臥蛇島産、羽化してました

たまには、熱帯魚水槽の様子でも。

170815_01.jpg
食卓横に置いてある、メインの60cm。

真ん中のウィローモスに茶ゴケが絡んでいるせいで汚く見えますねw

170815_02.jpg
泳いでいるのは主に、グッピー「ブルーグラス・ハイドーサル」

スマホのカメラで魚を撮影するのって、スゲー難しくて、数十枚撮ってなんとか見られるのがこの画像のみw
実物はもっとキレイなんですけどねぇ。

♀も普通のブルーグラスと比べて背ビレがビロビロに伸びたのが多いんですけど、上記の理由で画像はナシ。

他の同居魚はグリーンネオンテトラとミクロラスボラ・ハナビ、ニューギニアレインボーにコリドラス・ステルバイとパンダだったかな?

もう1本、自室にも30cmキューブ水槽があるのですが、撮影するとガラス面に汚い部屋がモロに移り込むのでボツにしましたw
そちらには、ブルーグラスをブリードするうえでどうしても生じてしまう(遺伝的なもの)、レッドグラスを隔離しています。

ホントはもっとアクアにも力を入れたいんですけど、ムシのケースや菌糸ボトルに植木鉢で場所がだいぶ取られて、置き場が無いんですよね。残念。


臥蛇島産トカラノコギリが羽化しているようなので、取り出しました。

170814_07.jpg
今回はこの2つ。

170814_08.jpg
まず800ccボトルから。

170814_09.jpg
ちっこいぜ、53mm。

確かコレ、3齢のサイズが微妙で、♂か♀か分からなかった個体なんですよね。
やっぱり小さい♂になったか…。

170814_10.jpg
1400ccボトルの方も…

170814_11.jpg
大歯型にはなっているものの、63mmと微妙なサイズ。

もう累代がF9となると、1400ccで飼ってもこんなんにしかならないんでしょうか?
2~3世代前は70mmくらいのが出ていたんですけどねぇ。


170814_05.jpg
この2頭よりも先に羽化した小型♂は、既にゼリーを食べています。

170814_06.jpg
♀も大部分は羽化していて、起きているものも数頭。

もうちょいしたらペアリングすっか。



昨晩の「マツコの知らない世界」では、食虫植物が紹介されると聞いていたので見ました。
さすがにゲストがJCPSの会長とあって、マトモな内容で安心しましたね。
スタジオに持ち込んだハエトリグサも立派なサイズで、腕前の確かさが感じられました。

でも、多分マニアの行きつく先はセファロタスでは無く、高山性ネペンテスとかダーリングトニアみたいな低温種だと思うぞ。
と、画面に向かって軽くツッコんでしまったり。


「けものフレンズ」
サーバルちゃん滑落したり、バスに轢かれたり(ボスは容赦が無さ過ぎる)で何回死亡してるんだろうか?
99回コンティニューできる、どっかの社長かとw
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

イヘヤノコ、羽化

いつもの山野草店さんにて購入。

170731_02.jpg
サラセニア「ハマーヘッド×プシタシナ」

艶やかな色合いがステキ。

170731_03.jpg
補虫葉の形状も、片親のハマーヘッドの血を色濃く残しています。

…またウチのベランダに食虫植物が増えてしまった。
このグループはバリエーションが豊富過ぎて、集め始めるとヤバいですねw
スペースも限られている事ですし、ほどほどにしないと…。


800ccボトルに入れた、イヘヤノコギリが羽化しているようなので、取り出してみることに。

170730_01.jpg
昨年、miwa♂さんから頂いた野外品からの子です。

170730_02.jpg
イヘヤらしい、太短いアゴが見えました。

170730_03.jpg
49mm。

って、あれっ?思ったよりちっこいぞ??

170730_04.jpg
もう1頭は52mm。

60mmはいく予定だったんですけどねぇ。
昔飼育したときは某誌で初代ギネスだったのにw

170730_05.jpg

やっぱり反則マットの力は偉大だったんだなぁ。
最近は以前ほど飼育に情熱が無くなったのと、コスト的な理由で使っていなかったんですよね。
次の代は久しぶりに使ってみるか?



昨日は地元の花火大会だったので、例年通り、自室より鑑賞。

170731_01.jpg
スマホカメラで撮るのは限界がありますねw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

2つペアリング

先日のらん展ではハエトリグサを買っていました。

170601_08.jpg
ハエトリグサ「Crocodile」

170601_09.jpg
補虫葉の付け根が閉じておらず、広がったままで、変わった形状。

確かにワニっぽい…か?

170601_10.jpg

2号のポットに入っていて、そのままでは成長が見込めなさそうなので、さっそく植え替え。

水ゴケ植えですが、上の方はゴールデンウィークの盆栽まつりの際に手に入れた、生水ゴケを使ってみました。

形のみならず、色自体も異様な雰囲気で、お気に入りの逸品となりました。
大きく育って欲しいものです。


この前の大宮フェアで購入した黒化型インスラリスが、雌雄ともに既に活動を開始していたため、ペアリングしました。

170601_11.jpg
3月下旬羽化らしいんですけど、2ヶ月と経たずにエサを食べていたんですよね。

インスラリスってこんな休眠期間短かったっけなぁ?

とりあえず10日ほど同居させた後、セットします。
ランプリマはあんま得意じゃないんですけど、産んでくれるかな?


金紋型F1のアマミノコギリもペアリング。

170601_12.jpg
♂が75mmあるもんで♀をブッた切らないか、かなり心配。

これはメイトガードが確認でき次第、速攻で隔離しないとヤバいですね。
ちゃんと産ませて、次世代で金紋が出るか確かめたいところ。



「ワンピース」
ビッグマムの過去にドン引き。
うわコイツ、家族同然の身内を全員カニバルしたのかよ…。
マザーの正体もアレでしたけど、これはちょっと…なぁ。


「左門くん」
結構好きだったのに終わっちゃった。
掲載順位的に打ち切りではないっぽいですけど、なんか唐突だなぁ。
ベヒモス先輩と妹様が好きでした。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

臥蛇島産、マット換え

2016年の園芸納めだ、という事で、シプリペディウム・レギナエの植え替えをしました。

161231_09.jpg

暑さに弱いために栽培難易度の高いアツモリソウの仲間では、比較的簡単な部類なので、私でもなんとか夏越させることが出来ています。

161231_10.jpg
植え替えは2年ぶり。立派に根が伸びていますね。

161231_11.jpg
芽も付いています。

161231_12.jpg
元通り、バークチップで植えて、表面に軽石を散らしておきます。

毎年大きくなってきているので、上手く行けば再来年あたり開花するかな?
種小名の指す「女王」のごとき、気高く優雅な花を見せてもらいたいものです。


臥蛇島産トカラノコギリのマット換えをしました。

161231_01.jpg
とりあえず800ccボトルに入れた10頭から見ていきます。

161231_02.jpg
2頭死亡していて、残りは2♂♂6♀♀。

ま~た偏ってるよ…。

161231_03.jpg
デカい方の♂でもこんなもんですが、まだ真っ白なので伸びしろはあるか。

161231_04.jpg
次に250ccカップに投入した10頭を。

161231_05.jpg
4頭死亡して、残りは多分2♂♂4♀♀。

1頭、判別が微妙なのがいるんですよねぇ。
多分♀だとは思うのですが、小さい♂かも?

161231_06.jpg

♂確定の4頭は1400ccに、判別が微妙な1頭と、♀を1頭だけ800ccに。
残りの♀は全て250ccに投入しました。

累代が進んでいるからなのかどうか分かりませんが、死亡率が上がっている感があります。
某所に放出した分など、殆ど全滅だったとか…。
もうF9だしなぁ。結構キツいのかも?
大きいのも出なくなってきたし(それは手抜きのせいかも?)。


昨日30日は姪っ子がウチに泊まりにきていたので、東武動物公園まで行ってきました。

161230_02.jpg
動物園の敷地外に、野生のタヌキw

いたのは何と園のタヌキの展示スペースの、すぐ横の川の土手で、ちと驚きましたが、まぁあの辺りなら普通にいるか。
昔はウチのゴミ捨て場にも来ていたんですけど、宅地開発で林が無くなって以来、見かけなくなっちゃったんですよね。

161230_01.jpg

オットセイショーを見逃したなぁ、と思っていたら、ショーの後で目の前まで歩いてきました。

飼育員さんが触っても大丈夫というので、しっかり触りましたw
オットセイを触るのは初めて♪

161230_03.jpg
ヤマアラシのジレンマ、なんて言葉がありますが、結構密集。

よく見ると、カピバラみたいなカワイイ顔してるんですよね。

161230_04.jpg
ライオンもいいけど、

161230_05.jpg
東武公はやっぱりホワイトタイガーよね。

161230_06.jpg
カッコええのぉ。

161230_09.jpg
かわええのぉw

161230_08.jpg
最後にお土産屋さんのヌシを見て帰りました。



昨晩の「紺野、年末に踊るってよ」は凄かった…!
ついに鷲見ちゃんと「恋ダンス」やったと思ったら、あの揺れ具合はもはや凶器だよ(*´Д`)ハァハァ
いいもの見たわ。


さて、今年のブログ更新はこれにておしまい。
今年も色々な方にお世話になった一年となり、感謝しきりです。。
また来年もよろしくお願い申し上げます。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

イヘヤノコギリ、割り出し

春咲きの球根植物にも、ちらほらと芽が出てきました。

161023_11.jpg
ナルキサス・ロミエウクシー・メサトランティクス「彩蝶」や、

161023_12.jpg
ナルキサス・ロキエウクシー「トレブルチャンス」といったスイセンに、

161023_13.jpg
ラン科のオルキス・パピリオナセアもお目覚め。

どれも魅力的な花を咲かせる植物です。
冬の間、葉をしっかり展開させて、開花に備えましょう。


miwa♂さんに頂いた、野外品のイヘヤノコギリのセットを割り出しました。

161023_01.jpg
ケース底から幼虫は確認できていたため、安心して割り出せます。

161023_02.jpg
マットから21頭。

親♀がセット後1ヶ月ほどで、早々に死亡していた割りには産んでますね。

161023_03.jpg
材からも。

と思ったら2頭のみ。
食痕は多数ありましたが、大部分がマットに脱出した様ですね。

161023_04.jpg
ほぼ間違いなく♂だろう、と思う2齢の2頭を選び、

161023_05.jpg
1000cc菌糸ビンに投入。

161023_06.jpg
その他は250ccカップに。

とりあえず目標は60mmUPですね。
カッコ良い歯型の♂を出したいものです。



月末の横浜フェアに行こうと思っていましたが、姪っ子の七五三について行かなければならないので、参加できなくなりました。
以上、朝霞方面への業務連絡でした。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット