カワラでセット

昨年末に2Cさんから送って頂いたブツです。

DVC00921.jpg
ポリア・コンデンサータ

ブルーメタリックの妖しい果実の生る植物。

DVC00920.jpg
ひと回り大きくなって、脇芽がウネウネと…。

DVC00919.jpg
その上の節からも。

横にも広がるとは聞いていましたが、こんなに早く伸びてくるとはw
成長が楽しみです。


植菌カワラ材を買ってきました。

DSCF5250.jpg

左の細い方は硬くてハズレ。
YGに使いましょう。

右は柔らかめ。
こちらはオウゴンオニに。

やっぱパックのカワラ材は皮剥いでみるまで質が分かりませんね…。

んで、セット。

DSCF5251.jpg
YGはコバシャ小で。

DVC00917.jpg
南カリマンタン州産オウゴンオニはコバシャ中で。

特に後者は何としても産んでもらわないと、累代が終わってしまう…。

YGはもう1♀いるんで、そのうちペアリングします。



「みなおか」の汗かきオンザビーチのミタパンの衣装、以前から何かに似ていると思っていましたが、やっと分かりました。
クラッシャー・バンバンビガロだ…。

しかし日村は役得だな。ビンタまで含めて。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

黄金、ペアリング

スミレ色三蝶咲きチャボシランにも芽が出ていました。

DSCF5243.jpg

いくらなんでも早過ぎるでしょう。
春の花よ、コレ。

あんまりクソ寒い環境で葉を展開すると、一気に凍結して枯死しそうな気がするので、室内にしまっておこうかなぁ…。


南カリマンタン州産オウゴンオニの割り出しをしたのですが…

DSCF5247.jpg
植菌カワラ材に穿孔した形跡はあるものの、全く産まず、♀も死亡していました。

絶えてしまっては困るので、別の♀をペアリングすることに。

DSCF5248.jpg
♂もまだ元気そうではありますが、羽化後もう半年近く経つので念のため、長めに同居させておくことにします。

さて、その間にまた植菌カワラ材を買ってこないとなぁ。



「NJ」、大島由香里さん凄まじい衣装だなぁ。
ス○ベ椅子みたいな色のシャツ(ドコで売ってるんだろうか?)に、見事な双球の盛り上がり。
ニュースが頭に入らんよw


ああ、別に黄金つながりというワケではありませんがね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

南カリマンタン州産、セット

コヒガンバナの花が終わり…

DSCF4815.jpg
葉が出てきました。

艶やかな花が萎れて、これからは地味~な葉っぱがメインになると思うと、何だか寂しいものですね。
せめて斑でも入ってくれればいいのですが、ヒガンバナの斑入りはまだあまり出回らないなぁ。

花茎の方は、種が熟するまで放置することに。
蒔いてみる予定ですが、開花株に育てるには結構時間がかかりそう…。


しばらくペアリングしてあった、南カリマンタン州産オウゴンオニをセットしました。

DSCF4816.jpg
コバシャ中に、太めの植菌カワラ材を1本埋めてあります。

現在F2と、そろそろ飼育がラフになってテキトーなセットを組んだ挙句、幼虫0で断種、みたいな流れになるのが予想されるため、マジメにセット。
数はそんなに採れなくても構いませんが、累代が途絶えるのはマズい…。


ついでにババオウゴンオニのペアリングもするか、とケースを確認すると、有り得べからざることに♀が死亡しており、断種決定…。
つい2~3日前までは元気だったのになぁ。参った…。


なので代わりに、イキヒラタをペアリング。

DSCF4817.jpg
やろうと思っていて、すっかり忘れていました。

時期的に産むか微妙ですが、まぁ大丈夫でしょう。
累代がF5とかなり進んでいるため、体内時計がバカになっているかも知れませんし。



以前より、女王様然とした佇まいからファンに「有紀様」と呼ばれていた中田有紀さんですが、月曜深夜の「映画天国」冒頭で「銀幕アキさま」なんてミニコーナーが始まり、「様」付けは殆どオフィシャルになってしまった模様ですね。

しっかし細いなこのヒト。もうちょい肉付けてもいいと思うんだけどなぁ。
森本智子さんとかにも言えますが、メチャクチャ美人さんなだけに、あまりに痩せすぎているのが少々気になります。

逆に、水卜麻美さんや相内優香さんはちょっと絞った方が…、とは思いますが。
60kg完全に超えてるだろ、あの二人w

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

またペアリング

今日もせっせとペアリング。

DSCF4666.jpg
ティーノさんが幼虫で採集した、南大東島X産ダイトウヒラタ。

この産地のものを幼虫で2ペア頂いたのですが、羽化してみれば3♂♂1♀に。
私も見て、これは完全に2ペアだな、と思っていただけに意外でした(♀判定の♂、♀斑バッチリ出てたのになぁ)。
まぁ1♀でもしっかり産んでくれるでしょうから、問題ナシ。

次世代でデカいの出して、池之沢産とちゃんと比較してみたいですね。


南カリマンタン州産オウゴンオニも。

DSCF4665.jpg
スマトラ産とどう違うのか分からん(同じモノだと思う)。
少なくともssp.fruhstorferiではないな。

こちらの怪しい方の個体群でさえ、もはや持っているヒトも少なかろうと思うので、ブリード継続しておきます。
北部産のはもう誰も累代していないかもなぁ…。


クォンコクワの産卵セットに幼虫を確認!
今年も入荷はありませんでしたし、累代しておいて正解でした。
近日中に割り出しましょっと。



「めざまし」三田友梨佳さんが珍しく黒のワンピースでなかなか良かった。
朝から喪服みたいで縁起悪い、みたいな意見もあろうかとは思いますが、「魔女の宅急便」でおソノさんが「黒は女を美しく見せるのよ」みたいな事を言っていたことですし、個人的にはアリかと。


「WBS」相内優香さんのトレーニングウェア姿は反則ですw
出て嬉しい場所以外も思いっきり出てら(ふ、太い…)。
カメラワークも狙ってるよなぁ。

森本智子さんの「ダイエットにも良いですね」とのツッコミも笑えました。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

南カリマンタン産、羽化

ブルーアマリリスに4枚目の葉が伸びてきました。

DSCF4369.jpg
今回は古い葉の脱落は無さそう。

DSCF4379.jpg
よく見ると、4枚目が伸びきる前から、既に5枚目の葉も覗いています。

この株に、同時に5枚付いている姿は初めて見たため、ちょっと感激。
このまま順調に葉が増えてくれるといいなぁ。

DSCF4371.jpg

根本も太り、外側の皮がまた剥げてきました。
でっかく育って欲しいものです。


南カリマンタン州産オウゴンオニが羽化していました。

DSCF4362.jpg

♂は50mmほど。
親はもっとデカかったんですけどねぇ。

というか、幼虫体重はそれなりだったのに、入れる菌糸が800cc(しかも最低ランクのカワラw)しか無かったのが小さく羽化した原因かと。
1400ccのせめて大夢に入れていれば60mmはカタかった…。

DSCF4363.jpg

♀は47mm。
まぁこんなもんか。

DSCF4364.jpg

とりあえずペアが揃ってくれて良かったです。
引き続き累代します。



今日のNHKの深海ザメ特集は見応えがありました。。
生きているミツクリザメの捕食シーンや、メガマウスの泳いでいる姿が映し出されて、ちょっと興奮してしまいましたよ。

人為的に沈めたクジラの死骸に、ダイオウグソクムシが来ていたのにも驚き。
こいつら飼育下では殆どエサを食べないんですよね?ある程度水圧が掛かった状態でないと摂食できないとか、何か理由があって食べられないだけなのかなぁ。

深海って何だか妙に心惹かれるものがあります。
しかも日本の沿岸にこんなにも魅力的なイキモノがいるだなんて、考えただけで心躍りますね。


…昨日のダイオウイカVSマッコウクジラは見逃してしまったんですが、来月1日に再放送があるらしいので、今度は見ましょっと。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット