不人気でも好きです(笑)

以前割り出したタランドゥスホソアカが成虫になっていました。
P1011750.jpg
Cy. tarandus ボルネオ シンタン CBF3 ペア
雌雄共に4ヶ月ほどで羽化。当然ちっちゃめです(笑)

毎世代、ビクビクしながら累代していますが、とりあえず♀が3頭いるのでなんとかなりそうです。

採集地によって色に変異があるのか知りませんが、生体初入荷のとき(7年くらい前でしょうか?)のシンカワン産のブリード新成虫は、もっと上翅が緑がかっていて綺麗だったような気がします。

40mmそこそこでも大歯型になり、アゴが根本から太くてなかなか良いムシだと思うのですが、悲しいかな全く人気はありませんね。


サメハダチビが材を齧っていました。
P1011756.jpg
これは期待して良いものやら・・・。
あまりに未知のムシのため、判断に悩みます。
割り出そうにも、仮に産んでいたとしても線虫と似たようなサイズの初齢幼虫が出てきては困りますし、まだ放置しておいた方が良さそうですね。


今度は完品です。
P1011758.jpg
H. forsteri kiyotamii ミャンマー サガイン州 F2 68mm

これも2年1化パターンですが、ちっちゃいです(汗)
そしてウチの系統としては珍しく黒い個体です。
♀も同時に羽化していますが(こちらは半年ちょっとで羽化)、ブリードに使うかは微妙ですね。
やっぱり赤い個体が良いです。


今日は珍しくムシのみでお送りしました。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

あんまりいませんでした

再セットしたタランドゥスホソアカのケース底に幼虫が見えていたので割り出してみました。
P1011186.jpg
うっ、7頭だけか・・・。
ひょっとして追加の♀は産まずに(既に死亡していました)、以前の♀の子供なんじゃなかろうか・・・?

一応累代に困らない程度の幼虫は手元にいるのですが、なんだか納得いかないものがあります。
とりあえず250ccカップにKBファームのEXマットを詰めて、幼虫を投入しておきました。


ついでにサンギールブルイジンの再セットの方も割り出してみましたが、こちらも少なく9頭の回収となりました。
♀親はまだ元気なようでしたが、これ以上幼虫を採っても仕方ないので(まったく需要ないでしょうし)、セットは解除して静かに余生を過ごしてもらうことにしました。
9頭の幼虫は菌糸に投入。
P1011193.jpg
左4つは以前詰めたカワラB菌床、右5つは大夢チャレンジに更に添加剤を加えたものです。
割とマジメに大型化を狙っているので、色々試してみます。


今日は夕方にドルクスグッズさんを訪問。
直前にホノホシさんより、Takenocoさんが来店しているとのメールがあり、お会いできるのを楽しみにしておりました。
あまりムシを詳しくは識らない、などと謙遜されておりましたが、何をおっしゃいますやら(笑)
途中からランエボさんも加わってのマニアックなお話は至福のひと時でした。
お二人とも、今日はご教授くださりありがとうございました。またお会いできる日が楽しみです♪

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ケース底に幼虫が見えていたので

タランドゥスホソアカの割出しをしました。
先月産卵セットしたばかりなのですが、とりあえず幼虫は12頭出てきました。
P1010625.jpg
その他に卵が多数ありましたが、あえて回収せず元通りに再セット。
親は雌雄ともに死亡していたため、セットを組むのを忘れていたもう1ペアを代わりに投入。

えぇ、完全なる手抜きです。幼虫回収できて安心しきってます(笑)

次に孵化率が悪く、完全に諦めムード漂うフォルスター原名亜種の割出し。
材を3本使って、幼虫2頭のみの回収でした(汗)
P1010622.jpg
予想に反してボウズは免れましたが、2頭だけってどうしろと・・・。
大体こういうのは♀2頭だったりします。
キヨタミは失敗した事がなく、何が原因なのかサッパリ分かりません。
まぁ、たまにはこんな事も。

割出した幼虫をガス抜きしてあったライフザビートル製SPマットへ。
ついでに先日、千葉のハナムグリマニアS氏から頂いたスライヤル島産ブルイジン10頭もマット換え♪
P1010628.jpg

エロンガトゥスも産卵セットしました。
P1010614.jpg

シンプル イズ ベスト!
こんなんでも産みます(笑)

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

タランドゥス

今日はタランドゥスホソアカ Cyclommatus tarandus ボルネオ・シンタン産CBF2の産卵セットを組みました。
P1010357.jpg

この個体は45mmほどしかありませんが、60mmを超える個体は大アゴの太さと相まって、なかなかの迫力があります。
既に3日ほど同居させており、メイトガードも確認しているのですが、♀殺しのほとんどない種類なので、産卵セットに♂も入れてしまうことにしますw

P1010360.jpg

基本的には飼育は易しい種類なのですが、累代が進むと突然産まなくなります。
ウチの系統は2代前に野外品の血を混ぜているのですが、そろそろヤバいかも・・・?
もう1♀セットする予定ですが、何とか累代が続けばなぁ、と思います。

野外品、また入らないかなぁ・・・。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット