FC2ブログ

ペレンヒラタ、菌糸換え

タモトユリが咲きました。

190729_01.jpg
去年の初開花時より、花が大きく感じる。

190729_02.jpg
だって、丈が小さいのに花がでっかいもんだから、頭が下がっちゃってるもんw

本来は真上を向いて咲く、少し変わった原種ユリです。
かの有名な「カサブランカ」を作出する際の交配にも使われているそうな。


5月下旬に菌糸に投入した、ペレンヒラタのエサ換えをすることに。

190729_07.jpg

パッと見、まだ菌糸はイケそうに見えますが、元々余った古い菌糸に投入していたため、もうスカスカで栄養はあんま無さそう。

190729_08.jpg
出してみると、2♂♂1♀でした。

ウチでは久しぶりに外産ヒラタの3齢幼虫を見ましたが、やっぱりデカく感じますね。
これに見慣れると、国産オオクワの幼虫の雌雄判別がよく分からなくなるんだわ。
♂見ても、♀の頭幅に見えるw

190729_09.jpg
で、用意しておいた菌糸に投入。

今度は栄養価バッチリのハズなんで、モリモリ育ってください。
次は3リッターとか用意しないと…。



190729_03.jpg
先週は池袋東武のモデラーズギャラリーに行ったり、

190729_04.jpg

土曜に従兄弟たちと恒例の走行会があったため、それに向けて新車を1台こさえていました。

190729_05.jpg
今度は最新シャーシ・FM-Aで。

190729_06.jpg

割と真面目に作ったつもりだったんですが、以前に制作したMSフレキの方が速く、ちとガッカリ。

MSフレキは速くて当たり前なんで、その他のシャーシでいかにその差を縮めるか、がテーマだったんですけどね。
駆動イジるとか、もうちょい詰めないとなぁ。


そんなワケでムシ作業がしばらくできず、更新が止まっていました。
またぼちぼち再開しますねw
スポンサーサイト



テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ペレンヒラタ、孵化してました

先月末に購入して鉢に植え替えた、バラ「ホットココア」が今頃になって咲きました。

190617_01.jpg
やや茶色みを帯びた、濃いめの赤。

確かにホットココアっぽいイメージですね。


ベーサルシュートにわさわさ蕾が付いていた「サマーレディ」の方も…

190617_02.jpg
開花!

なんか例年にないほどたくさん蕾付いてるな。
真夏でも全然弱らずに咲いてそうだなぁ。


回収したペレンヒラタの卵が孵化している様なので、個別に分ける事に。

190617_10.jpg
5つあった卵は…

190617_11.jpg
そのうち4頭が孵化した模様。

まぁ十分か。

さてボトルにマットを詰めるか、と思ったらアクシデント発生。
ガス抜きしたマットが思ったより少なかった…!

190617_12.jpg
800ccボトル2本と250ccカップ2つ分ギリギリで詰められたので、投入。

新たに20リッターのマットをガス抜きし始めたので、終了したら250ccカップの2頭を800ccボトルに移し替えます。



今晩のオールナイトニッポンは宇垣さんがMCか。
明日は有給なので(明日はとある理由で出勤したくなかった)、安心して聴けるな。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ペレンヒラタ、割り出し

バラ「サマーレディ」が咲いています。

190517_18.jpg
柔らかな色合いが良いですね。

190517_17.jpg
地植えにしたため、どんどん伸びていきます。

お隣さん家には入らない様にしておかないと…。

190517_15.jpg
で、咲いたのはいいんですけど、よく見ると複数の葉っぱの裏に、変な玉っころが…。

BB弾くらいのサイズでしょうか。

190517_16.jpg
萼片にも付いてる。キモい、初めて見たわこんなの。

調べてみると、バラハタマバチとかいうハチの作る虫コブで、この中に幼虫がいるんですと。

バラにつくハチってチュウレンジバチだけじゃなかったのね。

で、こいつらの場合はコブを作るだけで、特に草体を弱らせるワケでもないみたいなんで、放置しても良かったのですが、なにぶん見た目が気持ち悪いので、剥ぎ取って処分。

私、トライポフォビア(ブツブツ恐怖症。蓮コラとかダメなヒトw)の気があるもんで、害が無くても無理なんですよね、こういうの。


産卵セットしたペレンヒラタのケース底に幼虫が見えていたので、取り出すことに。

190521_05.jpg
2頭見えますね。

使ったケースが大型ヒラタにはちと狭いコバシャ小なもんで、早めに取り出しておかないと親♀に潰されたり喰われたりしそうだなぁ、と。

190521_10.jpg
とりあえず幼虫が5頭に、

190521_09.jpg
卵も5つ。

アレ?目標10頭だったのに、もう達成してね??

190521_07.jpg
材にも産んでいそうでしたが、今回は割らない。

190521_08.jpg
もはや再セットしなくても良い様な気もしましたが、一応元通りに。

190521_11.jpg

採れた幼虫は、詰めたけど使わなかった、余りの菌糸ビン(全部1400cc以上)と、800ccボトルにマットを詰めたものに投入。

初っ端に投入するには菌糸のサイズがデカ過ぎたかも?とも思いますけど、まぁヒラタだし大丈夫でしょう。

さぁ最初の菌糸やマットでどこまで成長してくれるかな?

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ペレンヒラタ、セット

キアネラ・アルバ「ホワイト×イエロー」が開花しています。

190407_03.jpg

テコフィレア科の植物で、花色が白いものと黄色いものがあり、それらを交配したものだそうです。

190407_04.jpg
やや黄色みがかった白で、両親の中間型っちゃあ、そんな雰囲気ですね。

一応セルフで種取っておくか。


こっそりと、ペレンヒラタの野外品を購入。

190417_09.jpg

ペレン島の西側産なので、内歯はスラウェシ中部同様に上がっているタイプですね。
サイズは75mmとちっこいですが、♂はオマケみたいなもんなので気にしないw

190417_08.jpg
♀も36mmほどですけど、スラウェシの系統ならこんなもんでしょう。

個人的に、いわゆる「秘密の離島なんちゃら」ってのはペレンの西側のヒラタなんじゃないの?と以前から疑っていたので、検証のためにブリードしてみることに。
ほら、以前「離島デブヒラタ」とかって散々もったいぶって結局ペレンの東側のヒラタってこともあったし、可能性は高いと思うんですよね。
昔、西側から102mmの野外♂とか来てたしなぁ。

まぁ、久しぶりに大型ヒラタやってみたくなったのもあるんですけどね。
でも、みんなやってる何とか血統のスマトラとかパラワンじゃつまらない、もっとマイナーながらもデカくなりそうなヤツを、とw
ちょうど良いタイミングで、最近見かけなかった西ペレンが売りに出ていたもんで。

190419_01.jpg
とりあえずコバシャ小に、ナラ材を埋めてセット。

あんまバカスカ産まれてもスペース的に厳しいので、10頭程度にして頂けると嬉しいです。
少数精鋭でまずは90mm後半を目指したい。



え、来週発売のananで宇垣さんグラビアやんの?
しかも「美脚美尻特集」ときたもんだ。
公開されてる表紙がなんか既にやらしいんですけど。

…さすがにananを野郎がレジに持って行くのはハードルが高すぎる。
薔薇族やサムソンを買うのと同じくらい勇気がいりそうだw
これは断念せざるを得ないのか?ものすっごく見たいのだが…。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

小宝島産、セットしました

いつもの山野草店さんにて購入。

180205_01.jpg
ナルキサス・ロミエウクシー・メサトランティクス「筑波の花火」

全開している株では無く、これから開くものをチョイスしてきました。

180205_02.jpg

この段階でも分かる通り、スイセン(ナルキサス)とは思えない様な、異様に切れ込んだ細い花弁が特徴。

何年か前に買ってきた、「彩蝶」のベースなんですよね。

んで、ウチの「彩蝶」はといえば…、

180205_03.jpg
まだ蕾。

この前の大雪で1週間以上埋もれていたせいで、ウチのスイセンはまだ全然開花に至っていないんですよねw
まぁこれからのお楽しみという事で。


先日ペアリングした、小宝島産タカラヒラタをセットしました。

180205_07.jpg
コバシャ中に、ナラ材2本埋めで。

交尾自体は確認していませんが、3日間ケースの中で同居させて無事だったんで、多分大丈夫でしょう。
拒否してたらバラバラにされてるだろうし。

180205_08.jpg
成熟は十分なハズ。

しっかり産んでおくれよ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット