本種では、初めての失敗

チャボシラン「スミレ色三蝶咲き」に芽が出てきました。

DSCF3169.jpg

ブルーシランよりも濃い色合いで、三蝶咲き(側花弁が唇弁に変化した咲き方)という、なかなかハデな花が咲くそうです。
普通のシランと比べてかなり小型なのも魅力的。
開花が待ち遠しいなぁ。


ニジイロ「翠(みどり、と読みます。漢字の意味もピッタリですが、とある人名に由来してたりもw)」のセットを割り出しました。

DSCF3165.jpg
こんなカンジでレイシ材にボコボコ穴が空いています。

DSCF3166.jpg
材をどかすと、まず1頭。

マットからは初齢4頭と卵1つが得られました。

で、期待してレイシ材をバラしたのですが、まさかのゼロ。

DSCF3167.jpg
結局この4頭+卵1つだけとは…。

毎世代、ある程度の数を回収していたので、こんな結果は想像もしていませんでした。

この世代はペアを組むだけで精一杯になりそう。
とても色を選別している余裕は無いな…。

DSCF3168.jpg

とりあえず幼虫は250cc菌糸カップに。
卵は60ccカップにセットのマットを詰めて保管。

参ったなこりゃ。



今日からティーノさんは大東諸島で採集だそうで、羨ましい限りです。
観光も満喫しつつ、頑張って採集して下さいね。
ケガなどなされません様、お気を付けて。
お土産話(ムシも?)、お待ちしております!
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

2種類、ペアリング

買ってから1年くらい(もっと?)ポットのまま放置していた八重咲きエンレイソウを植え替えました。

DSCF3153.jpg
微妙に芽が出ていたんですが、画像じゃ全く分かりませんね。

DSCF3154.jpg

根茎。
これなら分かりますね。
3芽出ている様です。

DSCF3155.jpg

4号のプラ鉢に、赤玉土、鹿沼土、軽石にミリオンAを配合して植えました。
去年は咲きませんでしたが、今年はどうでしょうか?
発芽から開花までにえらく時間のかかる植物なんですよねぇ。


キタダケソウにも新芽が出てきました。

DSCF3148.jpg

ツクシの頭みたいですね。
これが徐々に展開して、独特の形状の葉っぱになるのでしょう。


イヘヤノコギリをペアリング。

DSCF3162.jpg

BE-KUWA初代ギネスの孫ですが、代を重ねるごとに小さくなっていますw
ホノホシさんトコは徐々にデカくなってるのになぁ。おかしい…。

って、単に飽きて管理が杜撰になっているだけなんでしょうケド。
ここら辺にも飼育レベルの差が見てとれます。


フェアで購入したパプキンもペアリング。

DSCF3164.jpg

何気に苦手な種でもあります。
初心者向けのハズなんですけどね。
マジメにセット組まないと。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

与路島F2、セット

ホムセンにて購入。

DSCF3149.jpg
シラン「濃色三蝶咲き」

まさかホムセンで三蝶咲きなんて割とマイナーな改良品種まで売られているとは思わず、ちょっと驚きました。

DSCF3150.jpg
バルブは思ったよりも大きめ。

DSCF3152.jpg
4号鉢に、赤玉土・鹿沼土・軽石の配合で植え付け。

ウチには他にスミレ色三蝶咲きのチャボシランがありますが、開花したら並べてみたいですね。


クリロー展で購入した、クロアチクスダブルのハイブリッドも6号鉢に植え替えました。

DSCF3159.jpg
たくさん蕾がついているので、まだまだ楽しめそうです。


与路島産アマミノコギリをセットしました。

DSCF3161.jpg

最初の世代でも確か68mm、F2のこの世代ではちっこいのばっかり羽化させてしまったため、F3ではマトモなサイズで羽化させられるよう、頑張りたい…。



中野美奈子さん、寄せて上げすぎでしょ…。
無いのはみんな分かっているので、そんなに無理して谷間作らんでもなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

またイベントに

今年も行ってきました。

DSCF3146.jpg
初日の昨日、11時半頃に会場に着いたのですが、めっちゃくちゃ混んでいてとても写真なんぞ撮れんw

なんとか2枚だけ撮ってきたのがコレ。

DSCF3140.jpg

斑入り葉もここまでキているんですね。
淡い花色とのバランスも良いです。


DSCF3139.jpg

青を目指して挑戦中とのこと。
肉眼ではもうちょい青みがかって見えたんですが、画像じゃ灰色にしか見えませんね。
しかもボケてる…。


あと気になったのはリグリクスのダブルでしょうか。
画像を押さえられなかったのは残念でした。


クリスマスローズの他にも、原種シクラメン、スミレ、雪割草の展示・販売も行われていて、ここでシクラメン・ローフシアナムの大株を初めて見ました。

DSCF3141.jpg

発芽から10年以上経ったものだそうで、その特徴的な葉は、同時に展示されたどの原種シクラメンよりもお客の目を惹いていました。

ウチでも昨年末に種を蒔いて発芽しましたが、現在ヒョロヒョロしている葉っぱが、こんな立派な姿に成長すると思うと、俄然栽培意欲が湧いてきます。
一株だけ販売もしていたのですが、あえて買わず(やはり珍しいのか、他の原種の数倍の価格でした)、ウチのを立派に育ててやるぜ!と固く誓うことに。


クリスマスローズの販売コーナーでは、やはり黒山の人だかり。
ゴールドダブルはまだまだ高値安定ですね。原種ダブルは会場と同時に一瞬で殆ど売り切れたらしく、私が行った頃にはデュメトルムのダブルが一つあっただけでした(なんとなくパスしたのですが、よく考えたら諭吉一枚はかなり安かった!買っときゃ良かった…)。
あと「コレ、チベタヌスを交配してないか?苞葉がどう見てもチベタヌスなんだが…」みたいな、一見普通のガーデンハイブリッドが一つ紛れていたのですが(チベタヌスとの交配品種はいくつか知られますが、どれも人気で手に入れ難いです)、隣のおばちゃんに持って行かれてしまいました。結構ショックw

そんな中、1つだけ買って来ました。

DSCF3142.jpg
パッと見、普通…

DSCF3144.jpg
内側はグリーンのダブル。

クロアチクスダブルとダブルのグリーン系ガーデンハイブリッドとの交配だそうです。
原種交配ダブルが欲しかったんですよね。

バリバリの改良品種でありながら、山野草的な佇まいが魅力的。

…家族には「何この地味なの?え、花咲いてんのコレ?」とかボロクソ言われましたがね。


今年も色々と目の保養が出来て良かったです。
明日24日まで開催されているので、興味が涌いた方は足を運んでみてはいかがでしょうか?



中部ベトナム産グランディスが蛹化していました。

DSCF3145.jpg
絶対♀だと思っていたのに、ち~っこい♂でした。

こりゃ50mm台前半ですね。とほほ…。



秋元優里さん、やっぱりか。
おかしいと思ったんですよね。
年明けに判明、ってのはウソでしょ。
来るべきもんが来なけりゃ、すぐ分かりますよね。
タイミングが全て計算づくに思えて、ちょっと怖いな…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ブータンクルビ、菌糸換え

この前植え替えたサクラソウ「緑竜」に早くも芽が出てきました。

DSCF3137.jpg

室内に置いてあるからでしょうか?
玄関先に置いてある「銀覆輪」はまだまだ地上には出てこなさそうなカンジなんですが。


レブンソウにも新芽が。

DSCF3136.jpg

産毛も生えているので、鳥の羽の様で可愛らしくもあります。
花色は確認していないので、どの色で咲くのか、楽しみですね。


フェアで購入したブータンクルビの幼虫の菌糸換えを行いました。

DSCF3133.jpg

1頭、成長が遅いものがいるのが気がかりではありますが、透明ブヨブヨ病の類いでは無さそうなので、多分大丈夫でしょう。

DSCF3135.jpg
3齢の個体は確実に♂なので1400ccに、他は800ccのヒラタケ菌糸に投入しました。

♂はせめて70mmUPにはなってくれると嬉しいんですが、どうでしょうか?
ヒマラヤ系クルビ独特の、内歯上がりで張り出しの強いアゴを拝みたいものです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

お買い物、続き

クリスマスローズ「ブルーメタリックレディ」が開花しました。

DSCF3116.jpg

…全く青みはありませんね。
しかも花弁もウネウネと暴れてます(これ以上は広がらない様です)。
一応、青みが出るのは初花が開花してから3年程度経ってから、という触れ込みではあるのですが、ホンマかいな?

とりあえず、昨年以前からウチにあるクリスマスローズでは開花第一号です。


セツブンソウに種ができていました。

DSCF3118.jpg

球根が分球することは殆どないので、殖やそうと思ったら種を蒔くしかないそうです。
せっかくなので、もうちょい経って熟したら蒔いちゃおうかなぁ。


フェアのお買い物、続き。

B氏のところでは、パプキンを。

DSCF3122.jpg
太陽光線下で撮ったら緑が殆ど飛んでしまいましたが、いわゆるメデューサ系です。

DSCF3123.jpg
♀は至って普通。

♀のエサ食いがまだ微妙なため、ペアリングはもうしばらくお預けですね。
パプキンのブリードってイマイチ苦手なんですが、ほどほどに産んでくれると嬉しいなぁ。


ブータンクルビの幼虫も購入。

DSCF3129.jpg
最近、内歯が上がるタイプのクルビの入荷がぐっと減りましたね。
インドでも東側の、内歯中間タイプのはよく来るんですが。

何気に昔から好きなムシですし、今回安く出ていたのでつい手を出してしまいました。
カッコ良い内歯上がりに仕上げたいですね。


以上、今回のお買い物は4点でした。
ムシに関する物欲がだいぶ減った気がします。

今週は池袋でクリスマスローズ展なので、出費が少なく済んで良かった、というべきか…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

イベント、行ってきました

斑入りクリスマスローズが開花しました。

DSCF3120.jpg
やっぱり白花でした。

DSCF3121.jpg

白のシングルは清楚で良いですね。
微妙にスポットが入っています。

今咲いている花からはとりあえずセルフで種を採ります。

もう一つ付いている蕾が開花したら…

DSCF3119.jpg

もうちょいで開きそうな、こちらの「スレートブルー(ブラックダブル)」の花粉を付けてみようかと。

花ばかりに目が行きがちですが、葉の方の改良ももっと進んで欲しいですね。
開花までに3年ほどかかる植物ですし、葉に斑が入っていればそこまで育つまでの間も、違った楽しみ方が出来るんですけど。


イベント行ってきました。

やはり大宮、秋のイベントよりも客の入りは良いですね。
ただ、生きムシの出店業者数が減っている様に思えたのが気がかりではありました。

今回、すげえ!と思ったのは、nebutoさんに教えて頂いたカズヒサツヤクワ似の、デカい不明ツヤクワ(40mmほどはあったでしょうか?インビタビリスとも違うみたい)の標本でしょうか?
アチェのラベルが付いていましたが、スマトラ島みたいな有名採集地にすら、まだまだワケの分からんクワガタがいるだなんて、胸が熱くなる思いです。
イベント終盤になって、もう一度見に行ったら売れてしまったそうで、やはり見る人は見ているのだな、と。

あと個人的にクラッツが欲しかったのですが、よしんば産ませられても、幼虫を孵化させて成長させられるか自信がなかったので断念。
カッコいいムシなんですけどねぇ。

イベント終了後は周辺の居酒屋さんにてクワカブK氏らとお食事。
IさんとSさんのマニアックトークにより、ヤマトオサムシダマシやクビアカスカシバといった、聞いたこともなかったムシの深い知識を得ることが出来ました。
今後、何かの役に…立つことはないなw
あと、やっぱりパナイ産ギラファは某採集家さんよりも先に標本商T氏が生体で入荷させていたことも確認できました(だから変な名前勝手につけちゃダメよw)。


会場でお会いした皆様、構って頂いてどうもでした。
今後とも宜しくお願いしますね。


で、戦利品。

とりあえず予告通りというか、国産モノを2つ買ったのでそちらを。

DSCF3124.jpg
P. i. inclinatus 鹿児島県 屋久島町 宮之浦 F1 61mm

最近、なぜか人気のある屋久島産ですね。
いつもお世話になっているT氏から購入。

DSCF3125.jpg
♀は38mm。

意外とデカい…。 
♂は60mm台後半程度にしかならない個体群なんですけどね。


もうひとつは

DSCF3128.jpg
P. i. mishimaiouensis 鹿児島県 三島村 硫黄島 F6 46mm

DSCF3127.jpg
♀は30mm。

前回のフェアで臥蛇島ノコを購入したブースを通りがかったところ、「前に臥蛇買った方ですよね?」と呼び止められ(この時点でよく顔覚えているなぁ、とちょっと驚き。私、ヒトの顔と名前覚えるのがメチャ苦手なんです)、あろうことか「ぴんくあいすさんですか?」などと訊かれて焦りました。
臥蛇島ノコをブログにアップしたときから気付いていたそうです。

…やべぇよ、このブログ、私が思う以上に読者多いのかも知れん。自分から宣伝したこと、一度も無いんですが…。
そういえばアクセス解析しても、表示されないIPたくさんあるしなぁ(面倒臭いのであまりやりたくなかったのですが、不本意ながら後ろ向きな理由でたまにやってます)。
毒舌はともかく、特撮・アニメを好き放題語ったり、コビレゴンドウと戯れる高見侑里さんきゃわええ、とか馬鹿な事書いてるのは読んでるヒトがごく少数の知り合いばかりだと思っていたからなんですが…。

おっと脱線しましたね。
その時はちょろっとお話してまた次のブースに向かったのですが、いつものハナムグリSさんと再度訪れてみると、値下げしていたのと、このブログをよく読んで下さっている様なので、上記ペアを購入することにしました。

前にも飼ったことはあるんですが、休眠ズレで累代が続かなかったんですよね。
今回は上手くいって欲しいものです。

そういえばinclinatus、全亜種飼育経験あるな、私…(載せてないのもあるけどw)。


あと2つ購入しましたが、次回書きます。



「八重の桜」、容保がダークサイドに堕ちましたね。
今後は新選組登場で、また主人公のハズの八重の影が薄くなりそうだなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

今日はイベントですね

原種系チューリップ「ブライトゼム」の芽が出てきました。

DSCF3090.jpg
玄関前のプランターに植っ放しにしていますが、毎年しっかり出てきて花を付けてくれます。

今年も眩いばかりに真っ黄色な花を、また見ることが出来そうですね。


ヒヤシンス「ダークディメンション」はまだこんなカンジ。

DSCF3092.jpg

すこ~しずつ花芽が成長してきているような気はするのですが、開花まではまだしばらくかかりそうですね。
真っ黒なヒヤシンスってどんなんだか、早く見てみたいものです。


今日は大宮でKUWATAフェアですね。

私は地元民なので、今回も勿論参加します。
まぁ、毎度のことながら特に狙ってるものも無いんですが、国産モノで何か変わった産地のものがあったら買ってしまうかも?
って、そういうのは大抵、開場前に業者間でやり取りが済んじゃっていたりもするんですが。

…アレをガッツリやるから、一般客が来てもロクなものが残っておらず、せっかく時間と交通費使って来てもつまらない、次回はもういいや、みたいな流れになって、入場者数の減少に拍車をかけている様な気もするんですけどねぇ。
ただでさえ主催者がロクに告知もしてないので、業者さんも自分で自分の首を絞めている、みたいな状態になってます。
前回のイベントなんか、開場前にボーリンの成虫ペアが消えてたっけw
そういう目玉っぽいのは業者が先に買っちゃイカンだろ、と。

それはともかく、私はおそらくイベント終了まで会場内をプラプラしてますので、リアルお知り合いで参加される方は、また構ってやってくれると嬉しいです。

DSCF3115.jpg

これはお土産。
誰にどれを渡そうかな?w

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

オキナワネブト、セット

グリフィニア・リボニアナを植え替え。

DSCF3112.jpg

休眠して葉が落ちたら植え替える予定だったんですが、一昨年の夏に植えてからずっと葉がついたままで、放っておいたら随分と用土が劣化してしまい、もうタイミングがどうとか言ってる場合でもなくなってしまいました。

DSCF3113.jpg
掘ってみると、意外なことに分球していました。

葉がついていたのは子株で、親株は休眠していたみたいです。

DSCF3114.jpg

子株は別の鉢に、とも思いましたが、あまりスペースも無いのでまた親株と同じ鉢に。
用土は普通に赤玉土、鹿沼土、軽石で。

昨年は咲かなかったので、今年はまた開花して欲しいなぁ。


ペアリングしておいた、オキナワネブト2産地をセットしました。

DSCF3108.jpg
瀬底島産。

DSCF3109.jpg
こちらは外地島産。

どちらも他の幼虫の食いカスをベースにしたマットを使用。

しっかり産んで下さい。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

アマノコ、セット&ペアリング

日曜にまたいつもの山野草専門店に行き、いくつか買ってしまいました。

DSCF3094.jpg
左から時計回りに、サクラソウ「緑竜」ヘレボルス・クロアチクスナルキッサス・キクラミネウス

さっそく植え替え。

DSCF3097.jpg
「緑竜」とキクラミネウスは4号鉢、クロアチクスは5号鉢に。

どれも基本は赤玉土、鹿沼土、軽石の配合ですが、「緑竜」にはミリオンA(珪酸塩白土)、クロアチクスには腐葉土を、それぞれ少量混ぜておきました。

DSCF3106.jpg
クロアチクスはベイン(葉脈状のスジ)の出た株を選んできました。

DSCF3103.jpg
蕾の方も、しっかりベインが出てくれそうですね。


この前ペアリングした、奄美大島産のアマミノコギリをセットしました。

DSCF3107.jpg
いつも通り、Maxマットにナラ材埋めで。

ホノホシさんが採集した、聞き慣れない詳細産地の付いた系統なんで、しっかり産んで欲しいものです。

あと、出来れば大きくなって欲しい…。


与路島産アマミノコギリもペアリング。

DSCF3110.jpg
こっちも例によって♂ちっさ!

しかもペアリングした後、材のストックが切れているのに気付く有様。
あと霊芝材しかないや。

またいつものところに注文しておくかなぁ。



大島由香里さん、衣装攻めてるなぁ。
ニュースが頭に入らんよ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット