FC2ブログ

ヤエヤマコクワ(大富林道産)、割り出し

ブルーアマリリス近況。

190730_07.jpg

発芽から8年半ほどで、株元から一番高いところ(画像中央の葉の、折れ曲がったところまで)で約85cm。
株元から葉の付け根までで50cmくらいに育ちました。

昨年、夏場に2階ベランダで管理していたら葉が焼けて悲惨なことになったため、今年は冷房の効いた1階の、曇りガラス越しに陽が当たるスペースに移動。

毎年思いますが、そろそろ咲いて欲しいですねw
サイズ的にはイケると思うんだけどなぁ。


大富林道産のヤエヤマコクワのセットを割り出し。

190730_01.jpg
マットをひっくり返すも、姿は見えず。

190730_02.jpg
材は齧っているっぽいな。

190730_03.jpg
おお良かった!産んでたわ。

と、喜んでいたのですが…

190730_04.jpg
3頭しかいないよ(´;ω;`)

マズいな。
しかもコレ、どれも頭幅変わらないから全部♂か全部♀のどっちかだぞ…。

190730_05.jpg
幸い、親♀はフ節の欠けもなく、脚の力もしっかりしているため、再ペアリング。

頼むからあと5頭くらいは欲しい。
累代が進んできて(今回の幼虫でF5)、サイズが出なくなってきたと思っていたら、産卵数も低下するとは。
ひょっとしてヤエコって内婚弱性が出やすいの?
野外で個体数の少ないイキモノって、累代に強いイメージがあったんですけど。

190730_06.jpg
割り出した幼虫は430ccカップにマットを詰めて投入。

実はもう1セットあったんですけど、そちらは全く産まずに♀が死亡しちゃったんですよね。
地味に累代の危機だなぁ。
スポンサーサイト



テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

モンタネルスホソアカ、2セット目割り出し

ツイッターの方には先に書いてしまったのですが、先週、埼玉県伊奈町にあるばら園に行ってきました。

190526_01.jpg
広々とした敷地に、満開の花々。

190526_02.jpg
春バラは立派で良いですねぇ。

190526_03.jpg
園の売店にて、2鉢購入。

選んだのは、一緒に行った母で、「ホットココア」と「ショパン」。

190526_04.jpg
「ショパン」は庭に地植えし、

190526_05.jpg
「ホットココア」は7号鉢に植えて玄関に。

いずれも秋の開花が楽しみです。


モンタネルスホソアカの2セット目を割り出し。

190526_06.jpg
ケースをひっくり返すと、ちゃんといますね。

190526_07.jpg

初齢、2齢合わせて22頭回収(左下のカップのみ4頭入ってます。60ccカップが足りなかったw)

20頭くらい欲しいとは書きましたが、ホントにそんなに産んでるとは思わなんだ。
1セット目と合わせて26頭採れたため、いくつか飼育法を試せるかな?

190526_08.jpg

まずは全て250ccカップに投入しましたが、10頭は1セット目と同じく、メタリに合っていそうなマット。
残りは死亡リスクの低い、産卵用の無添加マットへ。

数がいるからって、全部大型狙いにして全滅しては目も当てられませんからね。
半分くらいは確実に羽化してもらわないと。

雌雄判別できるようになったら、♂はカワラなんかも試したいですね。

190526_09.jpg
意外にも親♀はまだ生存していたため、一応再セット。

フ節が全部飛んでいるので恐らくもう産まないとは思いますが、念のため、ね。



「ジョジョ」
小野賢章やり過ぎw
無駄無駄ラッシュすげえなぁ、たまげた。

あのシーンだけ専属の原画担当がいるとはね。
制作の気合の入り方が伝わる回でした。

…何気に制作スタッフに著名な○○マンガ家の鬼窪浩久がいたのね。
今回エンドロールちゃんと見てて初めて気付いたわ。荒木先生の元アシだったのか。


しかし人体ってあんなに簡単に切り貼りできるもんなんだろうか?
切り口をカビで覆って止血までは分かるけど、分断された神経の縫合まで一瞬ですよ??
あの医術を社会のために役立てていれば、まさにゴッドハンドとして富も名声も欲しいままに出来たのに、勿体ないなチョコラータ。
組織をボスから奪いたいと思うくらいには金銭欲もあったんでしょうに。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

モンタネルス、割り出し

アマナチャボシラン「ライムグリーン」も開花中。

190506_19.jpg
あんまり今年は緑っぽくならないな。

190517_19.jpg

アマナランと黄花小白笈とシランの三元交配種のためか、シルエットがシランっぽくないかも。

190506_17.jpg
スラっと伸びた側花弁がカッコ良いですね。


玄関前にはブルーシラン

190517_12.jpg
ホムセンで買った、恐らくウチで一番古くからあるシランです。

増殖もよく、頑丈でキレイといい事づくめだったり。


モンタネルスホソアカのセットを割り出すことに。

2セットあるうち、最初に組んだコバシャ中の方をひっくり返す。
190518_03.jpg

190518_04.jpg
マットから3頭。

もうなんかイヤな予感がする。

190518_05.jpg
材も割る。

190518_06.jpg
いるにはいたけど、材を2本使っておいてこの1頭だけとか…。

なんてえこったい、4頭しか採れなかったよ。

190518_07.jpg
250ccカップに、メタリには合っていそうなマットを詰めて、投入。

ん~、誤算だわ。
10頭以上は確実にいると思ってたのにw

残り1セットに賭けるか。

190518_08.jpg
一応ケース側面に既に4頭見えるし、底にもいるからマトモに産んでくれているハズ。

数が取れないとサイズ狙いのチャレンジができないんですよねぇ。
20頭くらいいて欲しい。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ヤエヤマコクワ・大富林道産、もう1セット組みました

練馬区のオザキフラワーパークにて(昨晩のマツコの番組に出てましたね)、アデニウムを購入しました。

190502_01.jpg
「Black forever」なる品種名の、カラス葉の怪しいブツ。

輸入されたばかりらしく、裸苗で転がされていたため、2時間ほど活性剤に浸けてから植えつけ。

190502_02.jpg
5号鉢に、山野草配合の用土で。

早く元気に葉が展開してくれると良いなぁ。


令和最初のムシ作業は、ヤエヤマコクワのセット。

190502_08.jpg
大富林道産の残り1♀で、コバシャ小に植菌カワラ材を埋めておきました。

190502_09.jpg
この産地は2セットしたので、まぁ絶える事はないでしょう。

累代が進むにつれて、雌雄ともに大きくならなくなってきたのが懸案事項ではありますが。



毎日ゴロゴロして、気が向いたら本屋なり園芸店に行く自堕落な生活をしていたら、もう連休も残すところ4日。
早いよ、もう働きたくないよ。

…生活のため、働かざるを得ないんですけどね。
ほんと、ニートしてられる人間が羨ましいw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ヤエヤマコクワ、2セット組みました

今年もアイフェイオン「ジェシー」の開花が始まりました。

190402_01.jpg
プランターいっぱいに増殖して、葉っぱがえらいことになってるな…。

190402_02.jpg
爽やかな色合いですね。

これが咲くと、本格的に春が来た感があります。

もう1つのプランターでは、チューリップ「ブライトゼム」の花茎が上がってきました。

190402_03.jpg
こちらの開花も楽しみです。


ペアリングしたヤエヤマコクワをセットしました。

まずはティーノさん採集のレア産地を。

190403_03.jpg
コバシャ中に植菌カワラ材を埋めて。

190403_04.jpg
さぁ、頼んだぞ!

次は大富林道産。

190403_05.jpg
こちらも同様のケース、セット内容で。

190403_06.jpg
大富の方はあと♀が1頭いるだけなんで、立て続けにペアリングしてしまいます。

2セットすれば、絶滅は免れられるかな?

レア産地の方も追加でペアリング・セット予定。



塗装しました。

190407_01.jpg
まずはホワイトで塗り…

パールクリヤーを吹いてからステッカーを貼り(ステッカーにパールのラメが付くのを防ぐため)、もう一度普通のクリヤーを吹いて…

190407_02.jpg
新たに組んだ白強化VSシャーシに。

本来、ボディの指定色はブラックなんですけど、ステッカーが主に白と青のパターンなので、ボディは白の方が似合うと判断。
タイヤもブルーを履かせてみましたが、なかなか良いカンジではないかと。

お、まだ平成が20日以上残ってるぞ?
当初はファーストトライセット付けて終了の予定でしたけど、もうちょいイジれそう。
とりあえずタイヤの直径を2mmくらい削るか。
あと、直近の公式大会でVSのリジッドマシンが優勝しているんで(恐らくパーツ無加工の、近年では珍しいほどシンプルな仕様で勝ったため、非常に驚きました)、それを参考にしようかなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット