解放されました

帰ってきたぞ、帰ってきたぞ~ さ~いた~ま~け~ん♪


ようやく出張も完全に終了し、開放感で多少ハイになっております。
これでムシも植物も、また全力でやれる様になりました!

今までやたらに増種できませんでしたが、その反動で買い過ぎないように注意しないと…。


主が帰るまで、しっかり咲いていてくれました。

liboniana_2.jpg
Griffinia liboniana

草丈10cmほどと、小さいですがなかなかキレイです。
いやぁ、コレが見たかったのですよ。

肥沃な環境で栽培すると容易に分球するらしいので、殖やして寄せ植えにしたら見応えがありそうですね。
油粕でも埋めて置こうかな。


帰ってきて、ちょこちょこ産卵セットを確認していると、アマミミヤマのセットに幼虫の姿を発見。
さっそく割り出しです。

P1014445.jpg
まずは1頭。
ホノホシさんの採集品なので、採れなかったらマズいな、と思っていたのですが、しっかり幼虫確認できて一安心。

P1014446.jpg
マットを篩にかけつつ回収してみると、幼虫23頭、卵が4個でした。

P1014447.jpg
とりあえず無作為に10頭選び、反則マット・生オガ発酵マットを5個ずつ250ccカップに詰め、幼虫投入。

残りの13頭は、あまりムチャして全滅させてもアレなんで、セットに使ったマットを60ccカップに詰めて投入しました。


杉崎美香さん、8年間ホントお疲れ様でした。
朝のニュース番組でウルウルくるとは思いませんでしたよ…。
後任が微妙なので来週からは日テレを見ようかと思いますが、木金だけはフジにしようかな。
侑里ちゃんとミタパンの組み合わせは気になる…。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

明日帰ります

ようやく今日出勤したら、出張生活から解放されます。
思えば拷問のような日々でした。
アメリカ開拓時代の綿花栽培の黒人奴隷か、俺は?と。
真剣に退社しようかと何度も考えましたが、なんとか持ちこたえました。
帰ったら、給料上げろよ、クソ会社。

ま、出勤時間の都合で、実際に埼玉に帰れるのは明日30日なんですけどね。
早く犬と戯れたいですし、グリフィニアの花が見たい…!



埼玉県産アカアシの割り出し。

P1014410.jpg
ケース底に幼虫が見えていたので、ひっくり返すと3齢が。

マットからはもう1頭出てきて、次は材を。

P1014412.jpg
こんなカンジに食痕が出て、いかにもいそうです。

が、出てきたのは1頭のみ。

こりゃ幼虫食われてるパターンですね。

P1014413.jpg
3齢が1頭、初齢が2頭っておかしいですもん。

♀は元気そうなので再セット。

P1014419.jpg
3齢は♂っぽいので余っていた古い800cc菌糸ボトルに。
初齢は250ccカップに生オガ発酵マットを詰めて投入しておきました。


一昨日だったか、「笑っていいとも」で皆藤愛子さんが「母と韓国でタクシー乗ったら、危ないところに連れて行かれそうになった」と、もちろん生放送で口にしていて、フジテレビで韓国ネガキャンみたいな事言って大丈夫なのか?仕事干されるんじゃあ…、と思っていたのですが、昨日になって、今度は「スーパーニュース」でサッカーACL準決勝での「日本の大地震をお祝います」の件を報道したのには驚きました。
あまりにも不謹慎で、朝鮮人の民族性が伺えるような最低の行為(他にも、練習場にホッチキスの芯をバラ撒いたとか…)なので、少なくともフジテレビはスルーするだろう、と思っていたんですけどね。

デモの影響か、少しはマトモな放送局になろうという姿勢の表れなのでしょうか?
それとも局内の数少ない反韓流レジスタンスの仕業なのか。
しばらくの間、注目してみようと思います。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

もう咲いちゃったの??

一昨日、実家から写メが送られてきました。

liboniana_1.jpg
Griffinia liboniana

げぇ~っ!もう咲いちゃったのかい!
球根植えたのが今月7日頃なので、3週間と経たずに開花したことになります。
昨日、また一輪開いて蕾があと3つだ、と連絡があったので、私が埼玉に帰る30日まで咲いていてくれるかどうか、ちょっと気懸かりです。
早くナマで見たいものです。


黒龍江省産ホペイのエサ換えを。

6月に最初の交換をしたとき、♂が2頭揃って17gしかなかったので全く期待していなかったのですが…

P1014439.jpg
思ったより大きくなっていました。

ビンの真ん中でずっと居食いしていて姿が見えなかったため、掘り返してみるまでサイズの見当が全く付きませんでした。

P1014440.jpg
もう1頭。

両方とも74mmくらいにはなってくれるでしょうか?
いわゆる大型血統ではないので、そのくらいのサイズでキレイに羽化してくれれば十分です。


P1014441.jpg
2頭とも、また1400ccボトルに入れておきました。

随分黄色くなっているので、このボトルで最後かな?

♀も800ccボトルの真ん中で居食いしているっぽいのですが、そちらはとりあえず放置。
ひょっとしたら蛹化しているかも知れません。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

コンツムビタリスをセットしました

今が旬ですね。

Lycoris.jpg
社宅のそばのヒガンバナ

何故か昔から縁起悪いとか、摘むと家が火事になるなど、マイナスイメージの強い植物ですよね。
花としてみた場合、これほど美しいものもあまりないと思うのですが。

意外に品種改良が盛んで、白花や八重咲きなど、様々な形質を持った品種が作出されており、ホームセンターなどでも容易に入手できます。
ヒガンバナ科の植物が好きな割に(ウチにあるブルーアマリリスやグリフィニアなどもヒガンバナ科ですね)、ヒガンバナそのものを栽培していないので、来年やってみようかなぁ、と考えています。
別名を曼珠沙華という様に、仏教に因んだありがたいお花でもありますしね。


コンツム省産ビタリスフタマタをセット。

P1014442.jpg
中ケースにナラ材を2本、頭だけ出して埋めてみました。

いつもフタマタは材を転がすだけなんですが、最近不調気味なのでちょっと変えてみました。

ある程度数を採って、今度はサイズ狙いで飼育してみたいものです。
今回の♂はエノキマットでエサ換えもロクにせずに羽化させて76mmあったので、最初から反則マット使ってちゃんとエサ換えしてやれば80mmは楽勝なのかも知れません。
飼育で86mmUPが出ているそうですが、案外ムリなサイズではないのかも?


デブヒラタの♀が何頭か羽化していました。

P1014443.jpg
どれも45mmほど。

殆どの♀を1400cc以上の菌糸ビンで飼育していましたが、やはりスラウェシ系だけあってこの程度にしかなりませんでした。
スマトラでコレやったら、50mm近くにはなるハズ。
2リッタービンに入れてある、現在蛹の♀はもうちょい大きそうな気はしますが、47mm程度かな?

♂はまだ蛹化する気配はありません。
♀の寿命を心配する必要はあまりないので、しっかり食って、大きく育ってもらいたいものです。
次の交換時に55gぐらいあるといいなぁ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

三重ヒラタ、産みました

今日は大手町で標本フェアですが、残念ながら出張中のため行けません。
去年も仕事で行けなかったような気がします…。


自己採集の三重県産ヒラタの割り出しをしました。

ケース底に既に幼虫を確認出来ていたので、気が楽です。

P1014420.jpg
ひっくり返すと、ちゃんといます。

P1014421.jpg
材も入れてあったのですが、1頭を除いて殆どはマットからの回収となりました。

採集時期が7月末と遅かったのと、最初から左触角の片状節が欠損していたため、ちゃんと産んでくれるか不安ではあったのですが、13頭も採れれば十分です。

P1014422.jpg
♀は少し軽くなったものの、まだ元気そうなので一応再セットしておきました。

P1014424.jpg

明らかに♂っぽい2齢幼虫が1頭いたので、詰めたっきり使わずに余っていた菌糸に投入。
残り12頭はとりあえず250ccカップに生オガ発酵マットを詰めて投入しておきました。


以前、フルカーゼロさんから頂いた同県産ヒラタのF1がマット飼育で65mmまで出ているので、目標はそこらへんでしょうか?
菌糸に入れておけば、70mmを狙えそうな気もします。


ついにソフトバンクのiPhone独占が崩れるようですね。

もともと通信状況に難があって、電話としての用を成さないソフトバンクってどうよ?と多くのヒトが思っていたワケですが、これでauに契約数がドッと流れるのでしょうか?
私自身は正直、スマホとかどうでも良くて、iPhoneに固執する理由もさっぱり分からんのですが(別にAndroidの操作性が悪いとも思えない)、今使っているdocomoのガラケーがそろそろバッテリー切れっぽいので買い換えにゃあならんなぁ、とか思っていただけにこの件にはちょっと注目しています。
まぁ、画面がキレイなケータイが好きなので、買い換えるにしても結局docomoのままで、アクオスフォンの新機種辺りになるのかなぁ、なんて思っていたり。

しかし日本人って単純ですね。
メディアで「今どきガラケー?スマホ使ってないとか原始人w」みたいに煽られるとみ~んな買い換えるのね(笑)
新規顧客の開拓に行き詰まったケータイ各社と広告代理店による策略のニオイがプンプンします。
アップルはいずれはdocomoでもiPhoneを、みたいな事を示唆していますが、みんながみんなiPhoneってのも、洗脳されてるみたいで不気味ではあります。

そんな事言っといて、私も多分2ヶ月後にはフリック操作してるんだろうなぁ。
そんなもんです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

球根植え付けました

台風15号、今度は本州縦断コースみたいですね。
みなさま、十分にお気をつけ下さい。
三重県はモロに直撃コースです。また大雨か…。


買ってきた球根を植え付けました。

DVC00644.jpg
これはShilla mischtschenkoana(正確な読み方は分かりませんが、「シラー ミスクトスケンコアナ」と表記されてました)の球根。

DVC00643.jpg
密植させた方が良いらしいので、こんなカンジに並べて覆土しておきました。

DVC00642.jpg

残り2種類、Allium gracefull(アリウム グレースフル)とHermodactyrus tuberosus imperata(ヘルモダクチラス チュバーローザス インペラータ)の球根も。

輸入モノの球根は国内では見かけないような変わったものも多いので、コレクションしていて楽しいです。
今回の3種も魅力的な花を付けるので、開花する来年の春が楽しみでなりません。


コンツム省産ビタリスフタマタが雌雄ともにエサをしっかり食べていました。

♂のフ節が一本マヒしていたので、早めに使わないとマズいかも知れない、とペアリングする事に。

P1014438.jpg
この後、しっかり交尾を確認できたので、一安心。

そういえば同じ中部ベトナムでも、コンツム省のものと、後から入荷したダナン市のものは違う個体群らしいですね。
前者はBE-KUWAフタマタ特集で言うところのssp.に、後者は原名亜種の扱いになるとか。
そういえばダナンからは真っ黒なのも来てましたね。


杉崎美香さん、ついに今月いっぱいで「めざにゅ~」卒業かぁ。
「これからお休みの方も、そしてお目覚めの方も」に癒されていたんですけどねぇ。
8年間、毎朝お疲れ様でした。残り2週間、いつも通り、明るく元気に頑張って下さい。

後任は戸部さんと石本さんか…。10月からは「おはよん」見ようかな。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

羽化しましたが…

園芸に強い某ホームセンターで、輸入モノの球根で面白そうなのがいくつかあったので、買ってきました。

DVC00639.jpg

どれも見たことが無い花です。
開花時期が4月から6月だそうなので、また来年の楽しみが一つ増えました。


黒化型インスラリスが羽化していました。

DVC00640.jpg

ちゃんと親の色合いを受け継いでくれました。
250ccカップに6頭入れておいたのですが、うち3頭が♂として羽化、1頭は幼虫、そして肝心の♀は2頭、蛹で腐っていました。

幼虫やってるのが♀じゃなかったら、完全にアウト…。

いや、たしか60ccカップで放置していたのがいたハズ!
と探してみると♀の成虫が出てきました。

DVC00641.jpg

が、当たり前ですがすげー小さい。
16mmほど。

上翅もちゃんと閉じてキレイに羽化していますが、ちゃんと交尾・産卵するのか、一抹の不安がよぎります。

まぁ、小さいカップで放置していた私が悪いので、無事に羽化してくれただけでも感謝です。


変わった色なので、なんとか累代を続けたいのですが。


「スーパーニュース」なんで原発デモは報道して、目の前でやってたチャンネル桜のデモはやらないのよ?
独占スクープでしょうに(笑)
国旗交換とか、笑えるネタもあったんですが。
大体が4日連続で都内でデモやってるのに、完全スルーなメディアって病んでますよねぇ。
そんなに国家ブランド委員会が好きかね?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

間に合うかな?

木曜の夜中から土曜の昼まで、また実家に帰っていました。


んで、ベランダで植物のチェックをしていると、もうGriffinia libonianaの葉っぱが伸びていました。

DVC00638.jpg

球根を植えつけてから一週間ほどなので、ちょっとビックリ。
Griffinia属には他にも数種が知られるのですが、葉に入る細かい斑紋がliboniana種の特徴だそうです。

ん~、これは早めに花を拝む事が出来そう。期待してしまいます。


モンギローニの♀が羽化していました。

P1014435.jpg
Cyclommatus monguilloni イリアンジャヤ Mt.イラガ F3

他に2頭羽化していて、どうも活動を始めてしまっている模様。

コレはヤバいと、ペアリング用に小型を狙ってカップで飼育していた♂幼虫をチェックしてみると…

P1014430.jpg
♂の蛹発見!

こちらも他に2頭いました。

羽化がするのが10月上旬、交尾可能になるのが11月くらいなので、♀の寿命が微妙なところですが、何とか間に合ってもらいたいです。


カワラを詰めたコバシャ中に投入した♂も1頭前蛹になっていたので、どのくらいのサイズになるのか楽しみです。
75mmUPで、アゴの湾曲の強い♂が羽化すると良いのですが、なかなか難いかな?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

いつの間にか羽化してました

「フォーゼ」ダメっぽいですね。
どうにも空回ってて盛り上がらん。
来週の水着回はそれを見越した上でのテコ入れかな?

それに反して「ゴーカイジャー」は毎回過去のスーパー戦隊が出てくるので、否が応にも盛り上がりますね。
前回のジェットマンも渋くて良かったし、今回のアバレンジャーもハジケてて面白かった。
アバレピッグの小ネタは懐かしかったです。
何よりアイムのコスプレすげえ(笑)

ときおり、ジェラシットの回のようにぶっ飛んだ脚本もあるので毎週楽しみにしています。


ビンに入れてかなり経つのに、蛹室を作った様子も無く、死亡しているのかと思っていたら、既に羽化してマット上に出てきていました。

P1014388.jpg
Hexarthrius vitalisi ssp. ? 中部ベトナム コンツム省 F2 76mm

なぜか、原名亜種の生息するベトナム北部を挟んで遠く離れた広西壮族自治区東部の大瑶山亜種によく似た個体群です。
初入荷の時のインボイスはssp. tsukamotoiでしたが、最初から違和感ありまくりで、S巻氏も「アレは違う」と言ってましたね。

昨年、ようやく本物の大瑶山亜種tsukamotoiが生体入荷して、中部ベトナムの個体群は別モノ、という認識になりました。

P1014390.jpg
上翅はやっぱり赤っぽい。
蛍光灯下、フラッシュ無しでの撮影です。
典型的なものはもっと真っ赤な様です。

P1014393.jpg
ごく痕跡的な内歯。
tsukamotoiはアゴの根元寄りに、もうちょいハッキリと出ます。

マット上に出てきていただけあって、ゼリーを与えるとすぐに食べました。

P1014400.jpg
♀も羽化。

現時点で羽化しているのが1ペアのみ。
6頭幼虫を入手したうち、♀が蛹で2頭腐ってしまっていて、残り2頭は完全に♂。
この♀にはなんとしても産んでもらわないと…。

そういえば本物のtsukamotoiって何故か幼虫出回りませんね。
昨年、今年と比較的まとまって入荷しているハズなんですが。

元々がビタリスってブリードし辛いムシなんで、みんな失敗しているか、売るほど幼虫が採れないんでしょう。

中部ベトナムの個体群はブリードが簡単らしいので、ほどほどに幼虫を得たいです。


大島由香里さんが負けたのに納得がいかない。
相手が弾き語りで得点に+αがあったとしても、歌唱力自体は上だと思うんですけどねぇ。
石本沙織さんは文句なし。ありゃ本人より上手いわ。
マーサはさすがですな。上手いのに笑えるという、独自の路線を開拓しちゃってます。
次回はフジテレビVSセントフォースとかにしてくれると面白いんですけどね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

マエダマルバネ羽化

ドラゴンフルーツがだいぶ大きくなったので植え替えました。

DVC00633.jpg

5号鉢から7号鉢へ。
分かってはいたのですが、軍手を嵌めて植え替え作業をするも、あまり役に立たず、ブスブスと指に棘が刺さります。
そういえば、玄関に置いてあるバラ「サマーレディ」の植え替えの時もこんなんでした。
まぁ、厚手のゴム手袋を用意しておけばこんな目には遭わないで済むんですけどね。

それにしても好き放題に伸びてくれちゃって…。
メデューサの頭みたいになっちゃってます。
来年あたり、開花してくれると良いなぁ。


DVC00635.jpg
ブルーアマリリスはあまり成長が見られず。

真ん中の葉っぱは伸びましたが、左側の葉は枯れ落ちそうなカンジです。
ある程度のサイズにならないと葉の数が増えないようなので、しばらくの間は、一枚葉が出ては一枚枯れ、を繰り返すのかも知れません。
気長に成長を待つしかなさそうですね。


以前ホノホシさんに幼虫で頂いた、マエダマルバネが羽化していました。

P1014395.jpg
Neolucanus maedai ミャンマー タニンダーリ管区 F2 61mm

サイズがアレなんで、まったくそれらしいアゴはしていませんが、顔縁突起側縁や前胸後縁の形状を見るとマエダなんだなぁ、と思います。

P1014399.jpg
タテヅノが無いぞっ!(笑)

飼育で既に70mmUPが出ているそうですが、私にはちょっとムリっぽい。
それ以前に唯一の♀がまだ前蛹なので累代ができるかどうかすら怪しい状況です。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット