産地につられて・・・

ゴールデンウィークに突入しましたね。
ま、私は仕事は休みになっても特に用もないので家でムシや魚や草花をいじったり、本読んだりプラモ作ったりとまったり過ごす予定です。

そんな中、ドルクスグッズさんに今年一発目のベトナム便が入荷したと聞き、早速行ってきました。

生体初入荷(というか記載されたばっか)のL. luciを勧められましたが、ミヤマ苦手なのでパス(笑)
マクダレインは興味があったものの、一番キレイな♂はホノホシさんに抜かれてしまったとのことでガックリ(冗談ですよ!)。

私の狙いはと言いますと、HPを見てこれは行くしかない!と思ったこちら。
P1011395.jpg
P. astacoides castaneus? 中部ベトナム コンツム省 49mm

現物を見ていないのですが、ダナンのものと同じ個体群でしょうか?
南ベトナムのkarubeiとは違いますし、北ベトナムのcastaneusにしても違和感があります。
産地的に面白いので、ブリードにも力が入りそうです。
P1011397.jpg
♀はこんなカンジ。明日セットを組みます。


あ、うっかりT社長の口車に乗せられてグッズさんの棚を借りてしまいました・・・。
Takenocoさんのスペースにどうやって小型種を紛れ込ませようか思案中です(笑)


♀ばかり羽化してきました。
P1011380.jpg
ヘンなムシばかり飼っていると思われている気がするので、ちゃんとパプキンみたいなキレイなのも飼っているのよ、とアピール。
エルウェイさんトコの青♂系に、クワ友A氏の青♂系をかけています。
♀は今や青で当然、みたいな風潮ですんで、半月後に羽化する♂に期待です。
1頭くらい完全な青♂が出て欲しいですねぇ。


どーでもいいんですが、毎日毎日エリカ様ってなんなんでしょうね。
電通絡みなのかどうか知りませんが、いい加減食傷気味です。
ドコに需要があるのやら・・・?
同じ八重歯なら(直したんでしたっけ?)、めざにゅ~の杉崎さんのほうが遥かにカワイイかと(笑)
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ミンダナオの奇怪なアイツ

昨年入荷の野外品のF1が羽化しました。
P1011356.jpg
P. lumawigi ミンダナオ島 アポ山 F1 36mm

ちっさ~!
いや、200ccのカップにマットを詰めて、一回交換のみなので当たり前っちゃあそうなんですが、ここまで大きくならんとは・・・!
この種にはカワラが有効と聞いて、数頭入れてみたのですが、50mmもなさそうな蛹になっています(汗)

P1011361.jpg
頭部の爛れたような点刻から、「オニヅラノコギリ」の和名を持つ本種ですが、このサイズではいまいち「鬼面」していませんね。

そういえばルマウィって♀幼虫の頭幅がこのサイズのノコにしては妙に大きくて、思い切り雌雄判別を間違えていたものもありました。外見上近縁種が見当たらないし、変わった種ですねぇ。


こちらはカワラに入れておいたモノです。
P1011368.jpg
P. crenulidens 北ベトナム ハザン F1 46mm
蛹のときは完全に50mmを超えたと思っていたんですが、全然足りませんでしたね。
意外と大きくなりづらい種です。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

一応下がってる?

先日羽化したパナイ島産daisukeiを取り出しました。
P1011352.jpg
105mmと予想通りのサイズでした。
しかしdaisukeiはスタイリングがカッチョイイ・・・!
今は絶えてしまったネグロス産も含めると随分前から飼育していますが、一番好きなノコギリかも知れません。

P1011347.jpg
右アゴは内歯の下がりがやや甘いか?
そこそこ特徴は出ているようです。


今日はライフさんにて待ち焦がれていたブツをついにGET(幼虫)!
ついでに菌糸用添加剤も購入したので、帰宅後にカワラ菌糸のブロックを4つ詰めました。
P1011338.jpg
レギウスが3週間~1ヶ月後にエサ換えになるハズなので、それに合わせています。
添加剤はブロック2つに使い、残り2つと比較してみることにします。
今回はいつになくマジメに飼育しているので(良型を親に使った幼虫をちょっと前に買っちゃってます(汗))、せめて70mm後半が何頭か出てくれると嬉しいです。



※ホノホシ氏
パナイの♂、持ってっちゃって下さい。
そろそろですよね?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

マナドパリー羽化

スラウェシ・マナド産パリーオオクワが羽化していました。
P1011334.jpg
2008年の年明け(だったような?)にS氏便で入荷したモノのF2で、幼虫は小さく見えたのですが、65mmと思ったよりは大きく羽化してくれました。
しっかり内歯下がりで羽化してくれましたが、不思議なことにスラウェシ産特有の(タイ・ラオス産にもあるようですが)第一内歯の向こうの膨らみがほとんど見られません。そんな個体もいるんですね。

同腹の♀が1頭だけいますが、そちらには今年入荷の野外品♂を交配する予定なので、この♂は使わないかも知れませんね。

そういえば野外品から採れた卵2つは無事に孵化しました。
マットをしっかり食べているのを確認したら菌糸に投入の予定です。


これからKBファーム製EXマットをガス抜きします。
なかなか良い製品なんですが、発酵臭は市販マットでもぶっちぎりのクサさです。
2週間くらい毎日混ぜないとダメですね(汗)


このところの寒暖の差で虚弱なワタシは鼻風邪をひいてしまったので、終わったらすぐ寝ましょ~っと。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

私も購入してしまいました・・・

今日は仕事帰りにドルクスグッズさんに。
散々買おうか買うまいか悩んでいたアレをついに入手。P1011327.jpg
Cardanus sulcithorax ジャワ島 アルゴプーロ山 野外品

おそらく初入荷?と思われるサメハダチビクワガタですね(小さすぎて私のデジカメではピントが合いません。その上画像自体を軽くしてしまっているので、ご勘弁を)。
画像上が♂、下が♀です。
こういう、材採でないと得られないような種は、たとえ標本としては普通種でも、見つけたときに買っておかないと二度と手に入らないかも知れません。
P1011332.jpg
N氏に指摘されて気付いたのですが、上から見ると、楕円型の窪みと、端っこにちょこんと突起のある、なんだかやらしい前胸です(笑)
おそらく飼育は簡単なものと思われます。
今晩は材を用意しておいて、明日以降にセットしようと思います。

二番手ですが、恐らく最も大きいと思われるフタテンアカノコが羽化していました。
P1011335.jpg
以前に蛹で紹介した、1400ccに投入した個体ですが、56mm強にしかなりませんでした。
あと2頭蛹がいますが、そちらは55mmにも届かないと思われます。
次世代は素直に反則マットを使おうと思います(汗)


DVC00213.jpg
グッピーの撮影は難しい・・・。
動き過ぎ。
ちょっと熱帯魚に詳しい方なら分かるかも知れませんが、赤の出ないブルーグラスこと、「ガラスのブルーグラス」です。
大量に増殖させたいものです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

パスチュール割り出し

今日は夕方から、初めて所沢の某有名熱帯魚店にグッピーを買いに行きました。
専門誌にも連載を持っている、その道では知らぬ者のいないブリーダーさんのお店で、敷居の高いお店かと思えばそんなこともなく、私のレベルの低い質問にもマジメに答えて下さるし、購入した魚についても品種の特性や作出過程なども詳しく教えて下さる、とても良いブリーダーさんでした。

なんというか、お話を伺っていても「本当にこの人はグッピーが好きなんだな」と感じましたね。
多少畑が違いますが、ムシ屋さんも、最近「この辺」が感じられないショップ、ブリーダーが多いような気がします。
本当に好きでボーリンやウッディを飼っているヒトはどれほどいるのでしょうか?値段が暴落したらダビソンみたいに見限るんじゃないの?なんて。


さて、帰ってきてグッピーの水合わせをして水槽に放った後、本題のパスチュールホソアカの割り出しをしました。
今朝、なんとなしにケースを持ち上げたところ、幼虫が這った跡があったので、これはイケるな、と思いケースをひっくり返しました。
P1011299.jpg
食痕の主を、まずは1頭。

続いて、と行きたいところですが探していくも2頭目が見つからず、マットをフルイにかけることに。
P1011304.jpg
最初の1頭を含め、幼虫5頭に卵が2つ(汗)
というか幼虫のうち3頭は明らかに孵化したばかりで、割り出しがちょいと早かったようです。
卵も多分マットの中にまだ混じっています。

P1011307.jpg
親♂は死亡していたものの、♀は元気そうなので再セット。
マットの水分が若干不足気味な様だったので、加水しておきました。
あと10頭は欲しいですね。


ペアリングしておいたマンディブラリス原名亜種もセット。
P1011311.jpg
いつものフタマタセットです。こんなんでも産みます、多分。




※どういうワケか、Takenocoさんへのコメントがスパム扱いで弾かれてしまうので、こちらでコメント。
ログイン状態で自分のブログにコメント出来ないって一体・・・。

Takenocoさんはぜ~んぜん当てはまらないと思いますよ。
ブログを拝見していても、スキモノのオーラがプンプン漂っています(笑)

イリアンのキクロ、欲しいですねぇ。
アルファックモンギにゲストロイはもちろんですが、未調査地域がまだまだたくさんあるので、とんでもない新種が発見される可能性も十分ありますし、面白い地域ですよね。
そこいら辺はS氏次第ですね。



テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

4月17日、天候:雪

午前5時半過ぎ、さいたま市、我が家のベランダにて。
P1011294.jpg

・・・つい先週は桜が咲いていた気がしたのですが、思い違いでしょうか?
DVC00205.jpg
さ~くらのはなは~ わかれ~の~し~お~り~♪

20年ほど前、私の幼稚園の卒園式で雪が降っていた覚えがありますが、それより1ヵ月も遅い降雪とは驚きです。
異常気象ですねぇ。


そんな中(?)、今日もペアリング。
P1011285.jpg
H. mandibularis mandibularis ボルネオ島 サバ州 クロッカーレンジ CBF1 73mm

小型の♂ですが、ペアリングにはちょうど良いかな?
以前も飼育していたのですが、F3で全♂で羽化してしまって累代不能になった苦い思い出があります(汗)
メルキオリティス並みに赤かったんですが、残念でした。
今回ブリードする♂はそこまで赤くはないものの、頭部・前胸は肉眼でも赤く見えます。
P1011289.jpg
♀は特別変わりませんね。
って、私は正直スマトラ亜種とはっきり区別できる自信はありません。♂の内歯位置も大型個体で無いと分かりませんし、肝心の色彩も、スマトラ亜種にも時折真っ赤なものがいるので決め手に欠けます。
ただ、同じ原名亜種でもボルネオ北部産は赤いものが多く、南部のものはほとんどスマトラのものと変わらない、みたいな傾向は見受けられ、オウゴンオニのボルネオ亜種同様、北と南でモノが違うかも知れません。

♂が凶暴極まりない種のため、忘れないうちにセットしたいと思います。
無難にナラ材で行きましょうか。
雌雄の偏りが出やすいので、ある程度の数の幼虫が欲しいですね。

ウチでは異端?

以前ペアリングしていた福建省 旧北峰地区産ホペイをようやくセットしました。
P1011277.jpg
当初はコバシャ小でのセットの予定でしたが、用意した人工カワラ材が太く、ケースに収まらなかったためコバシャ中でのセットに。
普通にナラ材でセットしても良かったんですが、産み辛いんで有名な血統(あんまり「血統」って言葉は好きじゃないんですが)だそうなので、一応カワラ材で。
というか産まないのは単なる内婚弱性じゃないの?などと思うのは私だけ?
今の最新世代ってF7とか8だと思うんですが、そんだけインブリードすれば産まなくなりそうなもんです。
このテのムシはあまり大量に幼虫が採れても困ってしまいますんで、丁度良いかも知れません。
ほどほどに産んでもらいたいですね。

・・・うわぁ、いかにも黒ムシ興味なさそうな文章(笑)
いや、ちゃんとホペイ好きなんですよ、内歯重なってるトコとか。
まぁこのブログの読者さんも、色ムシマニアの方ばかりでしょうし、ね?


パナイ島産daisukeiが羽化していました。
P1011267.jpg
サイズはおそらく105mmくらいで、イマイチ伸びませんでした。
内歯の下がり具合はよく見えなかったので、蛹室から出せるようになったらまた載せます。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

台湾の普通種

台湾で最普通種の台湾ヒラタが羽化していました。
P1011263.jpg
D. titanus sika 台湾 南投縣 南山渓 F2 65mm
割とガッシリした体型で、アゴもタカラヒラタによく似ています。野外ギネスも72mmほどと、サイズもほぼ一緒な亜種です。
相当放置していたにも拘わらず、比較的マトモなサイズで羽化してきてくれた辺りはさすがヒラタですね。
P1011265.jpg
親子の対面(笑)
♂親は41mmほどしかありませんでした。

♀がどこかで羽化していたハズなのですが、懸命に棚を捜索するも見つかりません(泣)
カラのカップと間違えて捨ててしまったかも知れません・・・。
残念ながら、累代不可能ですね。


こちらも台湾ではド普通種のフタテンアカノコギリが羽化していました。
P1011239.jpg
53mmと一応見られるサイズですが、いまいちマットをしっかり食っている感がなかったので不満が残ります。
あと3頭蛹が控えていますが、どれも似たようなサイズのようです。
次世代では60mmアップにしたいですね。


北ベトナム・ハザン産不明ノコギリも羽化していました。
P1011249.jpg
先日、蛹で紹介したものとは別個体で、こちら(41mmほど)の方が一回り小さいですが、コレは普通にクレヌリデンスでしょうな。
おかしな種類が出てこないかとほんのちょっとだけ期待していたのですが、なかなか上手くいかないもんです(笑)

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

期待のセット

念のため追い掛けしておいた先日のエラフスですが、交尾自体は未確認ながら、メイトガードはしているようなのでセットしておきました。
P1011232.jpg
いつものMaxマットにちょっと混ぜ物と、レイシ材の大きめの破片やらナラ材の木っ端を埋め込み、19℃でセットしておきました。
P1011255.jpg
本当はコバシャ中でセットしたかったのですが、どう考えても温冷庫(以前使っていたモノは壊れたので、今回のセットにあたって新たに買ってきました)に入らないため已む無くコバシャ小でのセットに。
似たようなセットで普通タイプ♀(truncatus?)なら30頭くらいは採れるので、大丈夫なのでは?と思いたいです。


なんだか大手輸入業者さんも今期はムキになって黒♀を入荷させていて、まもなく値段も暴落すると思われますので、ご興味のある方には是非ブリードしてもらいたいです。
ある程度の飼育者数がいれば、飼育法も確立されやすいと思いますし。



ず~っと産まなかったニシカワネブトが産卵しました。半ば諦めていただけに非常に嬉しいです。
成熟期間長いんですね、コレ。羽化後9ヶ月ほど経っての産卵です。幼虫期間の方が短いです(笑)

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット