イベント行きました

シクラメン・コウム「絞り咲き」が開花しました。

170223_03.jpg
昨年の池袋クリロー展で購入した株です。

170223_04.jpg
…陽が射してると全く特徴が見えんなコレ。

ピンクの花弁にフレアー状に白い模様が入って、実物はなかなかキレイなんですけどね。
今度、曇ってるときに撮り直すかぁ。

シクラメン・コウム「メイデンクリムゾン」も。

170223_05.jpg
なんだか葉っぱが暴れ狂っちゃってますけど、一応開花。

170223_06.jpg
この濃ゆい花色はたまらんものがあります。

170223_07.jpg
同じコウムの「ゴランハイツ」とは対照的ですね。


先週土曜日に地元大宮のKUWATAフェアに行ってきました。

と言っても、私は当日11時半まで会社に監禁されていたため、会場入り出来たのは14時過ぎ(いつもの入り口が工事で塞がれていたので、地下1階に辿りつくのにあちこち彷徨ってしまいました…)。
まぁ、元々何か目的のモノがあったワケではないので、さほどガッカリはしなかったんですけど。

クワ友IさんやSさんとお話ししながら会場内を回っていたんですが、購買意欲が殆ど湧かないのには参りました。
よく考えたら私、ヤフオクとか全く見ないし、最近は植物に夢中でムシ屋にもあまり出入りしていないもんで、流行りのムシやら新しいムシも知らないんですよね。
相場も良く分からなくなってるので、昔珍品で高かったムシが異様に安くなっていたり、またその逆だったりで、変な驚きはありましたけど。

170226_01.jpg
そんな中で、目に留まったのが1つあったので、ちと高いけどまぁいっか、と購入。

あとはソレ用の菌糸と、グッズさんで安売りしてたゼリーを買い、夜勤で眠かったのもあり、閉場前に早々と退散しました。

会場でお会いしたみなさん、今回もお相手して頂き、ありがとうございました。
次回の横浜は、夜勤明けでなければ早く行こうと思いますw

今回、イベントの日時をビークワで告知したおかげか、会場が賑わっていましたね。
いつも通常入場の1時間後には客がだいぶ引けているのに、私が到着した頃でもかなりいましたもん。
やっぱり効果あるのね。
今の飼育者はクワタなんて雑誌があったのすら知らないんだから(何で「KUWATAフェスティバル」なんて名前のイベントなのかも知らんだろうなw)、主催者もさっさと過去のしがらみは捨ててビークワに縋れば良かったんだなぁ。
客が入るのと入らないのとじゃあ、出店する側のモチベーションも違ってきますしね。


帰宅して、早速エサ換え。

170226_02.jpg
チベット産のフォルスターフタマタ。

つーかコレ、亜種名nyishiになってるの?
アレってアルナーチャル産の、顎の根元の後ろ向いてる内歯が長いとかいうだけの亜種の事じゃなかったっけ?

チベットのはアゴが根元から湾曲が緩くて、頭楯の両サイドがより突出する変な個体群だった気がするんですけど、同じ物って事になったんでしょうか?
最近の事情に疎いもんで、ワケ分からねーわい。

170226_03.jpg
3頭とも800ccカワラボトルに投入。

…何も考えずにカワラに入れましたけど、フォルスターってカワラで大丈夫でしたよね?
とりあえず雌雄偏らずに羽化してくれるとありがたいです。



「鉄血のオルフェンズ」
ジュリエッタ何してくれちゃてるんだアンタ!
シノが…(´;ω;`)

これ鉄華団完全に詰んだじゃん。
バエルが戦況を覆すほどの活躍を見せるワケでもなさそうですし(なんか特殊な装備や能力も無く、スペック的には改修の進んだバルバトスやキマリスの方が上らしいとか…)、どうすんだっぺ?

キマリスヴィダール、膝からドリルとは武装がエグいな。
コンビのアイン君の趣味かな?w

そういえばOP歌ってる連中のスキャンダルで前の曲と差し替えかなぁ、と思っていたら普通に流れてましたね。
犯人のベース、写真見たらコイツも公然猥褻カットかよw
ゲス谷といい、ハゲキノコといい、この髪型のヤツ本当にクズばっかじゃん。
カッコイイかこの頭?クソ伊野尾の場合、生え際の後退を隠すためにやっている様ですが、そうでもなきゃキャラ作り以外にわざわざこの髪型にするメリットが無いような気がするんだけどなぁ。
もうマッシュルームカットのヤツ、性犯罪者として片っ端からしょっぴけばいいのに、とすら思うw
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

こちらも不調

八重咲きパンジー「ファビュラス」を購入しました(婦人服ブランドみたいな品種名だ…)。

DVC00902.jpg

最初は「ミルフル」等のフリル咲きと何が違うんだろうかと、売り場で花弁の枚数を数えたりしていたんですが(不審者w)、確かに2~3枚花弁が多く、よりフリフリ感が増しています。
増えた花弁は雄しべが弁化したものなのかなぁ、と思っていたのですが、花の中心からは花粉が吹いている様なので、純粋な多弁化なのでしょうか?


夜間はだいぶ冷え込む様になりましたが、オールドローズ「ルイ14世」がまだ花を付けています。

DVC00900.jpg
さすがにもう小ぶりの花しか咲きませんが、濃厚な香りはそのままです。

「ルイ14世」が咲き終わったらバラの剪定を始めましょうかね。


フォルスターフタマタ原名亜種のセットがこんなカンジになっていたので割り出し。

DSCF5014.jpg
材が結構齧ってあります。

DSCF5015.jpg
幼虫見っけ。

DSCF5016.jpg
卵は結構出てきます。

が、結構な割合で変色しているので、孵化するものは少なそう。

というか、幼虫はさっきの1頭のみでした…。

♀親はまだ元気なのですが、再セットしてもマトモな卵を産んでくれるかどうか、微妙なところ。

まぁ、幼虫1頭だけでは仕方がないので、再セットせざるを得ないんですがね。

回収した幼虫は250ccカップに生オガ発酵マットを詰めて投入。
卵は15個ほど採れたので、60ccカップで3つに分けて保管することに。

早めに再セットしないとなぁ…。



Hさん、奄美情報どうもでした!
まぁ個人的にはあまりにもバカバカしいと思うので、リーガルでもイリーガルでも全く気にしちゃあいなかったんですけどねw
法令を制定した連中、アマミコクワとアマミシカの♀の区別がつくのかよ、と。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

フォルフォル、セット

山野草店で購入した、もう1つの植物がコレ。

DSCF4661.jpg
パラクィレギア・ミクロフィラ

オダマキ属(Gen.Aquilegia)に近縁の植物ですが、オダマキ属に共通する顎片の裏の長い距(属名はココに由来していて、鷲の爪の意)が無いのが特徴だそうです。
本種は種小名が指す通り、葉が非常に小さく、可愛らしいものです。

上手く栽培できれば来年の4月頃開花の予定ですが、本来は雲南省の、富士山頂よりも高いポイントに自生している立派な高山植物のため、難易度は高めです。
透き通るようなピンクの、鮮やかな花が見たいものです。


フォルスターフタマタ原名亜種をセットしました。

DSCF4655.jpg
コバシャ小にナラ材を頭だけ出して埋めています。

以前はフタマタセットといえば全く材を埋めずに転がしていたのですが、材が乾き過ぎるのか、産みが悪い気がして、最近では結構埋める様になりました。

もう1セット組むハズだったのですが、小さい方の♂がヤってくれましてね…(コキュートス送りにしました)。
そんなワケで1セットのみで勝負するハメに。
何とか累代出来る分だけでも産んでもらわないと。


中部ベトナム・ダナン市産グランディスをペアリング。

DSCF4657.jpg
何かセットするのを忘れている気がしていましたが、コレでした。

私の技量では80mmUPさせるのは困難な気がする本種ですが、最近入荷の無い産地でもありますし、累代は続けたいところ。

そういえばもう1ペアいるんでした。
そっちもやっておくか…。



「めざまし」、今週もミタパンずっと出るのか?と思ったら月曜だけか。
台風で例によってL字画面でしたが、そういう時に限って衣装がかわいいのは何なのか?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

フォルフォル、ペアリング

斑入りアガパンサスの鉢が、さらに凄い事に。

DSCF4643.jpg
殆ど2色のロベリアに占拠されています。


春にスカシユリが咲いていた鉢も…

DSCF4644.jpg

ここにはロベリアの他にも、ビオラ・ソロリア「フレックルス」の幅広い大きな葉が!
プランターに植えてあった親株から、種が飛んできたんでしょうね。

本来この鉢の主だったスカシユリ(細長い葉っぱ)は、何だか窮屈そう。
用土も劣化していることですし、そろそろ植え替えないと来年は花が咲かなくなってしまうかもなぁ。


フォルスターフタマタ原名亜種をペアリングすることに。

DSCF4627.jpg
この世代で一番大きかった♂(といっても75mm)と、

DSCF4629.jpg
65mmほどの♂を使って2セット組みます。

現在、両方とも交尾&メイトガードが確認できているため、出来るだけ早くセットを組めたら、と思います。

フォルフォル、また羽化

一度花が咲き終わったミニバラに、また蕾が出来ていました。

DSCF4207.jpg

随分と蒸し暑くなってきましたが、花のサイズは購入したばかりの頃と変わらないっぽい。
耐暑性が強い品種の様ですね。


430ccカップで飼育していたフォルスターフタマタ原名亜種がまた1頭羽化していました。

DSCF4229.jpg
掘り出してみました。

DSCF4231.jpg
65mmほど。

だいぶフォルスターらしい姿になっています。
容器のサイズを考えれば上出来でしょう。

DSCF4232.jpg

この前羽化した♂(右)と。
飼育環境は同じなんですが、だいぶ差がつきましたね。

800ccや1400ccに投入した♂も現在蛹になっており、そちらはそれなりのサイズになっている模様。
さすがに80mmは厳しそうですが。

♀は殆ど羽化。

DSCF4228.jpg

今まではだいたい250ccカップでちっこく羽化させていましたが、800ccボトルで羽化させたらどれも43mm以上にはなってくれました。
後食の早い種ですし、1ヶ月後にはペアリングできるかな?


「めざど」で紹介されていて、母が食べたいというので買って来ました。

DSCF4215.jpg
クォーターパウンダー・ゴールドリング

DSCF4214.jpg
1つずつ、専用の紙袋に入っています。

DSCF4216.jpg
こんな能書きも。

話のタネに、とも思って2つ購入したんですが、正直味はビミョー。
具は上からベーコン、パイナップル、ハンバーグ、チーズで、ベーコンの上に濃厚なBBQソースがかかっているんですが、どれもなんだか大味でなぁ。
1日限定で正解だな、コレ。
1個1000円なら、吉牛行ってネギ玉特盛+サラダ食った方がコスパ良いわ。
あと2回、1000円バーガーを企画しているらしいですが、次はパスかな。



侑里ちゃんドリフトに挑戦か。
何でもやるなこのコ。

わたしゃタイヤが勿体なくてやった事ないぞw
ゴムの焦げるニオイが臭そうだしなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット