判別間違えてました

県内の園芸店にて買ってきました。

アルソビア・ディアンシフローラ
DVC00432.jpg

セントポーリアと同じイワタバコ科の植物で、細かい切れ込みの入った白い花を咲かせます。

ハオルチア・ニグラ
DVC00433.jpg

多肉植物にも興味が出てきたこともあり、形状的に変わったこの種をまず入手してみました。
「nigra」の名の通り黒に近い深緑色です。


エラフスホソアカのエサ換えをしました。
♀と判断して200ccカップに入れていた2頭ですが、片方は♂だったようです。
P1013026.jpg

Mビンに反則マットを詰めて投入しておきました。

♀もホソアカとしては巨大です。
P1013027.jpg
こちらも250ccカップに反則マットを詰めて投入。

100mmを超えるような成虫にするには恐らく30g以上の幼虫体重が必要かと思われますが、そこまで肥らせるのは難しそうですね。
逆にとりあえず大歯型、みたいなサイズまで育てるのは、当たり♀さえ使えばそれほど難しくないような気がしてきました。
まだ分かりませんけどね。

酔ってケンカ売っておいて、返り討ちにされたから警察に被害届って、どうなんでしょうね。
まったく同情できません。誰とはいいませんが(笑)
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

期待していたのですが・・・

ネリネ・フミリスがついに6輪すべて開花しました。
humilis.jpg

ピンクでフリフリのついた、キレイな花です。
花弁の中心に濃いスジが入っているのもオシャレですね。

しかし、師走を目前に控え、気温も日に日に下がってきているのであまり耐寒性のないこの植物は、そろそろ屋内に入れないとマズいかもしれません。
花が終わったらしまいましょうかね。


昨年はあまり花付きの良くなかったデンマークカクタスですが、今年は沢山蕾が付いています。
DVC00427.jpg

1、2週間後には豪奢なその姿をご紹介できそうです。


スライヤル島のギラファがペアで羽化していました。

P1013025.jpg
P. giraffa cf. nishiyamai 南スラウェシ州 スライヤル島 Mt. Bontoharu F2 84mm

今回は期待していたのですが、途中でマットがコバエの大繁殖で急激に劣化してしまい、思ったほど幼虫体重が伸びませんでした。
羽化サイズも微妙。親の90mmにも届かない始末です。
もう2頭♂の蛹がありますが、片方はやや大きそうなので、そちらに期待ですね。
目標は100mmだったのですが、もう90mm超えてくれればいいです(泣)

♀はこの個体で全て羽化。
P1013030.jpg

マットが劣化した状態で蛹室を作ったため、ちょっとお見苦しいですね、すみません。

この島のギラファはあまり羽化ズレを気にしなくても良さそうです。


割り出し後、見逃しを期待して放置してあったフォルスター・ミャンマー亜種のセットから幼虫を発見。
P1013019.jpg

2頭だけでしたが、卵が小さいのでやはり見逃しますね。
回収後、250ccカップにEXマットを詰めて投入しておきました。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

内歯中間で羽化しました

マナドパリーが羽化していました。

P1013016.jpg
D. ritsemae toraja 北スラウェシ州 コタモバグ市  F1 64mm

今年の2月にグッズさんに入荷した野外品ペアからのF1です。
親は同じようなサイズで内歯はしっかり下がっていましたが、羽化した個体はアゴの真ん中あたりに出ています。

確か同時に入荷した野外品の最大個体は70mmほどで思いっきり内歯が上がっていたので、マナド産といえど、変異の幅は大きいようですね。

どうでもいいんですが、コタモバグってマナドの中の地名、というワケではなく、別の行政区画だったんですね。
正確にはマナド市近郊のコタモバグ市って事か…。

♀はとっくに羽化しているので、しっかり累代しようと思います。


サガインアンテの菌糸が劣化していたのでエサ換え&体重測定。
P1013012.jpg

ちっこいとは思っていましたが、これはアンタエウスの幼虫体重じゃないでしょ…。
70mmにすら達しないかも知れません。
随分黄色くなっているので、EXマットをガチガチに詰めて蛹化を促すことにしました。
もういっそ、早く羽化して下さい。


Takenocoさんに頂いたコクワも1頭エサ換え。
P1013018.jpg

ん~、これはさっぱり羽化サイズの予想が付きません。
50mmを超えるには何g必要なのでしょうか?
また800ccの菌糸ボトルに移し変えておきました。


「SPEC」がとても面白いです。
端々に散りばめられた小ネタが冴えてます。
戸田恵理香に英語とはいえ放送禁止用語喋らせるとか、ナンバープレートがゲストに因んで「へのハロプロ」とかやり過ぎです(笑)
惜しむらくは放送時間が金曜10時と、他局の番組に数字を食われやすい枠なんですよねぇ。
ネタ番組が好きなヒトにはオススメなのですが、見ているヒトが少ないのは残念です。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

黒いのは不得意なようです

あちこちの民家の庭先に皇帝ダリアが目立つシーズンになりましたね。
草本なのに3m~6m程の高さになり、紫色の花をいくつも咲かせる、まさに皇帝の名に相応しい巨大な植物です。
我が家のような集合住宅ではちょっと栽培できない(サイズ的に)ので、見かけるたびに憧れを抱きます。


というワケで(?)ホーペ「皇帝」のエサ換えをしました。
とりあえず1回目の割り出し時に回収した幼虫の分を交換。
♀は全てビンのド真ん中で居食いしており、ビンの外からは食痕が見えませんでした。
P1013005.jpg
3頭掘り出して、これも全て12g。大きいのか小さいのかよく分かりません。

♂はこんなカンジで微妙。
P1013006.jpg

この前1頭だけ交換した個体も22gでしたね。
もう2頭堀り出してして、そちらはどちらも20gでした。
ちっけぇ(笑)

以前、白眼のオオクワを飼った際に、何もしなくても幼虫体重が27gとかになっていたので、同じような体重にはなるかと期待していたんですけどね。


ついでに中部ベトナムグランディスもカップから移しました。
P1013007.jpg

両方♀ですね。
まぁ800ccでいっか。
P1013011.jpg


交換で出た菌糸カスはこのまま捨てるのも勿体無いので、こいつらのエサに。
P1013009.jpg

セットしていないのに幼虫が涌いていたツチヤカブトです。
中ケース一杯に投入しておきましたが、1ヶ月くらいで全てチョコチップと化してしまうんでしょうね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ラビリス成長中

ラビリスネブトのマットに線虫が涌いて劣化していたので、生死の確認も兼ねてマット換え。
P1013003.jpg

1頭だけ何故か2齢(?)のままであまり成長していませんでしたが、他3頭は無事に大きくなっていました。
雌雄を判別してみると2♂♂1♀に。
うん、上出来♪

P1013004.jpg

今度はブナマットのみを250ccカップに詰めましたが、ネブトなので念のため元の赤枯れ混合マットも混ぜておきました。
線虫も若干混入してしまいましたが、気にしない事にします。


ナタールノコギリが全頭羽化していました。
P1012988.jpg

200ccカップでエサ換えナシの羽化なので、サイズは望むべくもありません。
というか、エサ換えすんの忘れてました…。

P1012992.jpg
3♂♂5♀♀で羽化。
なんか既にエサ食べてます。


ババオウゴンオニもセットしました。
P1012982.jpg
無精卵をかなり産んでしまっている♀ですが、血の入れ換えで効果は出るか…?


買ってからすっかり忘れていたクリスマスローズ「リトルブラック」の種を蒔きました。
秋蒔きにしても1ヶ月ほどシーズンがズレてしまいましたが、無事に芽を出して欲しいものです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

白眼セット!

この前、悩んだあげくにスルーしたのに、結局買ってしまいました。

P1012996.jpg
Helleborus ×hybridus 「Gold Nectary」

クリスマスローズの黄花で、蜜線も黄色くなる品種です。
ウチには黄色い花が無いので欲しかったのと、どうせなら蜜線まで黄色いヤツを!と思っていました。

帰宅して、さっそく6号ケンガイ鉢に植え替え。
P1013002.jpg

余裕を持たせてあるので、しっかり根を張って成長して下さい。
開花は来シーズン以降ですね。


何か窓から覗いていました。
P1012984.jpg

おおっ、しっかりブルーです!
P1012993.jpg

羽化したばかりだと後脚の脛節の毛がキレイですね。


♂の幼虫はまだこんな状態…。
P1012995.jpg

寿命の長い種ではありますが、間に合うだろうか?


白眼レギウスをセットしました。
P1012983.jpg
血の入れ換えをしたので、結果が出てくれると嬉しいです。
10頭は採れて欲しい…!


北朝鮮が宣戦布告とも取れる攻撃を韓国に仕掛けましたね。
朝鮮民族は南北ともにイカレているので、勝手に潰しあってくれる事を期待します。
頼むから日本政府は何もしないで、放っておいて下さい。
まぁ、民潭の傀儡である民主党政権が何も介入しないとも思いませんが。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

デカいのを狙います

神戸ビオラ バニーパープルの蕾が次々に開いてきました。
DVC00425.jpg

これから来年の5月くらいまで可憐な花を咲かせ続けます。
こまめに花ガラを摘んだほうが、花つきが良くなるそうです。
たまに液肥もあげましょうか。


ブルーアマリリスの種が届きました。
P1012971.jpg

ヒガンバナ科の植物で、その名の通り青紫のそれは見事な花を咲かせ、「ブラジルの皇后」の異名を持ちます。
さっそくメネデール溶液に一晩浸け、蒔いてみました。
P1012972.jpg

発芽率は割と高いらしいです。
ただ、開花までに恐ろしく時間がかかる(10年以上?)とか…。
肥料を好むらしいので、ある程度成長したら油粕なんかを多めに与えてみたいと思います。


三宅島産ノコギリの割り出しをしました。
P1012974.jpg

ケース底にもう数頭います。
マット・材から合わせて19頭出てきました。
P1012977.jpg

十分ですね。
とりあえず6頭だけ反則マットに投入しておきました。


パナイ島産ダイスケギラファのエサ換えをしました。
P1012981.jpg

♂は3000cc・2000ccと、羽化ズレ対策で小型を作るべく、1頭は可哀想ですが430ccカップに。
800ccでも中途半端に育って幼虫期間が長引く事が判明しているので、苦肉の策です。
60mm台でいいので、8ヶ月くらいで羽化してください。

3000ccのは本気です。
F1の112mmが最大だったので、F3のこの代で115mmを目指します。
エサ換えサボらなければ、イケるはず。

♀は3頭を800ccに投入し、1頭は1400ccで。
♀の大型の出易いダイスケですが、私は56mm以上を出したことがないので、今回は♀も大型を狙います。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

アスタコ新産地、羽化

この前、ホームセンターでスペースの都合からクリスマスローズ(ゴールドネクタリー)の苗を買うのを我慢したばかりなのに、ネットでまたバラの大苗を予約してしまいました。
アイズフォーユーというライラック色の品種なんですが、なかなか入手の難しい珍品種でして、この機を逃したら、と思うと我慢なりませんでした…。

病気ですね。蒐集癖のある人間はこれだからマズいです。


カワラ菌糸に投入したコンツム省産ビタリスフタマタですが、まったく菌糸に潜った様子がみられないため、衰弱する前にマットに移すことにしました。
P1012959.jpg

コレ、確かカワラでイケるハズなんですけどねぇ。銘柄にもよるのでしょうか?
80mmを目指していたのですが、早くも頓挫しかかっています。
P1012961.jpg

単に菌糸が新しすぎただけなら、3齢に加齢するまで用意した菌糸を保管しておいて、ボロくなったものを食わせるという手も使えるのですが。


同じくコンツム省産アスタコイデス♂の第一号が羽化していました。

P1012964.jpg

まだテネラルなので色彩はよく分かりません。
ちっこいので歯型も比較しづらいですね。

もうしばらく経って、しっかり色づいたら再度アップしたいと思います。

P1012966.jpg
♀はもう殆ど羽化しています。
色は濃いめですね。


パナイ島産ダイスケギラファの生存確認&雌雄判別をしました。
P1012967.jpg

無事に7頭全部生きてました。
しかしギラファは2齢でも異様にデカい…。

本土ヒラタ58mmとの比較。
P1012969.jpg

普通のクワガタなら3齢中~後期のサイズですね。

3♂♂4♀♀だったので、後ほどエサ交換します。
3リッタービンを使っちゃいましょうかね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

スペースがヤバくなってきました

先月割り出した、フォルスターフタマタ・ミャンマー亜種の卵が孵化していたのでEXマットに移し変えました。
P1012957.jpg

とりあえず250ccカップへ。
P1012960.jpg

80mmを超えるような種類なので、本来なら最初から800cc以上に入れたいのですが、本格的にスペースが無くなってきたので仕方ありません。
こうやって手を抜くと、60mmそこそこで羽化してしまうのは分かっちゃいるんですけどねぇ…。

白眼レギウスをペアリングしました。
P1012954.jpg

♂はウチで羽化した個体で、♀は横浜フェアで入手したものです。
インラインでかなり卵の孵化率が下がっていたので、血の入れ換えが出来るのはありがたいです。

ふと思ったんですが、巷で出回っている白眼って同一の遺伝子に由来するモノなんでしょうか?
グッピーだと同じアルビノでも真紅の眼を持つリアルレッドアイアルビノ(aa)とブドウ眼アルビノ(ll)って別々の遺伝子に由来していて、両者を交配すると遺伝子型が(AaLl)になって黒い眼(と体色)を持った個体が出てきたりするんですが…。

まぁ幼虫採れて羽化してみれば分かる事ではあるんですが、ちょっと気になりました。


ついでにババオウゴンオニもペアリング。
P1012970.jpg

こちらも別血統同士の交配です。
この♂に生殖能力があるのは実証されているので、あとは♀がどれだけ頑張ってくれるかですね。
結構無精卵産んじゃってるっぽいんですよね。あと5頭でいいのでお願いします。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

手抜きはいけませんね

ネリネ・フミリスが開花し始めました。
DVC00423.jpg

ヒガンバナの近縁種のため、花の形状はよく似ています。
近くで花弁をよ~くみると、表面に光沢があって、とてもキレイです。
ネリネの別名「ダイヤモンドリリー」の由来ですな。

あと4つ蕾が付いているので、満開になるのが楽しみです。


いつの間にか羽化して、活動を開始していたのでエサを与えておきました。
P1012946.jpg
D. sp. ミャンマー ケネディーピーク F7 27mm

さすがに250ccプリンカップでマット飼育、交換ナシだとこんなのが羽化してしまうようです。
何のクワガタだか分かりません。

P1012952.jpg
♀も24mmと小さいです。菌糸で飼うと、もう一回り大きくなります。


昨日は夜な夜なせっせと菌糸詰め。
P1012940.jpg
ホーペとベトナムグランディスとカズヒサ用です。
飼育数が多くないので、とりあえず2ブロック分で足りると思います。
♀はマットでも行けますしね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット