FC2ブログ

ブルー系交配のエサ換えを

ずっと欲しかった原種シクラメンがついに手に入りました。

181223_01.jpg
シクラメン・パルビフロルム

コルチカムと共に入手の難しい原種の1つで、手元にあるのが嬉しくてたまらない逸品です。

よく出回っている、コウムに似た種ですが…

181223_02.jpg
サイズ差はこんなカンジ。

もちろん、左のコウムは3.5号鉢なので、特別デカい株ではありませんよ。

パルビフロルムという種小名自体が「小さな花」を意味しており、原種シクラメン全体でも最小の種になります。
今季は花が咲くか微妙なところですが、いずれは開花した姿を見たいものですね。


ニジイロ「ブルー系交配」の幼虫のエサ換えを。

181212_19.jpg
今、ウチにいる中で最もブルーが出る可能性が高い系統の7頭です。

181212_20.jpg
多分、3♂♂4♀♀かな?

菌糸に入れた割に全然大きくなっていないあたり、期待が持てますw
こいつらの先祖のブルーペアから1頭だけ採れた幼虫が、800ccの菌糸ボトルに投入したにも関わらず、すんごくちっこいブルー♀として羽化したのを思い出しますね(3齢中期で6.6gしかありませんでした)。

181212_21.jpg

この段階でまた菌糸に投入しても、メチャクチャに暴れてすぐパーになるのが目に見えているため、今度はマットを詰めておきました。

さぁ青く羽化しておくれよ。



宇垣さん、TBS退社するのか。
やっぱりなぁ。会社勤め向いて無さそうだもんあのヒトw
ただ美人なだけではなく、色々と個性的なので、タレントとしてもイケるんではないかと思います。
オタ向け企画には特に需要ありそうだし。
あと、今まで出来なかった露出多めのグラビアにも期待できる…のか?

週プレのコラムが恐らく来年3月までには終わるってのは残念。
文才もあるので、感心しながら読んでいたんですけどねぇ。


「SSSS.GRIDMAN」
結局アカネちゃんの夢オチ(みたいなもん)かぁ。
引き籠りはイカンよね、という事でしょうか。


「中学聖日記」
誓約書の「平成2018年」がキーなのでしょうか?
こんなデタラメな日付の入った誓約書は無効だけど(仮に正しく30年と書かれていたとしても、どこまでの法的効力があるのかは疑問ですが)、敢えて黒岩君が一人前になるまでは接近しないと誓います、みたいな。
黒岩母も、分かっていたから金庫にしまい込んで、最終的には聖ちゃんを認めた、とか。

しかし、ストーカーの一念、岩をも通す、みたいな話を感動話の様にやられてもなぁw
1話からずっと見てたけど、なんで聖ちゃんが黒岩君を好きになったのか、未だに分からんし。
ストーカーもイケメンなら許されるのかw

元カレと上司の5年後の方が気になったり。
多分離婚してそうだなぁ。
籍すら入れていない可能性もありますが。
どのみち、幸福な家庭を築いているとはとても思えない。
そもそも元カレのキャラ自体が気持ち悪かった。
別れた後も普通に元カノと連絡取り合って執着してるし、18の小僧を相手に嫉妬したり。
上司もツンデレのツン成分がキツ過ぎて、毎日相手にするのはストレス溜まりそう。

うわぁ、こんな両親の間に生まれた子供は悲惨だ。
マトモには育つまい。
ウチと同じくらいヒドいw
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ラピス、絶える寸前?

ナルキサス・ヴィリディフロルスが開花しました。

181014_02.jpg
こんな姿ですが、これでも秋咲きのスイセンの仲間です。

181014_03.jpg
種小名は「緑の花」といった意味。まぁそのまんまですね。

芳香もあるんですけど、どちらかというと悪臭の部類かも?
異様な青臭さだったり。


ニジイロ「ラピスブルー」の♀がまったく産まずに困り果てていました。

どうせ産むだろうと♀を2頭残して放出してしまったのですが、同腹のラピス♂と交配した1♀は産まずに死亡。
全身ブルーを目指して「イリスブルー」の♂と交配した1♀も、生きてはいるものの、やはり全く産まず。

181008_02.jpg

このまま死亡させるのも惜しいもんで、ダメ元でイリスの同腹の、紫紺似でブルー強めの♂と交配することに。

この♂は別の♀にも交配させて、幼虫が得られているため、繁殖能力がある事が確認出来ています。

181008_03.jpg
あとはアナタ次第です。

181008_04.jpg
コバシャ中に、800ccカワラボトルを半埋めに。


…数日後。

181014_01.jpg
おお、カワラ菌床に穿孔していますね。

これで有精卵を産んでくれれば良いのですが…。

しっかしウチの「イリスブルー」の♂は悉く種無しでどうにもならんな。
他系統との交配で、歩き方がおかしい、神経障害みたいなのは改善されたのですが、繁殖能力がない♂ばっかなのは致命的です。
3♂♂使って、まさか1頭も直仔が得られないとは思いませんでした。
致死遺伝子でも働いてるんだろうか?と疑うレベルです。
羽化後1ヶ月以内の発色は最高なんだけどなぁ。

irisblue_01.jpg
どこぞのディープなんちゃらとは格が違うぜw

これでちゃんと殖えてくれさえすれば…(´;ω;`)

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ニジイロ、羽化してきましたが…

バラ「サマーレディ」がちょこちょこと開花を続けています。

181008_12.jpg
ごくシンプルな古典品種ですが、見飽きないのが良いですね。

181008_11.jpg
次はこっちも咲くなぁ。

181008_13.jpg
バラ「青龍」も、無事に夏を乗り切って開花しています。

もうちょい水色に近い色なんですけど、上手く映らんのよねぇ。


ニジイロが8月上旬あたりから羽化をしています。

181008_07.jpg

「4」と呼んでいる系統で、クワカブK氏のところで「紫紺」♂と、ウチのブルーからの直仔の♀(グリーンっぽい)を交配して得られたF1を、ウチで更に同腹でかけ合せて採れた子供たちです。

長くて何言ってるかよく分からないと思いますが、「紫紺」とブルーの両方の血を引いていると考えて下さい。

181008_10.jpg

とりあえず8月羽化分の12頭(全部♀。サイズが小さくてもやはり♂は羽化が遅いみたい)は、こんな様なほぼノーマルが9頭と、

181008_09.jpg
「紫紺」っぽいのが3頭。

181008_01.jpg
う~ん、どう見てもブルー系の♀ではないなぁ。

今回載せていませんが、9月以降に羽化したものからもブルーは出ていません。
「4」系統からはキツいかなぁ。



今日は大手町でフェアだったようですが、仕事のため行けず。
つーか、せっかく今年は9月23日が日曜だからイケると思っていたのに、何でわざわざ体育の日に変更してくれやがるかなぁ。
嫌がらせとしか思えないぞ。旗日が全部休みな、ホワイトな仕事してる人間ばっかじゃ無いっつーの。
9月の第4週あたりの日曜は、別のイベントであの会場が使えないとか、何か事情があるのでしょうか?
…来年の9月23日は月曜か。こりゃまた参加できなさそうだなぁ…。

昨日の池上会館のイベントは行こうと思えば行けたんですが、会場までのアクセスがメンドくさくてやめました。
KUWATAフェス以上に、糞みたいなキッズ連中がウジャウジャたむろしてるトコに行くのもアレだしなぁ。
外に並ぶのもイヤですしねw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

またブルー系ニジイロを割り出し

シクラメン・ローフシアナム×ペルシカムhyb.の葉が出始めました。

180920_01.jpg
一枚は完全に展開。

180920_02.jpg
やっぱりキレイですね、この品種。

原種のローフシアナムもかなり美しいですが、それをも上回っていると思う。

180920_03.jpg
蕾も複数出ていますね。

秋から冬にかけてずっと咲き続ける品種なので、観賞期間が長くて嬉しい。


ニジイロ・ブルー系交配のセットをまた割り出し。

180902_16.jpg

菌床産卵させようと、コバシャ中に800ccの菌糸ボトルを埋めておいたら、4頭出てきました。

180902_17.jpg
マットをひっくり返すと、ちゃんといますね。

180902_18.jpg
14頭回収。

180902_19.jpg
計18頭のうち、3齢になっていた4頭は430ccに、残りは250ccカップに投入。

この交配からもブルーが出る可能性はかなり高いと思われます。
殆どが紫紺みたいな色で、数頭がブルーになるんじゃないかなぁ、と予想。


20日は有休を取って、午前中にJR田町駅へ。

180920_15.jpg
ホントにやったよ宇垣さんw

一日警察署長って、ある意味究極のコスプレですよねぇ。

結構良いポジションで見れましたが、目の前に女性ファンがいたのに驚きました。
それも若い二人組!
宇垣さんって同性から蛇蝎の如く嫌われているのかと思っていたんですけど(失礼)、そんな事は無かったのね。
カワイイカワイイ言いながら写真撮ってたもん。
ん~、意外だ。単に百合なヒトたちなのかも知れませんが。


その後は2つ隣駅の新橋に限定ミニ四駆を買いに行き、ついでにゆりかもめに乗って、お台場へ。

180920_04.jpg
お台場にはここ数年行ってなかったもんで、代変わりしてからは初めて見ます。

180920_09.jpg
ガンダムベース東京でガンプラを眺めて、ここでも限定キットを1つ購入。

180920_07.jpg
7階から降りてくると、デストロイモードに変形していました。

180920_08.jpg
変形する時間を調べておけば良かった!動いてるのを見たかったんですよね。

180920_06.jpg
歩き回って疲れたので、ここらで帰宅。

結構充実した有給休暇を過ごせたかな?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ブルー系交配、エサ換え

春に新苗で購入したバラ「青龍」が無事に夏越しできました。

180912_01.jpg

かなり貧弱な品種で、特に真夏の高温高湿に弱くて、昨年まで住んでいたアパートの2階ベランダでは栽培困難だったんですよね。

新居の庭は風通しもよく、日差しも適度に遮られているためか、多少のうどんこ病は食らったものの、今のところ順調に育っています。

180912_02.jpg

夏場は蕾が付いてもマトモな花が咲かないし、体力をムダに消耗させてしまうので毟っていたのですが、だいぶ涼しくなったし、もう咲かせても良いかな?


ニジイロ・ブルー系交配の幼虫のエサ換えを。

180907_10.jpg
割り出し後、250ccカップにマットを詰めて投入していました。

180907_11.jpg

今いる幼虫で、最もブルーが出現する可能性が高い組み合わせの交配から得られたもので、これはいつも通り250ccや430ccのカップに入れたまま、エサ換えナシでちっこく羽化させるのは勿体無いと思い、菌糸に移します。

180907_12.jpg
800ccの菌糸へ。

ただ、こいつらの先祖の、ブルーのペアから1頭だけ得られた幼虫を菌糸に投入した際も、全然大きくならずにえらく小型のブルー♀が羽化してきた事があったため、ガチのブルーは体質的に全く大きくならないかもしれません。

とりあえず、できれば1ペアはブルーが出てくれるといいなぁ。
こいつらの親世代では、♀のブルーは1頭も出て来なかったんですよね。


「呪術廻戦」
やべぇよこのマンガ、本当に読者の心を抉りにきますw
サブタイトルの「もしも」と、扉絵で覚悟はしていましたが、それにしても「グニィ」ってあんまりでしょ。
実力的に虎杖が真人に勝てるとは思えませんけど(指3本状態の宿儺でもどうだろ?)、どうにか一矢報いてやって欲しいものです。
次回、巻頭カラーでまた主人公死亡はナシの方向でw

宿儺が自分に絶対的に有利な「縛り」を断った理由はなんなんだろか?
そして真人の真の目的は??

気になる事だらけですね。次号が楽しみです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット