ビタリスF1、セットしました

八重咲きヒガンバナ「インド美人」が開花しました。

indbjn_4.jpg
これでほぼ開ききっている状態。

indbjn_5.jpg
上から。

花弁の先端同士がくっついたままの、変わった品種ですね。

indbjn_6.jpg
正常な状態に戻ろうとしたのか、何枚かの花弁は真っ直ぐに。

何気に、毎年この時季になると「インド美人」の検索ワードでこのブログに辿りつく方が多い模様。
マニアからの注目度は高いらしいです。


イエンバイ省産ビタリスフタマタをセットしました。

ybhbb_10.jpg
コバシャ小に、植菌カワラ材を半埋めで。

野外品はあまり産みませんでしたが、F1はどうでしょうか?
累代に困らない程度には産卵して欲しいものです。



「仮面ライダードライブ」がほぼ終わってしまいました(一応来週もありますが、「ゴースト」と交代する蛇足的な回の模様)。

今期はここ数年でも出色の出来栄えだったかと。
さすが三条脚本だけあって、特に悪役のキャラが立っており、たまらんかった!
後半なんか完全に「ダイの大冒険」でしたね。ハート様はハドラーポジションで、メディックはアルビナス。ブレンは…フェンブレン+ブロックでしょうか?
蛮野博士のいっそ清々しいほどの外道っぷりはザボエラですね。あ、斧で粉砕される最期まで一緒かw

個人的には、悪役が魅力的なほどヒーローは輝くと思うんですよね(同じく三条脚本の「W」の園咲家も大好き)。
次の「ゴースト」はその辺大丈夫なんかなぁ?
主人公の見た目が怪人にしか見えない点についてはもうツッコみません。中身で勝負して下さいな。

…進ノ介の愛車が35GT-Rなのは、同じ東映製作のドラマ「相棒」の、神戸尊との刑事繋がりのパロディでしょうか?
確か階級上は平の巡査なのに、すげぇな(神戸は元警視だったので、いい給料貰っていたんでしょうけど)。ロイミュード撲滅のボーナスなのか、はたまたベルトさんのカーコレクションの一部だったりして。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ビタリス、ペアリング

ネリネ・ヘッセオイデスの花茎が伸びています。

nrnhso_1.jpg

通常目にする、サルニエンンシスをベースにした改良品種に比べると、小柄で華奢な原種です。

nrnhso_2.jpg
もう少しで開花しますね。

初めて見るので、どんなものかと期待しています。


こちらも…

indbjn_3.jpg
もうちょいで咲くな、「インド美人」。

明日か明後日か。


イエンバイ省産ビタリスフタマタの♂も活発に活動しています。

ybhbb_8.jpg
ゼリーを食べる様になってしばらく経つので、

ybhbb_9.jpg
早速ペアリングしておきました。

交尾もすぐに確認できたため、早めにセットします。



「ウルトラマンX」、なんで宇宙人同士でラグビーなんだよw
しかも中の人がまんま人間態を演じていて笑いました。

ギャグ回だし、今日はXの変身はナシか、なんて思っていたら最後の最後でムリヤリな出番が。
やっぱり本来の視聴者であるお子様の事を考えると、ウルトラマンが全く出て来ないのはマズいか。

「ギンガS」のガンQ回と同じ脚本家と聞いて納得。
またこんなのやって欲しいですねw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

♂も無事に羽化

独花蘭を植え替えることに。

dkr_5.jpg

水苔が劣化してきており、そろそろ換えないと、とは思っていたんですけど、

dkr_6.jpg
もう芽が伸び始めてる!

速攻でやる事に。

dkr_7.jpg
新しく出来たバルブから、ぐんにょりと伸びてますね。

dkr_8.jpg
根も出てきています。

dkr_9.jpg

芽が出ているのとは逆の、古いバックバルブだけ外し、2株にして新しい水苔で植えておきました。

さぁ、しっかり葉を伸ばして、キレイな花を咲かせておくれよ。


イエンバイ省産ビタリスフタマタの♂が羽化しました。

1ybhbb_5.jpg
よしよし、翅もキレイに閉じて、完品ですね。

サイズは70mmあるかないか、といったところ。

1ybhbb_6.jpg

アゴの付け根から最大内歯までの間には、小内歯がまったく無い、典型的なタイプ。

そういえばココに内歯がバッチリ出る、ツカモトフタマタが入荷したみたいですね。
久しぶりに来たんではないでしょうか?
…同じ中国便では、何気に上海ホペイが気になっているんですけど、さすがにあの値段じゃいらないやw

さて、これで無事に1♂2♀♀になってくれたのでブリードできますね。
結構好きなフタマタなもんで、累代して大きいのが出せたらなぁ、と思います。



「乱歩奇譚」、何とも救いが無い鬱展開ですねぇ。
ありゃ20面相堕ちしても仕方ないわカガミ警視。
つーかサブタイの「芋虫」殆ど関係ないな。
まぁ、原作の「芋虫」をそのまま地上波でアニメ化するのは、色々規制が厳しくて不可能でしょうけど。


「めざど」、岡副さん異常な黒さだな。
もはや塗っているのかと疑うレベルw
ラッツ&スターにでも入る気でしょうか?

美郷ちゃんのミニオンのモノマネは結構良いセンいってて意外でした。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

イエンバイ省産ビタリス、♀羽化

スカシユリ「ライオンハート」の株元に、いつの間にか花茎が伸びていました。

pnrry_1.jpg
パイナップルリリーですね。

去年、出て来なかったもんで、てっきり消滅したかと思っていたんですよね。
作落ちしたのか、養分をスカシユリに取られたかでかなり小型化してしまいましたが、生存確認が出来て安心しました。


イェンバイ省産ビタリスフタマタが羽化している様なので、掘ってみました。

1ybhbb_1.jpg
ん、♀か。

脱いだ皮が見えて、羽化しているのはボトルの側面から確認出来ていたんですけど、性別が分からなかったんですよね。

1ybhbb_2.jpg
よしよし、完品ですね。

1ybhbb_3.jpg
もう1頭。

こちらは側面からまったく食痕が見えず、死亡しているかと思われた個体です。
無事に羽化していて、良かった。

1ybhbb_4.jpg
ラスト1頭は、カワラ菌糸の一番上、殆ど蓋の直下で蛹化。

幼虫が3頭しかいなかったため、雌雄が揃うのか非常に不安でしたが、1♂2♀♀になってくれてラッキーでした。
って、まだ♂が完品で羽化するまでは気を抜けないんですけどねw


昨日はイオンモール与野で、従兄弟のK君、Y君とその息子A君と共に、ミニ四駆大会に参加してきました。

実は先週も同じイオンの春日部店にて大会があって、参加したんですよねw

mn0725_7.jpg
今回のコースは左右が見切れていますが、こんなカンジ。

mn0725_9.jpg

マシンを試走させてみるも、前の晩に必死こいて組んだ、この2台はどうもダメで完走すらできず。

コース左のジャンプ台で飛びすぎて、次のカーブを曲がり切れずにコースアウトの憂き目に(コースは時計回り)。

殆どの参加者がココで脱落していましたね。

mn0725_6.jpg
唯一マトモに走ったのが仮設5号機。

このコはいつも安定しているので、エントリー。

が、いざ本番になると支給された電池がパワフル過ぎたのか、試走では飛ばなかった前述のポイントであえなくコースアウト(´;ω;`)
富士通プレミアムG恐るべし。ネオチャンプ(いつも使っている、公式の充電池)よりも強力だとは知らなかった…。

mn0725_8.jpg
K君、Y君、A君のマシン。

1回戦を勝ち上がれたのは、画像中央上の、Y君のマシンだけでしたw

そのY君のマシンも2回戦で散り、全滅となりました。

Y君の対戦相手に結構美人な、若いかーちゃんがいたんですけど、レース後に「○○さん(私の本名)ですよね?覚えてます?」なんて話しかけられたので、驚き。
誰かと思ったら10年以上前にミスドでバイトしていた頃の同僚でしたw
まぁ近所なんで、再会することもあるでしょうけど、まさかミニ四駆の大会でとは想像もしていませんでしたね。
しばし歓談し、お別れ。
さいたま市近辺での大会にはだいたい出場しているそうなので、また会う事もあるでしょう。


大会は終了しましたが、横浜からわざわざ出てきているY君が不完全燃焼気味のため、もう1軒行くことに。

で、向かった先は狭山市にあるキャッツアイという総合レジャー施設。

結構凄いミニ四駆コースがあると聞いて楽しみにしていたら…

mn0725_10.jpg
おお、激しい立体w

奥にももう1面、平面コースがありました。

作業台にもコンセントが完備されており、ドリンクバーもあるのでなかなか快適。
近所だったら毎週通ってしまいそう、なんて話もw

mn0725_11.jpg

コース脇にはモップを取り付けられたマシンがあり、走らせることでコースを清掃する事が出来る模様。
試しに走らせてみると、直前に紛失していたベアリングを見事に拾ってきました。
やるなぁコレ、と感心。

浦和の母方の実家に置いてあるコースを清掃する用で、真似して1台作ろうかな?
走らせるとタイヤ痕やオイル等で、結構汚れるんですよねぇ。


3時間遊んで気が済みましたが、ついでにもう1軒、西川越のKホビーへ。
ここでは走らせず、パーツを色々購入。
初めて見るパーツもあり、全員満足して今度こそ帰宅。

いやぁ、充実した1日でしたねw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ビタリス、カワラに投入

ソラリア・アトロパープレアが開花しました。

s-atr_3.jpg
花芽を確認してから2週間ほどで、花茎がヒョロヒョロ~っと伸び、

s-atr_4.jpg
こんな妖しげな黒花。

テコフィレアの鮮烈な色合いとは対極的ですねw
でも、こういう不気味なのにも魅力を感じてしまいます。


イエンバイ省産ビタリスフタマタのエサ換えをしました。

hvvy_1.jpg
3頭しか得られなかった幼虫ですが、一応全て生存していました。

hvvy_2.jpg
画像左の上下2頭が♂っぽいので、2♂♂1♀になった模様。

コレ系って雌雄がもの凄く偏るもんで、ひょっとして全♂か全♀かと危惧していただけに安心しました。

hvvy_3.jpg
800ccのカワラ菌糸に投入。

後は雌雄であまり羽化ズレしない事を祈るばかりです。



「めざど」、「暗殺教室」の作者が侑里ちゃんに取材されていて、非常に羨ましかったw
私、「ネウロ」の時からのファンなんですけど(コミックスは全部買いました)、朝の情報番組に出るほど出世するとは、ちょっと感慨深いものがあります。
侑里ちゃん3-E ver.のイラストも可愛かったですねw



「君嘘」、原作でかをちゃんが死亡する事はネタバレされて知ってはいたんですけど、やっぱりアニメでもそこは変わらずか。
変更されるかも?と淡い期待を抱いていたんですけどね。

つーかあんな手紙遺されたら、一生忘れられないぞ。反則だ!
ごめんね、ありがとう、好きですって、それ全部生きてるうちに言っとけよなぁ(´;ω;`)

渡はちょっと可哀想。
ちゃんと好きだったのに、実はチャラ男認定されてハナから恋愛対象外だったとか。
まぁ、彼の場合はその辺分かっていたフシもありますが、こちらも生涯忘れられないよなぁ。

椿と歩むであろう、今後の公正の姿も見てみたいところですが(意表を突いて、凪だったりして?)、ここで終わっておくのがこの物語的には正解なのかな?

音楽ネタの作品なだけに、ピアノやバイオリンの演奏シーンは耳に心地よく、作画も毎回安定していて、実に質の高いアニメでした。
心理描写も巧みなんですよね。
私、中学生の頃なんかこんなに複雑に物事考えてなかったぞ(今も?)。
アピストのエリザベサエとメンデジィ(熱帯魚)が欲しいけど、高いよなぁ、どうすべか、とか、クラスのMさんはべらぼうに可愛いけど胸が全く無いな、佳人薄乳だ、などと下らない事ばかり考えていた気がします。

元々、「サイコパス2」のついでに見たアニメでしたが、1話のピアニカ演奏でハマりかけ、2話のクロイツェルアレンジver.で完全に視聴継続確定(私の知ってる曲と全然違うw)!
結果、最後まで観て本当に良かった。

やっぱ血や臓物が飛び散るアニメばっか観てちゃダメですね。
久々に心が洗われた気がします。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット