ダイトウヒラタ、セット

リューコジウム・トリコフィラムが開花しました。

170424_04.jpg
球根を買ってきたのは4年前ですが、花を見るのはこれが初めてw

今まで、細い葉が伸びて分球するばかりで、まったく花芽が出てくる様子がなかったんですよね。

170424_05.jpg
まさかこんなに時間がかかるとは思ってもみませんでしたよ。


ペアリングしていた、南大東島X産ダイトウヒラタをセットしました。

170426_03.jpg
コバシャ小にナラ材埋めの、いつもの汎用セット。

170426_04.jpg
さぁしっかり産んで下さいよ。



「櫻子さんの~」
一応見ましたけど、コレジャナイ感がハンパ無いですねw
さすがに26歳設定の男を少年呼ばわりはないでしょうよ。
大体、正太郎をその年齢設定にしたら、今後登場するであろう変態殺人鬼に原作ほどビビらなくても済んでしまうような…?

なんというか、観月ありさとジャニーズ使いたいだけだんべよコレ。
ED曲もせめて原作に出てくるディアベル閣下の元ネタと思われるデーモン閣下(聖飢魔Ⅱ)にするとか、もうちょい考えて欲しいよな。
もういいよジャニは。特に若いのは全部一緒にしか見えないし(偏見)w
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ペアリングしてます

もうすっかり暖かく、どころか汗ばむ陽気になりつつあるので、物置部屋で冬越しさせていたブルーアマリリスをベランダに移動しました。

170417_05.jpg
迫力いっぱいの姿。

球根植物の王様と呼ばれるのも分かる気がします。

170417_06.jpg
葉の覆輪(縁の白いライン)がキレイ。

170417_07.jpg
根元もこんだけ太ってきました。

いつもの年はこの時期、冬の寒さで弱って葉が減ったり茎がやや細くなったりしていたのですが、今年は既に新しい葉が出まくっていて、元気いっぱいです。
株が大きくなると、やや耐寒性が強くなるのでしょうか?

2010年の末に種を蒔いて、翌1月に発芽しているので、現在6年ちょっと。
サイズ的にはそろそろ開花株に近い気がするんですが、どうでしょ?
早く花が見たいんですけど、発芽から10年以上かかると言われているんですよね。
成長スピード的に、ウチのはそこまでかからないんじゃないかと思ってはいるんですけど。


北峰産ホーペ「張飛」をペアリングしました。

170419_01.jpg
昨年6月羽化のため、成熟はバッチリのハズ。

この世代、このペア以外全て蛹化不全や羽化不全でアウトになってしまったんですよね。
そろそろ累代に限界が来ている様な気がします。


ついでに南大東島産ダイトウヒラタも。

170419_02.jpg

こちらは累代はまだF2と浅いですが、変わった産地ラベルのものなので、絶やすと二度と手に入りません。

慎重にブリードしましょう。



今期のドラマは「犯罪症候群」と「CRISIS」を視聴。
どっちも警察モノですねw

後者はアクションが凄いわ。ナメててすまんかったよ小栗。
野間口さんは犯罪係数高そうだなぁ。女性を撲殺して顔面切り刻みそうな顔してるもん(相棒14、15の殺人鬼役)w
というか、主人公チームがまんま全員がサイコパスの「執行官」なのか。もう一度何かやらかしたら「安楽死」だそうですし。


坂口杏里逮捕で笑ってしまいました。
母ちゃんあの世で泣いてるぞ。
借金苦でAVの次は脅迫で逮捕だなんて、絵に描いた様な転落人生だな。
次は薬物に走りそう。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

小宝島産、エサ換え

ちっと遅れ気味ですが、植え替え中。

161018_3.jpg
クリスマスローズ「ゴールドダブル」とか、

161018_2.jpg
アマナチャボシラン「ライムグリーン」やら色々。

161018_4.jpg
今回はとりあえずこれだけ。

まだまだ残っているんですよね。
クリスマスローズは全部植え替えないと…。


小宝島産タカラヒラタの♂幼虫をエサ換え。

161018_5.jpg
結構大きくなってる?

161018_6.jpg
…と思いきや、まぁまぁか。

♂親が72mmなんですけど、このままだとそれにはだいぶ及ばないなぁ、と今更ながら菌糸に投入してみる事に。

161018_7.jpg

いや、この前詰めた菌糸で、たまたま使う当てのない1400ccがあったもんで…。

もうちょい太って欲しいなぁ。
オオクワ換算なら20gで羽化サイズは70mmですけど、タカラヒラタって体型がぶっといんで、20gだとおそらく65mm強程度にしかならないと思うんですよね。

同腹で得られたもう2頭は♀の様で、なんとか累代は続けられそう?

…雌雄に分かれてくれて助かりました。
3頭しか採れなかったうえ、全部♀に見えていてかなり不安だったんですよね。
最悪の事を考え、♂親に常にゼリー与えて、羽化して交尾可能になるまでなんとか永らえさせようとしていました。

161018_9.jpg
♀のうち、1頭は蛹室、

161018_8.jpg
もう1頭は既に蛹化しています(画像ではよく分かりませんね…)。

まずは全頭、無事に羽化して下さい。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

23区内産ヒラタ、セット&ペアリング

昨日22日は有休を取ったので、大手町の標本フェアに行こうと思ったのですが、朝っぱらから大雨が降っていたため断念。
元々、先週から風邪をひいていて体調も万全では無かったんですよね。
気温も低めでしたし、雨に濡れてこれ以上悪化させても、と思い、泣く泣く諦めました。
ムシ仲間と濃い話をしたかったんですけどねぇ、残念。

そんなワケで家に籠っていたため、クリスマスローズの植え替えを始めました。

160923_01.jpg
とりあえずヘレボルス・ヴェシカリウスに、ヘレボルス・チベタヌスと、種間交配品種の「ブライヤーローズ」を。

160923_02.jpg
右から「ブライヤーローズ」、ヴェシカリウス、チベタヌス。

「ブライヤーローズ」はエラくゴツくなったなぁ。ひょっとしたら今期に開花するかも?

160923_03.jpg
植え替え完了。

ヴェシカリウスもそろそろ咲いて欲しいなぁ。
変わった花が見てみたい。


ちょっと前から、23区内産ヒラタをペアリングしていました。

160912_8.jpg
昨年羽化のペアなので、成熟はバッチリのハズ。

数日間同居させて、セット。

160919_6.jpg
いつも通り、コバシャ小にナラ材埋めで。

なかなかレアな産地なので、絶やさずに累代していきたいものです。


「聲の形」を観て来ました。

160919_8.jpg

小学生くらいだったら、自分たちのクラスにとってハンデでしかない障害者に対して、えげつないイジメをするのは分からんでも無いんですが(正しいとは思いませんよ)、高校生にもなって引き摺るか植野さんよ。
まぁ、コイツは主人公の石田にずっと片想い中なんで、石田の寵愛?を一身に浴びる硝子は、眼の上のタンコブなんだろうなぁ、と行動原理がまだ一応理解可能。
理解不能なのは川井さん。なんでそこまでジコチューなんよコイツ。自分の非は一切認めず、泣いて喚けば全てが許されると思ってやがる。ルックスはカワイイのに、完全なるメンヘラだなこええ。

しかし石田、自分が周りに目を向けていなかっただけで(まぁ、酷い裏切りのせいで人間不信になっちゃったんですけど)、人間には恵まれてるよなぁ。
ちょっと前までぼっちだったのが、休日にみんなで遊園地とかねーよ。
立派なリア充に成長したもんだ(い、一応石田将也の成長物語、なんですよね?)。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ちと遅かった

バラ「サマーレディ」が開花しました。

160617_1.jpg
毎年、他のバラより少し遅れて咲いている気がします。

品種名通り、夏の暑い盛りでも花が見られるので、そういうものなのでしょう。


小宝島産タカラヒラタの産卵セットのケース底に幼虫の姿が見えていたため、割り出しました。

160620_1.jpg
3齢が2頭見えています。

マットからは以上。

160620_2.jpg
材は結構齧られていますけど…

160620_3.jpg
この1頭のみ。

160620_4.jpg
あとは卵が1つ。

マズいな、放置し過ぎた。
たまにチェックしてはいたものの、幼虫の姿が全く見えてこないもんで、産んでいるのかいないのか分からなかったんですよね。

まぁ、卵が出てきたって事はまだ産むんだろう、と再セット。

160620_6.jpg

回収した3頭の幼虫は、全て生オガ発酵マットを詰めた800ccボトルに投入しました。

この世代ではサイズが狙えなさそうな上に、地味に累代の危機かも?
追加を産んでくれないと厳しいなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット