異常にテカってます

こんなのが入荷していたのでゲットしてきました。

P1013501.jpg
Dicheros modestus modestus 北スラウェシ州 マナド市 トンダノ Mt.マカベンベン 

ホウセキカナブンってヤツですな。
5年くらい前に一度飼育した事があり、懐かしさからまたやってみることに。
20mmあるかないかの小さなムシですが、「宝石」の和名の通り、眩いばかりの光沢があります。
以前飼育した際にも少ないながら幼虫が採れ、ちゃんと羽化しているので恐らくブリードは大丈夫でしょう。

雌雄差はパッと見では分かり辛いのですが、裏返してみると♂は腹板に縦スジが一本入っていて一目瞭然です。
恐らく交尾時に♀の背中に密着し易いようにそうなっているのでしょう。
陸ガメも同じ理由で♂の腹部の甲羅が窪んでいますよね。

前脚の脛節の突起でも判別可能ですが、動きが早いので見辛いです。
画像の個体は♀でしょう。

P1013502.jpg
さっそくセットしました。
余っていたカブトマットをケース底だけ固詰めし、あとはふんわりと乗せるだけ。
テキトーに足場材をバラ撒いて終了です。

しっかり産んで下さいな。


初めて大ケースを使用してセットを組みました。

P1013491.jpg
カメルーン産G. g.です。
ホウセキのセットはコレの余りのマットで組んでます。

メチャクチャ期待してます。
コレは採れないとイロイロまずいです。
幼虫も数抱えてないと不安ですし。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

まさかのボウズ!

原種クリスマスローズ Helleborus nigerが開花しました。

ニゲル
純白の爽やかな花です。
選別交配で花色が赤いものもありますが、やっぱりニゲルは白が一番キレイですね。

niger.jpg
種小名は変に捻って「niger(黒)」とか付けるくらいなら(根の色に由来?特別黒くありませんが)、まんま「alba(白)」とかで良かったのに、と思います。



白眼レギウスのセットがこんなカンジになっていたので割り出しました。

P1013476.jpg
が、まさかのボウズ…!
普通、ここまで齧ってて産んでないなんて事は無いので、血が濃過ぎて卵が孵化しなかったんでしょうね。

このままもう一度セットしても無駄と思われるので、横浜のフェアで購入した別血統ペアの♂がいたのを思い出し、追い掛けしてみました。

P1013493.jpg
オンブバッタの様です…。

♂の方が小さい(40mm)とはいえ、♀(45mm)も特に拒否する様子も無く交尾してます。
そういや似たような系統のオウゴンオニのフルストルファーなんかは、普通♀の方が大きくなりますよね。
それでもちゃんと交尾が成立するようなので(飼育難易度は別として)、このくらいまでの体長差は問題ないのかも。

今度は正常な卵を産んでもらいたいものです。


イジェンノコギリの♂第一号が羽化しました。
P1013489.jpg

一時期まとまって入荷したと思ったら、また見かけなくなりましたね。
これも累代しないとマズそうです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

無事に孵化しました

原種系チューリップ「アルボコエルレア オキュラータ」の芽が出ていました。

オキュラータ
白い花弁の付け根に青いブロッチが入る、変わった品種です。
パッと見はチューリップに見えないかも知れません。
私は「青い花フェチ」なので、その存在を知ったときから気になって仕方なかった品種でもあります。
3月上旬頃に開花するようなので、楽しみに待つことにします。


先日、ステインヘイルクビボソの4度目の割り出しをしました。

P1013432.jpg
5個追加したので、これで11個。
段々ペースが上がってきました。
この調子でお願いします。


そして今日になって最初に割り出した卵をチェックしていると…

P1013472.jpg
1頭孵化してました!

これで第二段階クリアといったところでしょうか?
卵が採れても腐る、みたいな話も聞いていたのでようやく一安心できました。
残りの卵も全て孵化して欲しいものです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

菌糸交換しました

仕事から帰宅すると、アマリリス「ダンシングクイーン」の蕾がいきなり膨らんでいました。
P1013464.jpg

出勤するときはまだ緑色の硬そうな蕾だったんですけどね。
2~3日中には最初の花が咲きそうなカンジで、楽しみです。


ホペイ「皇帝」のエサ換えをしました。
2ヶ月前の交換時に20gだった幼虫ですが

P1013467.jpg
大して変わりません…。

18gだった幼虫も…

P1013468.jpg
コレも微増。
ま、この2頭は思いっきり暴れていたので仕方ありません。

いいカンジに食っている、前回交換時に22gだった幼虫に期待して掘り出してみると…

P1013469.jpg
ダメだこりゃ。
本格的に黒虫向いてませんね、私。

次行ってみる気力が無くなったので、ホペイのエサ換えは終了。
どれも上手く羽化しても70mmくらいですね。


ダナン産グランディスの♀をついでにエサ換え。

P1013470.jpg
♀でコレならそこそこなんじゃなイカ?
まだ白っぽいので、もうちょい大きくなりそうな気がします。
50mmくらいになってくれると良いなぁ。


めざにゅ~見てたら板野友美ソロデビューの報に対し、杉崎美香さんが「板野さんどんどん可愛くなっていきますね」なんてコメントしてました。
それってまさか整形に対する皮肉ですか?と朝から噴いてしまいました。
いや、本当に悪気は無かったのでしょうが、妙に勘繰ってしまうクセがついてしまって困ります。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

グリーンが出ますように・・・

先日ペアリングしていたニジイロとミワオオの交尾を確認したので、さっそくセットしました。

ミワオオはナラ材で。
P1013459.jpg

親♂を極小で羽化させてしまったので、次はせめて大歯型で羽化させたいものです。


ニジイロは、小さい霊芝材が余っていたのでソレでセットしたのですが、あまりコンディションの良さそうな材ではなかったので、齧らなければ早めに交換する予定です。
というか、セット組んだあとにマトモな霊芝材がもう1本、部屋にあったのに気付きました…。

P1013462.jpg
グリーンが次世代に引き継がれるかの検証もしたいので、できるだけ多くの幼虫を採りたいものです。


初めて行ったショップさんにて、昨年一部で話題になっていたスダジイ材が売っているのを見つけ、買ってみました。

P1013456.jpg
表皮はナラ材よりも薄め。肉質もしっかりしてます。

P1013457.jpg
皮を剥いでみると、なんだかVN材っぽい。
フタマタやオオシカにオススメってのも頷けます。

買ったはいいものの、しばらくはフタマタもシカもブリードの予定がないので寝かせておきます。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

マット買いました

最近マット代がやたらとかさむので、珍しく通販で買ってみました。
P1013427.jpg

この梱包の仕方で、既にドコのマットだか分かってしまった方もおられるかも知れませんね。
フジコンのクワデブロマットです。
50リッター1750円と、ムチャクチャ安い割にはそこそこ良いマットであると聞いていて、一度試してみたいと思っていました。

P1013428.jpg

粒子は粗め。
菌床ベースのマットにしてはそれほど「完熟」ってカンジの黒さはありません。
月夜野のきのこMatのようなものをイメージしていましたが、もっと発酵は浅めのようです。

衣裳ケースに2袋空けて、ガス抜きをしておきました。

とりあえず実験的にノコギリ系に使用してみようかと。
ほどほどの結果が出れば、EXマットの代わりにクワデブロをメインに使おうと考えています。


ミワオオをペアリングしました。
P1013437.jpg

プリンカップでエサ交換ナシのため、極小です。
セスジオオのようですらあります。
次世代はもうちょいマジメにやりたいものですね。


プリキュアはヤバかったですね。
バトルシーンが異常にクオリティ高いわ、ダークプリキュアはゆりの妹だ、発言でドロドロの修羅場だわで、もう完全に本来の視聴対象の、女の子置いてけぼりの展開です。
ゆりの父親が仮面を被ってサバーク博士に変貌するシーンは、JOJO第一部の「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーーーーッ!!」へのオマージュですね。
正気に戻って、デューンの攻撃からムーンライト・ブロッサムを庇って爆死しましたが、リアルに「死者」が出たプリキュアって史上初ではないでしょうか?
番組的に大丈夫なんだろうか…。それともコッペ様が回収済みとか?

本来、仮面ライダーとDB改の繋ぎで見ていたプリキュアですが、いつのまにかメインになりつつあったので次週最終回というのは淋しいものです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

次世代にも期待

グリーンのニジイロがエサを食べ始めてしばらく経ったので、ペアリングしました。
P1013424.jpg

ニジイロのグリーンやレッドは明らかな遺伝形質であるらしいので、次世代にも期待できそうですね。

クワガタ飼育の入口のようなムシですが、実は飼育した事のないムシです。
ちゃんとセット方法も聞いたので、しっかり幼虫を採りたいと思います。

野外品には稀にブルーの乗った個体も見られるようですが、飼育ではそういった個体はまだ出ていないのでしょうか?
アレ、凄くキレイで魅力的ですよねぇ。


エラフスの幼虫を入れてあった800ccのカワラボトルが、完全に劣化していたのでエサ換えしました。
P1013425.jpg

ボトルの側面から幼虫の姿は確認できていたのですが、あまり成長しておらず6gほど。
少なくとも高カロリーカワラは合わないようですね。

大型のキクロは単純に高栄養で大きくなる、というワケではない様なので難しいですね。
いっそ最初からMaxマットのみで飼育したほうがデカくなったりして?

と思い、800ccボトルにMaxマットを詰めて投入しておきました。
まぁ、この個体に関してはもうそんなに成長しなさそうですが。


どうも今期の仮面ライダーはハマりませんね。
脚本家が「電王(あまりにヒドくて唯一私が視聴を打ち切った平成ライダーです)」と同じ小林靖子だからでしょうか(シンケンジャーは面白かったのですが)?
別につまらなくもないのですが、盛り上がりに欠けます。
主人公が常識人過ぎたり、キメ台詞が無いのは物足りないですよね。
30分後の「ハートキャッチプリキュア」の方がよっぽど面白いです。
というか普通に熱血バトルアニメになっていて、製作側も完全に男性の視聴者を意識しているようですね。
ムーンライトの「ハートキャッチ!」はドスが効いていて、なんか一人だけ違うアニメになっているような気が…。
あと2話で終わりですが、最後まで目が離せません。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

エサ換えしました

シングル咲きのクリスマスローズにも蕾が付いていました。

P1013415.jpg
この株も以前ご紹介した「ガーネットレッド」と同じくウチで一番古いクリスマスローズです。
去年は何故か咲かなかったのですが、今年は無事に開花を迎えられそうで安心しました。

P1013416.jpg
ごくノーマルな、紫の花の咲く株です。
この株を入手した頃は、鉢植えの植物としては割と高価なものでしたが、最近は随分とお求め安くなりましたね。
ド派手な花ではありませんが、楚々とした佇まいで根強い人気がある植物です。
ホームセンターでももう開花株が出ているので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?
よく見かける交配種(ガーデンハイブリッド)は丈夫なのでオススメです。


コンツム省産ビタリスフタマタが3齢になっていたので、エサ換えしました。

P1013418.jpg
おそらく4♂♂2♀♀ですが、1頭微妙な♂がいます(ひょっとしたら♀かも?)。

♂確定の3頭は1400ccボトルに反則マットを詰めて投入。
前述の微妙な♂と♀の1頭は余っていた800ccのカワラボトルに投入。
残りの♀1頭は800ccボトルにEXマットを詰めて投入しました。

P1013421.jpg
比較的簡単に飼育できるフタマタらしいですが、私はこの類苦手なんですよね。
大きく出来ないわ、累代続かなかったりで。
形状は好きなムシなんですけどねぇ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

やっぱり大きくはなりません

発芽したブルーアマリリスを5号のラン鉢に植え替えました。
通気性を考え、用土はクリスマスローズ用のものを使用。
P1013411.jpg

あまり通気が良過ぎると夏場の水やりがキツそうですが、なんとかしましょう。

P1013412.jpg
今はまだこんなに小さいですが、これから大きく育ってくれることでしょう。
早めに開花してくれるといいなぁ…。


イジェンノコギリの♀が羽化していました。
P1013409.jpg

♀でも体が寸詰まりで、近縁と思われるアスタコイデスとは違った印象を受けます。

これまで「ラテリヌスノコギリ」として流通していた種ですが、ベトナムを基準産地とする、本来のラテリヌスとは違った特徴を持つため、大図鑑にて新種記載されています。
個人的には、別にイジェン山の特産種というワケでもないのにijengensisって種小名はどうかと思うんですけどね(ウチのはアルゴプーロ山産ですし)。

♂も蛹化していました。
P1013405.jpg

やっぱりアゴは伸びません。
羽化サイズはおそらく30mm前後と思われます。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

蛹化しました

アマリリス「ダンシングクイーン」の花茎が伸びてきました。
P1013402.jpg

数日前から伸び始めましたが、日に1cm以上伸びています。
10日もすれば開花するかも知れませんね。
楽しみです。


プリンカップで飼育していたハチジョウヒラタの♂が蛹化していました。
P1013393.jpg

サイズがちっこい(多分45mmくらい?)ので完全な内歯上がりではありませんが、通常のA型ではありませんね。
B型を飼育するのは初めてなので、ちょっと感激してしまいました。

プリンカップのまま羽化させると翅がベッコリとイってしまいそうなので、シカノコギリに使った人工蛹室を引っ張り出してお引越し。

P1013395.jpg
♀はとっくに全て羽化して、既に後食しています。

野外♂がまだ生きているので、記念撮影。
P1013396.jpg

飼育♀の方がカラダがデカいですね。

蛹化した♂は羽化ズレ対策要員で、他の♂はまだ幼虫です。
サイズはもちろんですが、内歯の特徴のよく出た個体が羽化して欲しいですね。


今日もステインヘイルの卵を回収。
2個出てきたので、計6個になりました。
少しずつで良いので、健康な卵を産んで下さい。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット