キンオニ、割り出し

バラ「サマーレディ」が元気に咲き続けています。

DSCF4176.jpg

気温が上がるにつれて、他のバラはあまり良い花をつけなくなってきたため、最近は蕾を摘んでいるのですが、この品種だけは変わらず大きな花を咲かせています。
丈夫な品種って良いですね。


イオクロマ・オーストラレが結実していました。

DSCF4137.jpg

当たり前っちゃ当たり前ですが、フツーに自家受粉するんですね。
これも蒔くのか…?


キンオニの1セット目を割り出しました。

DSCF4160.jpg

ちゃんといますね。
結構嬉しい。

DSCF4162.jpg

卵も7つ回収。
ちゃんと孵化してくれよ!

DSCF4164.jpg

幼虫はマットから16頭出てきました。
材は全くの手付かず。

DSCF4166.jpg
加齢している7頭は250ccカップに生オガ発酵マットを詰めて、

DSCF4167.jpg
まだ初齢の9頭はセット内のマットを60ccカップに詰め、投入しました。

この前セットした分も、このくらい産んでくれるといいなぁ。



「ドキドキプリキュア」の次回サブタイで笑ってしまいました。
「愛を取り戻せ!プリキュア5つの誓い」って、北斗の拳(主題歌)+帰ってきたウルトラマン(ウルトラ5つの誓い)かよwと。
これは確実に狙っているな。

「ドキプリ」は幼女向けとは思えないほど設定が妙に凝っていたりする(妖精の名前の由来がトランプの絵札の人物名だったり、幹部の名前が七大罪に由来していたり、その他色々)ので、大きなおともだちの視聴者をしっかり視野に入れているのでしょう(以前からかw)。

…あぁ、新キャラ出たからまた姪っこに玩具ねだられるな。
変身アイテムと武器とでいくらすんだろ…?


「ウィザード」は仁藤のフランケンシュタイナーが良かったですね。
ライダーダブルキックもまさか生身でやってくれるとは思ってもみませんでした。

メイジのデザインがなんかテキトーだなぁ、と思っていたら量産機的な扱いなんですかね。
せっかく久しぶりの女性ライダーなのになぁ。



高見侑里さん、おたおめ!
これからも癒しの笑顔をお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ミンパリ、イマイチか?

ミニカラーが随分大きくなったなぁ、と眺めているとなんだか違和感…。

DSCF4173.jpg
よく見ると、左側の葉っぱは昨年植えたパイナップルリリーでした。

DSCF4174.jpg

てっきり冬の寒さで枯れたかと思っていたのですが、耐寒性ちゃんとあったのね。
それにしてもいつの間に…?

DSCF4175.jpg
花芽かな?

今年も面白い形状の花が楽しめそうですね。


ミンダナオパリーの♂が蛹化していました。

DSCF4168.jpg
放置気味だったため、大歯型になってはいるものの、70mmもなさそうだなぁ。

DSCF4170.jpg
これでも♂。

♀かと思い、プリンカップで飼育していたらこんな姿に。

う~ん、大きいの出そうと思ってはいたんですが、飼育種が多すぎてなかなか手が回りませんね。
少し絞らないとなぁ。


「YG」、羽化していました。

DSCF4171.jpg
外から定規を当ててみるに、80mmはちゃんと超えている模様。

現在は後翅もしっかりたたみ、腹部が収まるのを待つばかり。
私が飼育しても80mmを超えるオオクワってすげえなぁ。


今日、気まぐれで訪れた熱帯魚店に、安価でヒョウモントカゲモドキの「スーパーマックスノー」が売っていて、メチャクチャ悩んでしまいました。
レオパやるならこの品種、と以前から欲しかったんですよねぇ。
今日のところは飼育環境も何も準備がないので、大人しく帰ったのですが、今度買いに行っちゃおうかなぁ。
爬虫類ってハード面整えてからでないと飼育できないんで、なかなか衝動買いってワケにもいきませんね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

スライヤル、エサ換え

黒いペチュニア2品種が咲いています。

DSCF4138.jpg
一重の「ブラックベルベット」に、半八重の「ジュリエット」

ジュリエットの方が小柄ですね。

DSCF4140.jpg
ただでさえ不気味な雰囲気漂う黒ペチュですが、ジュリエットは花弁が多い分、さらに妖しい魅力が増しています。

来年あたり、大輪の完全な八重咲き品種が出そうだなぁ。
あったら、きっとまた買ってしまいますね。


250ccプリンカップに入れていたスライヤル島産ギラファノコギリをエサ換え。

DSCF4154.jpg
2ヶ月ちょいで、もう全て3齢になっていました。

5♂♂3♀♀かな?

DSCF4156.jpg
♀は全て800ccボトルに。

DSCF4157.jpg
♂は2リッターから800ccまでテキトーに。

羽化ズレ対策で、ちっこいのも作らなければなりません。

2つ回収した卵のうち、片方は孵化していました。

DSCF4155.jpg
Maxマットで管理していたため、まだ初齢後期。

DSCF4158.jpg
とりあえず800ccボトルに。

今回のエサ換えは全て生オガ発酵マットを使用しています。

どれもしっかり羽化して欲しいものです。



鳩山、あれは立派な外患誘致罪ではないのか?
初の適用者にしてくれよ、本当に。

ポツダム宣言に触れておいて、サンフランシスコ講和条約をスルーするのは汚いよなぁ。
知らないハズがないでしょうに。

…あいつ本当に日本人か?
そんなに中国が好きなら移住しろよ。んで、二度と帰って来んな、とすら思います。

ニュース見てて、久しぶりにキレちまったよ。
屋上に行きたい気分です。

何が目的なんだかなぁ。
母親死んで、カネなら腐る程持ってるから買収されたとも考え難いですし、キチガイの思考は理解不能ですね。


…誰だあんなのが党首やってた政党に投票したのは?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

アドゥンクス、羽化

いつもの山野草店さんにて購入。

DSCF4144.jpg
ヤマアジサイ「九重山」

やっぱりこの時季はアジサイでしょ!

でも、ウチではデカくなるのは置けないんで、小型のヤマアジサイをチョイス。

DSCF4145.jpg

爽やかなブルーの萼片は勿論キレイですが、葉にも散り斑が入って、更にお得感。
花が終わってからも目を楽しませてくれますね。

と、実はヤマアジサイはお買い物のついでで、本命はこちら。

DSCF4146.jpg
アリストロキア・セルペンタリア

ウマノスズクサ科の植物で、この科には珍しく、蔓を伸ばさず、直立した20cmほどの茎に葉を付けます。
花の珍妙さと、容易に殖えるらしいと聞いて興味を持ち、そういえばこのお店の在庫リストに載っていたな、と思い出して買いに走りました。

そろそろ開花時季っぽいので、咲いたらまたアップしますね。



アドゥンクスフタマタ原名亜種が羽化しました。

DSCF4149.jpg
が、♂はこのちっこいの1頭のみ。

なまじ幼虫が沢山採れたもんで、調子こいてあちこちにペアで渡していたら、大量の♀を抱えるハメに(元々♂が少なかったっぽいですね)w

DSCF4148.jpg
とりあえず手近にいた♀。

棚の奥の方にまだ10頭くらいいます。
そんなに♂は使い回しできないぞ…。

とりあえず2セットは組む予定。
♀も3頭目以降はペアリングしたところで、無精卵ばかり産ませることになりそうな気がします。



ふと思ったのですが、当ブログに植物ネタの検索結果で訪問頂いた方々に、お目当てのお花の記事のすぐ下にムシやら幼虫やらの(一般的に)グロ画像を見せつけるのは、殆どブラクラに近いかも知れませんね…。
よく考えてみれば、ブログのタイトルからして内容がよく分からんしなぁ。そりゃ地雷踏むわ。
普通の、キレイなお花好きな主婦さんなんか、絶叫モノかも?

まぁ、何でもアリなのも持ち味かな、とも思うので、特に変更する気もないんですけどね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

キンオニ、2セット目

去年購入したアガパンサス・アフリカヌス「ビッタートゥス」ですが、今のところ花芽は確認できず。

DSCF4125.jpg

元々、開花期がやや遅めの品種なんだそうですが、外を歩くとあちこちのお宅の庭や玄関先でアガパンサスが立派に開花しているのを見ると(派手なので目立ちますよね)、ちゃんと咲いてくれるのか不安になります。

株自体は根茎もぶっとく発達していて、十分フラワリングサイズっぽいんだけどなぁ。


数日前、先月羽化したキンオニをペアリングしました。

DSCF4121.jpg
♀の後食が遅れていたため、今頃のペアリング。

通常、羽化後2週間かそこらでエサを食べ始めるハズなんですけどね。


交尾がしっかり確認できたんで産卵セット。

先月組んだ、もう1セットのケースに幼虫が見え始めているため、2セットめも同じ内容で組みます。

DSCF4128.jpg
コバシャ小に、Maxマットでナラ材を埋めておきます。

やはり♂は同居させたままで。

DSCF4129.jpg
ん~、キンオニはいいねぇ。

沢山産んで下さい。



「めざど」、初っ端からももクロでちょっとビビりました。
テンション高すぎるよw

しっかし占いの読みがグダグダ過ぎてヒドかったw
そこはももクロでは無く、普通に侑里ちゃんで良かったのになぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

今度は別産地

仕事帰りの深夜1時半過ぎに採集に行ってきました。

毎年行く、近所の定番ポイントにて。

DVC00854.jpg
♂はコレ1頭のみで、あとは♀ばかりやたらとたかっていました。

今年は御神木の樹液の出がやたら良い様で、去年まで出ていなかった箇所からも勢い良く噴いています。
毎年、「そろそろ終わりじゃなかろうか?」と心配しながら見に行くのですが、まだまだこのポイントはイケそうですね。

…7~8m上の樹皮めくれにノコの大歯型がいましたが、網が届かないので断念。
木が太いもんで、ライダーキックをカマしても全く揺れないんですよね。

なので、採集と言いつつもお持ち帰りはナシ。
また今度来よっと。


ポイント傍の電柱で蠢く、怪しい物体。

DVC00853.jpg
アオダイショウが絡みついていました…。


ティーノさん採集のダイトウヒラタがまた羽化していました。

DSCF4107.jpg

こちらは池之沢産ではない方の産地。
幼虫で頂いたときのままの状態で羽化しているため、33mm程度とごく小型。

同じ産地のもので、800cc菌糸ボトルに投入した個体が蛹化しました。

DSCF4122.jpg

この前羽化した池之沢産よりも大きそうなので、45mmくらいはあるかも?
歯型に本当に変化が見られるのか、羽化が楽しみです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

フォルフォル、ちっちゃいの羽化

アガパンサス「セナ」を植え替えました。

DSCF4115.jpg
根鉢をあまり崩さない様にビニールポットから引き抜き、

DSCF4116.jpg
いつもの赤玉土・鹿沼土・軽石の配合に、刻んだミズゴケをプラスしておきました。

DSCF4118.jpg
5号プラ鉢へ。

ウチの近所でも何軒かアガパンサスが満開になっているお宅があるので、負けずにしっかり咲いて欲しいものです。


430ccカップに投入したフォルスターフタマタ原名亜種が羽化していました。

DSCF4106.jpg

狙い通り、早期羽化してくれました。
羽化ズレ防止が目的のため、サイズは二の次ですw

♀は…?
と見てみると、全て蛹でした。
♀は全部800ccに投入したもんで、それなりのサイズになっている模様。


ダイトウマメのセットがこんな状態に。

DSCF4102.jpg
壁面に見えるだけで15頭ほどいました。

成虫サイズの割には幼虫がデカい気がします。
繭玉っぽい蛹室を作るので、その際にネブトやマルバネの様にだいぶ縮んでいるんでしょうね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ブータンクルビ、エサ換え

アガパンサス「セナ」を購入。

DSCF4112.jpg
黒みがかった花茎に、濃青色の花を咲かせる品種だそうです。

DSCF4113.jpg

売り場に1つだけ花芽のついた株があったので、それを選びました。
開花が楽しみ♪


ブータン産クルビデンスの菌糸換えをすることに。

DSCF4092.jpg
奥の2つはもうヤバいな。

DSCF4093.jpg
2リッタービンに投入の♂。

前回エサ換え時に19gだったもので、若干の伸び。

DSCF4094.jpg
1400ccボトルの♂。

こちらは前回22gで、やはり微増。
30gなんてとてもウチでは出そうにないなぁ。

800ccボトルの個体は2月から全く様子が変わらないので予想はしていましたが、やはり死亡。
元々虚弱っぽかったんですよね。


DSCF4095.jpg
23gの方は1500ccに、25gのものは2リッタービンに、それぞれ投入。

75mmくらいにはなって欲しかったんですが、ちょっとムリっぽい。

♀がいませんが、割と出回っている産地(サムチ州ドロカ)のため、探せば見つかるでしょう。
妙な産地だと、雌雄が偏った際に難儀するんですよね。

もっと追加が欲しい

ヒューケラ「ハリウッド」が、ベランダの隅でひっそりと開花。

DSCF4074.jpg
4年くらい同じ鉢に植えっ放しで、ロクに管理もしていませんが、それでも毎年しっかり咲いています。

DSCF4075.jpg
ちっこくて可愛らしいですね。


パリーオオクワ西ジャワ亜種の卵が孵化していました。

DSCF4096.jpg

メチャクチャ嬉しい!
とりあえず2頭ですが、追加で孵化してくれるかな?

DSCF4098.jpg
800cc菌糸ボトルに投入。

これで5頭か…。
もっと沢山欲しいなぁ。


ニジイロ「翠」をエサ換え。

DSCF4099.jpg
もともと4頭しか採れなかったのに、さらに1頭落ちていました…。

まぁ、1♂2♀♀になったっぽいので、これ以上死亡しなければ累代はなんとか続きそう。

DSCF4100.jpg
こちらも800cc菌糸ボトルに投入。

しっかり育って下さい。



「超電磁砲」、麦野こええよw
小清水さんさすがだなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

黒化産地、羽化

アモルフォファルス・インプレッサスがこんな姿に。

DSCF4080.jpg

地上部分で1mほど。
こんなデカくなるとは…。

DSCF4081.jpg
葉っぱはまだ展開途中?

DSCF4083.jpg
茎には不気味な斑点が…。

支柱が必要なほど巨大化するとは思いませんでしたね。
しっかり栄養を蓄えてもらって、そのうち開花して欲しいものです。


三重県某所産ノコギリが羽化しました。

DSCF4089.jpg

66mmほど。
800ccボトルに生オガ発酵マットでも、本土のものならやはりこの程度にはなりますね。

黒化型がよく採集される産地のF2なのですが、この個体はこれから黒くなってくれるのでしょうか?

DSCF4091.jpg

♀は真っ黒(フラッシュ焚いてます)。
祖母にあたる野外♀もこんなカンジでした。

何がマズかったのか、♂が前蛹で3つほど腐ってしまったのが残念。
あと3つ蛹がいますが、どれか真っ黒なのが出てくれるといいなぁ。



大島、お前もか!
とユリウス・カエサル的に嘆かずにはいられません。
売り出し中にそんな事してる場合かなぁ。
まぁ、芸人・野球選手・大手広告代理店勤務・パチ屋以外ならまだいいか。