採れちゃいました


昨日、いないかも?と書いたのですが、採れちゃいました。

DVC00610.jpg
D. titanus pilifer 三重県 野外品

いつも見回っている本命とは別の木で、一見樹液が出ているようには見えないのに(街灯下でもなく)、カブトやコクワが毎晩1~2頭付いていて、不思議に思っていた木でした。

大きな樹皮のめくれが目立つ木ではあったのですが、よく見たらその裏から樹液が出ており、カブトの♀が数頭詰まっていました。
奥にもまだいるような気がしたので、笹の枝を突っ込んでカブト♀を追い払うと、デカいコクワみたいなのが…。

つつき落としてみると、ヒラタでした!

埼玉県に続き、三重県でもヒラタをGETできました。
いや~、やっぱいるもんですね。この木も毎晩見回らないと…(先日マムシを見つけた、すぐ横の木なのがアレですが)。


毎晩同じ木で見かけていた、巨大なアシダカグモの♀がこんな状態に…。

DVC00603.jpg
ついに産卵したようです。
腹部を上下にふりながら、糸で卵を巻いていました。

孵化するまで♀は絶食して卵塊を持ち歩くらしいので、エサ場であるこの木ではしばらく見かけなくなりそう。
ちと淋しいかも?
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

実は踏みそうになりました(汗)

昨晩、いつものように社宅裏の林を見回っていると、こんなのがいました。

DVC00604.jpg
Gloydius blomhoffii

マムシですね。
田んぼの傍なので、いずれ出くわすだろうと思っていましたが、見つけた瞬間はさすがにぎょっとしました。

基本的に臆病なイキモノなので、掴んだり、誤って踏んだりしなければ無害なハズですが、猛毒を持つ生物なので撮影もちょっと遠巻きです(笑)


肝心の採集のほうはいつも通り、コクワやカブトばかりで捕獲することなく観察のみ。
ひょっとしたらココ、ヒラタはいないかも知れません。


貴志祐介の新刊が出ていたので買ってきました。

DVC00605.jpg

以前読んだ「硝子のハンマー」シリーズの最新作です。
本当はコレの一つ前の「狐火の家」を読んでからにしたかったのですが、出張先で売ってないんですよね。
来週の火曜に埼玉に帰るので、そのときにジュンク堂か書楽で探してきます。

とりあえず半分だけ読んだのですが、緻密なトリックが駆使されてて、なかなか面白いです。
作者が得意な生き物ネタがさりげなく仕込んでありますし(「アイアイの中指」って…)、期待を裏切りません。
一気に読んでしまうと勿体無いので、続きは明日以降にしようと思います。


韓流批判をすると、芸能人は事務所をクビにされてしまうんですね。
ネットをしない、テレビと新聞のみが情報源のヒトも、いい加減メディアによる韓国ゴリ推しに気付いていると思うんですが…。

今朝、高岡某(名前忘れました)が事務所を解雇された件について、フジテレビはどういう扱いをするのか気になって、「めざましテレビ」をずっと見ていたワケですが、見事なまでにスルーでした。
あまつさえ、いつも以上の韓国ネタの嵐で、もはや正視に堪えない状態でしたね。
なんだ「Shinee」って?死ねってか?
日本各地のゲリラ豪雨被害を差し置いて、韓国の豪雨がトップ扱いって、もはや脳味噌がどうにかしているとしか思えません。

その隣の中国じゃ高速列車追突事故の証拠湮滅を図って先頭車両をケガ人ごと土中に埋めていたようですが、これが韓国だったら報道しなかったんでしょうね(市橋達也が在日朝鮮人だ、なんて報道もありませんでしたよね?)。


メディアを支配している在日系某大手広告代理店と、本国の国家ブランド委員会とやらのせいで気分の悪いことだらけです。
私個人は肌の色が黒いだの白いだのでヒトを判断する気はありませんが、同じ黄色い人種でも、人間の伴侶たるイヌを、凄惨な虐待の末(痛めつけたほうが旨味が出る、という妄想に駆られています)に鍋料理へと変えるような人種はそもそも信用できません。

何が連中を日本に固執させるのかは分かりませんが、気色悪いので関わらないでほしいものです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

これまたちっこいですが…

待ち侘びていた本が発売になったので、買って来ました。

DVC00600.jpg
「図書館戦争シリーズ」の5弾です。

仕事前に買って来たので、終わってから読み始めました。

ちょびちょび読んで、数日はもたせる予定だったのですが、頁を繰る手を止められず、つい一晩で読み終えてしまい、ちと勿体無かった…。
今までの巻よりも随分と恋愛成分多めで、楽しんで読めました。

最終巻となる6弾は8/25発売だそうなので、また一ヶ月ガマンしなくては。


そういえば帰宅したときにもう1セット組んでいたな、と思い出したので書いておきます。

ラビリスネブトと同じく、その前に帰ったときにエサを食べていたので、家に着いてすぐにペアリング。

P1014254.jpg
H. forsteri kiyotamii ミャンマー サガイン管区 F4 

プリンカップでそのまま羽化させてしまったので、50mmもないと思われる♂になってしまいました。

赤い♂を使用して累代している系統なので、小さいながらも頭部・前胸には赤い発色が見られます。

P1014259.jpg
いつもの柔らかい材でセット。
そろそろ累代が厳しくなってくるような気もしますが、しっかり産んでもらいたいものです。

もう何セットか組まないとヤバいかなぁ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

なんかデカいのいました

宮瀬茉祐子さんが寿退社とは…。しかも相手電○かよぉ…!結構ショックです…。

まさか出張先の書店で手に入るとは思っていませんでした。

DVC00598.jpg
来月の上旬に埼玉に帰る予定なので、そのときに中野まで行って買ってこようかな、などと思っていたのですが、手間が省けました。

昨年末に「大図鑑」で多くの新種・新亜種が記載されたばかりなので、今回のクワガタ特集は期待薄かなぁ、と思いつつ頁を繰ってみると、しっかり1新種・1新亜種が記載されていました。

新種の方は確かホノホシさんが昨年ゲットして、産卵セットを組んでいた気がするのですが、どうなったのでしょうか?

新亜種の方は、実はウチにも野外の♀単品がいまして、セットしたまますっかり忘れていました。
実家に戻ったら割り出してみようと思います。

と、読んでいないヒトには意味不明な内容ですね。
すみません。


さきほど、スジの♀を求めていつものポイントを見に行ったところ、とんでもなくデカいアシダカグモに遭遇しました。

DVC00599.jpg
Heteropoda venatoria

地元さいたまでは馴染みのない生物で(近年は関東でも見かけられるようになってきているそうですが)、実は見たことが無かったのですが、なんですかあのデカさは。
よく図鑑には体長30mmとか書いてありますが、明らかにそれどころじゃないサイズでした(そばにいた普通サイズのコクワと同じか、それ以上のサイズ)。
抱卵個体のようで、腹がパンパンだったのも印象的でした。
網とケースがあれば捕獲を試みたんですけどねぇ。
さすがに素手だと咬まれてヤバいことになりそうなので断念。
笹の枝でつついてみると、猛烈なスピードで逃げて行きました。
ゴキブリを捕食できるのも納得の速さです。

帰宅してから調べてみると、アシダカって7~8年生きるらしいですね。
飼育してみたいかも知れん…。


今日はスジクワはいませんでした。
今月中に見つけたい…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

珍品(?)採集!


全然知らなかったのですが、スーパーに買い物に行くと、今日は土用の丑の日だとか。

今年はウナギが高いようですし、この前実家に帰ったときに食べたばかりだったので、せっかく関西に来ているのだからと、同じウナギ目の、ハモの湯引きを買って帰りました。

地元埼玉を含む関東圏では高級食材という認識ですが、関西では庶民の食べ物のようで割と安価ですね。

添えてある梅肉を付けて食べると、実に美味です。
これはイイぞ…。


台風が去った後だからなのか、今朝はやたらとたくさんのアマガエルの子供(1cm強でしょうか)を見かけました。

DVC00596.jpg
アベマキの幹にくっついてます。

先月あたりまで、目の前の田んぼにオタマジャクシが大量に沸いていたので、それらが上陸したものでしょうね。
無事に大きくなってくれることを願います。

…そして私の部屋の周りの羽虫を食べ尽くして下さい…。
玄関前に電灯があるので、毎晩凄いんですよ。ライトトラップ状態です。


夜8時頃、いつもの木を見るとコクワに混じってなんか違和感のあるムシが…。

DVC00597.jpg
スジクワでした。

フルカーゼロさんから「三重のスジは珍品だ」と伺っていたので、しっかりキープしました。
アゴが磨り減っているので越冬個体かも知れませんね。

こうなると♀が欲しいところです。
毎晩見回らないと…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

やはり小さかった…!

今回も、実家に帰っていたときのネタで。


Takenocoさんから幼虫で頂いた、ギネス直仔のボイレアウシカが羽化していました。

P1014243.jpg
うわっ、小さっ(44mm)!

最終交換時に6gしかなかったので覚悟はしていましたが、ギネスの直仔とは思えないサイズです。
手を抜いたつもりは無かったのですが、Takenocoさんにはなんだか申し訳ない思いです。

小さいからなのかどうか分かりませんが、この個体、随分と黒っぽくて変わってます。
広西壮族自治区あたりのチュウゴクシカや、ディディエールの黒っぽいヤツみたいな色合いです。
これはこれで面白いかも?
…と、思うことにします(汗)


ラビリスネブトが、その前に帰宅したときにエサをガッツリ食べていたのを確認していたので、今回帰宅すると同時にペアリング。

P1014258.jpg
そして出張先に戻る直前にセットしてきました。

この世代を得るときに使ったセットのマットがまだ保存してあったので、それを1/3ほど、残り2/3はマエダマルバネの食いカスを混ぜてセットしてみました。

F1は4頭しか幼虫が得られなかったので、次は大量に産んでもらいたいところです。


ついでに三重県産ノコギリもセットしておきました。

P1014260.jpg
こちらはほどほどにお願いします。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

また三重県に戻ってきてしまいました

今日は横浜でKUWATAフェアだったようですね。

まぁ、出張中のため残念ながら行けなかったワケですが。
何か出物はあったのでしょうか?


実家に帰っているうちに色々羽化していたので、ご紹介。
といっても何だかちっこいのばっかですが。


P1014244.jpg
P. giraffa giraffa カンボジア クラバン山脈 F1 62mm

完全に♀だと思っていたので意表を衝かれました。
ギラファでこのサイズはチモレンシス以来です。
小さいからか前胸後縁の突起が針のように鋭く、掴んでみて痛みに驚きました。


P1014246.jpg
P. dissimilis dissimilis 与路島 F1 57mm

このサイズだと特徴が分かりません。
コレも蛹化するまで♀だと思っていました。


P1014247.jpg
P. dissimilis hayashii 伊平屋島 F2 55mm 

前飼育ギネスの子供で、この一頭だけ二年一化で羽化しています。

手を抜いたつもりは無かったのですが、なぜかF2では大型の個体が出ませんでした。
次世代でまた大きくしたいものです。


こちらはついショップで購入してしまった幼虫です。

P1014248.jpg
Cetonischema speciosa jousselini トルコ CB

スペキオーサ・ジュッセリーニの名で流通する、世界一美しいとも称されるハナムグリです。
こんなイモムシからは想像できないような、赤、青、緑の光沢を纏った、キレイな成虫になります。

5頭購入したつもりでしたが、帰宅してからカップを開けてみると6頭出てきました。

発酵の進んだマットならなんでもイケるそうなので、クワ幼虫に使用済みのマットを250ccカップに詰めて投入しておきました。
羽化が楽しみです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ついに・・・!

昨日、クワ友Bさんにヒラタ採集に連れて行って頂きました。

埼玉県内で近接した3ヵ所を案内して頂き、まず最初のポイントではカブトに混じってヒラタの♂らしき姿を確認するも、高所であったために手が出せず断念。

次のポイントではコクワやカブトは大量に見られるものの、なかなか本命は見つからず、ポイント内の木を一通り見て次のポイントに向かおうと、一応帰り道にある木をライトで照らしつつ戻っていた最中、

「今、落ちたのヒラタじゃない?」とBさん。
とある木を照らすとコクワの♀が2頭向かい合って小競り合いしていたのは私にも見えたのですが、すぐに片方が落下してしまい、その落下した方はツヤが違っていたとの事。
マヂですか?と下草を掻き分けて探すといました。
ホントにヒラタの♀でした!

採らせて貰ったとは言え、初めてちゃんとヒラタ(しかも♀!)を採集したのでかなり興奮してしまいました。

最後のポイントでは他の採集者が来た直後だったのか、カブトすらおらず、コクワばかりで、ノコの♀が1頭いただけ。
そういえばこの日は何故かノコギリを他に見かけませんでした。

深夜まで、ヒラタポイントを惜しげもなく案内して下さったBさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。


帰宅してから撮影。

P1014237.jpg
D. titanus pilifer 埼玉県 野外品 30mm

埼玉県産はかなりレアです。
コレは累代しないとマズいでしょ、と早速セットを組みました。

P1014250.jpg
いつも通り、柔らかめのナラ材をMaxマットに埋めておきました。
頼むから産んで下さい。


関東に戻ってきたこのタイミングで結構大きな地震があってビックリしました。
さいたまでも震度4とか。
ムシ棚を必死に押さえるような経験はもうしたくなかったんですけどね。


どうでもいいんですが、「ゲド戦記」意味わがんね。
あとタレントもう使うな。棒読みがヒド過ぎて、駄作ぶりに拍車がかかってます。
何考えてるんだろ、最近のジブリ。
素直に「ナウシカ完全版」でも作ってくれればいいのに。
3部作でも観に行くのになぁ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

帰宅しました

埼玉に帰ってきました。

なんだかムシムシしてますね。三重県とは気候が全く違う気がします。

軽く羽化しているムシをチェックしてみましたが、今回は少なさそう。

産卵セットの方を見てみると、いきなりケース壁面に3齢幼虫がいたので、慌てて割り出し。

コンツム省産ツツイシカです。

ケースの表面には2頭見えていたので、中の材にはたくさんいるかと思いきや、3頭のみ。
コレ、確かスダジイ材を使ってたと思ったんですが、特に効果は無かったみたいです。

P1014235.jpg
まぁ5頭なら管理し易いので、結果オーライ、なのか?

P1014236.jpg
とりあえず250ccカップに反則マットを詰めておきました。


他にも割り出したいセットがあるのですが、カップやボトルに詰めるマットがないんですよね。
買ってこないとなぁ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ようやくカブト発見


午後7時頃。

DVC00594.jpg
いつもの木の根元にカブトがいました。

そういえば三重県に来てからカブトを見ていないなぁ、と思っていたのですが、ようやくのご対面。
ノコギリも発生が遅かったので、ここらへんは7月にならないと出てこないのかも?

根元にはカブトがいましたが、その3m上にはノコギリが。

DVC00593.jpg
また笹で払い落とし、別の木に貼りつけて撮影。
一応大歯ですが、この間のよりもさらに小さく、60mmは切っていそうなカンジ。

4ヶ所から樹液が出ていて、最近は行く度にコクワやノコギリが付いていますが、昼に来るとオオムラサキもやってきていました。

目の前の、社宅の駐車場ではカラスアゲハが湿った砂利で給水していましたし、色んなムシがいますね、ココ。

ヒラタやオオがいてもおかしく無さそうな雰囲気ではあるのですが、今のところ発見できず。
私が三重県にいる、8月末までに採集できるでしょうか?


明日の夜中、また埼玉に帰ります。
ようやくちゃんとムシがいじれる…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット