クビボソ孵化中

ステインヘイルクビボソの幼虫が孵化しています。
P1013585.jpg

全て卵で割り出したのですが、湿気で腐るのを恐れてやや乾燥気味のMaxマットで管理したところ、3つほど腐りましたが(不注意でキズ付けたのかも?)なんとか9頭の幼虫が得られました。
親♀は既に死亡しており、残りの卵はあと1つとなりましたが、健康そうなのであと数日中には孵化しそうなカンジです。

得られた幼虫は乾燥したマットのままではマズいと思い、水分を足したMaxマットに移しました。
姿が確認できないと不安なので、とりあえず60ccのカップに投入してありますが、幼虫の成長が極端に遅いムシですし、しばらくはそのままで大丈夫でしょう。

実験的に、既に摂食を開始してしばらく経った幼虫のマットには反則マット(の食いカス)を少量混ぜてみました。

なんとか無事に成長してもらいたいものです。


セットを二つ組みました。


まずHR-1にナラ材を埋め込んでパリーノコギリのセット。
P1013594.jpg

次にコバシャ小でナラ材を転がしてエロンガトゥスのセットを。
P1013593.jpg

両方ともかなり累代が進んでいますが、特に後者は野外品の入荷が期待出来ないのでしっかり産んで欲しいです。



ジャイアントパンダが上野にやってきたようですが、これって必要なんでしょうか?
バカ高い(年間8000万円の10年契約でしたっけ?)契約金に、自然死以外の死亡時は5000万円の賠償とか、極め付きはペアが繁殖した場合は子供の所有権も中国なんて、ナメきってますよね。
もちろん、CITESバリバリのⅠ類で商取引が禁じられていてカネで買えないのは分かっているのですが、世話させてやるからカネくれよ、ってのはどうなんですかね。
同じパンダのレンタルでもイギリスへのレンタル料は年間800万円ほどであるらしく、いかに日本がナメられているかが分かります。
そもそも最初にパンダが送られた田中角栄の時代とは趨勢が変わっていて、もう完全にあちらさんが上から目線なんですよね。
なんでコレ契約しちゃったんでしょ?上野動物園ってそんなに経営に困ってるワケない(都営ですし)ハズで、まさか地元商店街の活性化のため、なんて理由ではないですよね。
個人的にはジャイアントパンダって白黒のクマにしか見えなくて、レッサーパンダの方がはるかにカワイイじゃん、なんて思っているんですが、私だけでしょうか?
なんか政治的な思惑があからさま過ぎて、素直に喜べないんですよね。
パンダ外交って、上手い言葉だと思います。


…上野にいる、同じCITESⅠ類ならインドライオンとかコモドドラゴン(今はシンガポールに貸し出し中ですが)の方がず~っと魅力的な気がするんですが、これは思いっ切り少数派ですね。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

無事に孵化しました

原種系チューリップ「アルボコエルレア オキュラータ」の芽が出ていました。

オキュラータ
白い花弁の付け根に青いブロッチが入る、変わった品種です。
パッと見はチューリップに見えないかも知れません。
私は「青い花フェチ」なので、その存在を知ったときから気になって仕方なかった品種でもあります。
3月上旬頃に開花するようなので、楽しみに待つことにします。


先日、ステインヘイルクビボソの4度目の割り出しをしました。

P1013432.jpg
5個追加したので、これで11個。
段々ペースが上がってきました。
この調子でお願いします。


そして今日になって最初に割り出した卵をチェックしていると…

P1013472.jpg
1頭孵化してました!

これで第二段階クリアといったところでしょうか?
卵が採れても腐る、みたいな話も聞いていたのでようやく一安心できました。
残りの卵も全て孵化して欲しいものです。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

stein.jpg
今年も昨年と変わらず、ムシに園芸に熱帯魚にと、ほどほどにやっていこうと思います。
みなさま、よろしくお願いします。

新年一発目にステインヘイルクビボソの割り出しをしてみました。
実はセット直後に一気に齧っていて、一度割ってみたのですが全てカラ産みで、それ以降あまり材を齧る様子がなく半分諦めていたのですが、色々試した結果、ここ数日また材を齧り始めていたのでちょっとだけ期待していました。
で、産卵痕をほじくり返してみると…

stein_egg.jpg

ようやく回収できました。
とりあえず3つだけですが、なんとなく産卵の条件が分かったような気がするので、追加に期待します。


加計呂麻島産アマミノコギリの幼虫のマット換えも。

pd_15.jpg
EXマットで飼育していたものはこんなもん(最大でも18g程度)でしたが、

pd_20.jpg
反則マットで飼育したものはこんなカンジになっており、

pd_22.jpg
こんなのもいました。
75mmを超えてくれると良いですね。

与路島産は来月交換予定ですが、あちらもこのくらいに成長して欲しいものです。
せめて内歯の特徴がハッキリするようなサイズにはしなくては!


年末年始のテレビは微妙ですね。
相棒新春スペシャルもイマイチでした。
昨日の朝の宮瀬茉祐子さんの着物姿は良かったですケド。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

一年待ちました

玄関脇に置いてあるバラ「サマー・レディ」の剪定&植え替えをしました。

…枝を落とす前の画像を撮り忘れました。
春はこんなカンジで、秋にはもっと葉が茂っていました。

バツンバツンと、外向きの新芽のちょっと上を狙って剪定していきます。

DVC00444.jpg
これだけ切りました。

DVC00443.jpg

剪定が完了したら植え替え。
7号鉢いっぱいに根が詰まっていたので、なかなか鉢から抜けませんでした。
うっかり棘で流血しながらも引っこ抜き、根をハサミで切り落として一回り根鉢を小さくし、今度は8号鉢に植え替えました。
DVC00442.jpg

上の画像で真ん中にちょこっと残っていた葉のついた枝も、混み入ってよろしくないので結局切り落としました。

春になって、またたくさん花を付けてくれると良いですね。


今年1発目が入荷したので、さっそく入手しました。

P1013049.jpg
Cantharolethrus steinheili ペルー ワヌコ県 野外品 59mm

昨シーズンは機会を逃してしまい購入できなかったため、1年間待っていました。

メソトプスにも引けを取らない光沢と上下に湾曲したアゴ、キクロよりも長い触角が特徴的です。

P1013048.jpg

横から見るとシカっぽく見えないこともなイカ?

P1013050.jpg

♀はある意味♂よりも奇怪な姿です。
なんじゃこの頭部・前胸の異様な点刻は…!
♂のような光沢はまったくありません。


以前は成虫価格が高く、幼虫を買うのがやっとでした。
幼虫を飼育して、一応蛹の姿を拝むところまでは漕ぎ着けているので(温冷庫の故障で全滅しましたが)、このペアから幼虫が得られれば今度こそ新成虫の姿を目にすることができるのではないかと期待しています。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット