
♀。

やばい、全部蛹室…。
1頭蛹化しちゃってるし。

活動開始は来年になると思いますが、このままだと完全にペアリング不能ですね。
800ccに投入した、一番ちっこいのを早期羽化させないとマズいな。
ちょっとだけ気温高めの場所に移しておこっと…。



昨日書いた妙な湿疹、皮膚科で診てもらったところ、帯状疱疹でした。
予想はしていたんですが、やっぱりか~。
とりあえず抗ウィルス剤や痛み止め、軟膏を処方してもらいました。

実のところ、特に痛みは無いのですが、見た目がなぁ…。
私自身もドン引きするくらいグロい。
今のところ左脇腹~背中と、目に触れない場所なのでまだ良いのですが、顔面に出たりなんかしたら外歩けなくなるなぁ。
これ以上悪化しないことを祈るばかりです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

頂いちゃいました・その2

部屋にしまい込んでおいたミヤマオダマキ「恵庭八重」ですが…

DSCF4497.jpg
光の当たらない下の方の葉っぱは枯れてしまったのでカット。

DSCF4499.jpg
根元からしっかり2つに殖えていました。

秋の植え替えの際には株分けできそうですね。
園芸好きの、母方の叔母にでもあげようかな。


今日はホノホシさんから頂いてしまいました。

DSCF4525.jpg
P. pseudodissimilis 西表島 野外品 

と、

DSCF4526.jpg
D. japonicus 徳之島 伊仙町 F1

ヤマトサビは昨年ホノホシさんが採集した野外品からのF1で、交尾済みの♀になります。


さっそくセット
…と思ったら材やMaxマットの在庫が底をつく寸前だったため、やむを得ずHR-1でのセットに。

DSCF4528.jpg
ヤエヤマノコのセット。

Maxマットをガチ詰めにしてあります。
材はありませんがノコギリですし、マットのみでも産んでくれるでしょう。

DSCF4527.jpg
ヤマトサビ。

こちらは材必須なので、辛うじて残っていた細いナラ材を埋めてあります。

ホノホシさん、今日はわざわざ連絡頂いてありがとうございました。
貴重なモノも見せてもらっちゃいましたしね。



あ~あ、連休終わっちゃいました。
何でか休みの終盤になって体調を崩してしまいまして、今日など着替えるのにシャツをめくったら、左脇腹の広範囲に妙な湿疹が出来ていて、ビビって近所の薬局にフルコートを買いに走ってしまいました。
軽くカラダもダルいし、休み明けの出勤初日はツラそうだなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

頂いちゃいました

昨日、グッズさんにお邪魔したところ、たまたま仕事帰りのTSUYOさんとエンカウント。

久しぶりにマニアックなクワガタトークをw

んで、こんなお土産も頂いてしまいました。

DSCF4510.jpg
P. inclinatus kuroshimaensis 黒島 櫓岳 F5 4exs.

言わずと知れた、恐らく本土ノコギリとしては最も見栄えの良い亜種ですね。

以前にも飼育していましたが、♀が羽化せずに絶やしてしまったため、非常に嬉しいです。
TYUYOさん、本当にありがとうございます。


帰宅して、早速エサ換え。

DSCF4512.jpg
初齢&2齢。

DSCF4513.jpg
生オガ発酵マットを詰めた800ccボトルに投入。

本亜種らしい、カッコ良い成虫に育ててやりたいですね。


そうそう、グッズさんではコレを購入。

DSCF4511.jpg
D. thoracicus ボルネオ島 サバ州 クロッカー山脈 CBF1 3exs.

こんなにマニアックなムシをブリードしているのはSさんくらいですねw
20頭以上入荷していましたが、実際はどんだけ幼虫採れたんでしょうか?
難易度高いのに、さすがだなぁ…。

カワラに投入するのがセオリーなのでしょうが、初齢を投入するのは何となく怖いので、もうちょい育ってからにします。



「めざど」、収録済みのVなのに、侑里ちゃんのサービスシーンをそのまま流すとはやるなぁ。モロに見えてたぞ。
でも、ジャパンダフルはせめて女性陣限定にして下さい。佐野さんとか誰得だよ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

小宝島ヒラタ、セット

ペアリングしていた小宝島産タカラヒラタをセットしました。

DSCF4505.jpg
コバシャ小にナラ材埋めの、いつものセット内容。

メイトガードを確認しているため、交尾は完了しているハズ。
希少な産地ですし、一度絶やしてしまっているので今度は成功して欲しい。


ヒョウモントカゲモドキのケージ、昨日はとりあえず、余っていた流木(以前アクアで使っていた小さいもの)をシェルター代わりに入れて、こんなカンジにセットしていました。

DSCF4500.jpg
保湿と、水飲み用に水苔を浸けたプリンカップも。

どうも体が剥き出しになっていると落ち着かないイキモノらしいので、今日、ちゃんとシェルターを買ってきました。

DSCF4503.jpg

陶製で、上の窪みに水を入れると全体に水分が染み渡り、湿度が保てる優れもの。
余ったミズゴケも入れておきました。

DSCF4504.jpg
で、ケージに投入。

このあと、ちゃんとシェルターに潜っていきました。
気に入ってくれたかな?

そういえば、エサは缶詰のコオロギを与えることにしました。
生きてるヤツは鳴いて煩いですし、脱走の可能性が非常に高いのでボツ。
カルシウム剤をまぶしてピンセットで目の前に持って行ったら、さっそく食べてくれました。
レオパは幼いうちにしっかり食わせないと生長不良になってしまうそうなので、クレステッドゲッコーよりも頻繁にやらないとなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット