ラストの♂、羽化

ウラシマソウ「黒宝」の葉が展開しました。

180420_10.jpg
漆黒の花が咲く銘品ですが、今年もまだ花は見られず。

180420_08.jpg
茎は通常のものより、かなり黒い。

花が黒いものは、茎も黒くなる模様。

180420_09.jpg
株元には2株ほど分球した子株が。

う~ん、増えるより先に、開花して欲しいんだけどなぁ。
でも、去年よりだいぶ大きくなっている気がするし、来年は咲くかな?


今年もボタン「芳紀」が開花。

180420_11.jpg
何にも手をかけていないのに、毎年咲いてくれます。

そろそろ植え替えるか…。


ギラファ・ダイスケイの最後の♂が羽化していました。

180420_03.jpg
幼虫体重が一番重かった個体なんですが、何か小さい気がする。

とても110mmは無いなコレ。
ヘタすりゃ最初に羽化した♂より小さいかもなぁ。
ラストのエサ換えで縮んだっぽい…。

180420_02.jpg

まだアゴがへにゃへにゃに柔らかいため、取り出すのはもうちょい経ってからですね。
ちと残念。



「覇穹封神演義」
ウソだろ、来週も総集編なのかよ…。
先週それっぽいのやったばかりなのにw
最近、放送に制作が追い付いてないアニメが多すぎるな。
一週遅れたせいで最終回を放送する枠が無く、ネットで有料配信になったケースもあったしなぁ。

そもそもストーリーをカットし過ぎて原作読んでないと完全に意味不明だし(いつの間にか天化が腹斬られてたのには唖然。趙公明編全カットしたのに、何の説明もないとかw)、もういっそ打ち切りでいいよホント。
カットするならカットするで、最低限帳尻合わせくらいはするのが脚本家の仕事だと思うのですが、それすら無いなんてあり得んわ。
原作の世代ド真ん中で、思い入れの強い作品なだけに、こんなテキトーに作られると滅茶苦茶に腹が立ちます。
18年も前に連載終了したマンガを、今になってアニメ化するからには(厳密には2回目ですが)それなりのクォリティでやってくれるものと期待していたのがバカだった。

まぁ、文句垂れながらも一応は見るんですけどねw
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

気になって仕方が無かった…

ガランサス・プリカツス「ウェンディ―ズゴールド」がまだ咲いています。

180228_01.jpg
咲き始めからもう半月以上経ちますが、全く劣化した様子がありません。

開花期間が長いのは良いですね。

180228_02.jpg
前回の画像は外側の花弁(外花被)が閉じた状態でしたが、今回は開いた状態。

可愛らしい花ですね。


この前羽化していた、2頭目のダイスケイの♂を掘り出してみました。

180301_02.jpg
どのくらいのサイズなのか、気になって仕方が無かったw

180301_04.jpg
キレイに羽化していますね、よしよし。

180301_05.jpg
だいたい111mmくらい。

♂親は110mmの野外品らしいので(M社にて幼虫購入。♀親は飼育品)、ちょっとだけ親越え。

昔飼育していたパナイ産で、同じくらいの♂を羽化させたことがありますが、やっぱり110mm越えてるダイスケイはイイですね。

もう1頭、現在前蛹になっている♂がいて、そちらは♂3頭中、最も幼虫体重が重かったため、期待がかかります。
115mm、出ないかなぁ…。



「仮面ライダービルド」にハマり過ぎていて、フィギュアまで購入。

180301_08.jpg

どこにいっても人気キャラは売り場で抜かれているので、探すのが面倒くさくなって全種コンプ状態で箱買いw

180301_09.jpg
コレは第6弾で、他に2弾、5弾を箱買い。

180301_11.jpg
いくつかは組み立て済み。

全高11cmほどでもしっかり可動するのが良いですね。

次の弾はローグか。どうせ速攻で抜かれるだろうから、また箱買いするかぁ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

意外と大きかった

クリロー展でのお買い物、つづき。

180221_01.jpg
シクラメン・ペルシカム「ヨコヤマダブル」

通常のピンクのものもありましたが、せっかくなので白花を。

180221_02.jpg

暖房の効いた室内の会場で開花したためか、花弁が縒れて変なカンジに咲いてしまっていますね。

180221_03.jpg
まだ蕾がいくつもあるんで、こちらにキレイに咲いてもらいましょう。


180221_05.jpg
シクラメン・コウム「レイクエフェクト」

ややピンクがかった白花で、他にあまり見た事の無い色合い。

180221_04.jpg
こちらにも蕾がたくさんあります。


この前、羽化したダイスケイがどのくらいのサイズなのか気になって、軽く計測してみることに。

180221_06.jpg
アゴはもう固まっているので、そっと持ち上げるくらいなら大丈夫でしょう。

180221_07.jpg

ボトルの外から定規で測って、100mm弱?なんて書きましたが、ンなことは無く、107~108mmくらいあるっぽい。

実はウチに100mmオーバーのムシを正確に計測できるノギスが無いんですよね。
ヘラクレスとか飼ってないと殆ど必要ないんだもんw

でも、全く期待していなかった一番小さい♂でコレって、あとの♂は110mmオーバー確定ってこと??

180221_08.jpg
数日前に羽化した、2頭めの♂は確かにデカい。

まだ体が曲がっているため、計測ができないんですよね。

もう1頭、更に幼虫体重が重かった♂がいるので、どうしても期待してしまいます。
115mmくらいのが出てくれたら嬉しいな。



Arfakにインプリカートゥスは恐らくいないと思うんですけど、某オクのアレは何だったんでしょうか?
産地がごっちゃになったにしては、♀もそれっぽいのが付いてるんだよなぁ。

というか、某掲示板に晒されていたので見たんですけど、アリストってまだやってたのね。
普段、オークションを全く見ないから知らなかったわw
昔は結構買ったっけなぁ…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

やっと羽化しました

夏に球根が消滅してしまったシクラメン・コウム「メイデンクリムゾン」を、鉢をそのままにして新居に持ってきたんですが、

180211_03.jpg
気付けば、小さい子株たちがこぼれ種でたくさん芽吹いていました。

親株は死亡しても、子供たちを遺してくれたのね。
固定率があまり高くないうえに、成長の遅い品種ですが、親株の様にその名に恥じぬ、血の様な紅の花を咲かせて欲しいものです。


ギラファ・ダイスケイの♂が羽化しました。

180214_01.jpg
第1号ですね。

180214_02.jpg
キレイに羽化している様で何より。

ボトルの外から大まかに定規を当ててみるに、100mmをちょっと切っているくらいじゃないかなぁ。

この♂は以前に蛹化記事を載せたのとは別の個体。
外から蛹室が見えなかったため、確認のために掘って、窓を開けておいたんですよね。

で、以前の♂はまだ蛹。

180214_03.jpg
恐らくあと1週間以内には羽化すると思います。

先に羽化した個体よりも幼虫時の体重がはるかに重いので、こちらは100mmUPは確実かな。
上手くいけば110mmに届くかも?

しっかし、雌雄で見事に羽化がズレたなぁ。

180214_04.jpg
♀が羽化したのは5ヶ月前。

エサを切らしていないおかげか、今のところすこぶる元気ですけど、♂が成熟する2ヶ月後までキープできるか自信が無いw
ギラファの累代は難しいなぁ。
♂を早期羽化させる手段が知りたいw



チョコ貰いました。

180214_05.jpg
姪っ子からねw

180214_06.jpg
おじちゃん恐竜好きだから、との理由だそう。

おじちゃん涙が出てくるよ、色んな意味でw

真っ当な相手から貰いたいもんですが、平日は家と職場を車で往復して、休日は園芸店かプラモ屋、ムシ屋と本屋くらいにしか出かけないと全く出会いが無くなるなw
よく考えたら家族以外の異性と、10年くらいマトモに会話していない気がする。
廃人まっしぐらだにゃあ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

蛹化してました

気になっていたクリスマスローズ「ブライヤーローズ」ですが、

180113_04.jpg
株元にちょこんと出ている芽が更に大きくなっており、

180113_05.jpg
よく見ると割れ始めていて、花芽確定!

ようやく花が見られると思うと、ひと安心。
アシュウッド本家のものどころか、メリクロン増殖苗さえもあまり出回らない品種なだけに(ウチのもメリクロン)、開花している姿を見る機会が圧倒的に少ないんですよね。
咲いたらニヤニヤしながらずっと眺めてしまいそうですw


この前の、ダイスケギラファの♂の前蛹が蛹化していました。

180111_01.jpg
よしよし、いいぞ。100mmくらいにはなるかな?

棚の上段に置いてあるから、比較的暖かくて羽化まで1ヶ月程度で済むハズ。
これなら♀の寿命に間に合いそうです。
それまで♀には切れ間なくエサを食べさせ続けて、健康な卵を産んでもらえるよう、コンディションを整えておきましょう。


ついでに、誤って蛹室を掘り出してしまったヤエヤマコクワも蛹化していました。

180111_05.jpg
恐ろしくちっこい♂。

わたしゃてっきり、♀だとばかり思っていました。
羽化サイズは間違いなく30mmすら切るだろうなぁ。



「覇穹 封神演義 」
え、なにこれダイジェスト?と思うくらいに展開早過ぎて意味分からん。

つーか原作未読者は完全に切り捨てられてんのか?15年以上前のマンガなんて私の世代以降は読んでないだろうに。
昔アニメ化された際の「仙界伝 封神演義」は当時原作連載中で、後半がアニオリになったのは仕方ないと思いますが、今回はファンが待ち望んでいた完全版が見られると思っていただけに、やり場のない怒りを覚えます。
とりあえず原作序盤の殷の妖怪仙人の殆どと、妲己の妹二人は出ないのね。太公望は王貴人を倒して石琵琶持っていたからこそ宮廷音楽家として殷に潜入したハズなのに、そこカットだとマジで意味不明だし、いきなり妲己が太公望を処刑しようとする理由がないんだがなぁ。

今後、雷震子は当然カット、殷郊・殷洪あたりも出るかどうか怪しいな。魔家四将戦すらすっ飛ばされるかも知れんw
悪いことは言わないから、脚本家を今すぐ更迭して欲しい。あいつ原作クラッシャーで有名なんでしょ?なんであんなん採用したんだろ?

作者のフジリューはどんな気分で放送見てたんだろうなぁ…。
そもそも単行本が23巻まで出ているマンガを24話で納めようと思うのが間違いだと思う。
「ジョジョ」くらいの期間の枠を確保してじっくり作れないなら、端から再アニメ化すんなよ、と。



明日は毎年恒例の、母方の親戚一同での成田山参りです。
さぁ楽しんでくるかな。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット