フェア終了

KUWATAフェアに行ってきました。

まず昨日の生体の日ですが、開場直後こそ客の入りは良かったものの、意外に引きが早く、やはり飼育人口が減っているのかな?と思わざるを得ませんでした。
出品されているムシのカブりが各業者間であまり無かったのは良かったのですが、あまりパッとするものも無く、全体に小粒な印象でした。

そんな中、異彩を放っていたのが仙台の「ブラッキー」さん。
まさかブリード困難なタイ産フライミヤマのブリード品を出してくるとは驚きでした。
他にもアエネアの即ブリ個体や各種ミヤマにホソアカなど、面白いものばかりで見入ってしまいました。

初日は終了後にクワカブさん関係者御一行と朝霞の焼肉屋で打ち上げ。
換気扇が壊れてもうもうと白煙の充満したお店でしたが、臓物を中心に腹いっぱい食べて3000円弱と、割と満足でした。
帰りは同じ方面のS君のクルマで送って頂き(といっても大分遠回りさせてしまいました。本当にありがとうございます)、一日目が終わりました。

そして2日目の標本の日は11時前にゆったり入場。
特に標本を集めているワケでもないので、目の保養程度のつもりで昨年から2日目に来ています。
クワカブK氏のおかげでアグリアスに最近目が行くようになり(種類は全然わかりませんけど)、「おっ、ベルサザールじゃん!これ店長欲しそ~」とか思いながら見ていました。
デカいエビやカニの標本を出品している業者さんもいて、Oさんが気になっている様子でしたが、あれ買っていったのでしょうか?

あまり寝ていなかったので早めに帰り、今年の大宮フェアは終了しました。
会場でお会いしたみなさま、お疲れ様でした。

しかしG(旧姓I)さん、二日連続ですげぇ格好してましたね、あれで人妻とは恐れ入ります。ウェストウッディーとかありえないだろ、シールかと思ってましたよ…。


戦利品。

P1013636.jpg
コロンバンガラ島産ハスタート3齢ペア
ベララベラのにも紋が出る個体がいるんだから、同じモノだろう、とホノホシさんと話していましたが、安かったのでつい…。

ハナムグリマニアSさんからの頂き物のフルボノタトゥスコクワ幼虫ペア
P1013640.jpg

3ペア買ったうちの一つだそうですが、頂いちゃってすみません。
いつもお世話になりっ放しなので、何かお返ししたいなぁ。

あとはとある♀単品が一つと、今回のフェアではあまり出費しませんでした。
アエネアは悩んでいるうちに売れてしまったのが悔やまれます。

ハスタートは確認の意味もあり、とりあえずエサ換えしました。

P1013637.jpg
うっ、なんかもう黄色いのに小さい…。
横幅があるので幼虫体重から成虫サイズの予想が付き辛い種なんですが、以前マライタ島の亜種は40gの幼虫が73mmとかで羽化していたので、これは60mmにも届かないかも?

P1013638.jpg
♀も体型から考えると小さいかも?

一応反則マットを詰めた1.5リッタービンと800ccボトルに入れましたが、必要なかったかもなぁ。
P1013639.jpg

まぁ、無事に羽化してくれればいいです。ハイ。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

大宮でフェアです

今日はいよいよ大宮でKUWATAフェアですね。

私はモロに地元民なのでもちろん参加します。

狙っているものが無くても、いつの間にか荷物が増えているのがフェアの楽しみでもあり、怖いところでもありますね。
さぁて、今回は何を入手してしまうのでしょうか?

リアルで私を知っている方々は、会場でお会いできましたら宜しくお願いしますね。


ブラックハスタートが羽化していました。

P1013608.jpg
P. hasterti hasteruti ソロモン諸島 ベララベラ島 F3 64mm

Sさんに頂いた幼虫が羽化したものです。

所謂「黒ハス」を羽化させたのは何気に初めてだったのでじっくり見ていたら何だか違和感…。
左アゴの根元の内歯がありません。
以前Takenocoさんのブログで両方とも内歯がない個体は見ましたが、こんなのも出るんですね。


黒ノコギリが蛹化していました。

P1013605.jpg
以前、フルカーゼロさんに送って頂いた、近畿地方産の黒化ノコギリのペアから得られたものです。
幼虫体重が10gほどだったのでサイズには期待していなかったのですが、思ったよりマトモなアゴをしています。
60mmUPはカタそうですね。

黒化したノコギリは(その地方においては)若干標高の高い(気温の低い)場所で得られるという話を聞いていたので、体色変化に蛹化以降の温度が反映されている可能性もあり、あえて暖かいところで管理しています。
これでしっかり黒化型で羽化してくれれば遺伝要素が大きい、という事になるんでしょうか。
1ヵ月後に結果が出るのを期待して待ちましょう。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

クビボソ孵化中

ステインヘイルクビボソの幼虫が孵化しています。
P1013585.jpg

全て卵で割り出したのですが、湿気で腐るのを恐れてやや乾燥気味のMaxマットで管理したところ、3つほど腐りましたが(不注意でキズ付けたのかも?)なんとか9頭の幼虫が得られました。
親♀は既に死亡しており、残りの卵はあと1つとなりましたが、健康そうなのであと数日中には孵化しそうなカンジです。

得られた幼虫は乾燥したマットのままではマズいと思い、水分を足したMaxマットに移しました。
姿が確認できないと不安なので、とりあえず60ccのカップに投入してありますが、幼虫の成長が極端に遅いムシですし、しばらくはそのままで大丈夫でしょう。

実験的に、既に摂食を開始してしばらく経った幼虫のマットには反則マット(の食いカス)を少量混ぜてみました。

なんとか無事に成長してもらいたいものです。


セットを二つ組みました。


まずHR-1にナラ材を埋め込んでパリーノコギリのセット。
P1013594.jpg

次にコバシャ小でナラ材を転がしてエロンガトゥスのセットを。
P1013593.jpg

両方ともかなり累代が進んでいますが、特に後者は野外品の入荷が期待出来ないのでしっかり産んで欲しいです。



ジャイアントパンダが上野にやってきたようですが、これって必要なんでしょうか?
バカ高い(年間8000万円の10年契約でしたっけ?)契約金に、自然死以外の死亡時は5000万円の賠償とか、極め付きはペアが繁殖した場合は子供の所有権も中国なんて、ナメきってますよね。
もちろん、CITESバリバリのⅠ類で商取引が禁じられていてカネで買えないのは分かっているのですが、世話させてやるからカネくれよ、ってのはどうなんですかね。
同じパンダのレンタルでもイギリスへのレンタル料は年間800万円ほどであるらしく、いかに日本がナメられているかが分かります。
そもそも最初にパンダが送られた田中角栄の時代とは趨勢が変わっていて、もう完全にあちらさんが上から目線なんですよね。
なんでコレ契約しちゃったんでしょ?上野動物園ってそんなに経営に困ってるワケない(都営ですし)ハズで、まさか地元商店街の活性化のため、なんて理由ではないですよね。
個人的にはジャイアントパンダって白黒のクマにしか見えなくて、レッサーパンダの方がはるかにカワイイじゃん、なんて思っているんですが、私だけでしょうか?
なんか政治的な思惑があからさま過ぎて、素直に喜べないんですよね。
パンダ外交って、上手い言葉だと思います。


…上野にいる、同じCITESⅠ類ならインドライオンとかコモドドラゴン(今はシンガポールに貸し出し中ですが)の方がず~っと魅力的な気がするんですが、これは思いっ切り少数派ですね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

せっせと植え替え

クリスマスローズ展で購入してきた苗を植え替えました。

P1013586.jpg
Helleborus orientalis abchasicus

一般的に流通しているクリスマスローズは「交配種」と呼ばれるもので、H. orientalis orientalisをベースに様々な原種を交配したものです。
今回入手したssp. abchasicusはその亜種で、繊細なピンク色の花を咲かせます。

これがネットでも中々入手できなかったもので、無事に手に入ってちょっと感激しています。
今年はもう咲かないと思いますが、割としっかりした葉が出ているので、来年に開花してくれる事を期待します。


漆黒の花が咲く、と店員さんに勧められて買ったのがこちら。

P1013587.jpg
その名も「究極の黒」
シングル咲きの品種ですが、これまでに無いような黒さをもった花が咲くらしいです。
安かったのですが、株が小さいのでこれは開花までしばらくかかりそう…。


八重咲きの黒花も。

P1013588.jpg
「ブラックオニキス」
開花株の見本があったのですが、なかなかカッチョイイ花だったので買ってしまいました。
こちらはひょっとしたら来年開花するかも?

基本的にはピンクとかブルーの花が好きなのですが、黒い花にも妖しい魅力を感じます。
ブラックキャットとか栽培できればやりたいのですが、環境的にムリですねぇ。


ヤエヤマノコギリが羽化していました。

P1013592.jpg
P. pseudodissimilis 西表島 船浦 F1 50mm

ギリギリ50mmに届いてくれました。
幼虫体重が全然伸びないので、アマミノコギリほど楽に大きくなってくれません。
このサイズだとタカサゴノコギリみたいです。以前は亜種関係にされていたのも納得。

♀もほぼ同時に羽化していました。
P1013589.jpg

なんかアスタコイデスみたい…。

♂でマジメに飼育しているものが何頭か別にいますが、60mmはちょっとムリそうで、55mmに届くかさえ微妙なカンジです。
思いっきり黒い完熟マットの方が良いのかなぁ?

次世代が得られたら色々試してみようかと考え中です。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ほぼ植物ネタです

昨日は池袋のサンシャインシティにて開催していた「クリスマスローズの世界展」に行ってきました。

個人的に見てみたかったのがコレ

DVC00464.jpg
Helleborus "Pink Ice"

私のHNの由来です。
専門書に載っていたこの品種があまりにキレイで、一度どんなものか見てみたかったのですが、実物は予想以上でした。
この画像では全く分からないのですが、殆ど白に近いような薄いピンクの発色をしています。
H. nigerとH. thibetanusの交配品種でなかなか成功しない組み合わせなのと、稔性が無く次世代が得られないため株分けによって殖やす他なく、一般には出回る事の無い品種です。
自分で作ろうかとも思ったのですが、交配親の開花期が自然状態では重ならないので、管理温度をイジって開花期を調整する必要があるのと、運良く交配に成功して種が得られても花が見られるのは6年後(成長が極端に遅いそうです)なので、アマチュアにはムリ、と感じ断念しました。
そのうちメリクロン(組織培養)個体が出回ればいいんですけどねぇ。

最近注目されている「ネオン」
DVC00466.jpg

花弁(正確には萼片なんだそうですが、便宜的に)の中心のフラッシュ(眼状斑)と、そこから伸びるベイン(葉脈上のスジ)が特徴です。
人気が高く品薄で、なかなか手に入れる機会が回ってきません。そのうち欲しい…。

ダブルのゴールド
DVC00465.jpg

ド派手でもう殆どシャクヤクのようです。溜め息が出ます。

DVC00460.jpg
このクラスのダブルのグリーンはまず見かけません。ちょっと驚きました。

珍品種「風車」
DVC00461.jpg

γ線照射で作られた変異品種だそうです。
なかなか異様ですね。


さすがにこういった展示会では、ホームセンターに並ぶ一般的な株とは一味も二味も違ったものが見られて、終始圧倒されていました。
勿論上の画像以外にもた~っくさん優良な株が展示されており、まさに眼福でした。

販売ブースもあり、もちろん覗いていくと、この頃から欲しかったアブチャシクスがあったので即買い。
abchasicus.jpg

ついでに黒系品種も二つ買って、ウキウキしながら帰路に着きました。


…そういえば池袋っていつからオタクの街になったのでしょうか?
アムラックス(トヨタのショールーム)の裏がとんでもない事になってました。
ちょっと覗いてみたのですが、東方とか私さっぱり分からんので早々に逃げ帰りました。
コスプレ用品専門店にはさすがに踏み込めなかった…。


エラフスホソアカの♀が2頭羽化していました。
P1013578.jpg

やっぱり黒♀からは黒♀が産まれるようです。
親は黒♀としては小型の28mmほどでしたが、両方とも31mmで羽化しています。

P1013582.jpg
こうして見ると、腿節のオレンジが結構目立ちますね。

♂がいないので、今度のKUWATAフェスで探してこようかなぁ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

いつの間にか

250ccカップに入れたっきり忘れていたスピネウスノコギリが蛹化していました。

P1013569.jpg
まぁ、放置していたくらいなんでサイズは望むべくもありません。羽化サイズは40mmくらいでしょうか?

P1013565.jpg
♀は既に羽化していました。

P1013567.jpg
上翅末端の形状が独特ですよね。
この手のムシは♀の同定が紛らわしいですが、本種は一目瞭然です。

羽化後の休眠期間が異様に長い種なので、ブリードは大分先になりそうです。



キリンドリクスサビが羽化していました。

P1013561.jpg
これでも♂。
羽化後間もなくて上翅に汚れが無いので、まだ「サビ」クワではありませんね。

P1013563.jpg
こちらは♀。
アゴの形状がちょっとだけ違うのがお分かり頂けるでしょうか?
既に活動開始していたので、ゼリーを与えておきました。

別に起きている♂もいるので、近いうちにセットを組みます。


常識的に考えて、「好きな鍋料理」の世代別一位(60代までも!)が全てキムチ鍋、なんて事はありえるのでしょうか?
昨日の「いいとも」の話ですが、いい加減ムリヤリなチョン韓国プッシュに腹が立ってきました。
ニュース番組のトップニュースが「KARA」とか意味分からん。単なる電通だか民潭のピンハネでしょうに。
コレの天気図の中心が朝鮮半島になっている件といい、完全に魂売ったなフジテレビ。
株式の相当なパーセンテージを韓国資本が占めているそうですが、ドコの国の放送局なんだか分かったもんじゃありませんね。
キモチ悪い…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

今日もヒラタで

原種クリスマスローズ Helleborus lividusが雪にも負けず、しっかり咲いていました。

DVC00456.jpg
割と地味な花です。
種小名も「鉛色」を意味しますが、花弁の外側から見ると確かにそんな色です。
この種は葉っぱの方がキレイかも?
Helleborus属の中でもこんなに複雑な模様の入った種はリビダスだけで、実に個性的です。


人工蛹室に移したハチジョウヒラタがいたのを思い出し、見てみると既に羽化していました。

P1013559.jpg
D. titanus hachijoensis 八丈島 樫立 F1 43mm B型

250ccカップでエサ換えナシで羽化しているためこんなサイズですが、一応B型になっているのがお分かり頂けるかと…(汗)
飼育品の大型はそれこそサキシマヒラタ並に内歯が上がるんですが、それはもっと後に羽化する兄弟たちに期待します。

やっぱ産地で歯型変わるんですね。
飛ばないムシとはいえ、局所的なポイントで変異があるとは面白いです。


Takenocoさんから頂いたゲアン省産fafnerのエサ換えをしました。

P1013543.jpg
1400ccの菌糸に入れておいたのですが、こんなカンジ。
イマイチですね。このまま羽化して、ギリギリ80mmに届くかどうか…?
クワデブロマットを詰めて投入しておきました。

…90mmはムリです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

♂に偏りました・・・

昨日まで雪が降るだの積もるだの言われながらも交通に大した影響が出なかったので、今日は安心し切っていました。

…午後8時までは。

会社を出たのが午前1時過ぎ。
埼玉では今季初の、ヤバいほどの積雪。
11kmの道のりを道路ガラガラなのに40分以上かけて帰ってきましたが、イヤ~怖かった。
なんか途中あっちこっちで事故っているもんで、ヒヤヒヤでしたね~。
「“事故”る奴は…“不運(ハードラック)”と“踊(ダンス)”っちまったんだよ…」という有名な某マンガのセリフが何度も頭を過ぎりました。

無事に帰ることはできたのですが、ウチの駐車場の入り口のちょっとした坂を、雪が積もり過ぎて登れず、やむなく家の前まで行って路駐するハメに。
明日雪解けてるといいなぁ…。

午前2時のさいたま

DVC00458.jpg
自宅前の畑


DVC00457.jpg
ベランダ

なんじゃこりゃ~~~~~~~!!


パナイ島産ダイスケギラファのマット換えをしました。

まず2リッタービンの個体から。

P1013553.jpg
ん~、普通か。まだ白いからもうちょい肥りそうですね。

次は3リッタービンの個体を。

P1013552.jpg
ちょっと大きい。50gは超えてくれそうですね。
この個体は期待してみましょう。

これは♀ですね。
P1013555.jpg
大きなものだと30gを超えるようなのですが、この個体はもうそんなに伸びなさそう。

あと2つ掘り出しましたが、両方とも36gでした。

ん?ひょっとして♂ばっか??
やってしまったかも知れません。

今セットしてある♀が産まなければ本格的にピンチかも?

掘り出した幼虫はまた反則マットに入れておきました。
♀は早期羽化するとマズいので、部屋でも気温の低い場所に置き、敢えてエサ交換しなかった430ccカップに入れっぱなしの♂を気温の高い場所に移しておきました。

なんとか羽化時期がズレないようにしたいのですが…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

今日は本土ヒラタで

先日に続き、今朝から関東でも雪が降っています。
埼玉県民というイキモノは基本的に、冬に雪が降るのは当たり前、などとは思っていないので、1cmでも道路に積雪があろうものならたちどころに交通が麻痺してしまいます。
現在、積雪は見られませんが、恐らく日没後にはしっかり積もるものと思われます。
私はそんな中、クルマを運転して会社に行かなくてはなりません(泣)


以前株分けした白の糸ピコのダブル(八重咲き)のクリスマスローズの子株に蕾ができていました。

DVC00452.jpg
小さめに株分けしてしまったので、少なくとも今年は咲かないと思っていただけに意外でした。
ただ、八重咲きの品種でも株が充実していないとシングル(平咲き)になってしまう事も多いため、開花を確認するまではまだ安心できないかも?
上手く白地の花弁の縁に糸状の覆輪の入った、キレイな八重咲きになってくれる事を祈ります。


近畿地方産ヒラタの幼虫のエサ換えをしました。

まず前回13gだった個体は…

P1013544.jpg
微増ですね。60mmに届くか?
クワデブロマットを詰めて投入しておきました。

続いて15gだった個体は…

P1013551.jpg
これはイイ線いってるんではないでしょうか?
70mmとか狙えそうな気がします。
このまま縮まない事を祈ります。
こちらもクワデブロで。

12gだった幼虫は蛹化していたのでスルー。
あまり大きくはなさそうです。

以上が最初の割り出しで採れた♂幼虫ですが、2度目の割り出しで得られた♂幼虫が何故か先に羽化していました。

P1013545.jpg
56mmと、4ヶ月ほどで羽化した割には上出来かと思います。

♀はこれから羽化してくるので、引き続きブリードの予定です。


はぁ、雪止まないかなぁ…。
運転おっかないからイヤなんですよねぇ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

期待のセット

原種クリスマスローズ Helleborus purpurascensが開花しました。
DVC00454.jpg

ピンクがかった紫色で、原種らしい丸弁の、小さめな花です。

開花見込みの株を入手するのにはちょっと苦労したので無事に咲いてくれて良かったです。
派手な花ではありませんが、これはこれで味わい深いものです。


色んな球根を雑多に植えたプランターには、いつの間にかスノードロップが咲いていました。

DVC00451.jpg
今季は植えた覚えがなかったのですが、使いまわしにしている用土に以前植えた球根が混入していたようです。
花の少ない季節なので、棚ボタ的に嬉しいです。


ペアリングしたモンギローニをセットしました。

P1013541.jpg
極柔の霊芝材と通称「黄金材」をMaxマットで埋めておきました。
転倒防止材はいつもより多めに。

♂を投入するか否か悩みましたが、とりあえず入れておく事に。
メイトガードはしていたんですが、交尾自体は未確認なんですよね。多分大丈夫だとは思いますが。

以前失敗しているので、今度こそしっかりと産んでもらいたいものです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット