やっぱり大きくはなりません

発芽したブルーアマリリスを5号のラン鉢に植え替えました。
通気性を考え、用土はクリスマスローズ用のものを使用。
P1013411.jpg

あまり通気が良過ぎると夏場の水やりがキツそうですが、なんとかしましょう。

P1013412.jpg
今はまだこんなに小さいですが、これから大きく育ってくれることでしょう。
早めに開花してくれるといいなぁ…。


イジェンノコギリの♀が羽化していました。
P1013409.jpg

♀でも体が寸詰まりで、近縁と思われるアスタコイデスとは違った印象を受けます。

これまで「ラテリヌスノコギリ」として流通していた種ですが、ベトナムを基準産地とする、本来のラテリヌスとは違った特徴を持つため、大図鑑にて新種記載されています。
個人的には、別にイジェン山の特産種というワケでもないのにijengensisって種小名はどうかと思うんですけどね(ウチのはアルゴプーロ山産ですし)。

♂も蛹化していました。
P1013405.jpg

やっぱりアゴは伸びません。
羽化サイズはおそらく30mm前後と思われます。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ようやく入手

ダリア「黒蝶」が満開になりました。
DVC00270.jpg
直径15cmほどと、割と大きな花です。
絢爛豪華な佇まいですね。


BE-KUWA10号の「ノコギリ特集」で目にして以来、気になって仕方なかったコイツをようやく入手できました。
P1011809.jpg
P. laterinus 東ジャワ Mt.アルゴプーロ 野外品 31mm

アルゴプーロなんていうメジャーな産地に生息していながら、なぜか生体未入荷だった種です。
アスタコイデスの小歯型のようですが、体型が寸詰まりで、フ節も短いような気がします。

P1011810.jpg
同じジャワ島でも西部のものはアスタコイデスで、ちゃんと大歯型になります。
ジャワの東西で変異があるムシも少なくないようなので、本種もその一例なのでしょう。

P1011808.jpg
さっそくセットを組んでおきました。
スペクタビリスノコギリのように、飼育なら大歯型に近いものが出てきそうな気もします。
沢山採って、実験したいですね。


コンツム省産アスタコイデスのセットのケース底に幼虫が這っていたので、割り出してみました。
P1011813.jpg
P1011816.jpg
幼虫は8頭、卵もそこそこありましたが、幼虫だけ回収して卵は元に戻しておきました(汗)
こちらも大歯型を狙って飼育します。


なんだかアスタコイデス系がいっぱいいますねぇ。
なんででしょ?(笑)

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット