FC2ブログ

ご近所採集

亀甲竜の葉が枯れ始めました。

190716_01.jpg
冬成長型の植物なので、毎年今頃葉が落ちるんですよね。

190716_02.jpg
芋。

直径10cm弱。

数年前に買った時よりは成長していますが、そのスピードは実に緩やか。
一応、バイオゴールド撒いて、たまに液肥をあげたりはしているんですけどね。
迫力ある大株にはまだまだ遠い。


190716_05.jpg
去年発見した、近所のポイントに今年も何度か通っています。

ヒラタがいるかも?と思っていましたが、恐らくいないっぽいw
加えて、隣接する駐車場が今年に入って林を削ってスペースを拡大してしまったため、林内の乾燥が進んだのか、昨年ほど数が採れない…。
反対側もなんか住宅できてるし、せっかく発見したポイントなのに、いつ無くなってもおかしくないのかも知れない。

190716_03.jpg
と思い、本来捕獲対象外のカブトの♀まで確保して、産卵セットへw

一昨年まで住んでいた家の周りにあったポイントが、宅地開発で消滅してカブトやコクワすらいなくなった苦い思い出があるので、ささやかながら個体群保全のお手伝いを、と。

190716_04.jpg

ダイソーのくぬぎ伝説(意外と愛用者が多いらしい…)を使用しましたが、まぁ普通に産んでくれるでしょう。
たまには大きいカブトでも作りましょうか?w



半月更新が空きましたが、ツイッター始めてドハマりした…ってワケでもなく、風邪気味で何となく手が止まっていただけです。
ツイッターは確かに投稿が楽でいいんですけど、字数制限であんま深く書けないのがアレですね。
変な事書くと晒されそうだしw
「本物の採集おじさん」の件で爆笑してしまったんですが、次は我が身が、とも限らんのが怖いところ。
深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗き返しているのだ…ってヤツですね。
気を付けましょw
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

青っぽいパープルメタリ、ペアリング

シクラメン・ヘデリフォリウム「アルテミス」が開花していました。

190630_01.jpg

ヘデリフォリウムって基本的に秋咲きなんですけど、たまにあるんですよね、初夏に咲いちゃうの。

190630_02.jpg
完全なる純白花で、これはキレイ。

アルテミス(月の女神)の名に恥じない花姿ですね。


青っぽいパープルメタリフェルのペアリングを。

190630_05.jpg

今までこんな色のは出てこなかったのに、何故か今世代になって出現しています。

190630_06.jpg
もう1頭も。

♀はどれを使うか悩んだのですが、外見上殆ど一緒で、裏面の色も変わらなかったため、結局は元気そうな♀を選びましたw

次世代でどの程度遺伝してくれるのか、はたまた親♂を超えるようなのが出てくれるのか、楽しみでなりません。

全身ブルー、作ってみたいなぁ。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

埼玉県産スジクワ、セット

玄関横に、元は斑入りアガパンサスと何かのリコリス(何年経っても咲かないから種類が分からん)を植えてあった鉢があるんですが、

190624_01.jpg

後に混入してすっかりこの鉢の支配者となってしまったアリアケスミレに紛れて、何やら見かけない顔が…(画像、左の方)。

190624_02.jpg
なんでここにネジバナが?

周りで栽培していたり、自生していれば飛び込むこともあるのでしょうが、ウチの周りには全く無い植物だぞこれ。

実は勤め先の会社の敷地内にも自生していて、こっそり持ち帰ってやろうかと思っていた矢先のことだったので、嬉しい限り。
どこからやってきたのかは分かりませんが、大事に増やしてやりたいものです。


この前、埼玉県中部の採集ポイントにてスジクワの♀を採集してきたもんで、産卵セットを組むことに。

190624_07.jpg
コバシャ小で、ナラ材埋めのいつものセット。

190624_08.jpg

いつも♂ばっかり採れるポイントで、久しぶりに♀を見つけたため嬉しくて持ち帰ったんですけど、産んでくれるかな?

…本当はネブトかミヤマ狙いだったんですけどね。
標高100mほどしかないのにミヤマがいて、ネブトも同所的に産する変なポイントなんですよねぇ。
ほぼ毎年行っていますが、ウチから遠いのでシーズン中、行けても1回、採集時間も2~3時間程度なんで、そりゃ採れんわな。
誰か一緒に行ってくれればもうちょい頑張れるんですが、1人だと気味悪いんよね、あそこ。
アップダウンが激しいので足腰に結構来るしw

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

ペレンヒラタ、孵化してました

先月末に購入して鉢に植え替えた、バラ「ホットココア」が今頃になって咲きました。

190617_01.jpg
やや茶色みを帯びた、濃いめの赤。

確かにホットココアっぽいイメージですね。


ベーサルシュートにわさわさ蕾が付いていた「サマーレディ」の方も…

190617_02.jpg
開花!

なんか例年にないほどたくさん蕾付いてるな。
真夏でも全然弱らずに咲いてそうだなぁ。


回収したペレンヒラタの卵が孵化している様なので、個別に分ける事に。

190617_10.jpg
5つあった卵は…

190617_11.jpg
そのうち4頭が孵化した模様。

まぁ十分か。

さてボトルにマットを詰めるか、と思ったらアクシデント発生。
ガス抜きしたマットが思ったより少なかった…!

190617_12.jpg
800ccボトル2本と250ccカップ2つ分ギリギリで詰められたので、投入。

新たに20リッターのマットをガス抜きし始めたので、終了したら250ccカップの2頭を800ccボトルに移し替えます。



今晩のオールナイトニッポンは宇垣さんがMCか。
明日は有給なので(明日はとある理由で出勤したくなかった)、安心して聴けるな。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット

スラウェシ産ヒメヒラタ、割り出し

妹が母の日にマイクロ胡蝶蘭をウチに持ってきたんですけど、

190609_01.jpg
今頃になって満開。

いやぁ、洋ランって開花期間長くていいですね。
マイクロって謳うだけあって、サイズもちっこくて可愛らしい。


190604_04.jpg
こいつなんて1つ1つの花は1日しかもたないのに…。

あ、キペラ・ヘルベルティーね。
今年も咲いてくれて良かった。


スラウェシ島産ヒメヒラタのセットを割り出しました。

190607_01.jpg
ケースをひっくり返すも…すぐには確認できず。

190607_02.jpg
マットを篩って、ようやく1頭。

190607_03.jpg
本命は材ですね。フラス(食痕のカス)が出ているのが確認できます。

190607_04.jpg
割ってみると、やっぱりいました。

190607_05.jpg
材から10頭。

190607_06.jpg
意外な事に、親は雌雄ともにまだ普通に元気でした。

が、十分に幼虫が得られたため、再セットはせず、カップで余生を過ごしてもらいます。
お疲れさまでした。

190607_07.jpg
11頭全て、250ccカップにマットを詰めて投入。

♂親が♀と区別が難しいくらい小さかったもんで、ハッキリ♂と分かるサイズで羽化してもらいたいですね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ - ジャンル : ペット