クチノエラブノコギリ、ペアリング&セット

2ヶ月くらい前にホムセンで買ってきたディスキディア・ペクテノイデス

180508_05.jpg
株元の風船みたいな葉が特徴的ですね。

原産地(フィリピンだったかな?)では木に着生していて、この丸い葉(貯水葉)にアリを住まわせて共生するそうです。
熱帯にはこうした植物がいくつも存在しており、「アリ植物」という独自のカテゴリーとして繁栄しているとか。
アリに住居を提供することで警備させて外敵から身を守ったり、またアリが排泄する糞や食べ残しを養分として吸収するなど、ヘンテコな生態はマニア心を非常にくすぐりますね。集めたいw

180508_06.jpg

過湿は良くないと聞いて、灌水はたまに霧吹きをする程度にしていたんですけど、よく見たら蕾が付いていました。

奇妙な外見に反した、可憐な花が咲くようなので、開花を心待ちにしています。


♀がようやく完全に目覚めてエサを食べる様になったため、クチノエラブノコギリをペアリングしました。

180507_01.jpg
♂は2月下旬くらいから食べ始めていて、ちょっと焦っていたんですよね。
諸事情でラスト1ペアになってしまっていたもんで、危ないところでした。

んで、数日同居させた後、セット。

180508_01.jpg
いつも通りのコバシャ小でのノコギリセット。

180508_02.jpg
さぁ産んでおくれよ。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ミクラノコギリ、マット換え

甘粛省天水産のヘレボルス・チベタヌスですが、

180225_15.jpg
今年は咲かないっぽい、との予想を覆し、一応開花する模様。

一応、と書いたのは、だいたいチベタヌスの輸入株って、その年は咲かないか、蕾があっても白っぽく縮んだままで開かないでそのうち脱落するんですよね(画像にも映っている、白いのがソレ)。
入荷初年度で開花するであろう蕾が付いているのは珍しいかも?ちゃんと開いてくれると良いのですが。

言われている通り、この産地のものは確かに花色が濃い気がします。
数年前からある、ウチの国内実生株はこんなに蕾の色が濃くならないもんなぁ。

180225_14.jpg
まぁどのみち、本調子になるにはもう1年以上かかるんですけどね。
植え替えを忘れないようにしないと。


ミクラノコギリの幼虫のエサ換えをすることに。

180223_01.jpg
♂3頭に、♀4頭(のハズ)。

まずは♀から。

180223_02.jpg
全頭生存が確認出来てひと安心。

180223_07.jpg
また元通り800ccボトルにマットを詰めて投入。

次は♂。

180223_03.jpg
1頭め。

お、10g越えてる。60mmUPで羽化しそう。

180223_04.jpg
2頭め。

これは微妙。中歯かも?

180223_05.jpg
3頭め。

前回のエサ換え時に一番大きかった個体ですが、しっかり成長してくれていました。
ウチの歴代で最大の♂として羽化するかも?
今までで最も大きかったのが62mmくらいだったもんで、それよりサイズアップしてくれるといいなぁ。

180223_06.jpg

♂も3頭とも今まで入っていた1400ccボトルに、下から4~5cmをガッチガチにマットを詰めて投入。

あまり縮まずに蛹室を作ってくれると嬉しい。
必要以上に大きく蛹室を作らない様に、黒土を詰めようかとも考えましたが、変な事して死なれると精神的なショックがデカいので、やめておきました。



17日の大宮フェアには仕事で行けなかったため、今日の標本フェアにはちょろっと参加。
お相手して頂いた方々、どうもでした。

その後、以前から行きたいと思っていた松戸市のショップさんにお邪魔して、ボルネオでの採集のお話を聞かせて頂き、生体も1点購入。
遠いかと思っていましたが、大宮から松戸って外環使えば1時間もかからんのね。
ついでに同じ市内ということで、かの有名なニーナハッサンでも見て帰ろうかと思ったんですけど、夕方で薄暗くなってきていたので断念。
見に行ったところで普通の民家だしなぁw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

またやってしまった…

らん展でのお買い物、最後。

180105_23.jpg
ナルキサス・カンタブリクス系交配種

最新の交配種だそうで、大輪で丈の低い、素晴らしい代物。

これは増やして、鉢いっぱいに開花させてみたい。


完全に忘れて放ってあった、ヤクシマノコギリのセットを割り出しました。

180110_01.jpg
とっくに3齢になってますね。

材なんかもうバラバラに粉砕されて、マットと区別が付かなくなっています。

180110_02.jpg
8頭回収。

180110_03.jpg
放置し過ぎて成長が見込めない段階になっていたため、全部250ccカップに投入。

言い訳すると、親♀が産み出すのが遅く、いつになってもマットに幼虫が見えてこなかったもんで、てっきり失敗しているのかと思っていたんですね。
んで、幼虫がいると気付いたのが引っ越しの直前。
それからバタバタしていたのでまたセットの存在を忘れてしまい、今になってようやく割り出したのでした。

羽化サイズは次世代に期待しましょうか。
今回は、小歯型みたいなのばっかになるハズですw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

御蔵島亜種、エサ換え

前回、ベランダにあった植物を室内に移したと書きましたが、その影響をモロに喰らってしまったのがこのコ…

170921_01.jpg
シクラメン「ローフシアナム×ペルシカムhyb.」

もう見事なまでに茎がビロビロ伸びてしまって泣けてきます。

170921_02.jpg
蕾もたくさん付いていますが、これも徒長するんだろうなぁ。

170921_03.jpg
葉っぱの柄は随一なんですけどね。

もう今年は諦めます。早く工事終われコンチクショー!


ミクラノコギリの幼虫のエサ換えをすることに。

170921_06.jpg
割り出して430ccカップに投入したのが6月の頭。

170921_07.jpg
全頭生き残っていて安心しました。

恐らく、3♂♂4♀♀と思われます。

170921_08.jpg
♂の最大でもこんなちっこい…。

60mmUPにするには、10g以上は欲しい。
もうちょい太って下さいな。

170921_09.jpg
で、♂は1400cc、♀は800ccボトルにマットを詰めて投入。

無事、全頭羽化しますように…。



23日の大手町フェアは参加予定ですが、天気が微妙なんですよねぇ。
昨年はせっかく有休取ったのに朝から大雨だったもんで、諦めたんでしたっけw
降っても小雨程度で済んでくれるといいなぁ。
久しぶりの参加になるので、色々見て歩きたいものです。頭のおかしいtwitter勢とかもw

最近、色々と虫垢のtwitterを見ているんですけど、ロクなのいなくて笑えます。
金の亡者や乞食とか、オタサーの姫みたいのとか。
まぁ見るだけなら面白いですね、生態の変わった珍獣みたいで。絶対にリアルでは絡みたくないですケド。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

御蔵島亜種、割り出し

冬の終わりあたりから花を付けなくなっていた、アシナガムシトリスミレ「雪蛍」ですが、

170606_01.jpg
また咲き始めました。

やっぱキレイよね、コレ。
この前のラウエアナとはまた違った良さがあります。

170606_02.jpg
コバエ食べてます。

過密気味ですし、水ゴケも劣化しているので、株分けしないとなぁ。


ミクラノコギリのセットを割り出しました。

170606_07.jpg
ケースをひっくり返して、3頭確認。

で、マットを篩いましたが…

170606_10.jpg
最初の3頭しかいませんでした。

なんてこったい…。

材にもいるよね?と割ってみる事に。

170606_08.jpg
一応、食痕らしきものが見えているので、大丈夫?

170606_09.jpg
おぉ、ちゃんといた!

170606_11.jpg
でも4頭のみ。

170606_12.jpg
7頭全て、430ccカップにマットを詰めて投入。

ヤバい、もうちょい産んでるもんだと思ってました。
幼虫がボロボロ落ちるんで、ある程度数がいないと不安なんですけど…。

170606_13.jpg
♀親は元気だったため、即再セット。

ホントは追い掛けしたかったんですけど、数日前に♂が逝ってしまったんですよねぇ。

170606_14.jpg
もうちょい産んでくれぃ。



「CRISIS」も来週最終回かぁ。
ハマっていただけに、寂しいものがあります。
なんか野間口さん死にそうで不安だなぁ。
今週、新木ちゃんと和気あいあいと将棋を指していたのがフラグだとしたらイヤ過ぎますね。

来週はこれまでのアクションの集大成を見せてくれることに期待します。
予告を見る限り、小栗VS金子ノブアキの壮絶なバトルが見られる様なので、楽しみにしています。

…あ~続編やんないかなコレ。
相棒みたいに毎年やって欲しいw
クソみたいなジャニやAKBにチンピラザイルの連中が一人も出て来ないのも素晴らしいところですね。
安心して見ていられます。

ラストでいつもモヤモヤするけど。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット