通勤ルートにて

社宅から会社に通勤するのに田んぼの畦道を通っているんですが、そこにある側溝にいつもザリガニがいます。

側溝に水が無いときもなぜかいるんですが、今朝、あまりに立派な♂が歩いていたので思わず撮影してしまいました。

DVC00622.jpg
比較になるものが映っていないのでサイズが分からないと思いますが、この個体、恐らくボディだけで13cm以上あります。
野外のアメリカザリガニでは、このクラスのものは中々お目にかかれないのでは?

こういうのを見ると、ザリガニ飼いたくなっちゃうんですよね。
ただ、外産のザリガニは特定外来生物指定されてるヤツが殆どなんで、昔みたいにおおっぴらに飼えないのが残念。
ミステリークレイフィッシュは合法的に飼えますが、いまいちカッコ良くないしなぁ…。


畦道には、あまり見かけない気がするショウリョウバッタ褐色型の♀が。

DVC00623.jpg
ショウリョウバッタの成虫が見られるようになると、もう夏も終わりだなぁ、と感じます。
最近は樹液を見回ってもコクワくらいしか見なくなったしなぁ…。



どうでもいいんですが、次の仮面ライダーとガンダム大丈夫か?

「フォーゼ」は見た目のインパクトがハンパじゃないですね。
ファイズと電王で免疫が付いたと思っていましたが、甘かった。
しかも主人公アレかい。視聴者のうち、主婦層を捨てた、と思ってよろしいのでしょうか?

「AGE」は本格的にヤバい。
「ダンボール戦機」そのものじゃねーか(笑)
というかあの絵柄で味方がバタバタ死んでいく欝展開が出来るのかと。

EDテーマを唄うのは栗林みな実さんだそうで、これは「ガンダムエイジ」というよりは「ガンダムアージュ」と読むべきなのでしょうか(分かるヒトだけ分かって下さい)?

まぁ、観ないで批判するのもアレなんで、両方ともちゃんと第一話を観てから感想を書こうかと。
まずは今度の日曜のフォーゼか。電王(リュウタロスが出たところで限界でした)以来の視聴切捨てにならなければ良いのですが。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

とある休日

数日前、こんなんが街中を闊歩するところへ行ってきました。

DVC00619.jpg
春日大社、境内にて。

中学の修学旅行以来なので、10数年ぶりです。

会社の懇親会で連れて行ってもらったのですが、出張先が三重県内でも山挟んですぐ奈良県、みたいなところなので、割とすぐ着きました。

奈良に入ってまず、地元では有名だという、「彩華ラーメン」で食事。
ニンニクたっぷりで、酸味の効いたラーメンでした。
う~ん、いきなりニンニクくせぇ…。

次に奈良公園に行き、シカと戯れながら東大寺へ。

DVC00621.jpg
あ~、そういえばこんなトコでした。

DVC00620.jpg
特に信心深い方ではありませんが、大仏殿のなかの空気には厳かな気分にさせられます。

茶店で一休みして、若草山方面から春日大社へ。

苔むした石灯籠が立ち並ぶ、幽玄な景色でした。

歩いていると、足元にエンレイソウを発見しましたが、同僚と一緒なのと、神域なので仕方なくスルー。
持って帰りたかった…!

そうこうしているうちに夕方近くなっていたので、三重県に戻り、会社近くの焼き鳥屋にてまた食事、ってカンジの一日でした。


こちらに出張で来て以来、出歩くこともあまり無かったので(クルマが使えないので)、たまにはこんな休日も良いかも知れませんね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

これでしばらく飼育ネタはナシです

実家を離れる間際、何気なくモンギローニの♂幼虫が入ったビンを見てみると、結構育っているような?

気になって掘り出してみるとこんなカンジ。

P1014380.jpg
メタリフェルなら軽く80mm以上が狙える体重ですが、いくらか胴体の比率が高いモンギローニではどうなんでしょうか?

P1014381.jpg
まだ色も白っぽく、もうちょい伸び代があるような気がしたので迷わず2リッタービンに生オガ発酵マットを詰め、投入しておきました。

サイズも伸びて欲しいですが、個人的にはアゴの湾曲のある、ダークグリーンのタイプが好きなので、そんなカンジで羽化してもらいたいもんです。


「ヱヴァ破」期待通りの面白さでした。

が、アスカファンのヒトには辛い展開ですね。
「ま~た~ 会~う~ 日まで~~♪」って、そりゃ涙も出ようというものです。
元々は、顔面が無数の針で串刺しになった上に皮が剥がされるという、「庵野、おまいアスカにそこまで何の恨みがあるんだ!」みたいな原案があったそうですが、没になって本当に良かった。
いや、それでも十分ヒドいですが。


戦闘シーンは文句ナシ!

使徒のデザインも相変わらず禍々しくて素敵です。
特に第8使徒が好きですね。
旧テレビシリーズのマトリエル+サハクイエル+レリエルの特長を上手く生かして合成されてました。


マリの弐号機での出撃シーンの「ぷるんっ」で某掲示板の実況鯖が落ちたのには笑いましたね。
そんなに好きか(笑)

凄く気になるシーンで終了したので、続編の「Q」の公開はいつかと思ったら、来年の秋かいっ!
次は劇場行こうかな…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

なんか違和感

まだ引っ張ります、連休中の作業。


P1014375.jpg
ダージリン産フルボノタトゥスコクワを産卵セットしました。

一週間ほどペアリングしておいたのでまず交尾は成立していると思われますが、こんなちっこい♂をプリンカップにまた個別飼育するのもどうかと思い、雌雄ともにセットに投入してしまいました。

P1014376.jpg
ハナムグリマニアのSさんからの頂き物で、安全策を取って敢えてのエサ換えナシ(幼虫1ペアなので)羽化だったので恐ろしく小さいですが、次世代はちゃんと伸びたアゴに仕上げたいところです。

インドのムシなので温度低めが良いのかと思い、一応エアコンの風が当たる場所にケースを置いておきました。


朝から晩まで、紳助引退報道でもちきりですね。
個人的には正直ど~でも良くて(関係者で、生活に関わってしまう方には申し訳ないのですが)、特に情報を集めることもしていないのですが、なんだかタイミングが唐突過ぎてニオイませんか?

コレ、どうも一連の韓流批判騒動の火消しのような気がしてなりません。

件のデモや最近の不祥事(リトルボーイや、宮城の被災地でのボランティア参加者にイベント会場を設営させたり、系列局のセシウムさんとか色々ありましたね)でフジのスポンサー企業がドン引きしているらしく、秋の番組改編以降のスポンサー枠が歯抜け状態だなんて話も聞きます(ホントかどうかは知りませんが)。
他局も次は我が身と戦々恐々としているとかで、そこに来て大物芸能人の電撃引退ってのは視聴者の目を逸らす絶好(過ぎる)のターゲットです。

これは誰か、ハメた(密告した)でしょ…?
フジ?電通?民潭?
と、勘繰りたくなっちゃいますね。

なんというか、どこのチャンネル点けてもオッサンのどアップ、みたいな絵面は精神衛生上よろしくないので、早く通常の放送に戻って欲しいものです。
めざましの加藤綾子さんやスパニュの大島由香里さんをもっと映せ!
韓国抜きの、ね。


ま、妄想なので、あまり本気にしないで下さいね、と一応付け足しておきます(笑)

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

「エレガンス」って名前がイイですよね

文字色先日の、さらに続きでお土産紹介。


P1014367.jpg
D. titanus elegans 奄美大島 瀬戸内町 野外品

今まで色々なtitanus種の亜種を飼育しましたが、そういえばアマミヒラタはやったことがありませんでした。
奄美のクワガタってなんでか上翅にスジが入ったものが多いんですが、アマミヒラタも他の亜種に比べて、太く、ハッキリしたスジが入っています。

P1014368.jpg
P. dissimilis dissimilis 奄美大島 瀬戸内町 野外品

瀬戸内町の中でも産地違いで二つ頂きました。

加計路麻島、与路島のアマミノコギリは飼育していますが、肝心の奄美大島産のものはいなかったんですよね。
どう考えても他の小島のものよりは大きくなるポテンシャルを秘めていると思われるので、しっかり飼育してみたいところです。
アマミノコギリは菌糸でも大きくなるので、飼い易いです。

あと一つ、奄美大島の前に採集に行かれた西表島産のサキシマヒラタの♀も頂きました。
質量的には日本最大と思われる(飼育品のオオクワガタを除いて)クワガタなので、少数精鋭でこれもいっちょデカいのを狙いたいですね。


日本のデモって整然としていますね。
ちゃんと警察に許可も取りますし、どこかの国みたいに顔写真入りの横断幕を燃やしたり、棺桶を用意したりもしません。

本社前で国歌斉唱はちとやり過ぎな気もしたのですが、考えたら国際的なスポーツイベントの中継でしょっちゅう国旗掲揚や国歌斉唱シーンを意図的にカットするのが好きな局なので、皮肉の意味でもアリなのかも知れません。
ついこの間もなでしこジャパンの表彰式の中継をカットしましたし、よっぽど日の丸や君が代がキライなのでしょう。

工作員がデモ参加者ではない一般人に狼藉を働くかも知れないと危惧していましたが、そのような事もなかったようで安心しました。

しかし、人数がハンパじゃないですね。6千人以上だそうですよ。
現地に行けず、ニコ動やユーストでデモの様子を見守っていたヒトは12万人以上とか。
日当と弁当貰って、韓流スターの空港出迎えやイベントの動員をかけられてる在日の連中には、無償でこれだけの人数が集まるなんて理解できないんではないでしょうか?

しっかし、もし自分の勤務先の前でコレやられたら精神的にかなりキツいですよね。
これに懲りて少しは全うな放送局になってくれると良いのですが。


予想通りというか、これだけの規模のデモがあったのにも関わらず、今のところ報道したメディアはJ-CASTのみ。
他はテレビ、ネットともに見事なまでにスルーです。

こりゃあ、明日のめざましテレビはまた韓流一色かな?


新橋の、某在日系大手広告代理店の真ん前でやらなきゃダメかなぁ…。


え?徳光?なにそれ(笑)

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

続きです

出張先ですが、ホノホシさんからのお土産のご紹介と、飼育記録の続きをば。


P1014361.jpg
Rhaetulus recticornis 奄美大島 瀬戸内町 野外品

飼育品は良く見かけますが、野外品は意外に得がたい種であるらしく、珍品です。

これも発生のごく初期であるらしく、アマミミヤマ同様、異様にテカテカしていて未交尾の可能性すらあります。
♂は得られなかったそうなので、交尾済みであることを祈りつつセット。
せめてセットには手抜きが無いよう、とっておきの材と、しっかり寝かせたマットで組んでおきました。


P1014363.jpg
D. amamianus amamianus 奄美大島 瀬戸内町 野外品

こちらも意外に得がたい種の様です。
しっかり産んで欲しい…!

もう2種類、奄美のクワガタを頂いていますが、それはまた次回。


アエネアもしっかり2セット組んできました。

P1014374.jpg
数日前に載せた、元からウチにいた♀は♀単でセットに。
Sさんから頂いた♀は、一応ペアリングしたものの、交尾しているか確認できなかったので(休眠から目覚めてはいるようでした)、♂もセットにいれてしまいました。

累代が難儀な種類なので、手元に10ペアほどは欲しいところです。
ホント、産んでもらわないと困ります。


今朝、めざましテレビ見てたら、唐突に「冷やし韓国(という冷やし中華モドキ)」をゴリ推ししていて朝食のカレーを吹きそうになりました。
イマどきむすめ使ってまでそんなのやるなよ、と。

件のデモ以来、何だか今まで以上に頑なな姿勢になっていると思うのは気のせいでしょうか?
21日に行われるデモが非常に気になります。

まぁ、一般人に迷惑をかけない様、節度を持ってやってもらいたい、とは思いますが。


全然関係ないのですが、劇場版コナンのCMの合間の、「ヱヴァ破」の番宣がウザかった…。
まゆゆ、絶対おまえ興味ないだろ!

映画自体は何気に初見なので期待していますが、AKB出ると何か興ざめですね。
製作側の、「アニオタはAKB出しときゃ喜んで観るんだろ?」みたいな悪意が透けて見えます。

どうせなら水卜麻美さんあたりにアスカかマリのコスp(以下略

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

また三重県に

ホノホシさんからお土産を頂きました。

P1014354.jpg
アマミミヤマの♀です!
採集が難しい事で知られますが、3日間の採集で複数採ってきてしまうあたり、さすがですね。

発生のごく初期らしく、あまりにスレていなくて未交尾の可能性もあるため、ご好意で♂まで頂いてしまいました。

P1014360.jpg
Lucanus ferriei 奄美大島 瀬戸内町 野外品 31mm

こうしてみると、いわゆるミヤマクワガタの系統とは違い、タイワンミヤマやヘルマンミヤマの様な、タテイタの系統なのがハッキリ分かりますね。

さすがにこのサイズなら♀を真っ二つにすることも無さそうなので、安心してペアリングできます。

P1014370.jpg
同居させて数分でこんな態勢に。
なんとも交尾欲旺盛な…。

一晩同居させた後、組んであったセットに投入しました。

P1014371.jpg
黒土をケース底に敷き詰め、次に黒土交じりの完熟マット、その上は完熟マットと3層式にしてみました。
初めて飼育する種で、憧れていたものなので、これは産んでくれないと困ります。


その他にも色々頂いているのですが、ちまちま小出しにしていきます。

というのも私、もう三重県に戻ってしまっているので、更新ネタしばらく無いんですよね。


そういえば、出張期間が8月末までだったのが9月末までに延長されてしまいました。


以下愚痴です。

延長の話があった時点で拒否権はなかったのですが、何でもかんでもすぐ了解するのも癪だったので散々ゴネてやりました。
というか、心底ムカついたんですよね。これから毎週、週休一日とか言うし。

私一人いなくなったところで、大勢に影響はないハズなんですけどね。

田舎過ぎてムリです、ココ。
「屍鬼」の外場村のモデルになった、と言われたら無条件に信じてしまいそうです。

何よりココの職場の連中、出張応援者を奴隷としか思っていないフシがあります。
全くふざけてます。


早く埼玉帰りたいなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

累代に難儀しますね

P1014337.jpg
以前購入したアエネアの♂が落ちてしまい、♀が活動を始めてしまったため、新たに♂を導入し、ペアリングしました。

元々入荷した野外品の数そのものが少ないので、はたして血の入れ換えになるのかは分かりませんが、一応別系統での交配になります。

もう1♀、今度はSさんより頂いたものがいるので、そちらにもできれば交配してやりたいところです。

休眠期間が個体によって長かったり短かったりするうえに、運良くペアリングのタイミングが合っても受精率が良くないので卵が腐ったり、初2齢が虚弱なため幼虫で落ちたりと、なかなか難しい種類です。
さすがに限界に来ているっぽいですね。野外品の入荷はほぼありえないので、何とかするしかないのですが。


ベララベラ島産ハスタートも頂いてきたので、ペアリング。

P1014343.jpg
ウチのは♀が突然死してしまったので累代できなかったんですよね。
今度は絶やさないようにしたいです。


野外♀をこっそり飼育していたのですが、あまりに産まないため未交尾が疑われ、♂(Takenocoさんブリードの特大個体です)をランエボさんからお借りしてペアリングしました。

P1014345.jpg
D. sawaii norikoae 中部ベトナム ゲアン省 F1♂×野外品♀

ついこの前、新亜種として記載されたばかりです。
他に近縁種のいなさそうな特異なドルクスで、面白い形状ですよね。

しっかり産んで欲しいものです。


P1014348.jpg
古宇利島産オキナワノコギリもセットしました。

P1014349.jpg
他にもイヘヤノコギリやヤエヤマノコギリなどもセット。

P1014351.jpg
もちろんティーノさんから頂いた、23区産ヒラタもセットしました。


今日は某島より帰ってきたホノホシさんからお土産を頂きましたので(明日詳しく書きます)、それもセットしないと。

他にもセット待ちが色々あるので忙しいです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

また産地が増えました!

今日は某所でティーノさんと待ち合わせて、マニアック話を堪能してきました。


そしてなんと、ティーノさん採集の東京都23区内産、野外品ヒラタをペアで頂いてしまいました。

P1014330.jpg
可愛らしいサイズですが、いかにも野外品って風情が感じられます。

P1014334.jpg
D. titanus pilifer 東京都 某区 野外品 35mm

P1014335.jpg
♀は28mm。
ウチの埼玉県産が30mm、三重県産が32mmと、ちょうど2mm刻みで野外品♀が揃いました(笑)

このペアが得られたポイントではなんと60mmUPが採集されているそうで、飼育でどれほどのサイズが出てくるのか、そのポテンシャルに期待してしまいます。


時間があったので、そのポイントまで案内して頂く事に。

思ったよりもアクセスが容易なポイントで、良さ気な木が結構あります。

が、ヒラタがついているのは目立つ木ではなく、普通に採集していればスルーしてしまうような木だそうで、私も教えられて初めて知りました。
さすがドM採集のプロです。見るところが全然違う!と、目からウロコでした。

木を見回っていると、根元にコクワの♀がいました。
採らせて頂くと、そのすぐ上にも♂が!

P1014336.jpg
ちょうどペアになりました。

♂が31mm、♀が21mmと非常に小型ですが、私も23区内で採集することができました(発見したのはティーノさんですけどね)。
23区内といっても、比較的有名な練馬区ではないため、ラベル的に面白いと思います。

実はこのポイントのコクワは昨年にも野外品ペアで頂いていまして、ブリードしたら割とアゴの長い♂が羽化していた(野外品もそんな傾向があるようです)ので、大型を狙うにはやや有利かも知れません。
今回採集したペアで別血統が出来るので、末永く楽しめそうですね。


ティーノさん、本日は大変お世話になりました。
貴重な採集ポイントまで教えて頂いて、非常に感謝しております。
オオミズアオは焼いて食べると美味しいとか、知らなくても良かったことまで知ってしまいましたが、採集にかける情熱には圧倒されるばかりでした。
宜しければまた遊んで下さいね。
来年は6月にまたあそこに行きましょう!

たこ焼きご馳走様でした!

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ガッツリ偏りました・・・

5月下旬に菌糸に投入した離島デブヒラタの菌糸換えをしました。

7頭いたのですが、あろう事か2♂♂5♀♀になってしまい、更に♀は前蛹になっているものまでいる始末。
何より♀に2リッタービンをつかってしまっただなんて…(雌雄判別できないうちに入れたので、当然ですが)。

仕方ないので貴重な♂2頭は菌糸を交換し、♀は羽化まで放っておくことにしました。

まず1400ccに入っていた♂。

P1014315.jpg
び、微妙。
前胸の幅が異様に太くなる産地なので、50gくらいにはなってくれないと90mmには届かない気がするんですよね。
もうちょい伸びてくれる事を期待し、2リッタービンへ。

次に2リッタービンにはいっていた♂。

P1014317.jpg
ほぼ一緒です…。

スラウェシ周辺のヒラタは、マナドもそうでしたがなかなか幼虫体重が乗ってくれませんね。

P1014322.jpg
もっと育てくれないと困るので、2.3リッターボトルに投入しておきました。


真面目に飼育しようと思い、割り出してすぐに1400ccの菌糸ボトルにいれたミワオオの菌糸換えも。

P1014318.jpg
うっ、これまた微妙。
現飼育ギネスの個体が、最初の交換で18gあったという話なので、比較になりません。

ここから20gは、ちょっとムリかも。
一応また1400ccの菌糸に入れておきますが、せめて60mmUPでは羽化して欲しいものです。


サガイン管区産アンタエウスもペアリングしておきました。

P1014321.jpg
往年の人気産地で、現在では希少になりつつあるものなので、しっかり累代したいものです。
そして今度こそ80mmUPを!

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット