「翠」、ペアリング

今月上旬に割り出したArfak産ドルクスsp.のエサ換えをしました。

DSCF2858.jpg
250cc菌糸カップが7個余っていたので、とりあえず7頭。

DSCF2860.jpg

これは自分で飼育する分です。
歯型の特徴がはっきり分かる、大型に育てたいものです。

DSCF2859.jpg
割り出し時に卵を5つ回収していたんですが、全て孵化していました。

DSCF2861.jpg
こちらはまだ小さいので、しばらくは60ccカップでキープしておきましょう。


ニジイロクワガタ「翠」のペアリングをしました。

DSCF2854.jpg
前の代と同様、同腹の兄弟の中で最もグリーンの強いペアを交配しました。

毎世代、色はなかなかいいのが出てくるんですが、私の飼育技術の問題なのか、大型で羽化させられないのが悩みどころ。
60mmUPならもっと見栄えがするんですけどね。



さて今年も残り数分でおしまい。
リアルでも、ネット上でも、お世話になったみなさま、ありがとうございました。
来年も変わらぬお付き合いを宜しくお願い致します。

良いお年を!
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

「ダークレッド」、割り出し

ニジイロ「ダークレッド」の産卵セットの底面に幼虫が見えていたので、割り出しました。

DSCF2843.jpg

ひっくり返したところ。
ちゃんと産んでて良かった…。

DSCF2844.jpg
霊芝材からも。

DSCF2846.jpg
幼虫は12頭。

DSCF2848.jpg
卵は7つ出てきました。

正直、もうちょい産んでるかと思っていたんですが、まぁこんなもんか。

DSCF2849.jpg
マットや材を食していて、ある程度成長した10頭は250cc菌糸カップに。

DSCF2850.jpg
孵化して間もない2頭と、卵7つは60ccカップにセット内のマットを詰めて、個別管理することに。

DSCF2851.jpg
親♀。

後脚のフ節が両方飛んでしまいました。
必要頭数は確保できていますし、再セットしても産まない気がするため、あとはプリンカップで余生を過ごしてもらいましょう。

お疲れさまでした。



docomoって本格的に頭オカシいんでしょうか?

私はdocomoユーザーで未だにガラケー使っているんですが(3年半前の機種で、そろそろボロくなってきました)、Androidはスパイウェアがデフォルトで仕込んであるから使いたくないし、かと言って特にMac信者でもないので他社に乗り換えてまでiPhoneにしようとも思っておらず、スマホに移行するのどうしようかなぁ、と常に思いつつも先延ばしにしていました。
そんな矢先、docomoが新OSを搭載したスマホを売る、なんてニュースが流れて「おおっ!」と思いきや、よくよく見てみりゃ朝鮮OSじゃねえか!
スマホ自体もサムチョン。ちょっと正気を疑います。googleどころではない、あぶねースパイウェア仕込み放題だぞw

なんであの会社、チョンと手を切ろうという発想が浮かばないのでしょうか?
Androidを切ってiPhone売り出せば、ひとまず顧客はキープ出来るハズなんですが。
…独自OSって事は、きっと今後の新機種はソレで統一する気なんですよね?
10何年、docomo使ってましたが、いい加減やめます。客を完全にナメてやがる。
禿バンクは社長が詐欺師なので論外、となると消去法でauか。
来年はauでiPhone使うことになりそうです。

…しかし、消去法でケータイ選ばにゃならんとは、情けない時代になったもんです(この前の選挙もですが)。
一般的にはネットくらいにしか使わないのに、ムダに高性能にし過ぎたが故の弊害でしょうか。

私、LINEもFacebookもTwitterも個人情報流出ツールとしか思っていないので全くやる気ないし、特にガラケーでも不便しなかったんですけどねぇ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ヘラヘラ、いいカンジ?

クリスマスローズ「ブルーメタリックレディ」に花芽が見えてきました。

DSCF2825.jpg

ウチでは陽あたりの問題なのか、例年2月下旬頃にはならないとクリローの花が見られないのですが、今シーズンは少なくとも来月中には見られそうですね。
この株が開花するのは初めてでもありますし、楽しみに待ちましょっと。


カブトマットが余っていたので、ヘラクレス原名亜種のエサ換えをしました。

まず、2ヶ月前の交換時に98gだった個体を。

DSCF2835.jpg

おお、ちゃんとデカくなっていますね。
自分の手元で100gを大幅に上回ったカブトムシの幼虫を見るのは初めてです(今まではネプの100g前後が最大だったような?)。

DSCF2836.jpg

そろそろ中ケースでも狭いですね。
次のエサ換えでは大ケースに移ってもらいましょうか。

DSCF2837.jpg

95gだった個体。
こちらも大きくなっています。

今更なんですが、ヘラヘラを150mmUPで羽化させるには幼虫体重で何gくらい必要なのでしょうか?
130gくらいは必要だろうと思い、勝手に目標値にしていたんですけど。
ネット上で調べても、意外とよく分からないんですよねぇ。


♀に2ヶ月ほど遅れて、パプキン「デビルレッド系」の♂が羽化していました。

DSCF2820.jpg
コレ、ちっこいこともあってか、タスマニアアウラタみたいですね(交雑しているんだろうか?)。肉眼で見ても殆ど同じような色合いです。
一般的なデビルレッドのイメージとはだいぶ違うカンジ。

♀は既に別系統との交配に使ってしまったため、この個体は今のところ交配予定はナシ。
どこかで変わった色の♀を見つけたら使ってみるかも知れません。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

サバゲイ、蛹化

コマクサと同時に購入していた、タモトユリを植え替えしました。

DSCF2831.jpg

クワガタ飼育者にもなんとなく馴染みのある、トカラ列島口之島固有のユリです。
上向けに咲く純白の半開花で、甘い芳香を放つそうです。

DSCF2832.jpg

こんなカンジの球根。
直径は3.5cmほどでしょうか。

DSCF2834.jpg
5号鉢に植え付け。

少々気難しいユリだそうで、本来岸壁に生える植物であることを考慮し、日光砂をメインに赤玉土、軽石を配合。
ユリは有機物も好むので腐葉土も加えておきました。

上手く行けば、4月ごろに芽を出して、7月に開花となるそうですが、さて上手くいくでしょうか?

学名をLilium nobilissimumといい、種小名は「高貴な」を意味します。
気品あふれる姿をぜひ拝んでみたいものです。


ミイロオオツノカナブン(サバゲイ)がいつの間にか蛹化していました。

DSCF2830.jpg
交尾器らしきものが確認できるので(見づらいですが、窓になっている部分右側の、突起状のもの)♂でしょう。

他の3頭も確認してみると、少なくとももう1頭は繭玉になっているっぽいです。
あとは、確実に幼虫、というのが1頭。残り1頭はよく分かりませんでした。

せめて1ペアは出来て欲しいんですけどね。
ダメなら幼虫を頂いたIさんか、ハナムグリ専門になりつつあるB氏に頼んでみますかねぇ。



ユリつながり、というワケではありませんが、うっかり入手してしまいました。

DSCF2821.jpg
高見侑里カレンダー(サイン入り)。

手に入ったのはいいんですが、コレ貼るの、かなり恥ずかしいぞ。
B2サイズ(515mm×728mm)でデカいし。

ああ、アホ過ぎて自己嫌悪に陥りそうです。

BE-KUWAにカレンダーが付いていないのが悪い、と責任転嫁(という名の照れ隠し)しておくか。
あと、せめて来年いっぱいは熱愛報道とか避けてくれると幸いです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

アルナチャル産、エサ換え

しばらく前にホムセンで買ってきた、エゾエンゴサクの植え替えをしました。

DSCF2822.jpg
群生させることで真価を発揮する花なんで、もっとたくさん欲しかったのですが、生憎これ1ポットしか残っていませんでした。

ポットをひっくり返してみました。

DSCF2823.jpg

売り場で芽が出ているのは確認していたのですが、こういう球根なのね。
根は意外と細いのがびろ~んと伸びていました。

DSCF2824.jpg
根を少々カットし、3.5号焼締め鉢にいつもの高山植物用配合で植え付け。

北国の春の林床を、爽やかなブルーで埋め尽くす植物です。
ウチでも殖えてくれるといいなぁ。


秋のKUWATAフェアで購入したアルナチャルプラディッシュ産ポルトンノコギリの幼虫のエサ換えをしました。

DSCF2827.jpg
とりあえず3頭とも生存確認。

ちっちゃいのが♂で、他2頭は♀と思われます。

DSCF2828.jpg
♂は最近、個人的にノコギリに効果があるのではないかと考えている菌糸(失敗したら恥ずかしいので、デカくなったら銘柄書きます)に、♀は生オガ発酵マットを詰めたSビンにそれぞれ投入。

独特な色合いのポルトンなんで、しっかり羽化して欲しいものです。



絶対、お互い遊びなんだろうなぁ、と思っていたら入籍したので驚きました(懐妊じゃないでしょうね?)。
しかもクリスマス婚とか、意外にロマンチストだったのね。

秋元優里さん、おめでとうございます。

ジョンストン、産んでくれるか?

コマクサ「緋炎」を購入しました。

DSCF2816.jpg
濃赤色の花を咲かせるコマクサの一品種です。

さっそく植え替えすることに。

DSCF2817.jpg
ポットをひっくり返して、用土を落としたところ。

根がかなり伸びています。

DSCF2818.jpg
新芽(花芽?)も確認できますね。

少し根をカットし、いつも通り日光砂、硬質鹿沼土、軽石の高山植物用配合で3.5号焼締め鉢に植え付け。

DSCF2819.jpg

本来、高山の砂礫帯に分布する植物なので、用土の上に鉢底石の中粒と軽石の小粒を散らし、若干自生地をイメージしてみました。

来年、「高山植物の女王」とも称される高貴な花を見るのが楽しみです。


ジョンストンメンガタをセットしました。

DSCF2815.jpg
フツーに小ケースにナラ材埋めのセットです。

これ1セットだけだと不安なので、もう1セットは組む予定。

ちゃんと産んで下さいよ~!



「ワンピースフィルムZ」、観てきました。

DSCF2813.jpg

Zは生き様の見事さも含めて、カッコイイの一言。
ほうちゅう氏の演技もハマってますねぇ。あの声、何気に憧れます。

ヒマだったのでレイトショーで行ったのですが、特に期待していなかったワリには面白かった。
「ヱヴァQ」より全然いいぞ。

ゼファーが「Z」となり、暴走する契機になった、教え子ほぼ皆殺し事件の下手人の七武海って誰なんでしょうか?
作中時間の9年前で、狂気と実力を兼ね備えている、という点でやはりドフラミンゴでしょうかね。
それとも意外に鷹の目か?今度のハンタの映画の様に、誰かの前任の七武海という可能性もありそうですね。
案外伏線のしっかりした作品なので、今後その辺りも明らかになるのでしょう。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ペティクレー、セット

テコフィレア各種に芽が出てきました。

DSCF2812.jpg
画像は「ストームクラウド」

他にもノーマルのキアノクロークスヴィオリフローラにも芽が出ていました。

テコフィレアは青や紫などの花色の鮮烈さが魅力ですね。
今年もしっかり咲いて欲しいものです。


ペアリングしておいたペティクレーノコギリをセット。

現在既にF7とかなり累代が進んでいますが、産んでくれるでしょうか?

DSCF2810.jpg

似たような姿のファベールノコギリがカワラに産んだ覚えがあるので、こちらもカワラ材を頭だけ出して埋めておきました。


ジョンストンメンガタもペアリングしておきました。

DSCF2808.jpg

これも新たな野外品の入荷が全く見込めないため、ちゃんと殖やしておかないとなぁ。
そんなムシばっかり飼育している気がします。



仮面ライダーの映画行ってきました。
日曜の朝一に行ったんですが、見事に親子連ればっかでやんの(当たり前です)。

今回は往年の名作「アクマイザー3」が敵役でした(さすがに私は世代的に名前くらいしか知りませんが)。
リーダーのザタンの声はデーモン閣下が演じていましたが、さすが本物の悪魔、というか殆どいつも通りでまったく違和感がありませんでした。
部下のイール、ガーラもキャラが立っていて、今回の映画だけの登場というのはちともったいなかったかも?

というか、前作の宇宙鉄人しかり、昔のヒーローを敵役に設定するってのはどうなんでしょうね?
微妙に名前を変えて全くの同一人物にはしていないとはいえ、リアルタイムで視聴していて思い入れのある世代の中には複雑な思いを抱いている方も少なくないかも知れませんね。

女性陣も相変わらずしっかり動いていますね。
前作で原幹恵さんが動けるのに驚きましたが(今作の冒頭にも出てきます)、高山侑子さんがあそこまで出来るというのも意外でした。
アクションできる女性ってカッコイイですね。

しっかしオチがヒドい。
ポワトリン、中身明らかに違うだろ。
確かに伏線はあったけどさぁ…。

後半が殆どCGアニメ化していたのは残念でした。
まぁ、CGでもレベルが高ければまだいいんですが…。
魔界の描写だって、15年くらい前の「スポーン」の方がはるかに上だったぞ。
東映さん、もうちょいCG頑張って。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

インドシナ亜種、セット

ウチの犬がこんなに可愛いわけがない。

DSCF2800.jpg
つーか♂なんですけど…。

DSCF2801.jpg
スカートみたいなヒラヒラ(しかもハート柄)も付いています。

妹が買ってきた服だそうです。
実家の犬になんてことしやがるんだ…。


ペアリングしていたタイ産パリーオオクワをセットしました。

DSCF2805.jpg
小ケースに、シンプルにナラ材を埋めておきました。

カオヤイ方面からの入荷は今後も見込めるのでしょうか?
よく分からないので、しっかり殖やしておきましょう。

2~3年連続で入荷して、油断していると二度と入荷しない、ってムシも多いですしね。


夜中にガリガリとプリンカップを齧ってやかましい(ゼリー入っているのに)♀がいたので、ペアリングしておきました。

DSCF2804.jpg
サワイコクワですね。

野外品はごく珍品ですが、最近は累代品をよく見かけますね。
近縁種のいない、ヘンテコリンなドルクスで面白いです。
これもブリードしておきましょう。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ダイスケイ、羽化しましたが…

9月上旬に購入したアモルフォファルス・インプレッサスですが、3ヶ月以上経つのに殆ど変化が見られません。

DSCF2789.jpg

ちゃんと根が張っているのか疑問だったため、ちょっと球根を掴んで引っ張ってみましたが、一応発根しているようでしっかり手応えがありました。

時季的なものなんでしょうかね?

くっさい花が咲く(コンニャクの仲間って、みんな花が臭いです)のを楽しみにしているんですが、まだしばらくかかりそうですね。
まずは葉っぱが出てくれないとなぁ。


羽化していました。

DSCF2791.jpg
P. giraffa daisukei ネグロス島 CBF3 92mm

♀の羽化時期に合わせようと、1400ccボトルで飼育していましたが、やっぱり中途半端に育ってしまい、♀とズレすぎてブリード不能になってしまいました。

どうやったら♂を早期羽化させられるんでしょうか、こいつら。
もう♀を低温飼育して、羽化時期を引っ張るしかないのでしょうか?

90mmを超えてもこんなショボい歯型をしているあたり、「本物」なんですよねぇ。
ブリードできないのが残念でなりません。


明日あたり羽化しそう…。

DSCF2792.jpg

こちらは3000ccビンで飼育していました。
110mmに届いているといいなぁ。



「めざまし」、三田友梨佳さんの「ミタつながり」ネタで笑ってしまいました。
無表情で、画面に映っていない間もふわふわ手袋でずっと擦ってたのか。
「承知しました」って、そういえば去年の今頃でしたね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

セツロー、割り出し

ミンダナオパリーの割り出しを行いました。

DSCF2779.jpg
ケースをひっくり返すと、もういます。

DSCF2780.jpg

マットから14頭。
2齢になっているものも見られます。

DSCF2781.jpg
材にもいました。

DSCF2782.jpg

こちらからは9頭で、計23頭得られました。
パリーにしてはなかなかいい結果ではないでしょうか?

とりあえず2齢で雌雄の分かりそうなものを抜くことに。

DSCF2783.jpg
これは左が♀、右は♂でしょう。

もう2ペアくらい欲しいと思い、よく観察。

DSCF2784.jpg
多分左2頭が♂。右2頭は♀と思われます。

DSCF2786.jpg
最初の確実に♂っぽいのはいきなり1400cc菌糸ボトルに。
残り5頭は250cc菌糸カップに投入しました。

今度は75mmくらいで羽化するのが出てくると嬉しいんですが。

DSCF2785.jpg
あと17頭は放出予定。

残念ながら、菌糸食うムシをウチではそんなに抱えられないんですよねぇ。



仮面ライダーの映画を観に行きたいのですが、遅い時間の上映回が全くなくて参りました(子供向けなので、当たり前っちゃ当たり前ですが)。
前はレイトショーでもあった気がするんですけどね。
仕方がないので土曜か日曜の朝にでも、お子様に混じって行ってきましょうかね。
…今週からワンピースが公開なので、多分そちらに客が流れてゆったり観られるハズ。
そういえば妖怪人間ベムも今週公開なんですよね。どうしよっかなぁ。



フジの漫才コンテスト、またメイン張るのはアヤパンか。
今年は深夜の告知番組にも出ていますが、後輩の仕事取るなよなぁ。
決して嫌いではありませんが、そろそろ後を譲ってもいいんでないかい?若手が育たないし。

ミタパンがメインでいいと思うんだけどなぁ。経験積ませてあげてよ!
どーせコンテスト自体は出来レースなんでしょうし、って去年も同じような事を書いた気がします。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット