FC2ブログ

青いカナブンF1、エサ換え

ナルキサス・ヴィリディフロルスの花が終わり、結実していました。

181030_06.jpg

去年も種が出来る事は出来たのですが、その後に強風で花茎ごとどこかに飛ばされてしまったんですよね。

今回はそんな事が無い様、確実に回収して蒔きたいものです。


タコ飼いにしていた(ハナムグリの類いって、若齢のうちはまとめて飼っていた方が死亡率が低いので)、青いカナブンF1幼虫たちを個別に分ける事に。

181018_02.jpg
もうマットがだいぶ食い尽くされて、フンだらけになっています。

181018_03.jpg
しっかり3齢に成長していますね。

181018_04.jpg
23頭出てきました。

フェアで12頭放出し、♀親の採集者Iさんに10頭バックしたため、少なくとも45頭は産んでいたことになります。
50頭くらい産んでそう、との予想は当たっていましたねw

181018_05.jpg

全て250ccカップに、カブトマットとセット内のマット(といっても殆どフンですが…)を混ぜてゆる詰めにし、幼虫を投入。

さぁ、この中から青い成虫は羽化してくるのでしょうか?
F1で出てこなかったとしても、次の世代くらいには出てくるハズなので、期待の系統ですね。



タミヤが次から次へと新製品を出してくれやがるので、またキットが増えていきます。

181030_01.jpg
先週末はこの2つを。

上のキットは、6月に池袋東武で開催されたモデギャラで先行販売されていたものです。

181030_02.jpg
限定品でないキットには珍しくポリカーボネイト製ボディなんですけど、

181030_04.jpg
今回のものにはホイールアーチ部分が予めカットされているのに対し、

181030_05.jpg
先行販売分(上)はカットされていないという違いがある模様。

だからなんだ?と言われるとアレですが、ちょっとしたレアリティというか、付加価値がついた気がして持っている人間としては優越感に浸れます(しょうもないw)。

181030_03.jpg

モチーフの機体が完全に実車のため、珍しくスポンサーデカールがたくさん付いています。

昔のアバンテJr.とかには勝手にベルレイなんかのステッカーを付けていた様ですけど(再販分からは変更)、さすがに今は権利関係で無許可ってワケにはいかなくなったらしいので、今回のはオフィシャルなものと思われます。
レーシングカーテイストのボディにしたいヒトにとっては使い勝手が良さそうなシールですね。
地が白でなく、透明だったらもっと良かったんだけどなぁ。

積みプラならぬ、積み四駆が増えていく一方ではあるのですが、一応制作もしています。

181030_07.jpg
フロントとリアどうすっかなぁ。

今回はボディパカパカせずに、固定で行きたいんですけどね。
既成スラダンだと、ボディに干渉しそうな気がするんだよなぁ…。
簡易ピボットにするか…?
週末には形にしたい。



昨日の「ZIP」の貴島明日香さんの魔女コスが堪らなかった。。
ハロウィンなぞ糞喰らえとは思いますが(渋谷の荒れ具合はマスゴミが煽るせいなのになぁ)、美人さんのコスプレだけは良いですね。

このヒトがめっちゃカワイイので、最近の朝は日テレなのですが、惜しむらくは真っ平らなことか。
マジでまな板に梅干し状態だと思う(私の方がまだありそうw)。
天は二物を与えないのか…。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

チベットクルビ、菌糸換え

コヒガンバナの開花が終了。

181004_12.jpg
あんなにキレイだったのになぁ…。

181004_13.jpg

通常のヒガンバナと異なり、放っておくと自家受粉して種を作ってしまうため、根元からカットする事にします。

種を作ると何が困るって、エネルギーを消耗して数年また咲かなくなっちゃうんですよね。
葉っぱだけのヒガンバナはちょっと…。
斑でも入ってれば別ですけどね。

181004_14.jpg
もう根元からは葉が出てきていますね。

結構分球しているようですし、春になって葉が無くなったら庭植えしようかなぁ。


チベット・米林産クルビデンスの幼虫の菌糸を換えることに。

181004_04.jpg
頃合いと思われる♂4頭を。

181004_05.jpg
前回24.2gだった個体。

あれ?減ってるぞ??
まぁ黄色くなってきてるし、そろそろ蛹化するのかな?

181004_07.jpg
21.8gだったもの。

微増ですね。

181004_08.jpg
期待していた、最大の24.4gだった個体。

まぁこんなもんか。
75mmUPにはなってくれそうですね。

181004_06.jpg
で、一番小さかった、19.1gだったのが…!

最大個体に化けていました。
全然期待していなかったんですけどね。
これも極端に縮まなければ75mmにはなるでしょう。

181004_09.jpg
用意しておいた、2リッターから1400ccに、大きい順に投入。

今回エサ換えした♂は少なくとも全て72mm以上にはなってくれそうですね。
♂親がたしか69mmとかだったので、上回ってくれてひと安心。

181004_10.jpg
♀はもう蛹化しているものがいます。

こちらはあんま大きいのは出そうにないなぁ。
45mmすら怪しい。



ヒマなときにtwitter虫垢を監視(笑)しているのですが、浅草界隈の連中よりも更にアタマがおかしいのがいるのね。
当選者のいないプレ企画とか初めて聞いたわw
なんだろなあの意識高い系ガイジ。使用済みのフ節飛んだカズミアエ野外♀を出してる時点でどうかと思いますが、それすら出し惜しむとかw
既に虫垢勢のおもちゃにされてる様ですけど、狙ってやってんのかなぁ?
そうまでして満たしたい承認欲求って…。


虫垢でも採集系の人達はマトモなのが多いですね。
飼育系はヤバいのばっかだわ。
まぁ、ブログでもそんな傾向はありますよね。
私のもw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

青いカナブン、産んでました

蒔いた種が3つとも発芽し、鉢増ししてあったブルーアマリリスですが、

180815_04.jpg
2つ死亡して、残り1株に。

うわ、またかよ。
7年前も3つ蒔いて、成長したのは1株でした。

正直、1株は発芽したときから葉がフニャフニャしていて、ダメかもなぁ、と思っていたんですけど、もう1株アウトになるとは思いませんでした。

まぁ、最後の1株は健康っぽいので、ここから大きく成長してくれることに期待しましょう。


青いカナブンが死亡していたため、セットのマットを少し掘ってみると…

180820_01.jpg
おお、ちゃんと産んでいました。

が、なんかやたらたくさん出てくる…。

180820_02.jpg
ケースをひっくり返すまでもなく、1/3ほどほじくっただけでこんなに。

こりゃ全体で50は楽勝に産んでますね。
割り出し中止w

180820_03.jpg
とりあえず10頭はカブトマットを250ccカップに詰めてから投入し、自分用。

残りは60ccカップに入れて、フェアに持って行きました。

物好きが少しは買ってくれるだろうと思ってはいましたが、参考に展示しておいた♀親のおかげか、見事完売。
お客さまには感謝です。青いの、出てくれると良いですね。



「サンジャポ」
また宇垣さんコスプレしてたのかw
もう完全にイロモノ担当と化してるな。
来週は何のコスプレ?
まどマギ、セラムンときたら、魔法少女つながりでCCさくら辺りでしょうか?
魔法少女サイトは変身しないしなぁ…。

ところで、殺意案件ってナニ?w

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

チベットクルビ、エサ換えその2

シクラメン・コルチカムの葉が完全に展開しました。

180815_02.jpg
葉のフチの鋸歯が目立つうえに、葉脈も盛り上がっているため、迫力ある姿です。

とてもシクラメンの葉とは思えない…。

180815_03.jpg
もう1つの鉢の方も展開途中。

ローフシアナムやそのハイブリッドも個性的でしたが、やはりコルチカムは素晴らしいですね。
次は花を拝みたい。


詰めておいた菌糸が回ったようなので、800cc菌糸ボトルに投入していた方のチベットクルビのエサ換えをすることに。

180817_06.jpg
5月末に初齢を投入していました。

今が換え時ですね。

180817_07.jpg
しっかり成長してくれています。

180817_08.jpg
♂の最大個体。

28gくらいのが出てくるかなぁ、なんて思っていましたが甘かったか。

180817_09.jpg
♀の最大。

まぁクルビの♀だし、こんなもんか?

180817_10.jpg
左5頭が♂。右7頭が♀。

死亡個体が全くいなかったのは意外。

♂の最小は19.1gで、平均は22.4g。
♀は8.7gで、平均9.8g。

180817_11.jpg

たまたまではありますが、1000cc以上のボトルが5つ、800ccが3つという内訳で菌糸を詰めていたため、5頭の♂は重かった順に容量の大きいものに投入し、♀は10gを超えていた3頭のみ菌糸で、残り4頭はマットを詰めた800ccボトルに。
この前も書きましたが、♀はマットでも極端には小さくならないしなぁ。

次回のエサ換えまでに、♂の最大個体がどれだけ育ってくれるかが問題ですね。
75mm以上で羽化させたいところ。

…ところでチベットの米林産って系統的にはヒマラヤ系?それともナガ系??
15年くらい前に樟木(ザンム)だったか基隆(キーロン)のクルビを飼育したことがあるんですけど、全然大きくならなかった覚えがあるんですよね(当時と現在では菌糸の質も全然違うとは思いますが)。
できれば大きくなって歯型も良い、ヒマラヤ系であって欲しいんですけど…。


ようやく行けました。

180817_01.jpg
何故か妹の家に先んじられてしまって、悔しかったんですよねw

仕事が忙しすぎて、盆休みになるまで行く気力が無かった。

館内は撮影OKでしたが、ネットにアップしてはイカンそうなので、行った人だけのお楽しみ。
充実した昆活が出来ましたw

やっぱりヤンバルテナガのホロタイプが直に見られたのは素晴らしかったですねぇ。
感激して、食い入るように見つめてしまいました。

180817_05.jpg
物販コーナーにて、今年の夏のマストアイテムを入手。

噂の完全変態Tシャツがゲット出来て嬉しい。
タイミングによっては品切れで買えない事もあるらしいんですよね。
週末の横浜フェアで着てやろうかしら?

180817_04.jpg
去年の深海展同様に、パンフも。

分厚い上に、内容が濃過ぎるぜ。

180817_02.jpg

昨年は疲れて行かなかった、日本館の方もしっかり見学し、出口のシロナガスクジラに見送られて帰路に着きました。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

チベットクルビ、エサ換え

斑入りのクレマチス「這沢」の斑があまり目立たないなぁ、と思っていましたが、

180725_03.jpg
最近になって出てきた葉に、ようやくそれらしく斑が入る様になってきました。

180725_04.jpg
ここらへんなんかは、結構キレイですね。

全体的にこんな葉だらけになって欲しいのですが、なかなか上手くいかないもんです。


120ccの菌糸カップに入っていたチベット産クルビデンスの幼虫が脱走しそうになっていたため、エサ換えすることに。

180806_01.jpg
もうちょい発見が遅れていたらマズかった。

180806_02.jpg
でも♀だなぁ、どうすっか。

180806_03.jpg

一応、クルビ用に菌糸を用意してはあるんですけど、まだ菌の回りが甘いし、基本的には♂のためのもの。

♀はマットでもそれなりのサイズで羽化してくるしなぁ。

180806_04.jpg
なので、800ccボトルにマットを詰めて投入。

180806_05.jpg
ついでに、前回の大宮フェアで売れ残った3頭も、60ccカップから移し替える事に。

180806_06.jpg
やっぱりマットで、250ccカップ。

さきほどの菌糸が、完全に回り切っていたら投入できたんですけどね。
残念。



「義母と娘のブルース」
前回、予告が無かったもんで、これは良一死んでしまうの?と半ば覚悟はしていたんですが、案の定(´;ω;`)
葬儀の最中、絆を深める亜希子とみゆきの姿につい涙腺が緩んじゃいました。
みゆき役の子役が上手すぎてなぁ。反則だわ。

第二章。
9年経っても老けない母に対し、娘は別人の様なアホの子にw
まぁ小学生の頃にしっかりしていたのは、実母が亡くなったために、「母親がいないのだからしっかりしなくちゃ」という強い決意を持たざるを得なかったのが、安心して甘えられる母親を得た事で不要になったから、なワケで、むしろ喜ぶべきことなのかも知れませんけどね。

ダメ人間まっしぐらの店主経営のパン屋で、亜希子がどう活躍していくのか。
そして崩れていくらしい親子関係といい、今後が気になります。


というか綾瀬はるかのメガネスーツ姿がツボです。
スタイルがメチャンコ良いヒトなので、ピッチリしたスーツ着られると、こうなんというか(以下自粛
NYも上白石萌歌よりも綾瀬はるかにやってもらいたかった…!



「絶対零度」
これどう考えても普通に伊沢さんが犯人だと思ってたのに(チームほぼ全員にも疑われてるのが泣けるw)、まさかの田村さんか…!
田村さん退場だと、今後ピッキングとか鑑識といった特殊スキルが使えなくなって、厳しそう。
いや、それ以前に警察的には犯人が伊沢さんであれ田村さんであれ、内部の人間の犯行には違いなく、依然、未犯システム存亡の危機が去っていない気がするんですけど…。
責任者であり、中間管理職の東堂さんは頭が痛そうだなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット