FC2ブログ

またマレーアンテ、菌糸換え

今年もバラ「青龍」が開花しました。

20200517_02.jpg
何ともエレガントな花色、花姿でウットリします。

20200517_01.jpg
栽培難易度の高い品種ですが、何とか3年目も咲いてくれて嬉しい。

今後もこの調子で維持していきたいですね。


またマレーアンテの菌糸換えを。

20200517_03.jpg
2頭、そろそろ換え時かな、というのがいたため、掘ってみます。

20200517_04.jpg
1頭目。

あんま大きくないな、とは思っていましたが…

20200517_05.jpg
う~ん。

孵化後半年経っててこれはよろしくないw

20200517_06.jpg
んじゃ、もう1頭。

さっきのよりは大きく見えたけど…

20200517_07.jpg
やっぱイマイチだな。

F1だからしょうがない…のか?

20200517_08.jpg
一応、こいつら用に2リッタービンに菌糸を詰めておいたので、そこに投入。

先月のもそうなんだけど、せめて35g程度にはなっていて欲しかったなぁ。
普通にF1で75mmくらいは出るのかと思ってたけど、ひょっとしたら厳しいのかも知れない。
♂も5頭しかいないしなぁ。
スポンサーサイト



テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

マレーアンテ、菌糸換え

庭のハゴロモジャスミンに蕾が付いてました。

20200430_01.jpg

元々鉢植えだったんですけど、庭のテキトーなところに置いておいたら鉢底から根っこが飛び出してしまい、そのまま完全に根付いてしまって移動不可能になっていたりします。
根が張るスピードをナメていたよ…。

まぁ、毎年キレイに咲いてくれるんで構わないですけどね。


キャメロンハイランド産マレーアンテのF1幼虫で、そろそろ菌糸の換え時かなぁ、ってのが1頭いたため、交換することに。

20200430_04.jpg
外側からは結構大きそうな気がしていたんですけど、

20200430_05.jpg
そんな事は無かったw

このまま羽化したら70mmちょいとかですよね?
F1だからこんなもんなのかも知れませんが…。

20200430_06.jpg
もうちょっと大きく育ってくれることを期待して、2リッタービンへ。

他に♂幼虫が4頭いるので、どれか75mm程度にはなって欲しい。
あっ、交換用にまた菌糸詰めておかないとなぁ。



水曜から連休に入って、今年は12連休なんですけど、お上が外出すんなと仰るのでいつもの連休以上にヒマw

20200430_07.jpg
なので作りかけのミニ四駆を完成させたり、今まで作ったマシンを改修したりして。

20200430_02.jpg
20200430_03.jpg

新規のマシンも作り始めていて、ああでもない、こうでもない、と考えながら作っていると良いヒマ潰しになりますw

パチ屋だのゴルフの練習場に行くより、よっぽど健全かな?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

マレーアンテ、割り出し

シクラメン・ヘデリフォリウム「アルテミス」の葉が展開しました。

191121_01.jpg

ヘデリフォリウムは葉が出るより先に花が咲くので、葉が展開する頃には花が終わっている事もあるんですけど、両方揃ってて良かった。

191121_02.jpg
葉の柄はボウルズアポログループのそれで、カッコイイ!

縁もギザギザしてて、なおよろしい。


9月の大手町フェアで購入していた、キャメロンハイランド産マレーアンテの野外♀のセットを割り出しました。

191121_03.jpg
ケース側面に幼虫が複数見えていたため、安心して割り出せます。

191121_04.jpg
いますね。

191121_05.jpg
マットから10頭。

191121_06.jpg
材からも…

191121_07.jpg
4頭。

191121_09.jpg
プラス卵がいくつか。

191121_08.jpg
♀はまだ元気でしたが、だいぶ軽くなっていたため、もうセットは解除。

15年以上前にも野外♀を購入してセットしたことはあるんですけど、こんな産まなかったなぁ。
あの時は確かフレーザーズヒル産のを3万以上出して買ったんですよね。
同じ様なのが1/10の価格で買えるようになるとは思わなかった。

191121_10.jpg
菌糸の用意がなかったんで、とりあえず250ccカップに生オガ発酵マットを詰めて投入。

ブロック買ってきたから、これから詰めて2週間後には入れられるかな?



「呪術廻戦」ついにアニメ化かぁ!
グニィが楽しみですw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

サガインアンテ、蛹化

ミャンマー・サガイン管区産アンタエウスの♀が蛹や前蛹になりました。

DSCF1584.jpg
最近、♀といえば本土ヒラタやノコギリばかり見慣れていたので、アンテの♀は妙に大きく見えてしまいますね。

♂も一頭蛹化していました。

DSCF1583.jpg
最終体重33gだった個体で、羽化しても70mmそこそこかと。

他の2頭はまだ幼虫をやっていますが、大きくなっているかといえばそうでもないみたい。

産地的にも元々がさほどサイズが狙えるものではありませんが、それでも80mmには乗せたいところ。


250ccプリンカップに入れたまま放置してあったサワイコクワのエサ換えをしました。

DSCF1591.jpg
全て♀と思われます。

半年ほどそのままだったため、ヒドい状態に。
あんまり棚の奥深くに突っ込んではマズいな…。

DSCF1592.jpg
また250ccカップに入れるのもあんまりなので、今度は800ccボトルに生オガ発酵マットを詰めて投入。

無事に羽化して下さい。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

アンタエウス、菌糸換え

日曜日にヒマだったのでふと思い立ち、先日購入した園芸書の著者が経営している、埼玉県東部の山野草専門店に足を伸ばしてみました。

まだまだ初心者の私にはさっぱり分からん植物が多く、品揃えには圧倒されました。

そんな膨大な在庫の中で、気になったものを二つばかりお持ち帰り。

DSCF1320.jpg
ヤマシャクヤク

以前から園芸店で売られているのは目にしていましたが、通常の改良品種のシャクヤク同様デカくなるものと思い込んでおり、手を出せませんでした。
件の園芸書で、意外に小さく、6号鉢でも十分に育てられることが分かったので晴れて購入。

DSCF1323.jpg

蕾が付いていますね。
白く清楚な花が咲きます。

DSCF1325.jpg
ナルキッスス・バルボコディウム「テヌイフォリウス」

小型の水仙の仲間です。

まもなく開花しますね。
透明感のある黄色が魅力的です。


帰りに何度か来たことのある、すぐ近くの園芸店にも寄ってみると、昨年買い逃したものが売っていたので即購入。

DSCF1316.jpg
ペチュニア「ブラックベルベット」

見ての通り、漆黒のペチュニアです。
昨年はコレが既に売り切れていたので、代わりに花弁の中心に黄色の入る「ファントム」を買ったんですよね。

ペチュニア自体、挿し木で簡単に殖える植物なのですぐに値段が下がるだろうと思っていましたが、昨年よりは下がっていたものの、ペチュニアとしては結構強気なお値段でした。
安くならないと、フツーの主婦はこんな不気味なの買わないぞ(笑)


いやぁ、また増種してしまいました。
蒐集癖のある人間はコレだからマズい…。



サガイン管区産アンタエウスの幼虫のエサ換えを。

DSCF1327.jpg
詰めた菌糸が回りきるのを待っていたら、こんな状態になってしまいました。

一頭め。

DSCF1328.jpg

思ったよりちっこい。
80mmはムリか…。

二頭め。

DSCF1329.jpg

う~ん、意外と40gっていかないもんですね。
これで80mmにギリ届くかどうか、ってトコでしょうか?

DSCF1330.jpg
1.8リッターブロア菌糸と、2.3リッター菌糸ボトルにそれぞれ投入。

産地的にヒマラヤ系よりも大型化は厳しいと思ってはいましたが、マジメに飼育していたつもりだっただけにちと残念。
タイミングが遅かったかなぁ。



「AGE」、ウルフさん死亡には驚きました。
コレ、遠因は第一部でデシルにトドメを刺さなかったフリットにあると思います。
作中で唯一好きな登場人物だったのになぁ。合掌。

そしてデシル、またバラバラか。
「俺はスーパーパイロット、アセムアスノだぁ~っ!」って、シリアスなシーンなのにワケ分からん自己紹介しながら戦闘するなよなぁ。
この後、Xラウンダーに覚醒したら何だか台無しだと思いますが、それはないよね?


今朝のカトパンの「Kafume」ダンスが良かったです。
さすが音大出身、音感いいですね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット