意外と大きかった

クリロー展でのお買い物、つづき。

180221_01.jpg
シクラメン・ペルシカム「ヨコヤマダブル」

通常のピンクのものもありましたが、せっかくなので白花を。

180221_02.jpg

暖房の効いた室内の会場で開花したためか、花弁が縒れて変なカンジに咲いてしまっていますね。

180221_03.jpg
まだ蕾がいくつもあるんで、こちらにキレイに咲いてもらいましょう。


180221_05.jpg
シクラメン・コウム「レイクエフェクト」

ややピンクがかった白花で、他にあまり見た事の無い色合い。

180221_04.jpg
こちらにも蕾がたくさんあります。


この前、羽化したダイスケイがどのくらいのサイズなのか気になって、軽く計測してみることに。

180221_06.jpg
アゴはもう固まっているので、そっと持ち上げるくらいなら大丈夫でしょう。

180221_07.jpg

ボトルの外から定規で測って、100mm弱?なんて書きましたが、ンなことは無く、107~108mmくらいあるっぽい。

実はウチに100mmオーバーのムシを正確に計測できるノギスが無いんですよね。
ヘラクレスとか飼ってないと殆ど必要ないんだもんw

でも、全く期待していなかった一番小さい♂でコレって、あとの♂は110mmオーバー確定ってこと??

180221_08.jpg
数日前に羽化した、2頭めの♂は確かにデカい。

まだ体が曲がっているため、計測ができないんですよね。

もう1頭、更に幼虫体重が重かった♂がいるので、どうしても期待してしまいます。
115mmくらいのが出てくれたら嬉しいな。



Arfakにインプリカートゥスは恐らくいないと思うんですけど、某オクのアレは何だったんでしょうか?
産地がごっちゃになったにしては、♀もそれっぽいのが付いてるんだよなぁ。

というか、某掲示板に晒されていたので見たんですけど、アリストってまだやってたのね。
普段、オークションを全く見ないから知らなかったわw
昔は結構買ったっけなぁ…。
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

やっと羽化しました

夏に球根が消滅してしまったシクラメン・コウム「メイデンクリムゾン」を、鉢をそのままにして新居に持ってきたんですが、

180211_03.jpg
気付けば、小さい子株たちがこぼれ種でたくさん芽吹いていました。

親株は死亡しても、子供たちを遺してくれたのね。
固定率があまり高くないうえに、成長の遅い品種ですが、親株の様にその名に恥じぬ、血の様な紅の花を咲かせて欲しいものです。


ギラファ・ダイスケイの♂が羽化しました。

180214_01.jpg
第1号ですね。

180214_02.jpg
キレイに羽化している様で何より。

ボトルの外から大まかに定規を当ててみるに、100mmをちょっと切っているくらいじゃないかなぁ。

この♂は以前に蛹化記事を載せたのとは別の個体。
外から蛹室が見えなかったため、確認のために掘って、窓を開けておいたんですよね。

で、以前の♂はまだ蛹。

180214_03.jpg
恐らくあと1週間以内には羽化すると思います。

先に羽化した個体よりも幼虫時の体重がはるかに重いので、こちらは100mmUPは確実かな。
上手くいけば110mmに届くかも?

しっかし、雌雄で見事に羽化がズレたなぁ。

180214_04.jpg
♀が羽化したのは5ヶ月前。

エサを切らしていないおかげか、今のところすこぶる元気ですけど、♂が成熟する2ヶ月後までキープできるか自信が無いw
ギラファの累代は難しいなぁ。
♂を早期羽化させる手段が知りたいw



チョコ貰いました。

180214_05.jpg
姪っ子からねw

180214_06.jpg
おじちゃん恐竜好きだから、との理由だそう。

おじちゃん涙が出てくるよ、色んな意味でw

真っ当な相手から貰いたいもんですが、平日は家と職場を車で往復して、休日は園芸店かプラモ屋、ムシ屋と本屋くらいにしか出かけないと全く出会いが無くなるなw
よく考えたら家族以外の異性と、10年くらいマトモに会話していない気がする。
廃人まっしぐらだにゃあ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

蛹化してました

気になっていたクリスマスローズ「ブライヤーローズ」ですが、

180113_04.jpg
株元にちょこんと出ている芽が更に大きくなっており、

180113_05.jpg
よく見ると割れ始めていて、花芽確定!

ようやく花が見られると思うと、ひと安心。
アシュウッド本家のものどころか、メリクロン増殖苗さえもあまり出回らない品種なだけに(ウチのもメリクロン)、開花している姿を見る機会が圧倒的に少ないんですよね。
咲いたらニヤニヤしながらずっと眺めてしまいそうですw


この前の、ダイスケギラファの♂の前蛹が蛹化していました。

180111_01.jpg
よしよし、いいぞ。100mmくらいにはなるかな?

棚の上段に置いてあるから、比較的暖かくて羽化まで1ヶ月程度で済むハズ。
これなら♀の寿命に間に合いそうです。
それまで♀には切れ間なくエサを食べさせ続けて、健康な卵を産んでもらえるよう、コンディションを整えておきましょう。


ついでに、誤って蛹室を掘り出してしまったヤエヤマコクワも蛹化していました。

180111_05.jpg
恐ろしくちっこい♂。

わたしゃてっきり、♀だとばかり思っていました。
羽化サイズは間違いなく30mmすら切るだろうなぁ。



「覇穹 封神演義 」
え、なにこれダイジェスト?と思うくらいに展開早過ぎて意味分からん。

つーか原作未読者は完全に切り捨てられてんのか?15年以上前のマンガなんて私の世代以降は読んでないだろうに。
昔アニメ化された際の「仙界伝 封神演義」は当時原作連載中で、後半がアニオリになったのは仕方ないと思いますが、今回はファンが待ち望んでいた完全版が見られると思っていただけに、やり場のない怒りを覚えます。
とりあえず原作序盤の殷の妖怪仙人の殆どと、妲己の妹二人は出ないのね。太公望は王貴人を倒して石琵琶持っていたからこそ宮廷音楽家として殷に潜入したハズなのに、そこカットだとマジで意味不明だし、いきなり妲己が太公望を処刑しようとする理由がないんだがなぁ。

今後、雷震子は当然カット、殷郊・殷洪あたりも出るかどうか怪しいな。魔家四将戦すらすっ飛ばされるかも知れんw
悪いことは言わないから、脚本家を今すぐ更迭して欲しい。あいつ原作クラッシャーで有名なんでしょ?なんであんなん採用したんだろ?

作者のフジリューはどんな気分で放送見てたんだろうなぁ…。
そもそも単行本が23巻まで出ているマンガを24話で納めようと思うのが間違いだと思う。
「ジョジョ」くらいの期間の枠を確保してじっくり作れないなら、端から再アニメ化すんなよ、と。



明日は毎年恒例の、母方の親戚一同での成田山参りです。
さぁ楽しんでくるかな。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

間に合うかな?

らん展で購入した植物たち。

180105_15.jpg
今回も、ランの展示会に行って買ってきたとは思えないようなラインナップですねw

とりあえず、食虫植物から。

180106_09.jpg
セファロタス・フォルキュラリス「ハマーズジャイアント」実生

「ハマーズジャイアント」と言えば、セファロタスの中でも巨大になるので有名な品種ですが、これはその実生品なので、本家ほどは大きくならないかも?
それでも一般的なものよりは大きくなるでしょうし、成長が楽しみ。


180105_16.jpg
ハエトリグサ「B52」

こちらも大きくなることで有名なハエトリグサの1品種。

180105_21.jpg
なんですけど、パッキングされて時間が経っているのか、えらくひん曲がってます。

180105_17.jpg
葉を折らない様、注意しながら植えつけ。

生ミズゴケもちょろっと入れてみました。

残りは次回以降にご紹介。


ダイスケギラファの♂幼虫がようやく前蛹になってくれました。

180106_06.jpg
私が気付かなかっただけで、蛹室の作成自体は恐らく半月以上前。

間もなく蛹化してくれるんじゃないかと思います。

180106_07.jpg
♀はバリバリにエサ食ってるんですよね。

間に合うかなぁ、微妙なところ。
好きな亜種なんで、どうにかしたいんですけど。


昨日6日は新橋に。

180106_02.jpg
目的地はこちら。聖地ですねw

今年春に発売される新マシンが先行販売されているというので、気になって行ってきました。

180106_03.jpg
無事ゲット。

新型シャーシのFM-Aに、今までにないクラシックカーの様な外観。
これはコンデレ勢(ミニ四駆を走りよりも、模型として見て塗装に凝ったり、外装をイジる勢力。私もこっちに近いかも?)が喜びそうですね。
どう料理するべきか、悩むなぁ。


予告通り、菌糸詰めもちゃんとやりました。

180106_08.jpg
カワラ2ブロックに、ヒラタケ1ブロック。

たった3ブロックでもメンドい。
でも、今やっとかないとチベットフォルスターの菌糸換えが出来なくなるので、仕方なしに。
ホント、クワガタ飼育してる上で一番苦痛な作業だわ。
よくオオクワ屋は何十ブロックもやってられるよなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

急遽、エサ換え

最近のセファロタス・フォルキュラリスの様子。

171117_03.jpg
至って順調な模様。

171117_02.jpg
夏場は赤黒くなっていましたが、日差しが和らいだせいか、最近は明るいグリーンに。

171117_04.jpg
やっぱりカワイイなこの補虫葉。

171117_05.jpg

補虫葉ではない、通常の葉を使って葉挿しすることも可能らしいですけど、とりあえずまだいいか。

…コレ、難しい種だと思ってましたけど、環境に慣れれば何も手を掛けずにテキトーに栽培していても大丈夫ですね。
海外から輸入されたばかりの苗なんかは高湿度の環境じゃないとダメみたいですけど、国内栽培品に関しては屋外でも大丈夫だわ。
先入観を捨てるのも大事ですね。


ネグロス島産ギラファ・ダイスケイの♂幼虫を投入した菌糸が、数日前からいきなり劣化し始めたため、急遽エサ換え。

171119_01.jpg
特に左の3リッタービンは酷い。明らかに菌糸の嵩が減ってますもん。

171119_02.jpg
2リッタービンの個体。

前回交換時に38gだったので、一応伸びてますね。

171119_03.jpg
3リッタービンの個体。

こちらは前回41g。
惜しくも50gには届きませんでしたが、菌糸が劣化しなければ達成出来てたかなぁ?

171119_04.jpg
急の事で菌糸が用意できなかったもんで、今度はマットに。

底をガチガチに固めておいたので、ココで蛹室を作ってくれるとありがたい。
♀が既に羽化してエサ食ってるし、早く羽化してくれないと困るんよ。



「DB超」
追悼テロップ短すぎるよ(´;ω;`)
5秒くらいしか無かったぞ。出るの知らなきゃ完全に見逃してた。
背景も真っ黒って、そこは公式twitterの、ブルマがベジータとトランクスを優しく見守る画像そのまんまで良かったのに。

私は世代的にやはりブルマと美神令子のイメージが強いのですが、子供の頃から慣れ親しんだ声でもあり、寂しい気持ちでいっぱいです。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット