既に羽化していました

ミニカラー、咲きました。

DSCF3974.jpg
純白の花色が爽やかですね。

DSCF3975.jpg
同じくサトイモ科で仏炎苞をもつ、ウラシマソウの類とは全く雰囲気が違います。


800cc菌糸ボトルに投入したあと、殆ど食痕が出ずに不安になっていた「YG」の♀を、確認のため掘ってみました。

DSCF3977.jpg
…既に羽化してるじゃん!

ボトルの表面から、1ヶ所だけ菌糸が黒ずんでいるのが見えてはいましたが、ちょうどそこに蛹室を作っていた模様です。

サイズは48mmほど。
「YG」としてはやや小柄な部類でしょうか?
親♀が53mm台ですし、この前K氏が54mm以上の♀を羽化させていたしなぁ。

幼虫期の体重を確認すると10gちょいと、♀3頭中もっとも小さかった個体なので、この後羽化してくる♀(現在2頭とも、前蛹になっています)は50mmUPになってくれそうですね。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ミシマイオウノコギリ、セットしました

ヤグラオオバコ、3つめの花が咲きました。。

DSCF3961.jpg
なかなかボリューミーです。ちょっとグロい。

DSCF3963.jpg
下からもどんどん蕾が出てきています。

ガンガンに液肥を与えていたおかげかな?


交尾が確認できたので、ミシマイオウノコギリをセットしました。

DSCF3970.jpg
コバシャ小にナラ材埋めの、普通のセット。

希少亜種になりつつある様な気もしますし(原則的に採集禁止で野外品入ってこないしなぁ)、20頭程度は産んでくれると嬉しい。

♂親は小型個体だったため、次の世代は大歯型で羽化させたいですね。



「めざまし」、ミタパン英語ペラペラなんだから、オースティンなんとかの通訳をやってもらいたかったなぁ。
肝心なときにコーナーから外れて、いないんだもん。
しかし今朝もカワイイな。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

累代の危機?

今頃になってクリスマスローズの終わった花や古葉を処理していると…

DSCF3969.jpg
「プチドール」に新しい花が!

蜜腺付いているんで、どう見ても最近開いた花ですよねぇ。
もうすぐ6月になるというのに、こんな事もあるんですね。


レブンソウに蕾らしきものが付いていました。

DSCF3960.jpg

花色は濃い紫のタイプかな?それともピンクか?
何色が咲くのか楽しみ♪


タリアブ島産ヒメヒラタのセットのケース底に3齢幼虫が1頭見えていたので割り出すことに。

DSCF3952.jpg
これがその1頭。

DSCF3953.jpg

マットからもう1頭。
最近こんなパターンが多いな。

…なんだか悪い予感がしてきたのう。

DSCF3954.jpg
材をバラすも、ゼロ。

マヂで2頭だけか…。

DSCF3956.jpg
とりあえず60ccカップにセット内のマットを詰めて投入。

3齢の方は恐らく♂。もう1頭が♀になってくれないと累代が終わっちゃうなぁ。
何とかならんものか。

DSCF3955.jpg
♀親はバラバラになっていましたが、♂親は生存。

ちっちゃいけど、いいムシです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

kazuhisai、再セット

青バラ「青龍」が咲きました。

DSCF3949.jpg
今年もこの花色が見られて嬉しい。

もうちょい閉じた状態で撮影した方が見栄えが良かったかな?


ミニカラーにも蕾が出てきました。

DSCF3943.jpg
年を追うごとにデカくなってきて、ミニとは言い難いサイズになってきた様な…?


パリーオオクワ西ジャワ亜種を再セットしました。

DSCF3922.jpg
今のところ、幼虫3頭+卵8つしか回収できていないので(卵は孵るかどうか分からんので不安です)、もっと追加が欲しい。

この前入荷していた西ジャワ産は本当にkazuhisaiなのか微妙ですし(元々が原名亜種とクライン分布していて、明確な線引きが出来ていない模様。売る側も買う側も分かっていれば問題無いのですが、少なくともアリストはそんなの知らないぞ。無責任だよなぁ…)、何だか本物がますます貴重になってしまったかも知れませんね。
絶やさないようにしないとなぁ。


「YG」、蛹化しました。

DSCF3950.jpg
なんかデカい…(直径15cmほどの2リッタービンに投入)。

DSCF3951.jpg

頭幅も凄いな。こんなの見たことないぞ。
ちゃんと羽化すれば80mm以上は確定でしょう。

ビン底ではなく、いい場所に蛹室を作ってくれたので、蛹は取り出しません。
別に蛹を取り出して体重を量ったところで、その後の管理によって成虫の体長が変化するとかいうワケではないし、死亡や羽化不全のリスクも上がるだけだしなぁ、なんて書くと怒られそうw

とりあえず、後は今まで通り棚の最奥に封印して、7月になったらまた見てみようと思います。



「ガリレオ」、結局柴咲コウ主演でスピンオフ作るのか。
正直、吉高って微妙だよなぁ。役柄がイラつくのは仕方ないとしても、ルックスが…。
無意味に胸盛ってるし(それは関係ないか)。

何かしらの大人の事情でヒロイン交代になったんだそうですが、視聴者としてはやっぱり見栄えのする方を推してしまいますよね。


そういえば実写版「進撃の巨人」のヒロイン?役が剛力だというのは本当だろうか?
巨人役だったら笑えるんですケド。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

死亡かと思いきや…

ユリが玄関で咲き誇っています。

DSCF3940.jpg
オリエンタルリリー「モナリザ」に、

DSCF3941.jpg
スカシユリ

花も見事ですが、香りがハンパじゃないです。
ウチは集合住宅の2階なんですが、階段を上がってくるとすぐに香ってきます。
他の住民からどう思われているのか、少々気がかりではありますケド。


23区内産ヒラタの♂を投入した菌糸ボトルから、2ヶ月以上経っても一向に食痕が見えてこないので、死亡しているのかと思い確認してみると…

DSCF3935.jpg

既に蛹化していました。
時期的に、交換してすぐに蛹室を作ったっぽいですね。

サイズは恐らく50mmそこそこではないかと。
親の野外♂と大して変わらなさそう。

ド真ん中に蛹室作るなら、もうちょいしっかり居食いして、サイズを伸ばして欲しかったなぁ。

♀は何頭か羽化しています。

DSCF3939.jpg

手前の♀、35mmほどあって、とても都内産というか、関東の♀とは思えないサイズです。
イキヒラタとラベルを間違えたのかと思いました。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ミシマイオウノコギリ、ペアリング

ロベリア「アズーロコンパクト」がだいぶ賑やかな姿になってきました。

DSCF3915.jpg

10日前はまだこんなんでしたからね。
これからもっとモコモコになる予定。


母、妹、姪っ子が犬の散歩に行き、帰ってきたと思ったら首に何かが…。

DSCF3925.jpg
シロツメクサの首輪w

特にイヤがる様子もなく、むしろ嬉しそうに見えました。
さすがに家の中では花が散らばってしまうので、すぐに外されてしまいましたが。


ようやく♀が起きたので、ミシマイオウノコギリのペアリングをしました。

DSCF3932.jpg

クロシマノコは意外に飼育者数が多かったりするのですが(アゴの湾曲や赤みが強くて、見栄えがしますよね)、ミシマイオウノコは体型がアレだからなのか、あまり見かけなくなった気がします。

累代もF6と結構進んでいますが、何とか産んでもらいたいですね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

シェンクリング、再セット

こんなカンジにモシャモシャと葉を茂らせているキタダケソウですが、

DSCF3917.jpg
何やら中心に…

DSCF3916.jpg

こりゃ蕾ですね。
おおお、ついにキタぜ!

近縁種のヒダカソウは山野草の即売会にて何度か花を目にしているのですが、本種は実物を見るのは初めて。
これは開花が楽しみ過ぎます♪


昨年、シェンクリングオオクワをセットしたのですが、時季が遅かったためか全く産まず、♀が休眠してしまったんですよね。

DSCF3889.jpg
なので先日から再度ペアリングを行っていました。

とりあえず数日同居させて♀が真っ二つにされなかったため(シェンクはある意味大型ヒラタよりも危険ですよね。毎度緊張します)、交尾完了と判断し、再セットをしました。

DSCF3919.jpg
元通り、コバシャ中にナラ材埋めで。

今度こそ産んで欲しいものです。

DSCF3920.jpg
♂81mm

「大きいコクワ」なんて形容されたりもしますが、実物ちゃんと見て言ってるんかねぇ。
むしろ「スマートなアンタエウス」に見えるんですけど…。
個人的には、所謂オオクワ系で一番好き。
私が飼育しても80mmを超えられるのも良いですね(この♂は購入したものですが)w



やはりゆり・ゆりかコンビは良いな。癒されます。

侑里ちゃんの白いブラウスはうっすら豹柄になっていてオシャレでしたね。
スカートも異様に短く(キュロット?)、キレイな御御足が強調されてグッドでした。


…やべえ、休出・残業ばっかで疲れてるな私。いつもに増してワケ分からん事書いてる。
明日ムシ屋さんか園芸店行こっと。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

新島コクワ、羽化

一週間ほど前に紹介したユリの蕾が開きました。

DSCF3906.jpg
スカシユリ(品種名不詳)

鮮やかなオレンジが陽の光に映えます。


玄関周りで色々咲いています。

DSCF3914.jpg
バラとユリのかほりが漂う玄関。

…集合住宅でコレはちとやり過ぎな感も。
レイアウトとか何も考えずに置いてあるのもあって、ゴチャゴチャしてますねw


セットのまま割り出さず、タコ飼いしていた新島産コクワが全て羽化した様なので取り出しました。

DSCF3907.jpg
ケースをひっくり返すと、ぱらぱらと。

DSCF3911.jpg
♀6頭に、

DSCF3912.jpg
♂1頭って…。

まぁ、累代には問題ありませんけど、ちょっとガッカリ。

TSUYOさん採集の系統なので、絶やさぬようしっかり維持していきたいですね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

う、産んでた…!

バラ「ガブリエル」が咲きました。

DSCF3892.jpg

純白に、中心がうっすら紫がかったカップ咲きは神秘的な美しさ。
爽やかな柑橘系の香りも漂います。


「青龍」もそろそろかな?

DSCF3893.jpg

あの花色は何度見ても見飽きることがありません。
早く開かないかな?


産まなかったらどうしよう、とビビって割り出すのを先送りにしていたパリーオオクワ西ジャワ亜種ですが…

DSCF3898.jpg
会いたかった~ YES! きぃみぃにぃ~♪

ケース底に1頭いたもんで、落ち着いて割り出しw

が、マットからはその1頭のみ。

DSCF3899.jpg
材を齧っているので、今度はそちらを。

DSCF3900.jpg
い、いました。

DSCF3902.jpg
しかしもう1頭出て幼虫は終了。

DSCF3901.jpg
卵は5つ回収。

DSCF3903.jpg

幼虫は250cc菌糸カップに。
卵は1ずつ60ccカップに。

割った材の破片を片付けていると、新たに卵を3つ発見したため、また60ccカップを用意し、投入。

DSCF3904.jpg
どんだけ見逃しているのでしょうか?

数は少ないものの、とりあえず累代が続いて本当に良かった。
親♀はまだ産みそうなのでまた♂とペアリングし、後日再セットします。

♂を分けて頂いたkapiさんには、もう何といって感謝したら良いのでしょうか。
あの♂がいなかったら完全にアウトでした。
本当にありがとうございます!



ミタパンおたおめ。
美郷ちゃんとの小芝居が非常に可愛くて良かった。
これからも笑顔で(ブリブリと)頑張って下さい。


昨日の大島さんの衣装は久しぶりに凄かったなぁ。
もうソコしか目が行かないよ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ハチジョウヒラタ、セット

ブルーシランが開花しました。

DSCF3885.jpg
スラッと伸びた花弁に、涼しげな青紫色が似合いますね。

先に咲いた、すみれ色三蝶咲きのチャボシランは改良の極地といった趣で見事でしたが、こちらもなかなかキレイ。


アモルフォファルス・インプレッサスにようやく葉っぱが出始めました。

DVC00823.jpg

ずいぶん袴の部分が長いな。
マムシグサみたいだ…。


この前ペアリングした、B型ハチジョウヒラタをセットしました。

DSCF3887.jpg
コバシャミニで数日同居させて切断されなかったので、恐らく交尾は済んでいるものと思われます。

どうもハチヒラって野外品、飼育品問わず産ませるの苦手で、毎回10頭も幼虫採れないんですよねぇ。
まぁ、累代が続く程度には産んで欲しいものです。


黒竜江省ホペイの♂が追加で羽化していました。

DSCF3888.jpg
今度はいくらかマシなサイズ。

とは言っても70mmそこそこだとは思いますが。
アゴの形は悪くなさそうですし、こちらを種親にしましょうかね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット