再セット

この前の「ブラックアウト」でハナムグリマニアSさんから頂いた、クォンコクワのエサ換えをしました。

DSCF2259.jpg
2齢3頭に、3齢が2頭。

DSCF2260.jpg

3齢の片方は恐らく♂と思われたため、試しに1000ccのヒラタケ菌糸に投入してみました。
40mmを超える、比較的大型のコクワ(というのも変な表現ですが)なので、サイズも狙ってみようかと。

その他4頭は頂いた時の200ccカップにUマットを詰めて投入。
無事に羽化して欲しいものです。


ペアリングしておいたハチジョウヒラタを再セットしました。

DSCF2269.jpg
今度は幼虫を喰われる前に回収したい…。


ついでに小宝島産タカラヒラタをペアリング。

DSCF2271.jpg
既にCBF3とかいうワケの分からない累代数(実際はF7とか8かと)になっています。

なんかこの♂、妙に気性が荒いのでイヤな予感がします。
♀を真っ二つにされないよう、早めに取り出したいところ。

私の飼育がヘタだからなのか、元々そういう個体群なのかは分かりませんが、イマイチ大きくしづらいんですよね。
この♂が今までで最大の個体で67mm。前の世代は65mm程度にしかなりませんでした。
1400cc使って、マジメに飼育していたつもりなんですけどねぇ。


クレステッドゲッコーに試しにリュウキュウツヤハナムグリの幼虫を与えてみました。

DSCF2266.jpg
エサ皿で這い回っているのを見つけたとたん、パクっと。

やっぱり生き餌は反応が違いますね。
こればっかり与えると栄養価に問題がありそうなのでオヤツ程度にして、主食は今まで通り専用の練り餌にしておきます。



「暗殺教室」、「ビッチねえさん」に「最凶の殺リマン」って少年誌的に大丈夫なのか?
しかし松井優征のマンガがこんなに掲載順位が前の方に来ているとは驚きです。
個人的に前作「魔人探偵脳噛ネウロ」からのファンなんですが、読み切りもナシでいきなり連載が始まったと思いきや、「ナルト」や「トリコ」も抜いて一気に看板作家の仲間入りだなんて感慨深いものです。

…殺せんせー、なんだか親近感がわきます。同類だ。



なんだ秋元優里さん、釈明しないのか。
いや、別に犯罪でもなんでもないんですが、何か一言欲しかった。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

またこのパターンか…

タイワンホトトギス「青龍」が開花しました。

DSCF2250.jpg
植え替えすらしていない割には毎年しっかり咲いてくれます。

DSCF2251.jpg

蕾もたくさん付いています。
これからが楽しみです。


B型ハチジョウヒラタの割り出しを行いました。

DSCF2225.jpg
材にしっかり潜り込んでいます。

うっ、最近このパターンはダメなんですよね。

DSCF2229.jpg

材をバラしてみるも、出てきたのはこの2頭のみ。
放置しすぎて♀が幼虫食っちゃってるんですよね。
完全に私の管理ミスです。

DSCF2231.jpg

♀は元気なため(幼虫食った結果なんで、素直には喜べませんが)、また♂とペアリングしておきました。
今度は割り出しを忘れないようにしたいものです。

DSCF2230.jpg
幼虫はなんか両方とも♀っぽいので250ccカップにUマットを詰めて投入しました。



さっきレイトショーで「るろうに剣心」を観てきました。
ひと月に3回映画館に足を運ぶのも初めての経験です。

アクションシーンがしっかりしていて、意外なほど面白かった。
鵜堂刃衛による狂気の殺戮と、香川照之の怪演は一見の価値ありですね。

…観柳編なのに、原作終盤に登場する外印と戌亥番神が出てきたのは何故なんでしょう?
原作通り、御庭番衆の般若と式尉でも良かった気がしますが。

斎藤一の牙突も楽しみにしていたんですが、シャンデリアを落とすだけで終わってしまって残念。
まぁ、ガトリングガン連射の嵐の中を突っ込んでいくという見栄えのするシーンなので良しとするか。

蒼井優演じる高荷恵がイマイチ美人に見えなかったのは私だけ?
いや、劇中でも自分で美人とか言っちゃってるし…。


とりあえず「ダークナイトライジング」よりも楽しめました。
原作ファンががっかりしない実写化はいいもんですね。



「すぽると」、平井理央さんの後任は宮澤智さんか。
てっきり以前から出ている本田朋子さんや松村未央さんが引き継ぐものだと思っていただけに驚きでした。
いきなり新人にその座を取られちゃって、先輩二人はなんだか気の毒な気がするなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ウジャウジャいました

レデボウリアを植え替えすることに。

DSCF2262.jpg
7.5cmポットいっぱいになっています。

DSCF2263.jpg
鉢をひっくり返してみると、しっかり分球していました。

DSCF2264.jpg
子株の付いた一株だけを元の7.5cmポットに植え、残りは4号鉢にやや間隔を開けて植え込みました。

用土は鹿沼土主体で焼赤玉、桐生砂、軽石をミックスしています。
根っこに余裕が出来たので、これから大きく成長してくれるかな?


そろそろ幼虫見えるかな?と、リュウキュウツヤハナムグリのセットをひっくり返しました。

DSCF2232.jpg
た、たくさんいます。

DSCF2233.jpg
これはヤバいかも知れない。ヘタすると100頭以上いるかも?

HR-1と、セットが小さいのでそこまでは産まないだろうと思っていたのですが、ちょっとナメていましたよ…。

この前ホノホシさんから雌雄の判別法を教わったので、親虫4頭を見てみると、1♂3♀♀でした。
そりゃ産むわ。

あまりに大量にいるので個別にカップに入れるのは諦め、もうちょっとの間セットの中にいてもらおうと、またHR-1に親ごと戻しておきました。

…もうちょい大きくなったらクレステッドゲッコーのエサに使おうと思います。
ハナムグリの幼虫は活動的なので、食欲を大いに刺激してくれるハズ。
最初はゴラなんとかの幼虫のエサにしようと思っていましたが、そろそろ繭玉を作りそうなカンジなんで、ムリして生き餌を与える必要が無くなってしまいました。


ヤエヤママルバネが羽化していました。

DSCF2254.jpg

7つ繭玉があったうち、とりあえず4♂♂1♀が羽化。
残り2つの繭玉は振ってみるとまだ蛹の模様。
片方はこの前割ってしまったヤツで、♂確定。もう片方の繭玉はせめて♀であって欲しい…。


買ってきました。

DSCF2265.jpg

ついにHGUCでハンブラビが発売になりました。
待ち望んでいたファンも多かったハズです。
ガブスレイより変形機構簡単なのに、なんで長らく発売されなかったのかが謎です。

あとはメッサーラが出てくれればなぁ…。



「あさうた」、昨日の本田朋子さんの「渡良瀬橋」は本家にも劣らない良い出来でした。
その後のサイン本販売イベントのために浴衣を着ていたのも良かったですね。

細貝沙羅さん、期待を裏切らない壮絶さでした。
今朝は久代萌美さんとのデュエットで、更にグダグダ感がアップしていましたね。
しかし、そのヒドさをカバーするかの様な、司会酒主による「恋愛レボリューション21」のラップ部分とダンスは見事でした。
やるなこやつ、ノリの良さは榎並以上かも知れん。
今日は酒主いなかったらヤバかった。MVPだな、うん。

毎日楽しんで見ていますが、あと一週間で終わってしまうと思うと寂しいものです。
つーか歌の上手さに定評のある大島由香里さんの出番はいつなんだ?このまま出番ナシで終了は納得いかないなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

YGエサ換え

近所のホムセンにて球根を購入。

DSCF2240.jpg
ダイヤモンドリリーこと、ネリネ・サルニエンシスの白花です。

夏場は葉を落として休眠し、晩秋に開花するタイプの植物なので、今が植え時です。

DSCF2241.jpg
さっそく3号鉢に硬質鹿沼土+焼赤玉+軽石で植え付け。

球根の上部がはみ出していたり、見た目が窮屈そうですが、ネリネはこのくらいが丁度良いです。
ギチギチに植えて、夏場はカラッカラにした方が花付きが良いという、なんともマゾヒスティックな植物なんですよね。


もう一つ買いました。

DSCF2244.jpg
ヒガンバナの白花ですね。

こちらは玄関のプランターにでも植えようと思います。
開花は来月末かな?


オオクワガタ「YG血統」の残り4頭の菌糸を交換しました。

DSCF2235.jpg

1頭め。
♀か…。このサイズなら800ccボトルで良いか。

2頭め。
DSCF2236.jpg
♀…か?デカいな。1400ccに入れてやるか。


3頭め。
DSCF2237.jpg

これも♀??
う~ん、一応1400ccに。

4頭め…と思ったら死亡していました。

つーか5頭購入して♂1頭だけとは…!
しかもその♂も23gしかなかったから全く期待できんぞ。


3頭め、4頭めはマツノインセクト製オアシス850ccボトルに入れてあったのですが、滅茶苦茶カタいですねこの菌糸。
あんなクビの細いボトルによくこれだけ固詰め出来たものです。
幼虫を取り出す際も勢い余って潰してしまいそうでした。
まぁ、デカくなるらしいので、仕方ないか。

K氏、こんなの大量に交換するの大変そうだなぁ。



「あさうた」、榎並のダンス(?)で爆笑しました。
それもう変質者の領域ですから…。

ホントモ歌上手いなぁ。何気に榎並とのデュエットは良かったかも?
そして最後の「ただいまスポルト」と「反対!」には不覚にも萌えました。
明日は細貝沙羅さんか。恐ろしいことになりそうだ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

少ないなぁ

エーデルワイスを植え替えしました。

DSCF2245.jpg
枯れた葉が目立つようになり、ちょっと見苦しいですね。

DSCF2246.jpg
種が出来ています。そのうち蒔いてみましょうか。

DSCF2248.jpg
ポットから抜いて、枯れた葉を取り除き、根っこも少しカット。

DSCF2249.jpg
四号鉢に硬質鹿沼土をメインにした用土で植えました。

高山植物のため、夏の暑さが不安でしたが、案外イケてしまう様です。
他の高山植物にも手を出してみましょうかね。


ハザン省産ドルクスsp.の割り出しを行いました。

DSCF2218.jpg
材はしっかり齧っている模様。

DSCF2219.jpg
材を掘り出すと、断面から幼虫が覗いていました。

DSCF2220.jpg

たくさん出てくるかと思いきや、二頭のみ。
ちと材が柔らかすぎた感があります。

DSCF2223.jpg
とりあえず250cc菌糸カップに投入。

DSCF2222.jpg

二頭だけではどうしようもないので、再セット。
もう5頭ぐらいは欲しいんですが…。



「あさうた」、榎並、リベンジを果たせて良かったな。
しかし挙動不審だ。結局また唄いながらウロウロして、今度はカトパンの正面から回り込んできたか。
いいキャラしてるなぁ、榎並。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

アフィニス、セット

アフィニスヒラタ・カオバン省亜種をセットしました。

DSCF2203.jpg
産まないと非常に困るので、人工カワラ材を埋め込んで、万全を期すことに。


カワラ材が二本組なので、もう一本を使ってパリーオオクワ・西ジャワ亜種のセットも。

DSCF2202.jpg
一度セットを組んだのですが、材が柔らかすぎたのかバラバラにするだけで全く産んでいなかったため、今度こそは!と気合い入れてみました。

こちらは産んでくれないと、アフィニス以上に本気でマズい事になるような気がします。
頼むよ~!


南カリマンタン州産オウゴンオニの♀が羽化していました。

DSCF2217.jpg
親の野外♀が43mmほどでしたが、F1の♀は45mmほどで羽化しました。

♂も蛹になっていて、今月末頃には羽化する予定です。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

入場前の、頂きもの

ハナムグリマニアSさんからの頂きもの。

DSCF2211.jpg
Prosopocoilus specularis タンザニア F7 33mm

まだ累代品が国内にいたことに驚きました。

赤い体色に、独特のアゴが魅力的ですね。

DSCF2212.jpg
♀(23mm)。

F7まで累代されているので、私のところでいきなり絶やすワケにはいきませんね。
気合い入れてブリードしましょう。


DSCF2204.jpg
Dorcus sp. イリアンジャヤ Mt.Arfak F4 43mm

以前たまに出回っていたタイプのArfak産sp.(meeki似の内歯中間タイプの種)とも異なり、ある程度のサイズになると内歯が前に出ます。

DSCF2207.jpg
このサイズ(28mm)でも若干前向きですね。

DSCF2206.jpg
♀の上翅のスジは明瞭ですが、delisleiほど太いものではありません。

これも全く見なくなってしまった(元々見る機会は少なかったんですが)ムシなので、しっかりブリードしないと。


その他、クォンコクワの幼虫まで頂いてしまい、もうなんとお礼を言っていいものやら。

開場前にこんだけムシ頂いてしまうと、そりゃフェアで真剣こいて買い物しなくてもよくなっちゃいますよね。
Sさん、いつもありがとうございます。



「BLEACH」、やっぱ更木剣八が出ると盛り上がるなぁ。
能力の説明されているのがウザったかったからノドを引きちぎるとか、かなりヒドい。

このまま陛下倒させても、読者的には文句ないんですが、朽木白哉があっさり犬死したことを考えると、剣八も非業の死を遂げるのでしょうか?
最近、掲載位置が低迷しているからといって、テコ入れに使った挙句、ワケ分からん殺し方はして欲しくないですね。
ストーリー構成とかあまり考えずにキャラ優先でマンガ描く作者なんで、何するか全く読めないんですよね。
勿論、悪い意味で。



「あさうた」、なんで神社の入口にいたハズのオリゼーがあんなに近づいているんだ…。

山中章子さん、歌ヘタなんて言われていたのに、全然フツーに唄えてますね。
明日も期待。

イベント行ってきました

ブラックアウトに行ってきました。

DVC00747.jpg
こんなのや(かわええ)

DVC00748.jpg
こんなの(ドコが頭だ?)

DVC00746.jpg
でっかいの(1.5m近い?)やら

DVC00745.jpg
カッチョ良いの(一度飼ってみたい!)

などがいました。

レオパで好みのがいたら買ってこようかと、密かに思っていたワケですが、なんかアルビノとかそんなんばっかり(アルビノスーパーマックスノー、では無く普通のスーパーマックスノーなら買ったんだけどなぁ)だったので食指が動かず、爬虫類目当てで来た割にはいつも通りムシ屋で買い物していました。

DSCF2214.jpg
Prosopocoilus zebra luzonensis ルソン島 アパヤオ州 F4 40mm

ウチでも以前飼育していましたが、セットに失敗して絶やしていました。
いつの間にやら見かけなくなりましたよね。
♂の上翅が割れていますが、その分安かったので購入。

DSCF2213.jpg
♀32mm。

しっかりエサ食わせてからペアリングしましょっと。

その他ヤクシマオニクワガタの幼虫10頭と、

DSCF2215.jpg
水ゴケ数種を爬虫類ショップより購入。

園芸店よりはるかに安かった…!

DSCF2216.jpg

モウセンゴケの野外品だそうです。
これは面白そう。


実は開場前にいつもお世話になっているハナムグリマニアSさんより、色々貴重なモノも頂いていました。
長くなるので、明日以降に載せます。


久しぶりにブラックアウトに行きましたが、お客が意外と入っているのに驚きました。
爬虫類業界はまだまだ元気なんでしょうか?

KUWATAもこれぐらい賑わって欲しいものです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

意外にも産んでいました

イキヒラタの割り出しをしました。

マットが妙な発酵で変色していて幼虫の食痕も見えず、また♀親もマット上で死亡していたため、全く期待せずにケースをひっくり返しました。

案の定、マットからは幼虫が得られませんでしたが、材を割ってみると…

DSCF2198.jpg
産んでいました。

DSCF2199.jpg

更に割っていくとちょこちょこ出てきて、結局10頭回収出来ました。
あまり採れてもアレなんで、ちょうど良い数でしょうか?

DSCF2200.jpg
とりあえず200cc菌糸カップに投入。

♂親がめちゃくちゃ小さく羽化してしまったので、この世代は少しはマシなサイズになって欲しい…。


数日前、2Cさんから頂いたドウイロクワガタをペアリングしました。

DSCF2184.jpg
同居させてすぐに交尾を確認できたので、しばらくそのままにしておくことに。

んで本日、もう十分だろうとセットを組みました。

DSCF2201.jpg
2Cさんからアドバイスも頂いていたので、その通りに。

しっかり産んで欲しいものです。



仮面ライダーフォーゼとゴーバスターズの劇場版を観てきました。
二日連続で映画館に行ったのは初めての経験です。

仮面ライダーと同時上映の戦隊モノの映画って、何だかテキトーなイメージがあるんですが(ゴセイジャーがあまりにヒドかったせいか?)、今回のゴーバスターズはかなり面白かったです。
いつも以上に情け容赦のないエンターの策略と、メガゾードεのデザインが光ってます。

物語の舞台が今年話題のスカイツリーではなく、敢えての東京タワー(劇中では東京エネタワーという名称)なのも良いですね。
…やっぱり東京タワーの方が見栄えイイよなぁ。モスラが繭作ったり、ギャオスが営巣したりと特撮にも縁の深い建造物でもありますし。


フォーゼの方も、元ネタ(なのか、こじつけかは分かりませんが)のキョーダイン登場の上に、大鉄人17とは…。
「XVⅡ(エックスブイツー)」が「17」のローマ数字表記なのには気付いていましたが、そう来るとは思わなかった。

ライダー作品としては珍しく、凄まじいまでに銃を撃ちまくってましたね。
原幹恵さんがあんな重たそうなモン付いててあそこまで動けるのにも驚きでした。



「あさうた」、三田友梨佳さんがボイトレでも受けたのか、かなり歌唱力が改善していてちょっと感激しました。
金曜の「ペッパー警部」、土曜の「Everyday、カチューシャ」ともに以前とは比べたら、それはもう…(まぁ、それでもまだ私の方がマシな気が…)。
振り付けは相変わらず可愛いですね。

…寝坊しなけりゃまた生で見に行ったんですけどね。
三回目の出演なので、さすがにもう出番終わりだろうしなぁ。残念!

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

YG、一頭出してみました

ホムセンにて、母が気に入った様なのでお持ち帰りしてしまいました。

DSCF2187.jpg

セイロンライティアという、名前の指す通りスリランカ原産のキョウチクトウ科の植物です。

DSCF2189.jpg

花が特徴的でして、花弁の中心部にレース状のヒラヒラ(発達した副花冠)が付いていて、可愛らしい雰囲気を醸し出しています。

本来は2m程に育つ低木なんだそうですが、鉢植えではそれほど大きくならない模様。
現時点ではウチのアマリリスやドラゴンフルーツの方がデカいですね(笑)


オオクワガタ「YG血統」を菌糸に投入して2ヶ月ちょっと経ったので、そろそろ最初の交換をしようと思っていたのですが、なんだかどれも居食いしているらしく、あまり食痕が出てこないんですよね。

気になって仕方がなかったので、比較的底の方に食痕が見える(と言っても普段ならまだ余裕、とスルーする程度)1頭だけ交換することに。

DSCF2185.jpg

あれ?フツーだぞ?
てっきり+5gくらいにはなっているものと思っていたんですが。

DSCF2186.jpg
まぁ、まだまだ成長するんでしょうし、ここは期待を込めてオアシス1.5リッタービンに投入しておきました。

他の4頭はもうちょい育っていてくれると良いなぁ…。



「ダークナイト・ライジング」観てきました。
以下、ネタバレ注意。

なんか敵がマジメ過ぎて、イマイチ面白くないんですよねぇ。
街一つ壊滅させるという、くっだらねー目的の割にはグダグダ理屈ばっか語ってて、正直引きました。

前作の、狂気の化身の様なジョーカーの方が好きだなぁ。
理由のない暴力の方が、悪役としては怖いぞ。

とはいえアクションシーンは流石に迫力満点ですね。
ザ・バットの縦横無尽な活躍ぶりは一見の価値アリです(メカデザインも好き)。

…アメリカ人ってひょっとして、核兵器を超強力な爆弾、程度にしか認識していないのでしょうか?
クライマックスで爆発までのリミットの近づいた中性子爆弾(劇中では半径10kmが壊滅する程度の威力、という設定)を、ザ・バットで海上に運ぶんですが、洋上で爆発させたから大丈夫!USA!USA!みたいにキレイに締めくくられちゃって、観終わってからも「そういう問題じゃないんじゃないのか?」との疑問が残るばかりでした。
放射線で周囲一帯、死の海になるぞ。ゴジラ誕生しちゃうぞ、とか。




日曜はさいたま新都心にてブラックアウトですね。
入場料がボッタクリ過ぎて最近は行っていなかったのですが、爬虫類を飼い始めたこともあり、今回は行ってみようかと思っています。

DSCF2196.jpg
こんな本読んでたら、色々興味が出てしまって困りものです。
ニシアフリカトカゲモドキの「ホワイトアウト」とか、レオパの「スーパーマックスノー」やら、実物をじっくり見てみたい。

あと、ツエイモリとか安く売ってないかなぁ。
などと色々考えてしまいます。
マズいなこりゃ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット