FC2ブログ

ヤエヤマコクワ、2セット組みました

今年もアイフェイオン「ジェシー」の開花が始まりました。

190402_01.jpg
プランターいっぱいに増殖して、葉っぱがえらいことになってるな…。

190402_02.jpg
爽やかな色合いですね。

これが咲くと、本格的に春が来た感があります。

もう1つのプランターでは、チューリップ「ブライトゼム」の花茎が上がってきました。

190402_03.jpg
こちらの開花も楽しみです。


ペアリングしたヤエヤマコクワをセットしました。

まずはティーノさん採集のレア産地を。

190403_03.jpg
コバシャ中に植菌カワラ材を埋めて。

190403_04.jpg
さぁ、頼んだぞ!

次は大富林道産。

190403_05.jpg
こちらも同様のケース、セット内容で。

190403_06.jpg
大富の方はあと♀が1頭いるだけなんで、立て続けにペアリングしてしまいます。

2セットすれば、絶滅は免れられるかな?

レア産地の方も追加でペアリング・セット予定。



塗装しました。

190407_01.jpg
まずはホワイトで塗り…

パールクリヤーを吹いてからステッカーを貼り(ステッカーにパールのラメが付くのを防ぐため)、もう一度普通のクリヤーを吹いて…

190407_02.jpg
新たに組んだ白強化VSシャーシに。

本来、ボディの指定色はブラックなんですけど、ステッカーが主に白と青のパターンなので、ボディは白の方が似合うと判断。
タイヤもブルーを履かせてみましたが、なかなか良いカンジではないかと。

お、まだ平成が20日以上残ってるぞ?
当初はファーストトライセット付けて終了の予定でしたけど、もうちょいイジれそう。
とりあえずタイヤの直径を2mmくらい削るか。
あと、直近の公式大会でVSのリジッドマシンが優勝しているんで(恐らくパーツ無加工の、近年では珍しいほどシンプルな仕様で勝ったため、非常に驚きました)、それを参考にしようかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ヤエヤマコクワ、ペアリング開始

テコフィレア・キアノクロクス「ライヒトリニー」が満開状態に。

190321_01.jpg
青い花って、何か惹きつけられるものがありますよね。

「ライヒトリニー」は花付きがよく、ほぼ毎年咲いてくれるのも嬉しいところ。

一方、今年こそは咲くだろうと思っていた「グランブルー」は…

190321_02.jpg
またもや開花せず。

地味に分球して2株になりましたが、望んでいたのはそういう事じゃないんだよなぁ。
また来年か。ブドウ糖でもやっておこうかな。


暖かくなってきたため、ヤエヤマコクワのペアリングを始めました。

190326_03.jpg
まずは野外品から累代している、大富林道産を1ペア。

どちらも26mmとちっこいのですが、♂の方が体長に占めるアゴの割合が大きいせいで、ボディが♀より更に小さいw

190326_04.jpg
なんだか累代が進むうちに、全然大きくならなくなってきちゃったんですよね(現在F4)。

F1でいきなり41mmが出て、これは45mmは楽勝だと思ったんですけど、以後は40mmにすらカスりもせず。
最初どうやって飼ってたんだっけなぁ…?

加えて、フェアで結構放出してしまい、手元にいるのは1♂2♀♀のみ。
何気に累代の危機かも?

190326_05.jpg
もう1♀もあとでしっかりペアリングしましょっと。

あと、ティーノさん採集系統の、レア産地のも1ペアやっておきましょう。

190326_01.jpg
♂が38mmに、♀が32mm。

190326_02.jpg
まだ累代がF2と浅いためか、割とマトモなサイズですね。

絶対に絶やせない産地なので、やはり複数のセットを組みましょう。

こちらは門外不出のため、放出はしていませんし、今後も予定なし。
ウチで全部抱えるよん。

さて、植菌カワラ材を買ってこないと…。



宇垣さんが3月いっぱいでTBSを退社するため、これで週プレのコラムも終わりかぁ、と覚悟を決めて今週号を読むと、「TBSアナウンサーとしては最後」なんてわざわざ書いてあり、どうやら4月以降も続投の模様。
先週号で皆川さんと対談してたから、てっきり4月以降の後任が皆川さんなのかと思っていただけに、いい意味で予想を裏切られてホッとしました。
この人、ルックスだけでなく文才も併せ持っている(ややソシオパス気味な気もしますが)のが羨ましい。イカれた事を書いていながらも、読者を惹きこむ文章力があるもんw
代々TBSのアナウンサーが引き継いでいた連載コーナーでしたが(枡田さん→田中さん→吉田さんだったかな?)、宇垣さんがフリーになるのに継続って事はその伝統は途切れるのね。
となると同じく連載中の市川紗耶さんとポジションが被る気もする。
まぁどちらも個性的な文章を書く二人なので、問題は無いのか。
今後も楽しみに読ませてもらいましょう。

4月に今までの連載をまとめたエッセイ本が出るそうなので、それは買います。
今までの先輩たちにはそんなの無かったのに、異例の待遇ですね。
ホントはサイン本が欲しいのですが、発売記念のイベントに行って3冊買わなきゃならんそうなので、流石にそれは諦めるかw


…昨日の「ひるおび」の最終出演回はなんだかあっさりしてたなぁ。
労いの言葉とかあるのかと思っていました。
来週からはもう観ないな。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

モンタネルスホソアカ、セット

テコフィレア・キアノクロクス「ライヒトリニー」が開花。

190317_01.jpg
今年もキレイに咲いてくれています。


190313_03.jpg
ナルキサス・キクラミネウスも。

190313_04.jpg
風変わりな花姿と、鮮烈な黄色が魅力的ですねぇ。


ペアリングしていたモンタネルスホソアカをセットしました。

190317_02.jpg
コバシャ中に、柔らかめのナラ材を2本埋めています。

190317_03.jpg
さぁ、バンバン卵を産んでおくれよ!


190317_04.jpg
間髪入れず、もう1♀もペアリング。

♀が2頭いると安心できますね。
これで幼虫が全く採れなかったら、かなり恥ずかしいな。
♂でサイズ狙いの飼育が出来る程度の頭数が欲しいです。



今月、誕生日を迎えたため、プレゼントとして妹の家からレーダー探知機を取り付けてもらいました。

190313_05.jpg

土建業の会社を経営している旦那M君が、普段懇意にしているトヨタの営業さんに家まで車を取りに来てもらい、ディーラーにて取り付け。
…トヨペットにレクサス持ち込ませて良かったんだろうか?たぶん、普通はお断りだろうなぁ。
というか軽い気持ちで、ホームセンターとかで売ってる安いのを取り付けて欲しいと言ったつもりだったんですけど、予想外に高性能なのを付けてもらっちゃって驚いた。
これで安心して走れます。M君ありがとうございました。



「revisions」がクライマックスを迎えようとしてシリアスな展開なのに、ちょこちょことコメディを挟んできて笑わされます。
兄のガイに対しては平手打ちだったのに、直後に大介にはガチのグーパンチを喰らわすルウがホント酷いw
その後ずっと大介の顔面が腫れたままなのにも更に笑ってしまいます。
ミロに対して暴言を吐く大介がクズ過ぎるのもアレですねwとても主人公とは思えん。

マリマリがすげー死にそうな予感がするんですけど、気のせいでしょうか?
そして、リヴィジョンズの始祖ってひょっとして慶作?だからアーブの上層部は幼少期の慶作の抹殺をミロに命じたのでしょうか??
ラストまであと2話くらいだと思いますが、結末が非常に気になりますね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

モンタネルス、ペアリング

イズモコバイモが開花しました。

190310_04.jpg
例年、3月の下旬に咲いていましたが、今年はちょっと早い。

冬にあんまり気温が下がらなかったからでしょうか?
埼玉県南部は積雪ゼロでしたし。

190310_05.jpg
よく開いた剣弁が良いですね。

国産コバイモで一番好き。
さらに繊細な白花も売っていて、とても欲しいのですが、少しお値段が張るもんで今はやめておきます。
クルマ買い換えて、一時的に金欠気味なのですw


モンタネルスホソアカが雌雄ともに、しっかりエサ食いをしているのでペアリングすることに。

190307_02.jpg
ほとんど羽化ズレしないでホント助かった。

♂のサイズは二の次ですw

190307_03.jpg
もう1♀も、ゼリーを食べ始めたため、半月後には使えるかな?

…よく見たら、♀2頭で上翅のカラーパターンが少し違うのね。

190307_04.jpg
こちらはペアリング中の♀。

ただの個体差なんでしょうけど、得られる子供の、特に♂のカラーバリエーションに反映されたりしないのかなぁ、とちょっと気になったり。



「恩讐の彼方に」観てきました。以下、空白のトコはネタバレ全開なんで、観る予定のある方は読まないで下さい。

ガルシアの「お前の人生は他人の人生を背負ったことのない生き方だ」というセリフが何気に突き刺さる。
私がクワガタや熱帯魚飼って、ミニ四駆イジって、大排気量FRセダン車乗ってるのも、全部独身の成せる業ですよね(…特に最後、幼い子供がいると、チャイルドシートに乗降させる都合でスライドドアのミニバンしか許されない、って風潮がなんだかなぁ、と思う。アルヴェル・ノアヴォク・セレナしか選択肢ないじゃんつまんねぇ)。

花城さん、case2だけのチョイ役かと思いきや、今回は思いっきり絡んでて意外でした。
しかも何かメチャクチャ強いし。一応外務省の役人のハズですけど、100年後の未来では役人も戦闘訓練必須になっているんでしょうか?

黒幕のガルシアが単純に悪人と言い切れないのが何だかモヤモヤする。
テンジンの覗き見がバレなければ、狡噛の怒りを買って仕留められる事もなかったろうしなぁ。
まぁ、その場合はまた別の場所でマッチポンプが繰り返されるんでしょうけど、最終的には平和に近づいているワケだし…。


190311_01.jpg
これで3作品の劇場特典コンプリート。

早めに行かないと無くなるんですよね。
公開1週間以内に全部行けて良かった。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

チベット産クルビ、追加で羽化

ナルキサス・ロミエウクシー・リファヌスを購入。

190217_02.jpg
ロミエウクシーの亜種で、真上を向いて開花するのが特徴です。

190217_03.jpg
花自体も小型で、一風変わった雰囲気。

こういう特徴的な花が好きです。


チベット産クルビデンスの♂が追加で羽化しています。

といっても画像を撮ったきり、記事を書くのを忘れていただけなもんで、実際には1ヶ月ほど前の出来事だったり。

190119_09.jpg
2つのうち、まずは1400ccボトル(左)から。

190119_10.jpg
72mmくらいかな?まずまずですね。

190119_11.jpg
2リッタービンの方は…

190119_12.jpg
テネラルでギリ76mm?

現在は75mmちょいに落ち着いています。

幼虫体重が28gあり、兄弟中最大の個体だったため期待していたんですが、まぁこんなもんか。

190119_14.jpg
アゴがカッコ良いですよね、クルビ。

190119_13.jpg

チベット産はナガ系にあたる様なので、80mmUPは厳しいかな?
少なくとも私の飼育技術では出そうにないw

とりあえず上記の75mmは種親用に残して、♀の最大個体の44mmと交配しようと考えています。



車買い換えました。

190218_01.jpg

凄く気に入っていたんですが、さすがに年式が古くて内外装ともに劣化が進んでいたため、チェンジ。

今まであちこち出掛けるのに大変お世話になりました。お疲れさまm(_ _"m)

190218_02.jpg
これからお世話になります。よろしく。

初のハイブリッド車ですけど、排気量が今までと同じ3.5リッターなのに全然燃料減らなくて笑いました。
初速も速いし、これはいいな。

190217_05.jpg
で、その日のうちにさっそく従兄弟のK兄弟と、加須市でミニ四駆w

そういえば、前の車が納車された日にもミニ四駆を同じ面子で走らせていましたっけ。

190217_04.jpg
走行会では初デビューの2台(ヨドバシではソロで走行済み)も含めた6台で参加。

なぜかエースマシン(右下)が不調でコースアウト連発でしたが、他は概ねいいカンジ。
今回は珍しくY君の嫁も参加しており、積極的にマシン(制作は義兄のK君ですが)をコースに投入して楽しんでいました。
ハマってくれるといいなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット