モンギローニ、割り出し

冬の間、葉が落ちて丸坊主になっていたアデニア・グラウカにようやく葉っぱが出てきました。

DSCF1641.jpg
一時期は枯れるんじゃないかと心配していましたが、これで一安心。

DSCF1642.jpg

鉢が狭いなぁ。
買った時のままなので、そろそろ植え換えてあげましょうかね。


モンギローニのセットのケース底に幼虫が見えていたので、割り出し。

DSCF1647.jpg
あ~良かった。ボウズだったらどうしようかと思っていました。

DSCF1648.jpg
が、意外に少なく10頭のみ。

そう甘くはないか…。


♀死亡してしまっているので、このセットはこれでお終い。
雌雄の羽化ズレが殆ど無いペアでしたし、もうちょい産んでくれてる予定だったんですけどねぇ。


DSCF1650.jpg

♂はまだまだ元気。
この前羽化したラストの♀にも問題なく交配できそうです。


DSCF1651.jpg
割り出した幼虫はいつも通り、250ccカップに反則マットを詰めて投入しておきました。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

モンギローニ、セット

ちょっと前に植えたパラモンガイアの球根ですが、芽が出てきました。

DSCF1242.jpg

販売元が輸入してからしばらく経っている球根だったのでちと不安でしたが、とりあえず安心しました。
暑さを好む植物らしいので、暖かくなったら外に出してあげましょっと。



ようやくモンギローニをセット。

DSCF1245.jpg
霊芝材をナタで真っ二つに叩き割って、Maxマットで埋めておきました。

どうにも苦手な種ですが、何とか産んでもらいたいものです。



インフルで引き篭もり生活のため、ついついテレビを見てしまうのですが、ニュースの芸能コーナーがAKBまみれ過ぎてムシャクシャしてきました。
辞めようがA○落ちしようが知ったことではありませんが、いつ辞めるか未定って、何なんだよ。
そんなことで実際に悲憤慷慨しているのは某掲示板の地下アイドル板の連中だけだろうが。
朝から晩までやられているせいで、グリーのCM見るだけでイライラするようになってしまいました。

それよかもっと東電叩け。
何様だあいつら。
身を削るのはイヤなクセに、契約者には要求ばかりしやがる。
諸外国ならもうとっくに暴動起きてるレベルだぞ…。
生活かかってるのが自分とこの社員だけだと思うなよ。

消費税は…やめときましょう。
血圧上がりそう。
ひでえ世の中ですね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

モンギ、ペアリング

ブルーアマリリスがちょっと大きくなりました。

DSCF1209.jpg
最も長い葉で25cmほど。
プラス茎の長さ8cmで、ようやく30cmに達しました。

ま、開花するようなサイズだと葉だけで70cm以上に、ネギの様な茎が50cm以上は伸びる様なので、まだまだ赤ん坊なんですけどね。
気長に成長を待ちます。


しっかりエサを食っているので、ペアリング。

DSCF1207.jpg

モンギローニは品があって良いムシですね。
イラガ産でも、ブラックをベースにグリーンの光沢が浮かぶ個体は非常にキレイです。

…この♀が産んでくれないと多分アウトです。
頼みますよ!


そういえばイグジミウス(?)の野外♀は材をメチャクチャ齧っているのに産んでおらず、未交尾だったのかも知れません。
ウチではもうダメっぽいので、Takenocoさん、頑張って下さい!

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ペアで羽化

帰宅したら食卓に置かれていました。

DSCF0918.jpg

母の職場のバイト君が、掛け持ちの別のバイト先から持ち込んだものだそうで、多分そこの店長さんが大量に仕入れたものの、捌ききれずに自腹で購入してバイトに配ったものが回りまわってウチに来たんでしょうね。
去年も書いた気がしますが、不毛な商戦です。
つい数年前まで聞いたこともなかったような、ワケの分からん風習をゴリ推しするなよなぁ。
AKBやK-POPと同レベルだよ、食べ物への冒涜だ!などと憤慨しながら、結局1パック完食しました。
海鮮は意外と美味かった。



ようやくマトモに羽化しました。

DSCF0911.jpg
Cyclommatus monguilloni イリアンジャヤ Mt.イラガ F3 70mm

若干緑がかった黒色で、なかなか渋い色合いです。

実はちゃんとアゴが伸びた兄弟は他に何頭もいたのですが、上翅が閉じなかったり、後翅が出っぱなしになってしまっていたりでことごとく羽化不全になってしまい、とてもUP出来るような代物ではありませんでした。

♀もその前日に羽化。

DSCF0916.jpg

タイミングは完璧ですね。
このペアからしっかり幼虫を採らないと!


先に組んだ2セットは玉砕していました。
片方は♀がもうヨレヨレだったので予想通りでしたが、もう片方は新鮮な♀で、セットにも抜かりはなかったハズなのですが…。
わけがわからないよ(泣)

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

頼むから産んでください

サワイコクワのセットのケース底に、幼虫が1頭見えていたので割り出してみることに。

DSCF0285.jpg
追加が得られて一安心。

DSCF0289.jpg
が、2頭しかいませんでした…。

DSCF0290.jpg

親♀はフ節欠けもなく、至って元気な様なので再セットしておきました。
昨年入荷の野外♀なのにまだ元気って、随分寿命の長そうなムシですね。

願わくば、もうちょい幼虫が欲しいところです。

DSCF0291.jpg
採れた幼虫は800ccのカワラ菌糸ボトルに入れておきました。


モンギローニをペアリングしました。

DSCF0280.jpg
♂は小型ながらも、グリーンの発色が強く出た個体を使用しました(画像ではよく分かりませんが…)。

大型の♂が羽化してもことごとく翅パカになってしまったり、♀が突然死したりとイマイチ私にとって相性の良くないムシですが、なんとか累代を続けたい…!


ついにワルズ・ギル殿下が自ら戦線に。
これって死亡フラグですよね?
名前通りのワルさと、それに反した憎めないキャラクターが好きだったのですが、残念です。

父親であるザンギャック皇帝の名前が、アクドス・ギルってのも凄いなぁ。

つーかテレ朝、日曜朝に駅伝やらゴルフで特撮やアニメを放送休止にするのはやめて下さい。
がっかりするのは子供達だけではありませんし、爽やかな休日の目覚めにそんなムサ苦しいのは見たくないんですけど…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット